実感レポ

余りものがおいしく変身! クリスマスローストチキンのアレンジレシピ3

文/ニクイねぇ!PRESS編集部 写真/矢部ひとみ

2018.12.10

クリスマスパーティで食べた丸鶏やチキンレッグのローストチキン。お子さんが小さかったり、ほかにもボリュームたっぷりのメニューがあったりして、食べきれずに余らせてしまったことはありませんか?

そこで今回は、余ったローストチキンを上手に活用するアレンジレシピを、料理研究家の髙橋千帆さんに教えてもらいました。簡単サラダに、骨からだしをとるスープと雑炊で、ローストチキンのおいしさを2度、3度と味わえます。

 

関連記事:基本のローストチキンのつくり方はこちら

★お手軽派から本格派まで! 今年こそ手づくりしたいクリスマスのローストチキン

クリスマスパーティでの主役メニューといえば、ローストチキン。手づくりに挑戦したいと考えているママやパパのために、今回はフライパンでつくれるお手軽ローストチキンと、野菜を詰めた丸鶏の本格ローストチキンの2通りのつくり方を、料理研究家の髙橋千帆さんに教えてもらいました。

★三菱レンジグリル「ZITANG」で、クリスマスのローストチキンを焼いてみた!

もうすぐ、子どもも大人もワクワクするクリスマスがやってきます。家族や友人と集まったり、お子さんたちが中心となるパーティの計画を立てたりしているママやパパも多いのでは? 今回は、料理研究家の髙橋千帆さんに三菱電機のレンジグリル「ZITANG(ジタング)」を使った、ローストチキンのつくり方の基本を教えてもらいました。

 

三菱レンジグリル「ZITANG(ジタング)」

http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/rangegrill/

 

 

 

アレンジレシピ1

さっぱりサラダにチキンを加えて、味に深みをプラス

鶏肉と柿のコールスロー

「余ったチキンを細かくさき、サラダと和えたひと品です。10分ほどでできあがる簡単レシピですが、ピンクペッパーがコールスローをクリスマスツリーのように彩ってくれる、かわいくておいしいサラダです。

また、シンプルなのでどんなお料理にも合い、さまざまなアレンジを楽しめるのも魅力。柿をりんごやグレープフルーツ、キウイなどの果物に変えたり、ローストチキンがかたまりである場合は、ブロック状に切って豪快にゴロッと載せたりしても楽しいですよ!」(髙橋さん)

 

材料(3~4人分)

キャベツ……250g(1/4玉)

にんじん……5~6cmを縦に半分にしたもの

柿……1/2個

ローストチキン……さいたものをひとつかみ

塩(塩もみ用)……3gほど

オリーブオイル……大さじ1

酢……大さじ2

塩(仕上げ用)……小さじ1/8

コショウ……適宜

コリアンダーパウダー……適宜

ピンクペッパー……10粒ほど(お好みで)

 

つくり方

(1)キャベツ、にんじんを千切りにし、柿は食べやすい大きさに切る。ローストチキンは、お好みで塩(分量外、適量)を振って下味をつけ、食べやすい大きさにさいておく。

(2)キャベツとにんじんを2~3分ほど水にさらす。水切りした後、塩を加えてよくもみ、5分ほど置いておく。

(3)(2)の水分をしっかり絞る。

(4)ボウルに、(3)とローストチキン、オリーブオイルを加え、全体を混ぜる。

(5)(4)に酢、塩、コショウ、コリアンダーパウダーを加え、さらに混ぜ合わせる。

(6)器に盛りつけ、最後にピンクペッパーを散らす。

 

★Point  野菜をしっかり塩もみする

「野菜を塩もみしておくことで、味のなじみがよくなります。また、塩もみすると、かさが減るので、たっぷり食べられるのもポイント。チキンを入れず、普段のお料理の付け合わせとしてもおすすめです!」(髙橋さん)

 

 

アレンジレシピ2

コクうま! 栄養満点の具だくさんスープ

冬野菜とチキンのミネストローネ

「ローストチキンの骨でスープをとり、余ったチキンを具材に加えてつくる、ローストチキンを余すところなく味わえるミネストローネです。今回は冬野菜を使いましたが、野菜は冷蔵庫にあるものなど、なんでもOKです。

チキンは余り具合によって、お好みの大きさで使って構いませんが、野菜と大きさを合わせて切ると、見栄えが良くなります。トッピングのパルメザンチーズは、味をまとめ、コクを出してくれます」(髙橋さん)

 

材料(2~3人分)

ローストチキンのあばら(ガラ)部分などを含む骨……約60g

ローリエ……1枚

水……200cc

たまねぎ……中1/4個

ニンニク……1片

えのき……1/2袋

れんこん……小1節

さつまいも……4×3㎝ほど

かぶ……1個(皮つきのものの実だけを使用)

オリーブオイル……大さじ1

塩(炒め用)……適宜

トマト缶(カットトマト)……1/2缶

ローストチキン……お好みの大きさで軽くひとつかみ

塩(煮込み用)……適宜

コショウ……適宜

コンソメキューブ……1個(適宜)

 

<トッピング>

パセリ……適量

パルメザンチーズ……適量

※スープのベースにあばら(ガラ)を含む骨を使ってつくります。骨は、ローストチキンを食べ始める前に、キッチンばさみなどを使ってあらかじめ取り除いておくと、きれいなまま使うことができます。スタッフドローストチキンなどの場合、詰め物が付いていれば取り除いておきましょう。

※スープの味や濃さは、使用した骨の量や、具材として入れたローストチキンの部位によって変わってきます。コンソメキューブ、塩、コショウでお好みの味に調整してください。

 

つくり方

(1)小鍋にチキンの骨と、ローリエ、水200ccを入れ、中火にかける。アクを取りながら、ひと煮立ちさせ、ふたをして弱火で30分ほど煮る。

(2)たまねぎ、ニンニクはみじん切りにし、えのきは1cmほどに切る。れんこん、さつまいも、かぶは1cm角に切る。

(3)(1)とは別の鍋に、たまねぎ、ニンニク、オリーブオイル、塩を入れ、弱火〜中火で加熱する。ニンニクがきつね色になったら、えのきとれんこんを加え炒める。

(4)(1)をざるでこしてスープを取り出し、(3)の鍋に入れて煮る。このとき、水分が少なくなっていたら、補う程度の水(分量外)を足す。

(5)さつまいも、かぶ、トマト缶、ローストチキン、塩、コショウを加える。強火でアクを取りながら、ひと煮立させる。

(6)ふたをして弱火で10分ほど煮たらコンソメキューブを加え、塩、コショウ(ともに分量外)で味を調える。

(7)器に盛りつけ、パセリ、パルメザンチーズをふりかける。

 

★Point 野菜は小さく切りそろえる

「野菜を細かく切ると、火のとおりがよくなり、煮込み時間の短縮にもなります。また、大きさがそろっていると見た目もよくなり、あり合わせの野菜でつくったとしても、余りもの感が出ませんよ!」(髙橋さん)

 

 

アレンジレシピ3

ホッとするやさしい鶏だしが味の決め手

大根ともち麦、鶏肉のとろみ雑炊

「ローストチキンのうまみが溶け込んだ、だしのやさしい風味が後を引く雑炊です。片栗粉でとろみをつけて仕上げました。お米といっしょにもち麦を使用しているので、プチプチとした食感を楽しめます。

また、もち麦には食物繊維が多く含まれ、毎日食べるとダイエット効果が期待できるとされています。ゆでた後は、冷凍保存用袋などに平らに入れ、冷凍庫で約2~3週間保存できるので、多めにゆでておくと便利ですね。凍ったままスープに入れたり、解凍してサラダに足したりするのもおすすめです」(髙橋さん)

 

材料(2~3人分)

ローストチキンのあばら(ガラ)部分などを含む骨……約70g

しょうが……厚切りのスライス2~3枚(または、ローリエ)

水(スープを取るときに使う分)……200cc

もち麦……大さじ3

大根……約4cm

水(大根をゆでるときに使う分)……150cc

 

<A>

塩……小さじ1/6(適宜)

しょうが……しぼり汁を小さじ1~2(適宜)

しょうゆ……大さじ1(適宜)

太白ごま油……大さじ1

コショウ……適宜

 

ごはん……140~150g

ローストチキン……細かく切ったものを適量

片栗粉……小さじ1(小さじ2の水で溶いておく)

パクチー……適宜

※スープのベースにあばら(ガラ)を含む骨を使ってつくります。骨は、ローストチキンを食べ始める前に、キッチンばさみなどを使ってあらかじめ取り除いておくと、きれいなまま使うことができます。スタッフドローストチキンなどの場合、詰め物が付いていれば取り除いておきましょう。

※スープの味や濃さは、使用した骨の量や、具材として入れたローストチキンの部位によっても変わってきます。塩、コショウで適宜、お好みの味にしてください。

 

つくり方

(1)小鍋にチキンの骨、しょうが、水200ccを入れ、中火にかける。アクを取りながら、ひと煮立ちさせ、ふたをして弱火で30分ほど煮る。

(2)別の鍋で沸騰させた湯(分量外)の中に、もち麦を入れ、柔らかくなるまで20分ほど煮る。

(3)大根を1cm弱の角切りにする。

(4)鍋に大根と水150ccを入れ、中火でひと煮立ちさせたら弱火にし、大根が透きとおるまで煮る。

(5)(1)をざるでこしてスープを取り出し(4)に加える。
再び中火で加熱し<A>を入れる。さらに(2)のもち麦と、ごはん、チキンを加え、5分ほど中火~強火で煮る。水分が足りないようなら、水を適宜加える。塩、コショウ、醤油(各分量外)で味を調える。

(6)いったん火を止め、水溶き片栗粉を加える。再び中火で加熱し、とろみをつける。

(7)器に盛りつけ、お好みでパクチーを散らす。

 

★Point スープを取るときは丁寧にアクを取り除き、弱火で煮込む

「チキンの骨はくさみが出てしまいやすいので、血合い(赤い部分)は使わない方がいいでしょう。また、骨は煮る前に一度、熱湯をかけて汚れを落としておくのがおすすめ。中火にかけ、丁寧にアクを取りながら沸騰させ、雑味のないスープをつくります。沸騰した後は、弱火でコトコト煮込んでください。そうすることで、澄んだスープができあがりますよ」(髙橋さん)

※アレンジレシピで余ったローストチキンを使う際、汚れなどが気になる場合は、上から熱湯をかけ、流しておくといいでしょう。また切り分ける際は、とりわけ用のナイフを使うなどして、できるだけ人の手が触れていないチキンを使いたいですね。

 

食卓に並ぶだけで華やかな雰囲気になる、まさに、ごちそうという言葉がぴったりのローストチキン。暖かい部屋で、ママやパパのつくったお料理を囲みながら、のんびりクリスマスを過ごすなんて素敵ですよね。チキンレッグから丸鶏、アレンジメニューまで、ご家庭に合ったメニューをぜひお試しください!

 

★関連記事:パーティーにぴったりなこちらのレシピもおすすめです!

パーティーシーンにぴったりな、片手でパクッと食べられるフィンガーフードレシピのご紹介です。

 

つくってくれた人

髙橋千帆さん

料理研究家。ベジタブル&フルーツアドバイザー。1980年、北海道生まれ。二女の母。調理、菓子の学校を卒業し、ベーカリー、パティスリー、カフェ、紅茶専門店など、さまざまな菓子と料理の経験を重ねる。2007年より、インターネット販売、店舗PR用の菓子製作など、菓子を中心とした活動に従事。その後、出産、子育てを経て、菓子、料理に関わる活動を再スタート。現在は、料理家たかはしよしこ氏の「エジプト塩」スタッフとしても活躍。「季節を食べることを楽しみたい」「家族の『おいしい!』が聞きたい」をモットーに、日々おいしい料理を研究中。
[Instagram] @this_is_chihotakahashi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加