実感レポ

ママでもラクラク!ブルーレイ™ & HDD内蔵の“録画テレビ”を使ってみた!

文・写真/石井和美

公開日:2017.12.11

最終更新日:2018.03.13

テレビを選ぶときの決め手、皆さんはどんなポイントに注目していますか? 筆者のこれまでの選び方は、最も重視するのは価格。あとは機能とデザインとのバランスが良いものを選んでいました。今回、三菱電機の“録画テレビ”REAL BHRシリーズを使用してみましたが、テレビ選びの基準が大きく変わるような、驚きの便利さを体感しました。

 

 

■すべて内蔵されているから置き場所を選ばない!

“録画テレビ”REAL BHRシリーズは、使い方がとにかく簡単。テレビに1TBの大容量のHDD(ハードディスク)とブルーレイレコーダーが内蔵されており、番組を保存したり、HDDからブルーレイディスクへダビングしたり……という操作が、リモコンひとつですべてできてしまいます。また、録画したい番組が同時刻にかぶってしまっても、3チューナーを搭載しているので、2番組を同時に録画できます。

8畳弱の仕事部屋兼寝室に置いてみたのですが、必要なのはテレビのスペースだけ。ほかの周辺機器がないため、置く場所も省スペース。場所を選ばず置けるのは、主婦にとってはとてもありがたいのです。AV機器類が少ないだけで、部屋がスッキリします。

また、テレビやレコーダー類などのAV機器は、静電気の影響でホコリを呼びやすく、掃除が面倒なのですが、これもテレビ本体だけでほかの周辺機器がないので、表面をサッと拭いてしまうだけで掃除が完了。背面側も、接続するコードの本数が少ないのでホコリも溜まりにくく、こちらも手入れがしやすいです。

背面がケーブルでゴチャゴチャになることはありません

 

■好きな角度に変えられる「オートターン」が便利

テレビは正面からが最も見やすいですが、いつも正面から見られるとは限りませんよね。ベストな角度で見るには、自分が正面に行くか、テレビ自体をいじって角度を変えるしかないのですが、家事や育児などをしながらだと、そんなことすらなかなかおぼつかないことも。

三菱電機のオリジナル「オートターン」機能が、そんな悩みを解決してくれます。リモコンの操作だけで、テレビをいつでも見やすい角度に調整できるのです。リモコンの「←」「中央」「→」ボタンで簡単に操作可能。「中央」を押せば、初期位置の正面向きに戻ります。

このリモコン、録画だけでなくテレビの向きまでも変えられます

 

正面。こちらがホームポジション

 

リモコンでこのように向きが変わります

 

可動域も広く、家事をしながらでも番組を楽しめます

 

■気になった番組はボタンひとつで「一発録画」

なんとなく見始めた番組が面白くて、つい見入ってしまうことってありますよね。続きが気になるのに家族から呼ばれて、後ろ髪を引かれる思いでテレビから離れる……。そんなときは、リモコンにある「一発録画」が便利です。ボタンを押すだけで、いま見ている番組をすぐにスムーズに録画でき、後からゆっくりと視聴できます。

「一発録画」ですぐに録画開始!

テレビとレコーダーが別の場合、操作するリモコンをブルーレイレコーダーなどの録画機器に替え、番組表から番組を指定して……と、録画操作に手間が掛かり意外に面倒です。しかし、録画機能が搭載されているオールインワンのテレビなら、こういった動作もひとつのリモコンで済み、ボタンひとつのワンアクションだけ。忙しくてじっくり腰を据えてテレビを見ているヒマがない忙しいママパパも、この機能があれば安心ですね。

 

■好きな番組はブルーレイで簡単ダビング&保存!

お気に入りの番組は消さずに残しておきたいもの。しかし、ブルーレイディスクへのダビングは操作が難しそう。そんなイメージもあり、実は筆者は、今までダビングをしたことがありませんでした……。しかし、“録画テレビ”REAL BHRシリーズはブルーレイレコーダー内蔵なので、操作はたったの3ステップ。「残す/ダビング」ボタンを押して番組を選び、「決定」ボタンを押すだけで、ブルーレイディスクにダビングができるのです!

ディスクへの録画も簡単。操作が苦手な方にもおすすめ

 

コピーワンス対象番組をディスクに保存すると、ダビング元のHDDからは自動的に番組データが消去されます

 

ほかのテレビ番組を見ながらでも録画可能。左上に表示されるので、進捗状況がわかります

また、前面にディスクトレイがあり、ディスクを出し入れしやすい点も気に入っています。好きなドラマやアーティストのブルーレイやDVDなども、気軽に楽しめます。また、スピーカーが前面に搭載されており、聞きやすく、広がりのあるサウンドも気に入っています。

 

■録画・再生・ダビング、1台でなんでもできるテレビ

以前は“録画できるテレビ”にそれほど魅力を感じていなかったのですが、実際に使ってみると、全体を通して使い勝手の良さに感服しました。AV機器の操作が苦手な筆者でも、リモコンのボタンひとつですべてを操作できるので、録画やダビングもすぐに使いこなせるようになりました。配線ケーブルもゴチャゴチャせずシンプルで、置き場所も選ばないので部屋のレイアウトにも悩みません。リビングはもちろん、寝室や書斎などの小部屋用にもおすすめです。

 

三菱液晶テレビ:WOWOW × 三菱 録画テレビ スペシャルサイト

WOWOW × 三菱 録画テレビ スペシャルサイト。WOWOWで放映中のCM映像【「録り」憑かれた男。】公開中! 一体型だから、録画も再生もダビングも思いのまま! 三菱 録画テレビBHR8/85シリーズの特長もこちらでご案内中

 

 

文/石井和美

フリーライター・家電プロレビュアー。子ども2人と夫の4人家族。白物家電や日用品の製品レビューを得意としている。Webや雑誌などで多数執筆中。家電blog(http://kaden-blog.net/)管理人。

 

●こちらの記事もオススメです

今回、4人家族である筆者が、三菱電機の“録画テレビ”「REAL BHRシリーズ(40型)」を使ってみました。その結果「これはファミリー向けの1台だ!」と実感。その理由を紹介していきます。
1980〜90年代、テレビとビデオデッキがひとつになった“テレビデオ”というものがありました。そのテレビデオが「録画テレビ」へと進化しているのをご存じですか?
春から始まる新生活。これを機会に、まずはテレビとレコーダーを買おう!……と考えている方も多いと思いますが、少々お待ちを。テレビとレコーダーがひとつになった「オールインワンテレビ」をご存じですか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加