How To

収納のプロのご自宅を拝見! 暮らしにゆとりを生む7つの「時短収納テクニック」

1日24時間という時間は、すべての人に平等に与えられているものなのに、それが長く感じる人や、逆に足りないと感じる人がいます。とりわけ子育てをしていると「え! もうこんな時間!?」と思うことが、よくありますよね。そんな現実にあせるママやパパは、少なくないのでは? 中でも、日々の暮らしにおけるムダといえば、探しものをしている時間。いつも使うものを「取り出す」「しまう」ことがスムーズにできれば、探す時間から解放されて大幅な時短が実現し、暮らしにゆとりが生まれるはずです。 そこで、時間をもっと効率的、かつ有効に使うために、ここでは日常で使うものの整理・収納に着目しました。時短収納のコツを教えてくれたのは、整理収納コンサルタントの森山尚美さん。森山さんのご自宅にお邪魔し、実践されている7つのテクニックをうかがいました。   <キッチン編> 1.毎日使うものは“見せる収納”で取り出しやすく 森山さんのご自宅には、キッチンのシンク脇につくり付けのオープン棚があり、ヤカンやコップ、マグカップなど、家族が日常的に使うものが並んでいます。そしてその下には、そろいの容器に移し替えられた最小限の調味料が置かれています。 「1日に何度も使うものは、取り出しやすく、しまいやすい場所に“見せる収納”として置いています。オープン棚には『かわいい雑貨やお花などを飾りたい』と考える方が多いと思いますが、それをグッとこらえ、毎日使うものだけに絞って置くようにすると、忙しい朝の支度がとてもラクになりますよ。 また、並べるアイテムは、シンプルで美しいものを選ぶと、見せる収納でもゴチャゴチャしません。複数で並べるものは同じデザインで統一したり、色数を絞ったりすることも、スッキリ見せるポイントです」(森山さん)   2.調理器具の収納には“ファイルボックス”が便利 フライパンや鍋などの調理器具は、食器棚の引き出しに並べられたファイルボックスに、立てて収納されていました。 「重ねて平置きすると、下のものを取り出すのに時間がかかってしまいます。逆に、しまうのも面倒ですよね。そこで、引き出しをファイルボックスなどで仕切り、そこへ調理器具を縦に入れて収納しています。特によく使うフライパンは、取っ手を持って引き上げればワンアクションで取り出せるよう、1個のボックスにひとつのフライパンを収納しているのがポイントです。 調理器具をたくさん持っている方は『これでは入り切らない』と感じられるかもしれませんが、使用頻度の高いものを厳選し、管理しやすい数に絞り込んでゆとりを持たせて収納することが、時短への近道なのです」(森山さん)   3.お弁当づくりは“セット収納”でハードルを下げる 二人のお子さんを抱える森山さんの朝は、お子さんたちのお弁当づくりから始まります。ときには面倒に感じることもある毎日のお弁当づくりを支えてくれるのが、お弁当用の「セット収納」です。 「お弁当箱、仕切り、お弁当包みなどの関連用品一式を、バスケットにセットして収納しています。このセットを取り出せば、すぐにお弁当づくりに取り掛かれるので、気分的にラクですね。『お弁当包みがない、箸箱はどこ?』などと朝からあわてる心配もありません。散らかりやすい仕切りは、ジップ袋にひとまとめにしておくと使いやすいですよ」(森山さん)     <リビング編> 4.家族のものは誰もがわかりやすい「ラベル収納」に 森山家のキッチンとリビングダイニングの間にあるのは、柱を利用した天井まで続くつくり付けの棚。ここには、薬や文房具、電池、ポケットティッシュなど、家族で使うものが集約されていました。 「家族みんなが使う生活用品は、家族が集うリビングにまとめるのが効率的。この棚は、家の中でも導線のいい場所にあるので、取り出しやすく、しまいやすいのがポイントです。収納ケースには、ラベルで具体的なモノの名前を表示しておくと、誰もが迷わず探せます。『お母さん、あれはどこにあるの〜?』と、みんなの探す時間を減らせるので、かなりの時短につながります。 また、各種アイテムの“定位置”が明確なので、片づける習慣がつき、散らかりにくくなるというメリットも。子どもたちが散らかしたものを片づけるのも、結構な労力と時間を要しますよね。こうした小さな家事を少しずつ減らしていくことが、ゆとりにつながると思います」(森山さん)   5. 貴重品は“ポーチ収納”で持ち出しやすく 通帳や母子手帳、保険証、診察券などは、半透明のポーチにグループ分けされ、棚に立てて収納されていました。 「通帳や母子手帳、保険証などの貴重品を、別々に保管している人は結構多いと思います。それらを<災害時に持ち出すもの>というゾーンに集約してまとめておくと、いざというときにもあわてません。ポーチ収納はそのまますぐに持ち出せるので、防災対策の観点からもおすすめの収納法です。 ちなみに、ポーチにはラベルを付け、パパにもわかりやすいようにしています。ポーチは、通帳や母子手帳などを入れるのにちょうどいい大きさで、自立するもの、また、幅を詰められて場所を取らないアイテムに統一して使っています」(森山さん)     <洗面所編> 6.下着とパジャマは洗面所に “使う場所に収納する”というルールを徹底している森山さん。お風呂上がりにそのまま取り出して身につけられるよう、下着とパジャマはバスルームに続く洗面所に収納されていました。 「多くのご家庭では、パジャマや下着類を寝室のタンスや、クローゼットの収納ケースなどに収納されているのではないでしょうか? わが家では、洗面所の棚に引き出しを取り付け、そこへ収納しています。わざわざ寝室まで着替えを取りに行く手間を省ける上に、子どもが自分で用意できるので、とても重宝しています」(森山さん)     <玄関編> 7.アクセサリー類は玄関の近くに 玄関のすぐ近くに、小さめのテーブルが設置されている森山家。そこには、アクセサリーや時計、クルマのカギなどが収納されていました。 「いずれも外出時に使うものなので、玄関の近くに置いておけば、出かける準備がスムーズです。アクセサリーは、コルクボードにかけたりクリアケースに入れたりして収納しているので、その日のコーディネートに合わせて選びやすく、便利です。また、帰宅後もすぐに取り外して元に戻せるので散らかりません。さらにスペースがあれば、交通系ICカードやお財布、家のカギなどもひとまとめにしておくと、忙しい朝の身支度もスムーズ。忘れもの防止にもつながります」(森山さん)       森山家の収納は、いずれも「誰が」「どこで」「どのくらいの頻度で」使うものなのか……ということを念頭に置いた上で、取り出しやすさとしまいやすさを第一に考えられていました。この収納ルールを徹底した結果、「使いやすくて汚れにくい、ストレスフリーな暮らしを手に入れられた」と森山さんはいいます。 まずは、よく使う生活用品を中心に「それらはきちんと使う場所にあるか」、「使うときに取り出しやすいか」といったことを点検しつつ、ご自宅の収納を見直してみましょう。ちょっとしたことですが、せわしない毎日が大きく変わるかもしれません。     教えてくれた人 森山尚美さん シンプルライフスタイリスト、整理収納コンサルタント。看護師として病院に勤務した後、11年間の専業主婦時代を通じて片づけ、シンプルライフに開眼し、2012年に整理収納アドバイザー1級を取得。整理収納のコンサルティングなどを行う「SIMPLUS」を立ち上げ「もっと素敵に、私らしく暮らしたい」人への片づけレッスンや、各種セミナーの講師としても活動。「整理収納からはじめるシンプルライフ」を伝えている。     ●こちらの記事もおすすめです [glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_6798/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4664/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_4834/"]

How To

疲れた日や時間がないときに大助かり! 包丁いらずの「20分おかず」5選

「仕事や子育てでクタクタ……」、「体調が悪くて長時間キッチンに立つのがツライ」など、心身の疲れで食事の準備がいつもより負担に感じる日はありませんか? そんなときは、包丁をにぎるのも億劫ですよね。そこで今回は、包丁を使わないでつくれるおかずを、フードコーディネーターの島ともこさんに教えてもらいました。すべてのメニューが20分ほどでつくれる上に、包丁やまな板を使わないので洗い物も少なくなります。「切る」という作業を省くと、時短につながるのはもちろん、精神的な負担が軽くなるのもうれしいポイントです。ほかにも「もうひと品欲しいとき」や「手早くランチを済ませたいとき」、「料理初心者のパパがつくるとき」など、さまざまなシーンで活躍してくれるレシピばかりです。 Recipe 1レタスのカップがかわいらしいひき肉と春雨のレタス包み「オイスターソースで味つけしたコクのある具材が、シャキッとしたレタスにマッチします。わが家では子どもに大人気のメニューで、サラダにしたときよりも、レタスをたくさん食べてくれます。手でつまんでそのままパクッと食べられるので、パーティメニューとしてもおすすめです」(島さん) 材料(4人分)レタス……約1玉豚ひき肉……400g酒(ひき肉の下味用)……大さじ3カット春雨……30g <A>にんにく……大さじ1しょうが……大さじ1砂糖……小さじ2酒……大さじ1オイスターソース……大さじ2 片栗粉……大さじ1(50mlの水で溶いておく)枝豆……10~12つぶ(ゆでてあるもの)コーン缶……1缶(180g) つくり方 (1)レタスは1枚ずつはがし、さっと洗って冷蔵庫で冷やす。ひき肉には酒をふっておく。(2)春雨をたっぷりの湯で3〜4分ほぐしながらゆで、ザルにあげたら冷水で洗って水を切る。(3)フライパンに油(分量外、大さじ1)を入れて熱し、(1)のひき肉を炒める。色が変わったら、余計な水分やアクをキッチンペーパーで取り除く。(4)合わせた<A>を入れて全体に混ざったら、枝豆、コーン、(2)の春雨を入れる。いったん火を止め、水溶き片栗粉を少しずつまわし入れたら、再び火をつけてよく混ぜる。(5)食べやすい量をレタスに盛りつける。 ★Point レタスは水で洗って冷蔵庫で冷やしておく「レタスはパリッとしていたほうが、食感がよくおいしいですよね。1枚ずつ丁寧にはがしたら、水で洗って冷蔵庫で冷やしておくと、みずみずしい食感を簡単に引き出せます」(島さん)  Recipe 2少ない油で手軽につくれる もやしネギのベーコンチーズ春巻き「もやしにベーコンとチーズを合わせた春巻き。食べた瞬間、とろりとしたチーズに思わず頬が緩みます。手間がかからず簡単につくれるので、手づくり春巻きはハードルが高いと感じていた人にも、ぜひつくっていただきたいですね」(島さん) 材料(4人分)ごま油……少々もやし……小1袋鶏ガラスープの素……小さじ1/2(10mlの湯で溶いておく)塩・コショウ……少々ネギ(小口切りしたもの)……1/3パック片栗粉……小さじ1/2(20mlの水で溶いておく)春巻きの皮……8枚ベーコン……16枚加熱用スライスチーズ……8枚 小麦粉……大さじ1(30mlの水で溶いておく)揚げ焼き用油……春巻きの半分弱くらいの量 つくり方(1)ごま油をフライパンで熱し、もやしを軽く炒める。溶いておいた鶏ガラスープ、塩・コショウで味つけし、ネギを加える。全体が混ざったらいったん火を止め、水溶き片栗粉を入れる。よく混ぜたら再び火をつけ、とろみをつける。(2)春巻きの皮にベーコン、チーズ、8等分したもやしを順に置き、巻いていく。最後に、溶いた小麦粉をのり代わりにしてフタをする。(3)油をフライパンで熱し、菜箸の先に気泡がつくくらいの温度になったら、(2)を入れていく。何度か裏返し、皮がキツネ色になるまで揚げ焼きする。 ★Point 春巻きの皮はツルツルした面を表にして揚げ焼きに「通常の揚げ物と比べると、油を使う量が少ない分、後片づけもラクなのが揚げ焼きのメリットです。春巻きの皮には裏表がありますが、ツルツルした面が表に出るように巻くと、パリッと仕上がります」(島さん) 【次のページは】あんかけ温豆腐&温玉コーンそぼろRecipe 3味も見栄えも抜群のお手軽メニュー!あんかけ温豆腐「温めたくずし豆腐の上に、カニカマ、絹さや、しめじでつくったあんをかけるだけ。とても簡単なのに、手間ひまかけてつくったかのような、ごちそうに見えるひと品です。カニカマの代わりにエビを使ったり、かき玉を加えたりと、包丁を使わなくてもアレンジを楽しめます。ただし、煮すぎるとカニカマの色が悪くなってしまうので、注意してくださいね」(島さん) 材料(4人分)<A>砂糖……大さじ2しょうゆ……大さじ2みりん……大さじ2酒……大さじ2塩……少々水……大さじ2 片栗粉……大さじ1(140mlの水で溶いておく)しめじ(ばらのパック)……半袋絹さや……8枚ほどカニカマ……8本豆腐……小パック4個(600gほど) つくり方(1)<A>を鍋に入れて火にかける。煮立ったら、しめじ、絹さや、カニカマを入れ、さらに5分ほど煮る。(2)いったん火を止め、水溶き片栗粉を入れて混ぜる。再び火をつけ、とろみをつける。(3)豆腐をひとつずつキッチンペーパーに包んで余分な水分を切り、600Wの電子レンジで豆腐ひとつにつき50秒ほど加熱する。(4)(3)の豆腐をスプーンなどで軽くくずし、(2)のあんをかければ完成。  ★Point あんの材料を先に混ぜておく「あんをつくるときに使う調味料や水溶き片栗粉は、あらかじめボウルなどで混ぜておき、冷蔵庫で保管しておいてもOKです。ここまで準備しておけば、あとは食べたいときに材料を火にかけ、沸騰したら具材を入れて煮るだけ。ちょっとした準備ですが、大幅な時短効果がありますよ」(島さん)  Recipe 4鶏と豚、2種類のひき肉のうまみで箸が進む温玉コーンそぼろ「お子さんに人気のごはんに合う鉄板おかずといえば、そぼろですね。ここでは、ヘルシーな鶏ひき肉に、豚ひき肉をブレンドして使いました。コーンの食感と甘みが味のアクセントになっています。とろりとした温玉を崩しながら食べると、まろやかな味がクセになります」(島さん) 材料(4人分)<温玉>水……1L水(追加用)……400ml卵……4個 <そぼろ><A>水……30mlしょうが(チューブ入りのもの)……大さじ1にんにく(チューブ入りのもの)……大さじ1/2砂糖……大さじ3しょうゆ……大さじ3塩……大さじ1/2オイスターソース……大さじ1/2酒……50ml 鶏ひき肉……200g豚ひき肉……200gコーン缶……1缶(180g)片栗粉……小さじ1(30mlの水で溶いておく) <スナップえんどうの煮びたし>スナップえんどう……8個 <B>水……300ml顆粒だし……小さじ1/2しょうゆ……大さじ1/2みりん……大さじ1/2塩……少々 つくり方<温玉> 鍋に水1Lを沸騰させて火を止める。そこに水400mlを足し、卵をお玉に載せて鍋に入れていく。そのまま20~25分間置く。 <スナップえんどうの煮びたし>(1)スナップえんどうは、頭とお尻をちぎってスジをとっておく。(2)<B>の調味料を鍋で煮立てたら、スナップえんどうを入れる。5分間煮たら、煮汁とともに器にとって冷ます。 <そぼろ>(1)<A>を鍋に入れて火にかける。煮立ったらひき肉を入れ、菜箸を2組使ってかき混ぜる。(2)ひき肉の色が変わったら、コーンを入れ軽く混ぜる。(3)いったん火を止め、水溶き片栗粉を入れながら混ぜ、再度火をつけてとろみをつける。(4)そぼろの中央に温玉を載せ、スナップえんどうの煮びたしを添える。 ★Point ごはんに載せればあっという間にお弁当の出来上がり「そぼろはお弁当にもおすすめのおかずです。載せるだけなので盛り付けも簡単。忙しい朝でも手早く詰められるのが魅力ですね。いんげんやにんじんといった、ゆでた野菜を添えると、彩りも栄養バランスもよくなりますよ!」(島さん) 【次のページは】具だくさん手羽中スープ! Recipe 5主食とおかずとスープがミックスした“1品3役”!具だくさん手羽中スープ「手羽中からおいしいだしが出るので、短時間でおいしいスープをつくれます。今回は、あっさり素朴な味に仕上げてみました。じゃがいもが入っているのでボリューム満点。もち麦も腹持ちがいいので、お子さんが塾に行く前の軽食などにもおすすめです」(島さん)  材料(4人分)じゃがいも……小4個手羽中……10〜12本 <A>鶏ガラスープの素……小さじ4水……1Lしょうが……小さじ1しょうゆ……小さじ1砂糖……小さじ1塩・コショウ……少々 スナップえんどう……8本コーン缶……1缶(180g)もち麦や雑穀(レトルトのもので可)……60g つくり方(1)じゃがいもはきれいに洗い、皮つきのままラップして、600wの電子レンジで1分間加熱する。手羽中は血の部分を洗い流しておく。(2)<A>を鍋で煮立て、手羽中、じゃがいもを入れる。再び煮立ったら、アクを取りながらコーン、スナップえんどう、もち麦、もしくは雑穀(レトルト食品)を入れていく。(3)10分ほど煮たら、塩・コショウで味を整える。 ★Point じゃがいもは電子レンジで下準備しておく「じゃがいもは、あらかじめ電子レンジで加熱し、半分ほどゆでた状態にしておきます。こうすることで、スープを煮込む時間が短くて済みます」(島さん)  いかがでしたか? 今回ご紹介した包丁いらずのレシピでは、キッチンばさみやピーラーなどを使わずに調理できる食材選びにこだわりました。どれも手早くつくれるメニューなので、忙しい毎日をきっと助けてくれることでしょう。ぜひ、レパートリーに加えてみてください!  つくってくれた人島ともこさんアパレル業界を経て、現在はレストランに勤務しながら、フリーランスで食に関する活動をしている。高3、中1、小5、3人の男の子の母。奇をてらわない、日々の暮らしの中の「食」を中心に、食べた人が幸せになるごはんをつくり続けている。 [Instagram]@tomo_shima0328 ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5969/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5984/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_6637/"] 

How To

時短調理にお役立ち! 料理の下ごしらえが楽になる「食材カッター」5選

忙しいママにとって、毎日の食事づくりは効率よく進めたいもの。だからといって、たまには市販のカット野菜やお惣菜に頼りたいけれど、コストや栄養バランスを考えると、やはり手づくりにこだわりたいですよね。そこで、調理の効率化を実現するために、短時間で均一に野菜をカットできる食材カッターに注目しました。包丁でスライスしたり、みじん切りしたりする手間を省けるだけで、調理が劇的に楽になります。野菜の下ごしらえが苦にならないので、これまで避けてきた手の込んだメニューも食卓に並ぶ機会が増えそうです! ◆アイテム 1みじん切りが素早くつくれる!貝印 SELECT100 みじん切り器価格:4,644円(税込) 本体サイズ:W165×H195×D165mm 重量:520ghttp://www.kai-group.com/store/products/detail/1037 野菜を入れてハンドルを回すだけ! 切れ味のいいステンレス製の刃が高速回転するので、わずか1分ほどで野菜のみじん切りができちゃいます。これさえあれば、涙を流しながら玉ねぎをみじん切りする必要もありません。8等分程度にカットした玉ねぎを容器に入れてふたをし、ハンドルを15回程度回せば、細かくキレイなみじん切りに!野菜のみじん切りが必須なハンバーグや餃子、コロッケ、お好み焼きなど、お子さんの好物メニューの下ごしらえや、離乳食づくりに大活躍! また、遠心力で野菜の水気を飛ばす水切り機能がついているので、サラダづくりにも活用できます。 電気を使わないので、お子さまのお昼寝中でも静かに下ごしらえを進められます。すぐに手に取れる場所に置き、毎日使いこなしたくなるアイテムです。  ◆アイテム 2野菜の千切りがあっという間にできあがり!ののじ サラダおろし価格:1,728円(税込) サイズ:W108×H293mm 重量:166ghttp://shop.yokohama-city.co.jp/i-shop/product.asp?cm_id=241992 揚げ物に添えるキャベツの千切り、おみそ汁の具として入れる大根など、日々の献立に千切り野菜の登場シーンは多いものです。握りやすいハンドグリップが付いた「ののじサラダおろし」を使えば、軽い力で簡単に美しい野菜の千切りができあがります。 手でちぎったレタスをお皿に盛り、その上からにんじんをササっと数回おろすだけで、彩りもきれいなサラダの完成。にんじんを丸ごと1本おろしても、1分程度で完了します。沖縄の郷土料理「にんじんしりしり」や“あと、もうひと品”に便利な「キャロットラペ」なども、あっという間にできあがり。おろし金部分は表と裏でおろしの目の粗さを変えられるので、用途や食材によっての使い分けも可能です。また、本体にセットできるフードトレイがついているので、受け皿を用意しなくてもOK。しょうがや大根のすりおろしなど、飛び散りやすい食材でも安心です。面倒だった野菜のスライスを素早くこなし、大幅な時短調理を実現しましょう!  ◆アイテム 3野菜嫌いの克服に活躍しそう!OXO(オクソー) ベジヌードルカッター価格:2,592円(税込) サイズ:75×90mm 重量:121ghttps://www.oxojapan.com/hand-held-spiralizer-386 野菜が刃の中心にくるようにセットし、刃を垂直に押し当てて時計方向に回すと、野菜を麺のように細長くカットできる優れモノ。パスタやラーメンのようになった野菜は、食感に変化をつけられるため、お子さんの苦手な野菜克服にも大活躍しそうです。イチ押しは、ズッキーニのパスタ。カルボナーラやペペロンチーノ風の味つけがよく合います。ほかにも、大根やにんじん、きゅうりなどの野菜をヌードル状にカットし、ドレッシングに和えて食べるのもオススメです。適しているのは、断面が丸く、ある程度、固さのある野菜の方が切りやすいようです。ヘルシーなベジヌードルが簡単につくれるので、大人でも、糖質を控えている方や、お酒の後のシメの麺をヘルシーに食べたいときなどにも重宝します。 野菜を麺状にカットすることで、味がからみやすくなり、火のとおりも早くなるので、時短調理につながります。お肉といっしょに炒めて、塩、コショウで味をつけるだけでも、ボリュームと彩り豊かなメイン料理に。さまざまな野菜をヌードル状にして、サラダやパスタ、スープやメインのおかずなど、多彩なアレンジをお楽しみください。 ◆アイテム 4薬味の準備もスピーディにこなせる!貝印 ねぎスライサー価格:756円(税込) サイズ:W188×H50×D18mm 重量:40ghttp://www.kai-group.com/store/products/detail/6990 毎日のおみそ汁はもちろん、冷奴や納豆、そうめんやうどん、そして、メインメニューの麻婆豆腐など、小口切りのねぎを薬味としてプラスする料理は多いもの。急いでいるときは省いてしまいたくなるものですが、ねぎがないとどこかもの足りない味に。薬味のねぎは、想像以上に重要な存在なのです。このスライサーはねぎ専用につくられたもので、コンパクトで持ちやすく、簡単にスパスパとねぎの小口切りがつくれます。また、まな板ににおい移りする心配がないので、しょうがやニンニクといった、ねぎ以外のにおいの強い野菜をスライスするのにも適しています。持ち手の脇の剣山部分を使えば、つくるのが面倒な白髪ねぎも簡単につくれます。この、ねぎスライサーは、忙しいママの丁寧な食事づくりをスピーディに叶える、お助けアイテムになってくれそうです。  ◆アイテム 5デザートのりんごを一度に8等分に!ファッケルマン ビッグアップルカッター レッド価格:648円(税込)サイズ:W180×H120×D40mm 重量:81.6ghttp://www.tealife.co.jp/products/detail_91068.html 昔から「りんごが赤くなると医者が青くなる」といわれるほど、ビタミンを豊富に含み、栄養バランスに優れたリンゴ。この道具があれば、りんごを瞬時に8等分のくし型にカットでき、食後のデザートなどでおいしいカットりんごを味わえます。使い方は、りんごの上に置き、両手で力を入れて下へ押すだけと簡単。芯の部分を細長くくりぬけるので、果肉のムダを最小限に抑えることができます。また、均等にカットできるので、家族で分け合うときにも便利です。ちなみに、このカッターには、ひと回り小さな「ファニーキッチン アップルカッター レッド」(価格:561円 サイズ:W140×H160×D15mm 重量:59g)もラインナップ。日本と比べ、小さめのりんごが主流の海外では、小さいサイズの方が好まれる傾向にあるようです。日本のりんごは、割と大きめの品種が多いので、よく食べる好みのりんごに合わせ、使いやすいモデルを選びましょう。 いかがでしたか? 食材カッターを使えば、野菜の下ごしらえやフルーツのカットが、グッとスピーディに! 忙しい日々の食事づくりに、ぜひご活用ください。 ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1336/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1368/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4131/"] 

How To

毎日のごはんづくりがもっと楽になる! 「常備調味料」レシピ5

常備菜まではつくれなくても、調味料だけでも冷蔵庫に常備しておくと、毎日のごはんづくりが格段に楽になります。具材を切って炒め、常備調味料をかけるだけで、簡単おいしいメインディッシュが完成! 献立のバリエーションも広がる便利な常備調味料のつくり方と、それらをフル活用したおいしいメニュー5種を、ご夫婦でケータリングユニットとして活躍中の“マフィオ”のおふたりに教えてもらいました。 調味料Recipe 1炒め物など何にでも合う万能調味料コリアンダーしょうゆ「フレッシュで辛味の少ないコリアンダーは、寝かせると甘味に変化します。お子さんがいるご家庭では、青とうがらしを抜いてもOK。炒め物や煮物など、どんなおかずにも合うので、わが家には欠かせない調味料です」(マフィオ・平床政治さん) 材料(つくりやすい分量)青とうがらし…20gコリアンダー…20gしょうゆ…300ml つくり方(1)青とうがらしを細かく刻む。(2)(1)とすべての食材を容器に入れ、1週間ほど漬け込む。 「コリアンダーしょうゆ」を使ったRecipe鶏肉と大根の煮物「いつもの定番メニューを、コリアンダーしょうゆを使ってイメージチェンジ! 食べ慣れた料理が、ひと味違うこなれたエスニック風の味わいになります」(政治さん) 材料(4人分)鶏もも肉…350g大根(下ゆでする)…1/2本だし汁…200ml <A>コリアンダーしょうゆ…大さじ3甜菜糖(なければ砂糖でも代用可)…大さじ1酒…大さじ1 つくり方(1)鶏肉を食べやすい大きさに切り、油を敷いたフライパンで軽く焼き色がつくまで炒める。(2)(1)に大根を入れて軽く炒め、だし汁と<A>を入れて弱火で煮る。落としぶたをして、水分が少なくなったら完成(15分程度)。 【次のページは】アンチョビとオリーブのガーリックオイル 調味料Recipe 2材料を刻んで漬けるだけの簡単オイルアンチョビとオリーブのガーリックオイル「イタリア料理に欠かせないハーブとして知られる、オレガノを使ったオイルです。アンチョビの塩気やオリーブの風味がアクセント。あらかじめ材料を刻んでオイルに漬けておくと、料理をつくるときの手間が省けて時短につながります」(政治さん) 材料(つくりやすい分量)アンチョビ…30gオリーブ…40g赤とうがらし…1本ニンニク…大2片オリーブオイル…200ml つくり方(1)アンチョビとオリーブ、ニンニクを細かく切る。(2)オリーブオイルに(1)と赤とうがらしを入れる。 「アンチョビとオリーブのガーリックオイル」を使ったRecipeタコとオリーブのペペロンチーノ「このオイルを使うと、パスタ料理が手軽においしく仕上がります。タコは炒める前にオイルになじませておくと味が入りやすくなり、硬くなりにくいので、時間があるときはぜひ試してみてください」(政治さん) 材料(1人分)タコ…50gニンニク…1片タカノツメ…1本バジル(飾り用)…適量パスタ…100gアンチョビとオリーブのガーリックオイル…大さじ3 つくり方(1)タコを食べやすい大きさに切る。(2)フライパンにオリーブオイルを敷き、みじん切りにしたニンニクとタカノツメを炒める。香りがたったら(1)のタコ入れ、さらに炒める。(3)別の鍋でパスタをゆでる(使うパスタに表示されているゆで時間より1分早くあげる)。(4)(2)にゆで上がったパスタを入れ、アンチョビとオリーブのガーリックオイルで味つけをする。 【次のページは】ナンプラーココナッツオイル 調味料Recipe 3スピード料理にもお役立ち!ナンプラーココナッツオイル「チャーハンなどスピード勝負のメニューには、こういった調味料があると瞬時に味が決まるので便利です。ココナッツオイルの香りが苦手な人は、無香料のココナッツオイルやオリーブオイルで代用してもいいでしょう」(政治さん) 材料(つくりやすい分量)クミンシード…大さじ1ナンプラー…40gココナッツオイル…100gライム絞り汁…1/2個分 つくり方(1)材料をすべて混ぜ合わせる。 「ナンプラーココナッツオイル」を使ったRecipe豚バラ&小松菜のたまごチャーハン「ポイントは、ごはんを入れる前にしっかり具材に味つけをすること。調味料はオイル以外、塩、コショウ、しょうゆのみ。ココナッツオイルがふわりと香る、ひと味違った変わりダネのチャーハンです」(政治さん) 材料(2人分)豚バラ肉…100g卵…2個小松菜…3束ごはん…茶碗2杯分 <A>ナンプラーココナッツオイル…大さじ4塩…ひとつまみしょうゆ…大さじ1ホワイトペッパー…少々 つくり方(1)塩、コショウ(分量外)をした卵をフライパンで炒める。火が入りすぎないうちにボウルにあげる。(2)別のフライパンで豚バラ肉を炒める。火がとおってきたら小松菜を入れ、サッと炒める。(3)(2)に炒めた(1)の卵を入れ、<A>で味つけをする。具材に味がなじんだら、ごはんを入れ、全体的に絡めるよう炒め合わせる。 【次のページは】簡単自家製マヨネーズ 調味料Recipe 4添加物なしのフレッシュでヘルシーなマヨネーズ簡単自家製マヨネーズ「市販品を買ってくることが多いマヨネーズですが、手づくりだと好みの味にアレンジでき、何より新鮮でおいしい! 添加物が入っていないのでお子さんにも安心です。炒め物の隠し味として入れるのもおすすめ。コクが出て、食材の味がまとまりやすくなります」(政治さん) 材料(つくりやすい分量)卵…1個 <A>レモン汁…1/2個分パルメザンチーズ…10gピンクペッパー…10〜20粒タイム(あれば)…少々ディルシード(あれば)…少々塩…適量グレープシードオイル…200ml つくり方(1)器に卵を落とし、<A>を入れる。(2)(1)をハンドブレンダーで2~3分程度かくはんさせる。その際、ブレンダーをあまり動かさないのがポイント。(3)マヨネーズが固くなってきたらブレンダーを上下に動かし、ピンクペッパーが砕けて混ざったら完成。 「簡単自家製マヨネーズ」を使ったRecipeタラモサラダ「ポテトサラダなどでは、よく『ジャガイモがパサつくのが悩み』という話を聞きますが、マヨネーズをたっぷり入れてオリーブオイルをかけると、しっとりおいしく仕上がります。ジャガイモが温かいうちに調味料を混ぜるのがポイントです」(政治さん) 材料(3~4人分)ジャガイモ…小6個明太子…100g <B>簡単自家製マヨネーズ…大さじ4白ワインビネガー…大さじ1塩…ひとつまみオリーブオイル…大さじ1あらびきコショウ…適量 つくり方(1)ジャガイモを蒸す、もしくはゆでる。竹串がスッととおる程度になったら、すりこぎでつぶす。(2)明太子の皮をむいて中身を出す。(3)(1)のつぶしたジャガイモに(2)と<B>を入れ、よく混ぜ合わせる。 【次のページは】粒マスタードのリンゴ酢ドレッシング 調味料Recipe 5かけるだけで生野菜もおいしく食べられる粒マスタードのリンゴ酢ドレッシング「お酢よりも酸味がマイルドなリンゴ酢を使うことで、甘味のある、まろやかな味になります。生野菜のドレッシングやマリネ液として、とても重宝します」(政治さん) 材料(つくりやすい分量)粒マスタードシード…大さじ1ビール…大さじ2白ワインビネガー…大さじ1玉ねぎ(みじん切り)…小1/2個レモン汁…1個分オレガノ…少々リンゴ酢…大さじ2塩…少々黒コショウ…少々なたね油…150g  つくり方(1)材料をすべて混ぜ合わせる。 「粒マスタードのリンゴ酢ドレッシング」を使ったRecipe白身魚のマスタードマリネ「具材を切ってドレッシングをかけるだけのごちそうメニューです。彩りも美しく、テーブルが華やかになるので、パーティ料理やおもてなし料理にもおすすめです」(政治さん) 材料(2~3人分)鯛(刺身用切り身)…100gディル…少々 粒マスタードのリンゴ酢ドレッシング…適量 <A>ホワイトマッシュルーム…3〜4個ミニトマト…3〜4個 黄色パプリカ…1/2個 つくり方(1)氷水で締めた鯛の切り身を薄切りにする。<A>の材料もすべて薄くスライスする。(2)すべての具材を放射線状に盛りつける。(3)上から粒マスタードのリンゴ酢ドレッシングを適量まわしかける。最後にディルを盛りつければ完成。 調理が簡単なうえに、とっても便利な常備調味料があれば、おいしいごはんが時短で作れるので、家族も喜ぶはず! ぜひお試しください 教えてくれた人マフィオ(平床政治+asaco)平床政治とasaco、夫婦ふたりで手掛けるケータリングユニット。10歳と4歳の女の子、8歳の男の子のパパとママで5人家族。音楽家、ナレーターである政治さんの得意な料理を、モデルのasacoさんがブログで紹介したことをきっかけに、食の仕事を始めるように。誰もが手に入れられる身近な食材を使って、子どもでも食べやすい料理を生み出す。雑誌や広告のフードスタイリングのほか、ロケ弁やレセプションのケータリング業でも活躍している。 マフィオ http://mafio.jp/ ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_854/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1842/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5212/"]

How To

クリスマスやお誕生日に! 15分以内でできる「お手軽パーティレシピ」7選

友人や親戚が集う機会が増えるこれからの季節に役立つおもてなしメニューを、人気料理家のtottoさんに教えてもらいました。なんと、いずれも調理時間は15分以内で、手軽につくれるレシピばかり! これなら、急な来客や、持ち寄りパーティの際にもあわてずに準備できそうです。ぜひお試しください。 Recipe 1ソースが決め手のお手軽前菜タコのピンチョス 春菊とナッツのヴェルデソース 「片手でつまんで口に運ぶピンチョスは、気兼ねなく食べられるフィンガーフードの代表。ソースを手づくりすることで、おいしさがアップします。ヴェルデソースの“ヴェルデ”とは、イタリア語で“緑色の”という意味。イタリアンではバジルやパセリを使うのが一般的ですが、ここでは春菊を使ったレシピを紹介します」(tottoさん) 材料(4人分)タコ(ボイル済みのもの)...150g 春菊(葉の部分)...5本分ナッツ類...10粒ニンニク(お好みで)...1/3かけ菜種油...大さじ2塩...少々コショウ…少々ミニトマト...6個 つくり方(1)タコは2cmの厚さに切っておく。(2)春菊、ナッツ類、ニンニク、菜種油、塩、コショウをフードプロセッサーに入れて攪拌(かくはん)する。(3)タコとミニトマトを串に刺し、(2)のソースをかける。 ★Point ヴェルデソースの材料はあらかじめ準備しておく「今回は時短にこだわったレシピなので、作業も時短を意識。ソースの材料は、あらかじめバットなどに並べておくと、スムーズにつくれますよ」(tottoさん)   【次のページは】ワインとよく合うおつまみ! 豚とりんごのタルティーヌRecipe 2ワインとよく合うおつまみ豚とりんごのタルティーヌ 「相性のいい豚肉とりんごをハーブといっしょにソテーするだけ。スライスしたフランスパンに載せれば、立派なパーティメニューの完成です。りんごが甘いのでお子さんたちにも人気のメニューです」(tottoさん) 材料(4人分)りんご...1/3個豚ひき肉...150g塩…少々タイム(乾燥)...少々バゲット...適量クリームチーズ...100g黒コショウ...少々菜種油...小さじ1 つくり方(1)りんごはよく洗い、芯を取って皮ごと1cm角に切る。(2)フライパンに菜種油を温め、ひき肉を入れ、塩、タイムを振って炒める。りんごを加えてさらに炒める。(3)斜め薄切りにしたバゲットにクリームチーズを塗り、(2)を載せて黒コショウを振る。 ★Point りんごは皮ごと使う「りんごは皮を残すことで、バケットの上に載せたときに彩りがプラスされてきれいです」(tottoさん)   【次のページは】ピザ感覚でパクパクいけちゃう! レンコンとディルのロスティRecipe 3ピザ感覚でパクパクいけちゃう!レンコンとディルのロスティ「ロスティとは、薄くスライスしたじゃがいもを表面がカリカリになるまで焼いた、スイスの伝統的な料理のこと。ここでは、じゃがいもの代わりにレンコンを使います。穴の開いた見た目がかわいくて、パーティにぴったり。レンコンの一部をすりおろして使うことで、もっちりとした食感に仕上げています」(tottoさん) 材料(4人分)レンコン...350gとろけるタイプのチーズ…70gフレッシュディル(あれば)...刻んだもの2本分塩...少々菜種油...大さじ2 つくり方(1)レンコンは300gを薄くスライスし、残りをすりおろしておく。(2)(1)をボウルに入れ、チーズ、刻んだディルを加えて手で全体をあえる。(3)フライパンに菜種油を温め、(2)を敷き詰めた後、フタをしてこんがりと蒸し焼きにする。(4)片面を焼いたら、もう一方の面はフタをせず、中までしっかりと焼く。 ★Point ピザのようにカットする「キッチンばさみやピザ用カッターで食べやすくカット。ピザのように手づかみで気軽にお召し上がりください」(tottoさん)   【次のページは】カリッと焼き上げるのがポイント! チキンのソテーwithジンジャーハニーソースRecipe 4カリッと焼き上げるのがポイントチキンのソテーwithジンジャーハニーソース「フライパンで焼くと、オーブンよりも短時間でパリッと焼き上がります。ソースはしょうがとハチミツで甘じょっぱく仕上げ、お子さんたちも好む味つけにしました」(tottoさん) 材料(4人分)鶏もも肉...4枚塩...小さじ1/2コショウ…少々 <A>しょうが(すりおろしたもの)...2かけ分はちみつ...大さじ2しょうゆ...大さじ1酒...大さじ1 菜種油...大さじ1 つくり方(1)鶏もも肉は常温に戻し、余分な脂を取って塩、コショウをまぶし、5分ほど置いて下味をつける。(2)<A>の調味料を合わせておく。(3)フライパンに菜種油を温め、鶏肉の皮目から入れて強めの中火で焼き、色がつくまでそのままにして表面をこんがりと焼く。(4)もう一方の面は強めの弱火で焼き、中までしっかり火をとおす。(5)フライパンの余分な油をキッチンペーパーで拭き取り、<A>の調味料を加えて照りが出るまで煮絡める。 ★Point 鶏もも肉は皮目から先に焼く「お肉は皮が付いている方から先に焼くことで、きれいな焼き色がつきます。このとき、強めの中火でフタをせずに3分ほど焼くのがポイント。焦げを気にして何度もひっくり返すと、パリッと仕上がりません」(tottoさん)   【次のページは】炊いたごはんとトマトジュースでつくるから簡単!お手軽トマトリゾットRecipe 5炊いたごはんとトマトジュースでつくるから簡単!お手軽トマトリゾット「一般的な、お米からつくるリゾットは、調理時間が30〜40分かかってしまうのですが、炊いたごはんを使えば、わずか5分でできあがります。トマトジュースを使うことで、さらにお手軽に!」(tottoさん) 材料(4人分)ごはん...300gトマトジュース(無塩タイプ)...380ml粉チーズ...50g塩...少々 黒コショウ...少々パセリ...少々 つくり方(1)ごはんはザルに入れて水で洗い、水気を切る。(2)フライパンにトマトジュースを入れて温める。(3)(2)に洗ったごはんを加え、全体を混ぜながらひと煮立ちさせ、粉チーズを加えてひと混ぜする。(4)塩で味を調え、黒コショウとパセリを振る。お好みでさらに粉チーズを振る。 ★Point ごはんは水で洗っておく「フライパンに加える前にごはんを洗うことで、ごはんのでんぷん質を取り除きます。こうすると、熱したときにベチャッとならず、サラサラとしたリゾットに仕上がります」(tottoさん)  【次のぺージは】ポンチ風サングリア/いちごのレアチーズムースRecipe 6カットフルーツと市販のジュースでつくるポンチ風サングリア「季節のフルーツを使ってつくる、見た目にも美しいパーティドリンクです。テーブルの上にあるだけで華やかさがアップするので、持ち寄りパーティなどにもオススメです」(tottoさん) 材料(4人分)オレンジ...2個イチジク...2個りんご...1/2個レモン...1/2個巨峰...8粒グレープジュース...1ℓ つくり方(1)オレンジは皮をむいて5mm幅にスライスし、イチジクは6等分、りんごは5mm厚にスライス、レモンは皮をむいて輪切りにしておく。巨峰はよく洗って半分に切る。(2)ガラス瓶に(1)を入れてグレープジュースを注ぐ。 ★Point お呼ばれのときはフタ付きのビンに入れる「持ち寄りパーティのときなどは、フタ付きのビンに入れて持っていきます。中身を入れる前に、ビンのなかに食品用アルコールスプレーをひと吹きしておくといいでしょう」(tottoさん)   【次のページは】混ぜるだけだからすぐできる! いちごのレアチーズムースRecipe 7混ぜるだけだからすぐできる!いちごのレアチーズムース「ゼラチンを使わず混ぜるだけのチーズムースなので、冷やし固める時間が大幅短縮。グラスに盛るだけで、おしゃれなグラススイーツになります」(tottoさん) 材料(4人分)いちご...180gクリームチーズ...200g砂糖...30g生クリーム...180mlミント...適量 つくり方(1)いちごは飾り用の2個をスライスし、残りをフードプロセッサーに入れてジュース状にする。(2)クリームチーズをボウルに入れて常温に戻し、砂糖を加えてゴムベラで柔らかくなるまで練る。(3)(2)にジュース状にしたいちごを加え、よく混ぜ合わせる。(4)生クリームを加え、ゴムベラを泡立て器に持ち替え、空気を含むように攪拌する。(5)器に盛り付け、トッピング用のいちごとミントを飾る。 ★Point フローズンデザートにしてもおいしい「完成品を三菱冷蔵庫の“切れちゃう瞬冷凍”を使って冷やし固めれば、フローズンデザートに変身。アイスとシャーベットの中間のような、ムースとは違った食感を楽しめます」(tottoさん)  わずか15分で完成する簡単パーティレシピなら、平日、帰宅してからでもつくることができます。華やかな食卓に、きっと家族は驚くはず! ぜひお試しください。  つくってくれた人totto(黄川田としえ)さん料理家・フードスタイリスト・tottorante主宰。メディアでのレシピ開発、フードスタイリング出演などをはじめ、料理講師、イベントでの出店やレセプション等のフードケータリングなど多岐にわたり活動。また、子どもの心と体をサポートする「こどもレストラン」など、家族で楽しめるワークショップを各地で開催している。著書に『tottoちゃんのかんたんdeco弁』(祥伝社)、『毎日のごはんと心地よい暮らし』(宝島社)がある。10歳の女の子と15歳の男の子のママ。[HP]https://toshiekikawada.com  ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4408//"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_464/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_3656/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_2486/"]

How To

少しの工夫と見直しでもっと暮らしやすく! 家事のシンプル化 8つのテクニック

持ち物を減らすことで暮らし方をシンプルにし、毎日の家事をグッとラクにするメソッド“シンプル家事”。近年、メディアでも多く採り上げられていて注目を集めています。ムダなものを排除したミニマムな暮らしは、掃除や料理も実にスムーズに。今回は、こうした家事のシンプル化テクニックを、ライフオーガナイザーの中山あいこさんに教えてもらいました。 「私、実はズボラで飽きっぽい性格なので、毎日の掃除がもっとラクになるよう合理性を追求していきました。その結果、自然と暮らしがシンプルに。家事は毎日のことなので、わずかな時短であっても、チリも積もれば山となる。少しの工夫で無駄な動作が減れば、時間にも心にもゆとりが生まれます。今回ご紹介するアイデアは、どなたでもすぐに実践できる簡単なことばかり。参考にしていただければうれしいです」(中山さん) 1.タオルはワンサイズを使いまわす「○○用という概念をなくし、タオルは同じサイズ1種類のみに統一。キッチンやバスタオルなど用途ごとに分けることなく、すべて同じものを使いまわします。これにより、洗い替えを持つ必要がなくなり、買い足しも1種類でOK。さらに、収納スペースも最小限で済みます。タオルは洗面所に積んでおき、洗濯に出したらキレイなものを取る。置き場所を1カ所にしておけば、洗濯後にしまうのもラクです。サイズは体も拭けて手拭きにもなる小さめのバスタオルサイズが使いやすく、おすすめです。色や素材を統一するとスッキリ見せることができるので、わが家では色は白、素材は丈夫な麻、または綿でそろえています」(中山さん) 2.洗濯物をしまうときは引き出しを開けっ放しにする「畳んだ洗濯物をしまう際は、まず引き出しを開けることからスタート。干してある洗濯物をかごに取り込んだら、畳んだものから順にしまっていきます。最初から引き出しを開けっ放しにしておけば、その都度、開け閉めする動作を省略できて時短につながります。ポイントは、取りづらさとしまいにくさを回避するため、使用頻度の低いものは中段に収納すること。上段と下段をメインの収納スペースにしておけば、中段を閉めた状態で洋服の出し入れができます。ワンアクションで洗濯物をしまえるので、ムダな動作がなくなります」(中山さん) 3.洗剤は万能洗剤1種類のみを使う「洗剤は、マルチに使えるものひとつだけで十分こと足ります。洗濯用、掃除用の洗剤や手洗い用石鹸など、種類はいろいろとありますが、全部をそろえるとごちゃごちゃするうえに、ストック分だけでも大量になり、スペースも余分に使うことに。なので、すべてに対応できる1種類だけに洗剤を絞り込むと、ストックも少量で済みます。例えば、私は『松の力』という洗剤を愛用しています。これで食器洗い、洗濯、手洗い、体洗い、洗顔などすべてをまかなっています。泡立ちもよく、自然由来の成分(原料は松の油・水のみ)でつくられているので、肌にも環境にもやさしく低刺激で、子どもにも安心。ボトルは中身の量がわかるよう透明のものを使い、泡立つスプレータイプをお風呂場用、そのほか洗濯用、キッチン用と使い分けています」(中山さん)  4.部屋の飾りや出しっぱなし収納を減らす「インテリアのアクセントになる絵や写真、見せる収納などはおしゃれで素敵なのですが、掃除することを主体に考えると、外に出しっぱなしのものはできるだけ少ない方がベター。いちいちモノを動かす手間が省けるので掃除がしやすく、美しい部屋をキープしやすいです。わが家は飾りが少ないぶん、お気に入りの家具の美しさを楽しんでいます」(中山さん) 5.道具は動線を考えて収納する道具の置き場所は、いかに動線を短くできるかを軸に考えます。ホウキとチリトリは下駄箱の扉の裏に、掃除機は台所に……など、掃除道具は気づいたときにすぐ使える場所に配置。また、整理が面倒なチラシやDM類は部屋の中に持ち込まず、玄関で分別し、不要なものは下駄箱下の古紙ボックスにいれます。食器は食洗機から出して一歩も動かずしまえるよう、流し台の下に収納。ほかにもフライパンや鍋はガスコンロの下に置く……など、美しい状態がラクに保てるよう、動線を考えて置き場所を決めましょう」(中山さん)  6.包装やパッケージははがしてから収納する「ペットボトルやトイレットペーパーなどは、あらかじめ梱包や包装をはがしてから収納します。ペットボトルのラベルも最後ははがして捨てますよね。どうせ捨てるものは先に捨てておいた方が扱いやすく、見た目もスッキリ。例えば、3個パックの納豆を包装された状態で冷蔵庫に入れます。すると、ひとつ食べたいときに冷蔵庫から取り出してパッケージをはがし、1パックを手元に、残りをまたしまう…という無駄な動作が生まれます。最初からバラして入れておけば、パッとひとつ取るだけで済むのでスムーズです」(中山さん) 【続いては】テクニックその7~8をご紹介。 7.食べ物は透明のガラス容器に保存する「食品の保存容器は、透明のものだと中身がひと目でわかって、ラベルいらず。食べ忘れの防止にもなります。耐熱ガラスの容器は、電子レンジで温めてそのまま食卓へ出せるので、食器を出す手間や洗い物も減って一石二鳥。ガラスはプラスチック製のものと比べてにおいがつきにくく、煮沸もできて清潔さを保ちやすいです。容器自体が劣化しにくいというメリットもありますね。ちなみに、刻みネギはキッチンペーパーを載せてフタを閉め、逆さにして冷蔵庫にしまうと、水気が取れて傷みにくくなります。水分が出たらペーパーを換えるだけなので簡単です」(中山さん)  8.調味料はいいものを最小限だけ持つ「わが家では、ドレッシングやめんつゆなど、自分で簡単につくれるものは常備していません。必要な調味料を厳選し、たくさん持ちすぎなければ、収納スペースに悩むことも、賞味期限切れを心配することもなくなります。主な調味料は、しょうゆ、酒、みりん、塩、油、酢など、料理の基本となるものだけ。できるだけ添加物が少ない国産のもの、外国産なら有機栽培のもので、あまり値段の高すぎないものを選んでいます。質のいい調味料を使うと、素材そのものの旨みが際立って、料理もおいしくできます。信頼できる生産者がつくる、環境にいいものを選んで長く愛用することは、丁寧な暮らしにもつながりますし、無駄を減らし、暮らしの仕組みを整えることで、毎日がより快適になっていくと思います」(中山さん)  教えてくれた人ライフオーガナイザー 中山あいこさん11歳の男の子と1歳の女の子のママ。「家事も子育ても仕事も楽しむ」をモットーに、シンプルで心地よい暮らしを探求中。日々の丁寧な暮らしを綴ったブログ「生活のメモ」が人気を呼び、2016年には書籍『家事がラクになるシンプルな暮らし』を出版。現在は、ライフオーガナイザー1級も取得するなど、幅広く活躍中。【ブログ】生活のメモ http://seikatsunomemo.com/ 【こちらの記事もオススメです】[glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_3531/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/forefront/post_3434/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_1713/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1623/"]

実感レポ

“お掃除担当”のパパに強い味方! スティック型掃除機「iNSTICK」で掃除を時短する方法

もう少し家事に参加できたら、ママの負担も軽くなるはず。でも、なかなか思うように時間をつくれなくて……。筆者を含め、そんなお悩みをお持ちのパパさんは、意外と多いのではないでしょうか。その最大の理由である“家事にかかる時間”を短縮できたらいいな、と思いませんか? 特に、頻度の高い「掃除機がけ」をパパが担当し、限られた時間で手早く済ませ、いつもキレイな状態をキープできたら、いいですよね。 ただ、掃除機をかけるとき、我が家の場合でいうと……収納場所へ取りに行く扉を開く本体ごと持ち上げて移動電源コードを引っ張り出してコンセントに挿す掃除開始終わったら、4から1へさかのぼり片付ける……という工程が必要。掃除を始める前の準備段階と、終わった後の片付けにかなりの時間を要しています。これを何年も繰り返すとなると、トータルでは相当な時間になるはず。そこで、この時間を一気に短縮するために、三菱電機のスティック型クリーナー「iNSTICK(インスティック)」を使ってみました。 「出しっぱなし」で掃除開始までの時間を短縮インスティックは“見せる家電”をコンセプトとした掃除機で、リビングや玄関などへ出しっぱなしにしておくことを推奨するモデルです。つまり、上記の工程と同様に考えると……充電台からインスティックを取り外す掃除開始終わったら充電台へ戻す……といった具合に、かなりの時間短縮につながります。掃除に取りかかるまでの準備工程を大幅にカットでき、思い立ったとき、すぐに作業できるというメリットもあります。インスティックをリビングに置いておけば、例えば、子どもがお菓子を食べこぼしても、すぐに掃除機で吸い込めます。また、朝起きてコーヒーを淹れるためのお湯を沸かしている間に、床掃除は完了、なんてことも。朝、家族が起きてきたら「もう掃除は終わったよ」といった具合に、清々しい朝食タイムを迎えられます。しかも、据え置きとなる本体部分には空気清浄機としての機能も備えているので、何もしなくても、家事をひとつこなしてくれることになります。忙しい毎日だからこそ、こまめに掃除できるスティック型クリーナーならではの利点を生かし、効率よく家事を分担できるメリットがあるのです。  高い場所やクルマのなかで便利に使える時間のある休日などには、より本格的なお掃除もできます。オススメは、ママだと届きづらいことが多い“高い場所”の掃除。窓のサッシ、鴨居、冷蔵庫の上、エアコンの上、棚の上などは、インスティックを持ち上げる必要があるので、力作業的な意味合いも含めてパパの出番です(クリーナー本体は約2kg)。苦労してママが脚立の上に立って作業するよりも、パパがさっとインスティックを持ち上げて掃除した方が、トータルで時短につながりますね。 ここで活躍するのが、アタッチメントの“毛ブラシ”。普段は本体裏側の下部に差し込んでおけます。高い場所以外で便利に使えるところといえば、クルマのなか。土日になると、愛車を洗っているパパの姿を多く見かけますが、車内清掃にインスティックが威力を発揮します。フル充電で約20分間稼働(強なら約10分間)するので、ちょうどクルマ1台分くらいで掃除完了。このときに毛ブラシを使うと、シートについたゴミをしっかりと掃除できます。 そして、ゴミ捨ても簡単。本体のMAXラインを超えたらサイクロンボックスを外し、ゴミ箱に捨てるだけです。出しっぱなしにしておくことが時短につながる“見せる”掃除機、インスティック。忙しい毎日だからこそ、家事の時間をより効率的に使い、快適な暮らしをキープしたいですね。三菱掃除機:製品情報 インスティック 文・写真/三宅隆ふたりの子どもを持つフリーランスの編集者・ライター。最新家電やガジェットといったデジタル製品を中心に、雑誌やWebの記事を手掛ける。

How To

平日の献立がパパッと完成♪ 週末2時間でつくる簡単常備菜レシピ5

メインになるおかずや副菜など、どんどんレパートリーを増やしていきたい「常備菜」。週末につくり置きをしておくと、あわただしい平日のごはんづくりがぐっとラクになります。そこで、週末の2時間で簡単&手軽につくれる常備菜レシピを、料理家の橋本彩子さんに教えてもらいました。「おつまみになるボリューミーな肉料理や、そのままごはんにかけて食べられるおかず、“プラスもう一品”にお役立ちの副菜など、バリエーション豊富に考えてみました。週末、すき間の時間でサッとつくれる簡単なものばかりなので、ぜひお試しくださいね!」(橋本さん) Recipe 1 牛こまとキノコの和風デミソース(保存期間4~5日)「赤みそとトマトを合わせると、デミグラスソースのような深い味わいになります。洋風すき焼きのような感じで、ごはんにかけるとハヤシライス風に食べられます。わざわざルーを買ってこなくてもつくれて、子どもも大好きなので、我が家では定番のレシピです」(橋本さん) 材料(4人分:つくりやすい分量)牛こま…300g(食べやすいひと口大に切る)玉ねぎ…1/2個(薄切り)しめじ…1パック(200g程度。いしづきを取りほぐす) <調味料>赤みそ…大さじ1トマトペースト…大さじ1ケチャップ…大さじ1しょうゆ…大さじ1バター…大さじ2薄力粉…大さじ2水…300ccサラダ油…大さじ1/2 つくり方(1)フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎがしんなりするまで炒める。牛こま肉を加え、色が変わるまで炒めたら、トマトペーストとみそを加えて炒め合わせる。全体が混ざったら、バター、薄力粉を加え、さらに混ぜ合わせる(この時、少々薄力粉の粉気が残っても大丈夫)。(2)(1)に水300ccを加え、フライパンにこびりついた旨味をこそげ落とすようにかき混ぜる。煮立ったら、しめじ、ケチャップ、しょうゆを加え、弱めの中火で10分ほど煮込む。味見をして塩、コショウで味を整える。 ★Point トマトペーストとみそに直接火を加える「赤みそを炒めるとコクと香りが増して旨みがアップします。みそとトマトペーストを混ぜ合わせるように炒めてから、全体にからめましょう」(橋本さん)【この常備菜を使ったアレンジレシピ】和風デミマカロニグラタン     【続いては】Recipe 2  春雨カラフル鶏そぼろRecipe 2 春雨カラフル鶏そぼろ(保存期間3~4日)「そぼろに春雨を加えてボリュームアップ! 煮汁を余すところなく吸わせることで、ごはんに合うおかずになります。鶏肉に調味料を加えてから加熱すると、パラパラとしたそぼろが簡単にできあがります」(橋本さん) 材料(4人分:つくりやすい分量)鶏ひき肉…300g春雨…50g パプリカ(赤、黄色)…各1/6個(細切りにした後、2㎝程度の斜め切り)インゲン…5本(上下の硬い部分を切り落とし、斜め切り)しょうが汁…大さじ1/2 <A>水、しょうゆ…各大さじ3砂糖…大さじ1/2酒、みりん…各大さじ1 つくり方(1)鍋に鶏ひき肉と<A>を加え、中火にかける。菜箸2膳でぐるぐるとかき混ぜるようにして、鶏ひき肉がそぼろ状になるまで炒める。(2)(1)に春雨、パプリカ、いんげんを加え、煮汁がなくなるまでさらに炒め煮する。火を止めたら、しょうが汁を加え、さっと混ぜる。 ★Point 春雨はゆでてからハサミでひと口大にカット「春雨はそのままでは長すぎて食べづらいので、適度な長さに切りましょう。乾燥した状態でカットすると飛び散ってしまうので、お湯で戻してからキッチンバサミでザクザクとカットすると、簡単かつスムーズです」(橋本さん)【この常備菜を使ったアレンジレシピ①】具だくさんあんかけオムレツ   【この常備菜を使ったアレンジレシピ②】お豆腐とろとろ春雨スープ    【続いては】Recipe 3  野菜とちりめんじゃこの甘酢漬けRecipe 3 野菜とちりめんじゃこの甘酢漬け (保存期間3~4日)「ピクルスのように漬け込むというよりは、調味料をまぶしてマリネ感覚で食べる生野菜です。ゴロっと大きめにカットした野菜は歯ごたえもよく、食べごたえ十分! ちりめんじゃこがちょうどよい塩気と旨みを足してくれます」(橋本さん) 材料(4人分:つくりやすい分量)きゅうり…2本にんじん…1/2本セロリ…1/2本ちりめんじゃこ…大さじ3ごま油…大さじ2 <A>酢…大さじ5砂糖…大さじ4塩…小さじ1 つくり方(1)きゅうり、皮をむいたにんじん、筋を取ったセロリをひと口大の乱切りにして、耐熱の密閉容器に入れる。(2)小鍋などにちりめんじゃこ、ごま油を合わせて中火にかけ、熱くなったら野菜にかける。<A>の調味料をさっと和え、あら熱が取れたら冷蔵庫で1時間以上冷やして味を染み込ませる。 ★Point ちりめんじゃこはごま油といっしょに加熱する「ちりめんじゃこはそのまま加えると生臭みが出てしまうので、ごま油で熱してから混ぜ入れましょう。加熱することで香ばしくなって、コクのある味わいになります」(橋本さん)【この常備菜を使ったアレンジレシピ】ゴロゴロ野菜のポテトサラダ     【続いては】Recipe 4  ゆで豚のマーマレード焼き豚Recipe 4 ゆで豚のマーマレード焼き豚(保存期間4~5日)「肉に焼き目をつけて、ゆで、調味液をなじませたらあとは冷蔵庫で寝かせるだけ。1時間後から翌日、さらにその次の日と、時間をかけてじっくり染み込ませることで味に変化が出てきます。ゆでるととっても簡単につくれますよ!」(橋本さん) 材料(4人分:つくりやすい分量)豚肩ロース(かたまり)…550g程度(焼豚用のタコ糸ネットをかける。または、タコ糸でぐるぐると縛る)サラダ油…大さじ1/2塩…小さじ1/4(肉にすりこむ用)長ねぎの青い部分…1本分しょうが皮付きスライス…2枚<A>日本酒、しょうゆ、オレンジマーマレード…各大さじ3みりん…大さじ1 つくり方(1)肉は調理する30分前くらいに冷蔵庫から出し、全体に塩をすりこんでおく。(2)鍋(あれば厚手の鍋を使うとよい)にサラダ油を熱し、強めの中火で転がしながら、全体にかるく焼き目がつく程度に焼く。出た脂はキッチンペーパーで拭き取っておく。(3)(2)にかぶる程度の水、長ねぎの青い部分、しょうがを加え、強火にかけて沸騰したら表面の灰汁をすくう。少しズラして蓋をし、表面が静かにぽこぽこする程度の弱火で50分ゆでる。(4)ゆであがった豚肉はキッチンペーパーで水気を拭き、<A>を合わせた密閉袋に入れる。肉が温かいうちに手で転がすように調味液を全体になじませる。あら熱が取れたら冷蔵庫で1時間以上寝かせる。ひと晩寝かせるとさらに味がなじむ。(5)調味液は小鍋などで1/3量程度になるまで(とろりとするまで)煮詰めてタレにする。そのままでもおいしいが、お好みでタレをつけてもOK。 ★Point 調味液は密閉袋に入れて手でもみ込む「調味液はジップ付きの密閉袋に入れ、肉が熱いうちに手でコロコロと転がすようにもみ込んで全体になじませます。このとき、マーマレードも全体にいきわたるように。少ない調味料でも、マーマレードのような濃度のあるものを入れると、しっかり味がつきます」(橋本さん) 【この常備菜を使ったアレンジレシピ①】焼き豚とアスパラの簡単春巻き   【この常備菜を使ったアレンジレシピ②】焼き豚とたまごのサンドイッチ     【続いては】Recipe 5 鮭の南蛮漬けRecipe 5 鮭の南蛮漬け (保存期間3~4日)「鮭はオリーブオイルで焼き、セロリの葉やレモンなどの野菜といっしょに漬けると、魚のつくり置きおかずも爽やかな味わいに。食材の上からぴったりラップをすると、味がより染み込みやすくなります」(橋本さん) 材料(4人分:つくりやすい分量)生鮭切り身…3切玉ねぎ…1/2個(薄切り)セロリ…1/3本(薄切り)セロリの葉…1本分薄力粉…大さじ2程度ニンニク…1/2片(芽を除き、包丁の背で潰す)レモン…1/2個(薄切り)オリーブオイル <A>酢…大さじ5砂糖…大さじ3しょうゆ…大さじ2 つくり方(1)鮭の切り身は半分に切り、両面にかるく塩をふる(分量外)。15分程度おいたらキッチンペーパーで表面の水気を拭き取り、再び軽く塩、コショウ(分量外)をして、全体に薄力粉を薄くはたく。(2)フライパンにオリーブオイル(大さじ1)、潰したニンニクを入れ、ニンニクがこんがりとするまで弱火でじっくり加熱する。皮目を下に(1)を並べ、弱めの中火で両面をこんがり焼く。その後、弱火にして中まで火をとおし、一旦取り出す。(3)(2)のフライパンに残った油をキッチンペーパーで拭き取り、再びオリーブオイル(大さじ1)を熱し、強火で玉ねぎ、セロリをさっと炒める。(4)(3)に<A>を加え、すぐに火を止める。この野菜マリネ液を密閉容器に半量入れ、上に(2)の鮭、レモンスライス、セロリの葉の半量を並べる。残りの野菜マリネ液、セロリの葉、レモンスライスを上からかけてサンドする。冷蔵庫で1時間以上漬ける。半日以上漬けるとしっかりした味わいになる。 ★Point 鮭は軽く塩をふって臭みを抜く「鮭は塩をふると、浸透圧で表面が汗をかいたようになります。これが臭みの元なので、調理する前にしっかり水分を拭き取ることが大切。このひと手間で臭みを防止できて、おいしくなります」(橋本さん) 【この常備菜を使ったアレンジレシピ】鮭とレタスのさっぱりチャーハン     作ってくれた人橋本彩子さん料理家。8歳男の子のママ。ケータリング、書籍、CM、映画の料理製作を経て独立。現在は料理雑誌、ファッション誌、教育雑誌などで料理の製作、テーブルスタイリングを中心に活動中。市場通いを日課とし、その食材を活かした料理レッスンやワークショップを実施している。自身の体験をもとにした家事服+エプロン「work onepiece」の企画販売も行う。 [BLOG]http://citronnette.blog133.fc2.com/[Instagram]https://www.instagram.com/saiko_hashimoto/

How To

おうちで簡単!初心者でもできる子どもヘアカットの基本&テクニック

お子さんが小さいうちは、自宅でパパやママがヘアカットをしてあげる、というご家庭が多いようです。でも、長時間じっと座っていられないお子さんの髪を切るのは、なかなか大変! 時には思うように切ることができなかったり、失敗してしまったりといった経験を持つ人も少なくないのでは? そこで、誰にでもすぐに実践できるヘアカットの基本的な知識やコツ、簡単なテクニックを、美容室「REPLAY」のママ店長・白井文子さんに教えてもらいました。 おうちカットに必要な基本グッズ自宅でヘアカットをするには、まず基本グッズをそろえましょう。ハサミ、スキバサミ、ヘアカッター、コーム、ケープ、スプレイヤー(霧吹き)、ダッカール2〜3本。さらに、室内やベランダで切る場合は、レジャーシートや新聞紙があるとベター。これら以外に、お子さんの気を引くグッズとして、タブレットやスマートフォンがあると、そちらに集中してくれるのでカットの際に重宝します。  ヘア全体の基本的な切り方基本的な切り方は、男の子も女の子も同じです。まずはカットしたい長さを決めてから、髪の毛に対して横にハサミを入れます。その後、スキバサミを使って“パッツンライン”をぼかしていく、という流れ。このとき、縦にハサミを入れると、全体のカットに時間がかかってしまうので、まずは大枠をカットしてから、スキバサミで徐々に整えましょう。赤ちゃんや毛量が少ないお子さんの場合は、スキバサミで毛先をカットするだけでもOKです。  前髪の切り方伸ばしっぱなしにできない前髪は、基本の切り方をパパやママがマスターしておくと、そのつど、美容院へ行く手間が省けます。前髪は端から切るのではなく、真ん中と左右の3つに分けてカット。そうすると失敗が少なくなります。指などでざっくり前髪を3等分にして、まずは真ん中から切ります。このとき、ハサミは横に入れても縦に入れても、どちらでもOK。早く切り終えたいときは、横に入れた方がカット時間を短縮できます。その後、真ん中の長さに合わせて左右をカット。“パッツンライン”が気になるときは、スキバサミで毛先を軽くすきましょう。この手順で切れば、全体が斜めになってしまうといった失敗なく、カットできます。  カット時間はできるだけ短く! カットに時間をかけすぎると、子どもは飽きてぐずってしまいます。10分前後で切り終えるよう心がけましょう。時間をかけられないときは、気になる部分(前髪やもみあげ、襟足など)だけにポイントを絞ってカット。これだけでも、ある程度スッキリ見えます。髪を切るときは、お子さんのコンディションや機嫌を見ながら進めることが肝心。時にはあきらめることも必要です。嫌がる中、無理に切ると、ヘアカット自体を嫌いになってしまう恐れもあるので、様子を見ながら進めましょう。  失敗なくカットするコツは?髪の毛はうっかり切りすぎてしまうと、なかなか修正するのが難しいので、失敗しないためには、切る長さ(ガイドライン)を長めに設定することが大切です。いきなり希望する長さにカットするのではなく、気持ち長めに切り始めることが失敗を回避するポイント。また、カット前に髪を濡らす場合は、軽く濡らす程度で十分。びしょびしょに濡らしてしまうと、乾いたときにうねりなどのクセが出て、短くなりすぎてしまうので注意しましょう。そして、カットの途中で必ず全体をチェック! 左右対称になっているかなど、全体のバランスを確認しながら切り進めれば、大きな失敗は避けられます。  切りすぎてしまったときの対策は?一部を切りすぎてしまったとき、その長さに合わせて全体をカットするのはNGです。焦らず、軽くスキバサミを入れて全体をぼかしていきましょう。女の子の場合は、ヘアピンなどのヘッドアクセサリーでアレンジを楽しむというのも手です。  耳まわりや襟足をスムーズにカットするには? 耳まわりや襟足を切るとき、おそるおそるそっとハサミを入れてしまうと、肌に触れたときにくすぐったくなってしまい、嫌がられてしまう場合も。切りたい部分は、髪の毛をしっかり指で挟んでカットしましょう。そうすれば、肌に直接ハサミが触れず、くすぐったくなることもありません。切り方以外では、他のことに目を向かせながら進めていくというのも、手段のひとつ。耳まわりや襟足なら、下を向いていてもカットに支障はないので、折り紙や粘土などの好きな遊びに夢中にさせておくと、切られていることが気にならなくなります。苦手な部分をカットするときは特におすすめです。 DVDプレーヤーやタブレットを活用してより楽しく!小さなお子さんを椅子にずっと座らせておくのは大変です。ただ単に座っているだけではお子さんにとってもストレスになってしまい、ヘアカット嫌いの原因にも。なので髪を切るときは、好きな映像などを見せてあげるといいでしょう。ポータブルDVDプレーヤーやタブレット、スマートフォンなどがあると便利。お子さんが映像に見入っている間にササッと切ってしまえば、ぐずられることなくスムーズにカットできます。  教えてくれた人 「REPLAY」店長 白井文子さん美容室「REPLAY」の店長。4歳男の子のママ。専門学校を卒業後、某ヘアサロンでさまざまな経験を積み、2014年に独立。オーナーであるご主人とともに、夫婦で「REPLAY」をオープン。0歳から80歳まで幅広い顧客を持ち、カットやカラー、パーマのほか、ヘアメイクや着付けも担当。得意なヘアアレンジはSNSでも反響がある。 HP http://replay-salon.com/index.htmlInstagram https://www.instagram.com/fumiko.0928  

How To

週末、夫婦の晩酌に♪ パパが作る絶品おつまみレシピ5

週末、子どもを寝かしつけてから、夫婦ふたりで楽しむ晩酌タイム。ここでパッとおいしいおつまみが出てきたら、パパの株は一気にアップすること間違いなし! お休みの開放感も手伝って、お酒も進みます。そこで、ビール、焼酎、日本酒、ワインなどと相性のよい、ちゃちゃっとつくれる絶品おつまみのレシピを、お酒の種類別にご紹介。ご夫婦で活動しているケータリングユニット“マフィオ”のおふたりに教えてもらいました。 Recipe1 納豆の包み揚げ×ビール「餃子の皮が余ったときにおすすめの簡単おつまみです。つくり方は、材料を包んで170℃で揚げるだけ。納豆に大葉と柚子こしょうのアクセントが加わることで、おとなの味に。ビールが進みます」(マフィオ・平床政治さん) 材料(8個分)餃子の皮…8枚納豆…2パック大葉…4葉チーズ…大さじ2醤油…大さじ2柚子こしょう…小さじ1焼き海苔…1枚揚げ油…適量 つくり方(1)納豆をよく混ぜ、刻んだ大葉、チーズ、醤油、柚子こしょう、細かくちぎった焼き海苔を加える。(2)餃子の皮に(1)を混ぜ合わせて包む。(3)170℃の油で2〜3分揚げる。または、三菱電機のレンジグリル「ZITANG」の「レンジ▶グリル」ボタンを押し、加熱する。 ★油で揚げず、よりヘルシーに仕上げるには「ZITANGに備わる『レンジ▶グリル』の自動リレー調理を使うと、ボタンを押すだけで『レンジ』でなかまでしっかり加熱し、その後『グリル』で香ばしい焼き色を付けてくれます。油を使わないのでヘルシーなうえ、洗いものも減って一石二鳥です」(マフィオ・平床政治さん) 【続いては】Recipe2 たことウド&人参のサラダ×白ワインRecipe2 たことウド&人参のサラダ×白ワイン「たことウド、人参の異なる3つの食感が楽しいサラダです。自家製マヨネーズをベースに、ハーブやレーズンでアクセントを加えた味付けに、さっぱりとした白ワインがマッチします」(マフィオ・平床政治さん) 材料(2人分)人参...中1本ウド…15cmほどボイルしたたこ…150gレーズン…20g自家製マヨネーズ…大さじ3塩…小さじ1/3こしょう…小さじ1/3レモン汁…小さじ1キャラウェイ…小さじ1/3 【自家製マヨネーズのつくり方(全量200ml)】卵…1個白ワインビネガー…小さじ2黒こしょう、塩…各小さじ1/3粉チーズ…各小さじ1グレープシードオイル…約200ml上記の材料をすべて入れ、全量が200mlになるまでグレープシードオイルを加え、ハンドブレンダーで2分撹拌。 つくり方(1)人参とウドは、それぞれ長さ5cmの千切りにする。(2)たこは薄くスライスして水気を切っておく。(3)レーズンは包丁で軽くたたいて細かくしておく。(4)材料をすべてボウルに入れ、自家製マヨネーズ、塩、白こしょうを加えて和える。(5)レモン汁をしぼり、お好みでキャラウェイを加えて完成。 ★Point マヨネーズにアクセントをプラス「自家製マヨネーズで和えただけでもおいしいのですが、細かく刻んだレーズンとキャラウェイを加え、レモン汁をしぼることでグッとおとなの味に。レーズンの甘み、レモン汁の酸味、キャラウェイのスッとした爽やかさが、素材の旨味を引き立てます」(マフィオ・平床政治さん) 【続いては】Recipe3 ソーセージとキノコのアヒージョ×赤ワインRecipe3 ソーセージとキノコのアヒージョ×赤ワイン「スペイン語で“にんにく風味”をあらわすアヒージョ。オリーブオイルとにんにくで、具材をゆっくりと低温で煮込むのがスタンダードなつくり方です」(マフィオ・平床政治さん) 材料(2人分)ソーゼージ…大2本ヒラタケ…1株にんにく…2片アンチョビ…4枚生バジル…3枚オリーブオイル…耐熱容器を満たす程度塩…小さじ1/3こしょう…小さじ1/3 つくり方(1)ソーセージ(ノーマルとハーブ入りなど、味の異なる2種類以上を用意できるとよりおいしい)とヒラタケはひと口大に切り分ける。(2)小さめの鍋に、(1)と刻んだにんにく、アンチョビを加え、塩とこしょうを振った後、容器を満たす量のオリーブオイルを注ぐ。(3)  (2)を弱火にかけ、グツグツとしてきたら、7〜8分煮込んでできあがり。または、耐熱容器に入れた(2)を、レンジグリル「ZITANG」の「レンジ▶グリル」ボタンを押し、加熱する。(4)加熱が終了したら、刻んだ生バジルを散らして完成。 ★短時間でしっかり熱を通し、香ばしく仕上げるには「ZITANGの『レンジ▶グリル』の自動リレー調理を使えば、材料を入れてボタンを押すだけで、短時間で具材にしっかりと熱が通り、香ばしく仕上がります」(マフィオ・平床政治さん)。 【続いては】Recipe4 白身魚のカルパッチョ×日本酒Recipe4 白身魚のカルパッチョ×日本酒「一般的には、白ワインを合わせることが多いカルパッチョですが、やや辛口の日本酒ともよく合います。ディルとピンクペッパーを加えて、見た目も華やかな一品に仕上げました」(マフィオ・平床政治さん) 材料(2人分)鯛の切り身…1枚白ワインビネガー…小さじ2オリーブオイル…小さじ2ディル…2本黒こしょう…小さじ1/2塩…小さじ1/2ピンクペッパー…10粒 つくり方(1)鯛の切り身は氷水につけて身を締める。(2)水気を切った切り身をそぎ切りに下ろす。(3)鯛に調味料をすべて加え、和える。 ★Point 鯛は調味料といっしょに和える「鯛を盛りつけた後に調味料をかけることの多いカルパッチョですが、ここでは材料をすべて混ぜ合わせます。鯛にしっかりと味が付き、日本酒が進みます」(マフィオ・平床政治さん) 【続いては】Recipe5 キムチとカニかま、きゅうりの和えもの×焼酎Recipe5 キムチとカニかま、きゅうりの和えもの×焼酎「市販のキムチとカニかまに、塩もみきゅうりと調味料を混ぜるだけ。料理初心者でも簡単につくれるおつまみです。黒酢と薄口しょうゆにしょうがを加えたさっぱりとした味付けなので、焼酎によく合います」(マフィオ・平床政治さん) 材料(2人分)きゅうり…1本カニかま…70gキムチ…20gしょうが…1かけ黒酢…大さじ1薄口しょうゆ…大さじ1/2白ごま…小さじ1/3 つくり方(1)きゅうりはできる限り細く輪切りにし、塩揉みして水にさらしてしぼる。(2)(1)に割いたカニかま、キムチ、みじん切りにしたしょうがを入れる。(3)(2)にAの調味料を回し入れ、和える。(4)皿に盛りつけ、白ごまを振りかけたら完成。 ★Point きゅうりを塩もみする「きゅうりは塩もみすることで、青臭さが薄まります。また、しんなりとして柔らかい食感になり、キムチの食感となじみます」(マフィオ・平床政治さん) 三菱電機 レンジグリル「ZITANG(ジタング)」  http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/rangegrill/作ってくれた人マフィオ(平床政治+asaco)平床政治とasaco、夫婦ふたりで手掛けるケータリングユニット。8歳と2歳の女の子、6歳の男の子のパパとママで5人家族。音楽家、ナレーターである政治さんの得意な料理を、モデルのasacoさんがブログで紹介したことをきっかけに、食の仕事をはじめるように。誰もが手に入れられる身近な食材を使って、子どもでも食べやすい料理を生み出す。雑誌や広告のフードスタイリングをはじめ、ロケ弁やレセプションのケータリング業でも活躍している。平床政治 http://www.hiratokoseiji.com/asaco http://milkjapon.com/blog/asaco/ 【こちらの記事もオススメです】[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_307/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_1681/"]