How To

NEW

忙しい平日の夜でもつくれる! 簡単おいしい「手づくりおやつ」5選

毎日、料理をするという人でも「おやつはしっかり腰を据えてつくらないといけないから、手間がかかって……」と思っていませんか? でも実は、ごはんを炊くのと同じように、手軽につくれるおやつもあるんです。例えば、バターの代わりにオイルを使うことで、バターを溶かす手間なく風味よく仕上がるレシピや、粉をすべて袋に入れてもみ込むだけで、混ぜる手間や洗いものが少なくなるメニュー……など、面倒な工程を踏まなくても、おいしいおやつをつくれるのです。今回は、料理研究家の髙橋千帆さんに、拍子抜けするほど簡単な「手づくり本格おやつ」のレシピを教えてもらいました。 Recipe 1混ぜて焼くだけ! わずか45分間で完成ココナッツバナナケーキ「一般的なバターを使うパウンドケーキの場合、まずはバターを常温に戻す手間が必要ですが、これはバターの代わりにココナッツオイルを使うので、その手間を省け、いつでも食べたいときに手軽につくれます。ココナッツオイルは、バターと比べてヘルシーといわれているので、カロリーが気になる方にもおすすめ。しっとりした生地の中にはゴロゴロしたバナナが入っているので、ひと切れでも十分ボリュームがあり、食べごたえがあります。また、そのまま食べてもおいしいですが、ホイップクリームやチョコレートソースをかけると、おしゃれなカフェ​スイーツのように仕上がります。おもてなしにもピッタリですよ」(髙橋さん) 材料(16cmパウンド型×1台分)バナナ(大)…2本(つぶして混ぜ込むためのもの…1と1/3本、飾り用…2/3本) <A>卵…2個きび砂糖(お好みの砂糖で代用可)…60g ココナッツオイル…50g牛乳…30cc <B>薄力粉…100gベーキングパウダー…3gシナモン…小さじ1/2カルダモン…小さじ1/2 つくり方(調理時間・約45分)(1)バナナ1と1/3本を袋に入れ、つぶしてペースト状にする(多少、形が残っていてもOK)。(2)<A>をボウルに入れ、ハンドミキサーの低速で白っぽくなるまで泡立てる。(3)(2)にココナッツオイルを加え、しっかりなじむまで低速で混ぜる。(4)(3)に牛乳を加えて混ぜ、さらに(1)を加えて低速で混ぜ合わせる。(5)(4)に<B>を合わせてふるったものを加え、ゴムベラでさっくり混ぜる。混ぜすぎないように、粉っぽさがなくなる直前で混ぜるのをやめる。これで生地は完成。(6)(5)の生地を、クッキングペーパーを敷いた型に流し入れ、ゴムベラで表面を平らにする。その上に、飾り用バナナを並べ、180℃に余熱しておいたオーブンで35分間焼く(焼き上がった際、中央に竹串を刺してみて、ベタベタした生地がついてこなければ完成)。 ★Point しっかり焼き色をつける「パウンドケーキの表面は、オーブンでしっかり焼き色がつくまで焼きましょう。そうすることで、表面がこんがりしておいしくなり、バナナの味も引き立ちます」(髙橋さん) Recipe 2土台に市販のビスケットを使って大幅時短!レモンレアチーズケーキ「ヨーグルトとレモンによる、濃厚だけど後味さっぱりのチーズケーキです。土台は市販のビスケットを使ってつくるため、一般的なレアチーズケーキよりも約30分時短できます。土台のビスケットをチーズ生地といっしょに食べると、ザクザク、ツルンという、一度で2つの食感を楽しめます。食べる直前まで冷蔵庫でしっかり冷やしておけばさらにおいしくなり、ペロリと食べられますよ」(髙橋さん) 材料(150mlプリンカップ×6個分)<土台>グラハムビスケット(市販のもの)…60g無塩バター(溶かしたもの)…30g クリームチーズ…200gゼラチン…10gレモン汁…大さじ2~3グラニュー糖…70gプレーンヨーグルト…60g生クリーム…150ml レモンの輪切り(お好みで)…6枚 つくり方(調理時間・約30分 ※生地を冷蔵庫で冷やし固める時間は含まず)(1)まずは土台をつくる。袋にビスケットを入れ、めん棒などでたたいて細かく砕いたところに、溶かしたバターを入れてもみ込み、なじませる。これを、スプーンを使ってグラスに入れ、しっかり固めたら、冷蔵庫に10~20分間入れ、土台を冷やし固める。(2)クリームチーズは、600Wの電子レンジで20~30秒間加熱し、やわらかくする。(3)ゼラチンは、適量の水でふやかしておく。ふやけたら水を切り、湯せんで溶かす。レモンはしぼっておく。(4)袋に(2)のクリームチーズとグラニュー糖を入れ、やわらかくなるまでもみ込んだら、ヨーグルト、レモンのしぼり汁を加え、なじむまでもみ込む。(5)(4)に生クリームを少しずつ加えながらもみ込み、さらに(3)の溶かしたゼラチンを少しずつ加えてもみ込み、均一に混ぜ合わせたら生地の完成。(6)(1)に(5)の生地を流し入れ、冷蔵庫で2~3時間冷やし固める。お好みでレモンの輪切りを飾る。 ★Point ビスケットをしっかり冷やし固める「土台となるビスケットは、スプーンの背で押しつけるようにして表面を硬くし、さらに冷蔵庫で冷やし固めます。土台が固まっていないと、チーズ生地を流し入れたときにビスケットが混ざり、食感が悪くなります。​時間があり、ふんわり仕上げたいときは、生クリームをハンドミキサーで六分立てにし、最後にすべてを袋に入れてもみながら、混ぜ合わせてつくるのがオススメです」(髙橋さん)  【次のページは】おいしく簡単につくれるマフィン、ブラウニー、アップルパイ! Recipe 3冷蔵庫の余り食材でつくるスモークサーモンとチーズのマフィン「甘さ控えめの生地に、塩気のあるスモークサーモンとクリームチーズをトッピングしたマフィンです。生地さえつくれば、あとは具材を入れて焼くだけなのでとっても簡単。前日の夜に焼いておけば、翌日の朝食としてもおいしく食べられておすすめです。今回の食材以外に、ほうれん草、ベーコン、ブロッコリー、ミニトマトなども相性がいいですよ。​冷蔵庫の余り食材を活用し、いろいろなアレンジを楽しんでください」(髙橋さん) 材料(マフィン型×4個分)無塩バター…30g卵(小)…2個きび砂糖(お好みの砂糖でも代用可)…10g 牛乳…50cc <A>薄力粉…100gコーングリッツ(とうもろこしを粒状にした穀粉)…10g 塩…ひとつまみコショウ…小さじ1/2ベーキングパウダー…小さじ1 <トッピング>クリームチーズ(お好みで)…30gスモークサーモン(お好みで)…4枚 コーングリッツ(または、お好みで黒コショウやパセリ、ディルなど)…大さじ1  つくり方(調理時間・約30分 ※バター、卵を常温に戻す時間は含まず)(1)バター、卵はあらかじめ常温に戻しておく。(2)ボウルに卵と砂糖を入れ、泡立て器で混ぜ合わせる。(3)(2)にバターを加えて混ぜ合わせる。次に牛乳を加え、同じく混ぜ合わせる。(4)(3)に<A>を合わせてふるったものを入れ、ゴムベラでサクサクと切るように混ぜ合わせる。粉っぽさがなくなれば、生地の完成。(5)クッキングシートを敷いたマフィン型に(4)の生地をスプーンですくい、二分目まで入れる。次にトッピングのクリームチーズ、スモークサーモンを入れたら、上からもう一度生地を入れ、全部で九分目くらいになるようにする。その上に、コーングリッツを載せる。(6)180℃に余熱しておいたオーブンで17~20分間ほど焼く。 ★Point 生地の量は型の九分目までに抑える「マフィンはオーブンで焼くと膨らむので、生地を入れすぎるとあふれる場合があります。型に生地を入れる際は、すべての材料が型の九分目までに収まるようにしましょう。焼き上がったときにぷっくりと膨らみつつ、あふれそうであふれない分量を見つけてみてください。また入れる具材は、それぞれ2cm角くらいの大きさにカットすると、見た目もきれいで食感も楽しめますよ」(髙橋さん) Recipe 4ワンボウルでつくるチョコレートブラウニー「ひとつのボウルに材料を入れ、混ぜて焼くだけなのでとても手軽です。洗いものが少ないのもうれしいですよね。焼けた瞬間、上にたっぷり載せたナッツの香ばしい香りが部屋いっぱいに広がり、食べるとザクザクッとした食感が心地よいブラウニーです。見た目はかなり甘そうですが、食べてみると意外とビターで甘さ控えめ。ホーロー容器に入れて焼けば、お持たせ用スイーツとしても使えます」(髙橋さん) 材料(18cm角型×1台分)無塩バター…60g卵…2個チョコレート(製菓用ビター)…100gきび砂糖(お好みの砂糖で代用可)…50g塩…ひとつまみ <A>薄力粉…50gココア(無糖)…20g 無塩ミックスナッツ…50g つくり方(調理時間・約50分 ※バター・卵を常温に戻す時間や、チョコレートの湯せん時間は含まず)(1)あらかじめ、バターと卵は常温に戻し、チョコレートは湯せんで溶かしておく。(2)ボウルに卵を入れ、ハンドミキサーの低速で回しほぐしたら、砂糖と塩を加えて混ぜる。(3)(2)に(1)のバターとチョコレートを加え、再び低速で混ぜる。(4)(3)に<A>を合わせてふるったものを2回に分けて加え、その都度、ゴムベラでさっくり混ぜれば生地の完成。(5)(4)の生地を、クッキングペーパーを敷いた型に流し入れ、生地の上から、袋に入れて麺棒などでたたいて砕いたミックスナッツを散らす。(6)160℃に余熱しておいたオーブンで45分間焼く。 ★Point バターや卵は常温に戻してから使う「バターや卵が冷たい状態だと、混ぜ合わせるときにせっかく溶かしたチョコレートが冷えて固まってしまうので、バターと卵は常温に戻してから加えるように。そうすることで、それぞれがきれいに混ざり合い、焼き上がったときにキメ細かく、舌ざわりがなめらかなケーキに仕上がります。​ケーキは冷蔵庫に入れておくと日持ちしますが、焼いてから2~3日経ったころが、味が安定してよりおいしくなります」(髙橋さん) Recipe 5計量せずに目分量でつくれる!冷凍パイシートの簡単シンプルアップルパイ「お菓子づくりの基本は“正確な計量”といわれていますが、これが案外、面倒。でもこのアップルパイは、市販のパイシートに“蒸し煮”したりんごを包んで焼くだけなので、計量なし! 目分量でつくれます。ザクッとしたパイの食感と、アツアツ、とろけるような煮りんごのハーモニーを楽しんでいただきたいので、ぜひ焼き立てを味わってください。さらにアイスクリームを添えると、熱さと冷たさを同時に味わえ、また違ったおいしさを楽しめます」(髙橋さん) 材料(4人分)冷凍パイシート(市販のもの)…1枚りんご…1個きび砂糖(お好みの砂糖で代用可)…大さじ2水…大さじ2シナモンパウダー(お好みで)…小さじ1/2 つくり方(調理時間・約35分 ※パイシートの解凍時間、冷蔵庫で冷やす時間は含まず)(1)冷凍パイシートは、あらかじめ冷蔵庫に移して解凍しておく。(2)りんごは皮をむき、2cm角に切る。大きすぎると火がとおりにくいので注意。(3)フライパンに(2)、きび砂糖、水を加え、焦がさないように注意しながら弱火で炒める。途中でふたをし、蒸し煮にして煮詰める。(4)煮詰まってきたら火を止め、お好みでシナモンパウダーを加える。これをバットに移し、20分ほど置いてあら熱をとり、その後、30分以上冷蔵庫で冷やす。(5)広げたパイシートの半面に煮りんごを置いて半分に折って包み、フォークの背でギュッっと押さえながら閉じる。その上から、フォークで数カ所の穴を開けるか、包丁で数カ所の切り目を入れる。それを、クッキングペーパーを敷いた天板の上に置く。(6)200℃で予熱していたオーブンの庫内温度を180℃に下げ、30分間焼く。 ★Point パイシートと煮りんごは冷蔵庫で冷やしておく「煮りんごを温かい状態のままパイシートで包むと、パイシートのバターが溶けて包みにくくなります。パイシートも煮りんごも、使う直前まで冷蔵庫で冷やしておくと、きれいに包める上に、見た目もおいしく美しく仕上がります。これらを冷やしている間に、洗いものなどの別の家事や入浴を済ませば、時間を有効活用できますよ」(髙橋さん)  本格的なおやつづくりは難しいと敬遠していた人も、ここに紹介したような手軽な材料・道具だけでつくれるレシピなら、ハードルが一気に下がりますよね。難しい工程はほとんどないので、小さなお子さんのお手伝いにもおすすめ。お休みの日は、ぜひ親子いっしょにつくってみてください。 つくってくれた人髙橋千帆さん料理研究家。ベジタブル&フルーツアドバイザー。1980年、北海道生まれ。二女の母。調理、菓子の学校を卒業し、ベーカリー、パティスリー、カフェ、紅茶専門店など、さまざまな菓子と料理の経験を重ねる。2007年より、インターネット販売、店舗PR用の菓子製作など、菓子を中心とした活動に従事。その後、出産、子育てを経て、菓子、料理に関わる活動を再スタート。現在は、料理家たかはしよしこ氏の「エジプト塩」スタッフとしても活躍。「季節を食べることを楽しみたい」「家族の『おいしい!』が聞きたい」をモットーに、日々おいしい料理を研究中。 [Instagram] @this_is_chihotakahashi ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_6434/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_6139/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5342/"]

How To

NEW

意外な料理に変身!? 「サバ缶」でうま味を楽しむ多国籍アレンジレシピ5

今、サバの缶詰、通称「サバ缶」が売れています(※)。 人気の理由のひとつは、栄養価の高さ。青魚のサバには、DHA(ドコサヘキサエン酸)と、EPA(エイコサペンタエン酸)という必須脂肪酸の一種が含まれています。DHAとEPAは血液をサラサラにし、頭の働きをよくするといわれており、これらを効果的にとれる食材として、2012年頃からサバ缶ブームに火がつきました。 1缶100円前後と手ごろで保存が効く上に、そのままでもおかずになるサバ缶は、忙しいママやパパにとって時短料理の強い味方といえます。おまけに、調理のアレンジもしやすいので、日々の献立に取り入れやすい食材でもあります。 しかし、サバ缶は和食や酒の肴といったイメージが強く、お子さんのおかずには使いづらいと感じる方も多いのでは? ここでは、子どもといっしょに楽しめて暑い夏でも食欲をそそるよう、世界各国の味覚にアレンジしたメニューを、フードコーディネーターとしても活躍するスタイリストの鈴石真紀子さんに教えてもらいました。 ※公益財団法人 日本缶詰びん詰レトルト食品協会の調査によると、2008年に2万5,401トンだったサバ缶の生産量は、2017年には3万8,977トンへ。約10年間で5割以上増加しており、2016年以降、サバ缶の生産量はツナ缶の生産量を逆転しているそうです。 「サバ缶は、おもに水煮やみそ煮のものが出回っていますが、最近は、オリーブオイル漬けも増えてきました。そのまま食べるだけでなく、さまざまなメニューにアレンジしやすい優秀な缶詰です。また、サラダの具材や、パンにはさんで食べてもおいしいので、ツナ缶のような感覚で常備しておくと便利でしょう。今回は、レシピに合わせて3種類のサバ缶を使い分けてみました」(鈴石さん)   Recipe 1 青魚嫌いの子どもでも喜んで食べたくなる!  スリランカ風 サバカレー  「まずは、スパイスとトマト缶、ココナッツミルクで仕上げたスリランカ風カレーのアレンジ料理です。サバの塩焼きや煮付けが苦手なお子さんでも、香ばしいカレーと合わせるとパクパク食べてくれます。うま味が凝縮されたサバ缶を使うことで煮込む時間を省け、時短調理なのに奥深い味わいに。お好みの野菜や豆などを加えてもおいしいですが、サバのうま味をしっかり堪能したいなら、野菜類はカレーと一緒に煮込むよりも、焼いたり茹でたりしたものを後から添えるのがおすすめです」(鈴石さん)   材料(4人分) 玉ねぎ……中2個 オリーブオイル……大さじ2 にんにく(すりおろしたもの)……大さじ1 しょうが(すりおろしたもの)……大さじ1 クミンシード(あれば)……小さじ1 カレー粉……大さじ3 トマト缶……1缶 サバ缶(水煮)……2缶(300g) ココナッツミルク缶……400ml 塩……小さじ1 こしょう……適量 ターメリックライス(白米でも可)……適量   つくり方 (1)玉ねぎを縦半分に切り、薄くスライスする。 (2)フライパンにオリーブオイルを引いて中火にかけ、(1)の玉ねぎを加えて透明になるまで炒める(このとき、玉ねぎの繊維をヘラで断ち切るようにしながら炒めると、玉ねぎに素早く火がとおり、水分が出やすくなります)。さらに、にんにく、しょうが、を加え、全体が茶色く色づくまで炒めたら、クミンシード、カレー粉を加えて香りを引き出すように全体を混ぜ合わせる。 (3)(2)にトマト缶と塩、こしょうを加え、水分がなくなりトロリとするまで中弱火で7〜8分炒める。 (4)ココナッツミルクと、サバ缶を汁ごと加え、弱火でフタをせずに煮込む。ときどき具材を混ぜながら、10分ほど煮込み、塩、こしょうで味を調える。   ★Point サバの身が崩れないように煮込む 「サバの身は、ゴロゴロとしていた方が食べごたえもあっておいしく感じられます。鍋に加えたら弱火にし、身が煮くずれないようコトコト煮詰めます。かき混ぜるときは、ヘラで鍋底からそっと持ち上げ、やさしく動かすようにしましょう」(鈴石さん)     Recipe 2 ピクニックやランチにぴったり! トルコ風サバサンド 「コンビニなどでも手に入る、オリーブオイル漬けのサバ缶を使ったトルコ風アレンジのサンドイッチです。サバの身がしっとりとして食べやすく、とても簡単なレシピなので、ぜひお試しください。お子さん向けには、粒マスタードやブラックペッパーを控えめにし、代わりにクリームチーズやスライスチーズを加えるとマイルドな味になります。パンにサバの身を挟むので、骨取りは丁寧に行いたいところ。今回はバタールに挟みましたが、お好みのパンがあれば代用OKです。食べる直前に、お好みでレモンをギュッと絞ると、香りよくさっぱりとした味わいになりますよ」(鈴石さん)    材料(4人分) バタール……1本 サバ缶(オリーブオイル漬け)……1缶 きゅうり……1/2本 塩……適量 トマト……小1個 玉ねぎ……3cmほど レタスやミックスリーフ……適量 粒マスタード……適量 ブラックペッパー……適量 マヨネーズ……適量 レモン……適量   つくり方 (1)バタールを4等分にカットし、横に切り込みを入れてオーブントースターで軽く焼く。サバ缶からサバの身を取り出し、身を骨に沿って半分に割り、骨を丁寧に取り除く。 (2)サバ缶のオイル(大さじ1)をフライパンに入れて中火にかけ、(1)のサバを焼き、表面に軽く焼き色をつける。 (3)斜め薄切りにしたきゅうりと輪切りにしたトマトに軽く塩をして5分ほどおき、キッチンペーパーで水分を拭き取る。玉ねぎは薄い輪切りにし水にさらして水気を切っておく。レタスは食べやすい大きさに手でちぎる。 (4)(2)のオイルをバタールの切り込みに塗り、レタス、ミックスリーフ、玉ねぎ、きゅうり、トマトと順に挟み込み、一番上に(2)のサバの身をのせ、粒マスタード、ブラックペッパーを加える。お好みで食べる直前にレモンを絞る。   ★Point サバの身を軽く焼く 「サバ缶に残ったオイルを使って表面に軽く焼き色を付けると、香ばしい味わいになります。フライパンに残ったオイルにはサバのうま味が出ているので、取り分けておき、野菜炒めやパスタのソースなどにも活用してみてください」(鈴石さん)   【次のページは】韓国風にフランス風、タイ風まで! サバ缶でつくる多国籍アレンジレシピ   Recipe 3 夏バテ予防のスタミナメニュー キムチチゲ サバ缶仕立て 「冷房による体の冷えや、夏バテからの疲労回復におすすめなのが、韓国風アレンジのキムチチゲ(鍋)です。サバのみそ煮缶とコチュジャン、キムチのほどよい辛みが効いたスープで、体の元気を取り戻しましょう!サバ缶は、メーカーによってみその味や塩分が異なりますので、調理時に味を確認しながら、コチュジャンやみその量を調整してください。シメに、ごはんやうどんなどを入れるとおいしいですよ」(鈴石さん)   材料(2人分) 大根……5cm 白菜キムチ……100g ニラ……5本 絹豆腐……1丁 サバ缶(みそ煮)……1缶 水……3カップ みそ……適量 コチュジャン……適量 卵……2個   つくり方 (1)大根は5mm幅のくし切りに、白菜キムチはざく切りに、ニラは5cmくらいの長さに切る。絹豆腐は4等分に切る。 (2)鍋に水を入れ、大根を入れて火にかけ、沸騰したら中火で煮る。大根がやわらかくなったら(1)の絹豆腐、白菜キムチ、ニラ、サバ缶を汁ごと入れ、中弱火で5分ほど煮る。 (3)(2)の味見をし、みそとコチュジャンを好みで足して味を調える。 (4)(1)のニラを加え、上から卵を割り入れて中火で軽く煮る。   ★Point 身はほぐさずそのまま入れる 「サバカレーのときと同様に、こちらもサバの身をそのまま入れて、身が崩れないように弱火で煮込んでいきましょう。また、キムチをさっと水洗いして加えたり、豆乳を少し加えたりすることで、辛さをおさえ、お子さんでも食べやすい味になります」(鈴石さん)       Recipe 4 お好みのハーブとあわせるだけ! サバ缶のリエット 「サバの身を細かくほぐしてペーストにすることで、フランス料理のリエット風に仕上げました。今回はディルを合わせましたが、パセリや大葉といった好みの香りのハーブ類に変えてお楽しみください。クラッカー以外にも、バゲットやハード系のパンにのせてもおいしいですよ。ワインのお供にぴったりのおつまみですが、クリーミーで子どもウケもいいひと品です。パンやサラダと一緒に、朝食や休日のランチにもおすすめです」(鈴石さん)   材料(4人分) サバ缶(水煮)……1缶 バター……50g ケッパー……小さじ1(約15粒) ディル(パセリや大葉でも可)……3〜4本   <調味料> レモン……小さじ1 オリーブオイル……小さじ マスタード……小さじ1 コショウ……少々 クラッカー……適量   つくり方 (1)サバ缶をザルにあけて水気を切る。フォークやはしを使い、骨や皮を丁寧に取り除く。バターは常温に戻しておく(この料理ではサバ缶の汁は使いませんが、汁にはうま味が凝縮しているので、捨てずにスープなどに使ってください)。 (2)ケッパーを包丁で細かく刻む。 (3)ディルは葉先を切り取り、包丁で細かく刻む。 (4)(1)をボウルに入れ、フォークの背でサバの身を細かくほぐす。バター、ケッパー、ディル、<調味料>を加えてフォークでよく混ぜ、ペースト状にする。 (5)お皿に盛り付け、クラッカーを添える。   ★Point フォークでよく混ぜ合わせる 「皮と骨を取り除いたサバの身は、フォークの背を使って潰すように混ぜていくと細かくなります。フードプロセッサーを使うとより簡単です。にんにくのすりおろし(小さじ1)を足すと、コクが出て風味よく仕上がります」(鈴石さん)     Recipe 5 火を使わずつくれる夏向けのひと皿 タイ風サバサラダ 「暑い季節に食べたい、タイ風サラダのアレンジです。ミント、紫玉ねぎ、しょうが、青ネギ、レモングラスなど、さまざまな香味野菜を合わせ、ナンプラーベースのタレにからめます。旨味たっぷりで味わいがよく、食欲をそそる香りです。サバ缶を使うことで加熱調理をする手間も省けるので、真夏のごはんづくりにも助かるメニューです。辛みが苦手なお子さん向けには、赤唐辛子を入れずにつくりましょう。レモングラスが手に入らない場合はミョウガで代用してもおいしく仕上がります」(鈴石さん)   材料(4人分) サバ缶(水煮)……1缶 紫玉ねぎ……1/8個 しょうが……2片 青ネギ……1本 レモングラス茎(あれば)……2本 赤唐辛子……1本 ミント……適量   <調味料> ナンプラー……大さじ1 砂糖……小さじ1 ライム(レモン)しぼり汁……大さじ1   つくり方 (1)サバ缶をザルにあけ、水気を切る。はしを使って、骨や皮を丁寧に取り除く(この料理ではサバ缶の汁は使いません。リエットの項でも触れましたが、スープなどにお使いください)。 (2)紫玉ねぎは繊維に対して直角に薄切りし、水にさらして水気をしっかり切る。(こうすることで辛みをおさえ、食感もやわらかくなります)。 (3)しょうがは皮をむき、千切りにする。青ネギは小口切り、レモングラスは薄く輪切りにする。赤唐辛子はタネを取り除いて輪切りにし、ミントは茎を取り除く。 (4)<調味料>を合わせてタレをつくる。ボウルにすべての材料を入れ、タレを加えてざっくりと全体を混ぜ合わせれば完成。   ★Point サバの身はほどよい水気と固まり感を残す 「サバ缶の水気を切るときは、ザルにあげてかるく絞る程度にします。ギュッと絞ってしまうと、サバのうま味が逃げてしまいます。身をはしでほぐすときは、ある程度の固まりを残します。こうすることで、サバをしっかりと味わえるんです」(鈴石さん)     青魚が苦手なお子さんでも食べやすく、魚の調理が苦手なママやパパでも挑戦しやすい簡単メニューばかりをご紹介しました。サバ缶は種類も多く、メーカーによって味わいが違ったりするので、いろいろなサバ缶を試して、味の違いを比べてみるのも楽しいですよ。   教えてくれた人 鈴石真紀子さん スタイリスト/6歳と10歳の女の子のママ。ファッション誌やママ雑誌、テレビなどで幅広く活躍。フードユニットcotonとして限定カフェやイベント出店などの活動にも力を注ぐ。ママとしての経験やこだわりを元に、素材の味や食感を生かしたレシピを考案するのが得意。 [Instagram]@cotonfood   ●こちらの記事もおすすめです [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3256/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5435/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5506/"]  

How To

NEW

伝統野菜や西洋野菜をおいしく食べる!「めずらしい野菜」でつくるお惣菜レシピ

近年、野菜の品種改良や西洋野菜の栽培が進み、スーパーマーケットでも目新しい野菜に出合う機会が増えてきました。最近では、めずらしい品種だけをセットにした野菜を宅配するサービスがあったり、調理法やレシピ付きで店頭に並んでいたりするものも。気になるものはぜひ試してみましょう。 めずらしい野菜でも、一度食べ方を知っておくと、いつもの食卓が華やかになります。今回は、比較的手に入りやすいスイスチャード、ベビーコーン、フリルケール、白瓜、ビーツを使ったお惣菜レシピを、料理ライターの吉川愛歩さんに教えてもらいました。     めずらしい野菜、どれだけ知ってる?   《コールラビ》 アブラナ科の越年草で、地中海北部が原産の野菜。秋から冬にかけて旬を迎えます。加熱しても栄養価が変わらず、かぶや大根と似た容姿ながら、キャベツのような味わいです。千切りにしてサラダにするほか、薄切りにしてグラタンやラザニアなど、どっしりした料理にしてもおいしくいただけます。   《ロマネスコ》 アブラナ科アブラナ属の一年生植物で、分類上はカリフラワーの仲間です。旬の時期は冬で、近年はスーパーマーケットなどでもよく見かけるようになりました。栄養価が高く、ビタミンCの含有量は野菜のなかでもずば抜けています。細かく切ってサラダにしたり、さっと茹でてマヨネーズで食べたりと、カリフラワーと同じような使い方ができます。   《アイスプラント》 ハマミズナ科メセンブリアンテマ属の植物。アフリカ原産の多肉植物で、肉厚の葉にはミネラルが豊富です。季節野菜ではないので、1年を通じて目にすることができます。葉の表面に水滴状の粒がついているのが特徴で、しゃきしゃきとした歯ごたえと薄い塩味が人気です。そのままポン酢やしょうゆをかけて食べるなど、和風の味にもよく合います。   《東京べか菜》 アブラナ科アブラナ属の白菜の一種で、極早生の半結球山東菜です。江戸の伝統野菜で白菜のように柔らかく、わずかに苦味のある葉が特徴。最近、栽培が盛んになり、1年を通じて味わえます。カロテンや葉酸を多く含み、一般には“山東菜”という名前でも知られています。漬物や炒め物に向いていて、茹でた後におかかしょうゆであえたり、卵や豆腐などと甘辛く煮たりするのもおすすめです。   《大蔵大根》 アブラナ科ダイコン属の越年草。東京・世田谷区の大蔵付近で品種改良されたことが名前の由来になった東京の伝統野菜です。11月中旬から12月にかけて旬を迎え、世田谷区を中心に販売されています。先端が丸く詰まっていて、先端まで太さが変わらないずんぐりとした姿が特徴。首の部分に辛味がないので、千切りにしてサラダにしたり、厚めにスライスしてバターなどで焼いたりしてもおいしくいただけます。     Recipe 1 彩り鮮やかな副菜 スイスチャードのアジアンナムル スイスチャードの旬:通年栽培 ヒユ科のフダンソウという和名で、アメリカやヨーロッパではよく食べられている野菜なのだそうです。鮮やかな色の秘密は、ポリフェノールの一種が含まれているから。ミネラルや鉄分も豊富で、栄養価の高い野菜です。 「味にクセがなく、葉もくきも柔らかいので、お子さんでも食べやすく、サラダなどの生食にも向いています。ほうれん草の代わりというイメージでレシピを考えるとよいでしょう」(吉川さん)   「今回は、メインディッシュに色合いをプラスしたいときに使えるナムルに仕上げてみました。ナンプラーの香りとレモンの酸味が爽やかで、子どもたちもごはんが進みます」(吉川さん)     材料(2人前) 塩……ひとつまみ スイスチャード……1袋 ナンプラー……大さじ1 レモン汁……大さじ1 ごま油……大さじ1 いりごま……ひとつまみ   つくり方 (1)鍋に塩と水を入れて火にかけ、沸騰させておく。 (2)スイスチャードを洗ったら、鍋に入れて20〜30秒ほど湯がいて取り出し、水でさっと洗って水切りする。10cmくらいの長さにそろえて切っておく。 (3)ボウルにナンプラー、レモン汁、ごま油を合わせておき(2)をからめる。 (4)皿に盛り、ごまをかける。   ★Point 切らずにさっと茹でる 「スイスチャードは茹ですぎるとすぐに色が流れていってしまい、葉やくきがくたっとなってしまいます。しっかり沸騰したお湯を準備し、さっと茹でるだけで鍋からあげましょう」(吉川さん)     Recipe 2 ハーブの香りとコーンの甘みがベストマッチ! ヒゲまでおいしい ベビーコーンのハーブグリル ベビーコーンの旬:5〜7月 ヤングコーンという別名や、水煮の缶詰などでもよく知られている、若採りしたとうもろこし。旬の時期には皮つきで見る機会が多くなり、ヒゲや内側の皮もおいしくいただけます。 「実が柔らかくて割れやすいので、皮をむくときは慎重に。煮込んでしっかり火をとおすような料理よりも、軽く焼いたり生でスライスしたりするだけにし、風味と甘みを楽しんでください」(吉川さん)   「焼いただけで甘みがぐっと引き出されておいしいので、ハーブと岩塩だけでいただくレシピにしてみました。内側の薄皮とヒゲは柔らかくて甘いので、ぜひいっしょに味わってみてください」(吉川さん)   材料(2人前) ベビーコーン……3本  ローズマリー……1束 タイム……1束 岩塩……ひとつまみ ※写真のお皿では2本のみ写っていますが、レシピは3本分で構成しています。   つくり方 (1)ベビーコーンとハーブをブーケのようにまとめ、アルミホイルで包む。 (2)魚焼きグリルで中火にして、8分ほど焼く。 (3)アルミホイルを開けて表面の皮だけをとり、岩塩を振っていただく。   ★Point アルミホイルでしっかりと巻く 「ベビーコーンとハーブを包む際、くきは少し出てしまっていてもいいのですが、葉の部分やヒゲ、ハーブといった焦げやすいところはホイルでしっかり包んでください。魚焼きグリルの高さがない場合は、180℃に余熱したオーブンで10分ほど焼いてもいいですよ」(吉川さん)   【次のページは】まだまだたくさん!珍しい野菜たちのレシピをご紹介!   Recipe 3 バルサミコ酢とチーズの酸味ですっきり フリルケールのパルミジャーノサラダ フリルケールの旬:通年栽培  「カーリーケール」という名前でも売られている柔らかいケール。苦味が強く、葉がごわごわしたイメージがあるケールを品種改良したもので、食物繊維やビタミンが豊富に含まれています。 「フリルケールはケールらしい苦味がほとんどなく、食べやすい野菜です。栄養価がとても高く、野菜の王様といわれているほどなので、見かけたらぜひトライしてみてください」(吉川さん)   「ケールはチーズとの相性が抜群で、栄養をそのまま摂れるサラダがおすすめ。ナッツをプラスし、朝食代わりにしても満足感を味わえるサラダにしました」(吉川さん)   材料(2人前) バルサミコ酢……大さじ2 オリーブオイル……大さじ2 塩……ひとつまみ パルミジャーノチーズ……大さじ2 フリルケール……1束 くるみ……ひとつかみ   つくり方 (1)ボウルにバルサミコ酢、オリーブオイル、塩、パルミジャーノチーズを合わせておく。 (2)芯を取り、ひと口大に切ったフリルケールを(1)に入れ、しっかりと手で混ぜ合わせる。 (3)皿に盛り、くるみを載せる。   ★Point 味がなじむよう手でもみ込む 「葉がしっかりしているので、調味料と葉をぎゅっともみ込んで味をなじませます。また、下部の芯は硬いので取り除いておきましょう。チーズとくるみはお好みで増量してもOKです」(吉川さん)     Recipe 4 大きめにカットして“食べるおみそ汁”に 白瓜の冷ごまみそ汁 白瓜の旬:5〜8月中旬 白瓜は「青瓜」という別名を持ち、きゅうりほどの水分はなく、実はしっかりしています。完熟すると皮の色が白っぽくなることから、白瓜と呼ばれているのだとか。奈良漬など漬物の材料としても有名です。   「薄く切っておかかしょうゆと合わせたり、浅漬けにしたりしてもおいしくいただけます。生だとコリコリ、煮るとトロリ、ふたつの食感を楽しめます」(吉川さん)   材料(2人前) 水……300cc 昆布……5cmの長さ 白瓜……1本 おかか……1/2パック すりごま……大さじ3 みそ……大さじ2 ねぎ……適量 おかか(飾り用)……適量 ごま……適量   つくり方 (1)水に千切りにした昆布を入れ、1時間以上置く。 (2)白瓜は水で洗い、たねをスプーンで取り除いたら、2cm幅に切る。 (3)沸騰させた(1)におかかと(2)を入れ、白瓜が透明になるまでを目安に中火で煮る。 (4)火を止め、すりごまとみそを入れる。みそを溶かしたらあら熱を取り、冷蔵庫で1時間以上冷やす。 (5)ねぎとおかか、ごまをたっぷり載せる。   ★Point たねはスプーンですくい取る 「たねは硬く、口に残るので、スプーンで取り除いておきます。皮はむきませんが、表面がざらざらと細かい繊維に覆われている場合があるので、軽くスポンジなどでこすってそれらを落としておきましょう」(吉川さん)     Recipe 5 真っ赤な色とにんにくの香りが食欲をそそる ビーツのペペロンチーノ ビーツの旬:6〜7月 ロシア料理のボルシチに使われることでも有名な野菜です。妊婦さんに必須の栄養素とされる葉酸が豊富に含まれています。利尿作用のあるカリウムも含まれ、糖質が少なくヘルシーな食材としても人気です。 「調理していると調理器具が赤くなりますが、染色効果はないので水洗いですぐに落とせます。色の鮮やかさを利用し、ビシソワーズに混ぜたり、サラダやピクルスにしたりすると、色味の美しい料理に仕上がりますよ」(吉川さん)   「千切りにすると、煮込み料理とはまたひと味違った、しゃきしゃきとしたビーツの食感を楽しめます。お弁当のすき間埋めや、彩りが欲しいときに使うと華やかになり、おすすめです。小さなお子さんが食べるときは、とうがらしを抜いてください」(吉川さん)   材料(2人前) ビーツ……1個 オリーブオイル……大さじ1 にんにく……1かけ とうがらし(輪切りにしたもの)……1/2本 塩……適量   つくり方 (1)ビーツの皮をむき、スライサーで千切りにする。 (2)ボウルにたっぷりと張った水でビーツをもみ洗いする。3回ほど水を替えて洗ったら、水を切っておく。 (3)フライパンにオリーブオイルとにんにく、輪切りにしたとうがらしを入れ、香りが立ってきたらビーツを炒める。 (4)火がとおったら塩を振り、火を止める。   ★Point もみ洗いでしっかりとアク抜きをする 「ビーツはアクが強く、そのままだと土くささが気になりますが、水でもみ洗いすることで、アクが抜けて食べやすくなります。生食の場合もアク抜きをしておきましょう」(吉川さん)     どうやって食べたらいいかわからなかった野菜類も、こうした簡単レシピで一度使ってみると、それぞれの特徴がよくわかり、さまざまな料理へのアレンジができます。品種改良された野菜や、最近見かけるようになった西洋野菜は、日本人の口に合うよう考えてつくられているものも多いので、ぜひチャレンジしてみてください。   教えてくれた人 吉川愛歩さん ライターときどき料理人。2歳男子と10歳女子の母。書籍や雑誌、webなどで執筆する傍ら、子どものアレルギーをとおしてグルテンフリーやヴィーガンの知識を学び、からだにやさしいレシピ考案やケータリングをしている。   ●こちらの記事もおすすめです [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5969/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/survey/post_6572/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_6024/"]

How To

初めてでも簡単! かわいい「デコおにぎり」レシピ5

お子さんの食の細さや食べムラ、遊び食べなどに悩んでいるママやパパにおすすめしたいのが「デコおにぎり」です。子どもはやっぱり“顔”が好き。ごはんに顔やキャラクターが描かれていることで、食事への関心がグンと高まれば、食欲増進にもつながります。そこで、人気料理家のtottoさんこと黄川田としえさんに「初めてチャレンジする方やパパでも簡単につくれる“デコテク”」について教えてもらいました。お弁当はもちろん、朝食やランチでも活躍すること間違いなしです!  ★用意する道具はこれだけ!・丸カン1個(クッキー型)・のりパンチ(デコ弁グッズ) ・ピンセット・ストロー・まゆ毛用バサミ 「デコ弁専用のグッズは、のりパンチだけで、ピンセットやまゆ毛用ハサミは100円ショップで買いそろえたものです。この5点を用意しておけば、さまざまなデコおにぎりがつくれますよ」(tottoさん) Recipe 1簡単なのに驚きの完成度! いり卵のお月さま「ごはんにいり卵を混ぜ込んだおにぎりです。三日月型にして目と口をつけるだけ。お弁当でも活躍するわが家の定番メニューです」(tottoさん) 材料(1個分)温かいごはん……子ども用の茶碗1杯分卵……1/2個塩……少々菜種油(サラダ油でも可)……小さじ1のり……少々レタス、にんじんなどのトッピング……お好みで つくり方(1)卵に塩を加えてよく混ぜ合わせる。(2)フライパンに油をひいて中火にかけ、(1)を加えてはしで混ぜ、いり卵にする。(3)ごはんに(2)を加え、しゃもじでよく混ぜ合わせる。(4)ラップの上に(3)を載せ、手で月の形に整える。(5)(4)を器に盛り、のりをまゆ毛用ハサミでカットして目と口をつくり、ピンセットでつける。 「ごはんを月の形にするときも、のりをカットするときも、細かいことは気にせず、フリーハンドで進めてOK! お月さまの形は少し太くなったり、縦長になったりと、つくる人によって形が異なっても、それが逆に味になり、かわいく仕上がりますよ」(tottoさん)  Recipe 2枝豆の鼻がかわいい! わんちゃん塩むすび「たわら型に握った塩むすびに、枝豆の鼻と、のりの顔パーツをつけただけ。今回は、顔を上部にまとめることで、ゆるキャラのような雰囲気に仕上げました。たわら型を横にしたり、目を大きくしたりと、お好みでさまざまな表情にアレンジできますよ」(tottoさん) 材料(1個分)温かいごはん……子ども用の茶碗1杯分塩……少々枝豆……1粒のり……少々 つくり方(1)塩をなじませた手で、ごはんをたわら型に握る。(2)まゆ毛用ハサミで、のりを鼻や口の形にカットし、目はのりパンチで2つ分用意する。(3)(1)を器に載せ、上から(2)をピンセットでつける。 【次のページは】まだまだ続く、かわいいデコおにぎりたち Recipe 3子どもが大好きな黄金の組み合わせ おかか&チーズのほっこりくまさん「おかかでつくった茶色い顔にチーズを載せ、のりで顔を描くだけ。耳には枝豆を使いました。ごはんはポロポロと崩れやすいくらいで大丈夫です。小さくカットしたのりのパーツが、くまさんのやさしい表情を演出します」(tottoさん) 材料(1個分)温かいごはん……子ども用の茶碗1杯分かつおぶし……ひとつまみしょうゆ……小さじ1/3塩……少々スライスチェダーチーズ……少々のり……少々枝豆……2粒スパゲティ(ゆでていないもの)……約4cm(2cm×2) つくり方(1)かつおぶしにしょうゆを加え、よく混ぜ合わせる。(2)ごはんに(1)を混ぜ込み、味をチェックしながら塩で調味し、丸く握る。(3)2cmほどの長さのスパゲティに枝豆を挿し、耳にする。 (4)チェダーチーズを丸カンでくり抜き、のりは鼻としてまゆ毛用ハサミでカット、目と口はのりパンチで3つ分用意する。それぞれをピンセットで(2)に載せる。  Recipe 4コロコロッと並べたい! 三つ子のパンダおにぎり「わんちゃん塩むすびの応用編です。塩むすびにのりをつけるだけの手軽さ。パンダはいくつかつくって並べると、かわいく仕上がります。フリーハンドでカットしたのりで表情豊かなパンダに仕上がるので、お子さんといっしょにつくるのも楽しいでしょう」(tottoさん)「のりで腕を描いてもかわいいですよ!」(tottoさん) 材料(3個分)温かいごはん……子ども用の茶碗1.5杯分塩……少々のり……少々 つくり方(1)ごはんを3等分にし、塩をなじませた手でたわら型に握る。(2)のりをまゆ毛用ハサミで小さな丸状にカットする(1頭分当たり9枚×3)。口はのりパンチを使って3つ分用意する。(3)(1)に(2)をピンセットで載せる。  Recipe 5上級者向けのデコ技でスペシャルなごちそうに! モンスターおにぎらず「最後に、応用編をご紹介します。のりでごはんや具を挟んだ“おにぎらず”に、顔をつけたモンスターです。目の表情を変えるなどで、ユーモラスな顔のアレンジを楽しんでみてください!」(tottoさん) 材料(1個分)温かいごはん……子ども用の茶碗1杯分のり……全形1枚卵……1個レタス……少々ソーセージ……1本塩……少々菜種油(サラダ油でも可)……少々スライスチーズ……少々飾り用のり……少々ケチャップ……少々 つくり方(1)ソーセージは格子状に飾り切りをし、フライパンに油をひいて中火にかけ、こんがりと焼く。(2)温かいごはんに塩を振り混ぜておく。(3)卵に塩を加えてよく混ぜ合わせる。フライパンに油をひいて中火にかけ、卵を加え、はしで混ぜていり卵にする。(4)おにぎらずをつくる。ラップの上に全形ののりを置き、中央にごはんの半量、レタス、いり卵、残りのごはんの順に置き、四方からのりで包むようにまとめる。さらに、上からラップで巻き、数分間置いて形を落ち着かせる。(5)(4)を包丁で半分にカットする。(6)断面に(1)のソーセージ、丸カンで型抜きしたチーズ、まゆ毛用ハサミで丸くカットしたのり、ケチャップで飾り付けする。 「いかがでしたか? 想像していたよりも簡単につくれるのではないでしょうか? 少々形が崩れても、それが味わいや表情となって生きてきます。お子さんといっしょに楽しみながら、デコおにぎりづくりに挑戦してみてくださいね」(tottoさん) 教えてくれた人totto(黄川田としえ)さん料理家・フードスタイリスト・tottorante主宰。メディアでのレシピ開発、フードスタイリング出演などをはじめ、料理講師、イベントでの出店やレセプション等のフードケータリングなど多岐にわたり活動。また、子どもの心と体をサポートする「こどもレストラン」など、家族で楽しめるワークショップを各地で開催している。著書に『tottoちゃんのかんたんdeco弁』(祥伝社)、『毎日のごはんと心地よい暮らし』(宝島社)がある。11歳の女の子と16歳の男の子のママ。 [HP]https://toshiekikawada.com  ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1351/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5715/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5578/"]

How To

初めてでも簡単。 巻き方から具材まで大公開!「ごちそう太巻き」レシピ(基本編)

具材の組み合わせによって、さまざまな味わいを楽しめる太巻き。見た目が華やかなのはもちろん、1本の中に野菜や肉、魚などを合わせ、栄養バランスに優れた食事にできるという利点もあります。一見、難しそうですが“巻きす”の使い方や太巻きに合う具材の組み合わせ方は、一度覚えてしまうととても簡単。お弁当やおやつ、朝ごはん、おもてなしにと大活躍します。そこで今回は、普段からご自宅で太巻きをよくつくるという料理家のtottoさんに、太巻きのイロハについて教えていただきます。今回は、基本の太巻きと具材のつくり方にフォーカス。次回に、アレンジ編として酢飯なしのもの、食パンでつくるタイプなど、太巻きの多彩なレシピを紹介します。「太巻きは食べやすく、たくさんの具材が入るので、栄養豊富なメニューです。具材の内容や量にもよりますが、平均すると米2合で3本分の太巻きがつくれます。とても腹持ちがいいので、給食の時間まで待てないような、育ち盛りのお子さんの朝ごはんにもおすすめですよ」(tottoさん)  ★基本のレシピ甘辛く煮た乾物と卵焼きの和風味基本の太巻き「最初は、一般的な太巻きを紹介します。太巻きの具材は、五味(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味)を味わえるようなものを3〜5種でまとめましょう。メインとなる具材の中で、いずれか1品を多めにすると、見た目と味のバランスがよくなります」(tottoさん) 【下ごしらえ】まずは、太巻きで使用する酢飯の準備と、具材をそれぞれつくります(分量はいずれも太巻き3本分)。 ◆酢飯 材料米…2合昆布…3cm <すし酢>米酢…大さじ4砂糖…大さじ2塩…小さじ1/2 つくり方(1)米を研ぎ、ザルにあげて30〜40分ほど置き、中央部分にくぼみをつくるようにして、しっかりと水切りをする(★POINT 水切りすると米の中と表面の吸水バランスがよくなります)。(2)米を炊飯器の釜に入れ、目盛りよりもやや少なめの水で炊き上げる(★POINT 後からごはんに<すし酢>を加えるため、いつもより固めに炊き上げます)。(3)米酢、砂糖、塩を鍋に入れて中火にかけ、砂糖が溶けたら火を止めてよく混ぜ合わせて<すし酢>をつくる。(4)炊きたてのごはんを飯台に入れ(なければ大きめのボウルでも可)、(3)の<すし酢>を加え、しゃもじで切るように混ぜ合わせる。 ◆干ししいたけとかんぴょうの甘煮材料干ししいたけ…6個かんぴょう(乾物)…20cm×9本塩…適量水…適量干ししいたけの戻し汁…250ml <調味料>酒…大さじ1砂糖…大さじ2みりん…大さじ2しょうゆ…大さじ2 つくり方(1)干ししいたけは水でさっと洗い、ボウルに入れてたっぷりの水で戻す。(2)洗ったかんぴょうを塩でもみ、さらに洗い流して、ひたひたの水に30分ほど浸けて戻す。浸けた水ごと中火にかけ、10分ほどゆでて水気を切る。(3)干ししいたけの戻し汁を茶こしにとおしてから鍋に入れ、<調味料>、水で戻した(1)の干ししいたけ、(2)のかんぴょうを入れて弱火にかける。落しぶたをして15〜20分間、汁気がなくなるまで煮る。(4)(3)が冷めたら、干ししいたけを1cm厚に切る。 ◆卵焼き材料卵…5個砂糖…大さじ1と1/2塩…少々サラダ油…少々 つくり方(1)ボウルに卵を割りほぐし、砂糖、塩を加えて混ぜ合わせる。(2)卵焼き用のフライパンにサラダ油を引き、(1)を3〜4回に分けながら加えて厚焼き卵にする。(3)あら熱が取れたら、縦3等分にする。  【次のページは】 これは必見!「基本の太巻き」の正しい巻き方 ◉基本の太巻きのつくり方を解説 材料(3本分)焼きのり(全形)…3枚酢飯…【下ごしらえ】したもの全量干ししいたけの甘煮…【下ごしらえ】したもの全量紅しょうが…適量かんぴょうの甘煮…【下ごしらえ】したもの全量きゅうり…縦1/2本(縦3等分にする)卵焼き…【下ごしらえ】したもの全量 つくり方(1)巻きすに焼きのりを置き、向こう側1cmを残して酢飯を敷き詰める(★POINT 敷き詰めるごはんの量は約220gが適量です)。 (2)手前から6cmほどのところに、干ししいたけの甘煮1/3量、紅しょうが、かんぴょうの甘煮1/3量を置く。 (3)(2)の上にきゅうり、卵焼きを1/3量ずつ載せる。 (4)具の位置がずれないように卵焼きを指で押さえながら、手前から向こう側へしっかりと巻いていく。 (5)ひと巻きしたら指の腹でギュッと押さえる。 (6)一度、巻きすを持ち上げる。 (7)さらに向こう側へ転がすようにして、焼きのりの端まで巻く。 (8)巻きすを外し、そのままの状態で5分ほど置いて形をなじませる。残り2本も同様につくる。1本が8等分になるように、3本をそれぞれカットすれば完成(★POINT 包丁を濡れふきんやキッチンペーパーで湿らせ、大きくスライドさせると、きれいにカットできます)。  ★上手に巻く5つのコツ1.焼きのりは、よく見ると長方形になっています。太巻きをつくるときは、長い辺が縦になるように置きましょう。ちなみに、具材の少ない細巻きをつくるときは、横長に置きます。2.具材は手前から6cm程度から中央までの間に置くと、しっかりと巻きつけられます。3.干ししいたけ、かんぴょうの甘煮、紅しょうがといった汁気のある具材は、水分をよく絞っておきましょう。4.巻くときは、巻きすの上からしっかりと力を加え、酢飯と具材をギュッと手でまとめるようにして巻きましょう。5.巻き終わってから5分ほどそのまま置くことで、形が落ち着いてカットしやすくなります。  具材を置く位置や、力を加えるタイミング、巻いてからカットするまでの時間の置き方などがポイントです。アレンジ編では「キムチと牛肉が食欲をそそる韓国風太巻き」や「太巻き風ロールサンド」など、tottoさんおすすめのアレンジレシピ4種をご紹介します。 アレンジ編はこちら⇒【初めてでも簡単。 巻き方から具材まで大公開!「ごちそう太巻き」レシピ(アレンジ編)】 つくってくれた人totto(黄川田としえ)さん料理家・フードスタイリスト・tottorante主宰。メディアでのレシピ開発、フードスタイリング出演などをはじめ、料理講師、イベントでの出店やレセプション等のフードケータリングなど多岐にわたり活動。また、子どもの心と体をサポートする「こどもレストラン」など、家族で楽しめるワークショップを各地で開催している。著書に『tottoちゃんのかんたんdeco弁』(祥伝社)『毎日のごはんと心地よい暮らし』(宝島社)がある。11歳の女の子と16歳の男の子のママ。 [HP] https://toshiekikawada.com [Facebook] https://m.facebook.com/tottorante/ [Instagram] @tottokikawada ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5212/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_486/"]

How To

初めてでも簡単。 巻き方から具材まで大公開!「ごちそう太巻き」レシピ(アレンジ編)

太巻きは、子どもから大人まで人気のメニュー。さまざまな具材でアレンジしやすく、パーティなどでも大活躍します。今回は、普段からご自宅で太巻きをよくつくるという料理家のtottoさんに、太巻きのイロハについて基本編、アレンジ編と2回に渡って教えていただきます。前回の基本編では、基本の太巻きと具材のつくり方をご紹介しました。基本編はこちら⇒【初めてでも簡単! 巻き方から具材まで大公開!!「ごちそう太巻きレシピ」(基本編)】後編では、酢飯を使わない太巻きや、食パンでつくる太巻きなど、多彩なアレンジレシピをご紹介します。 ★アレンジレシピ1キムチと牛肉が食欲をそそる韓国風太巻き「濃厚な味つけの牛薄切り肉と、キムチが食欲をそそる酢飯いらずの太巻きです。甘辛い牛肉やピリッと辛いキムチはもちろん、ほうれん草やにんじん、たくあんをプラスすることで、味の深みと食感が増し、食べごたえがアップします。お酒のおつまみにもぴったり! お子さん向けにはキムチの代わりに卵焼きやきゅうりを加えるといいでしょう」(tottoさん)  【下ごしらえ】まずは、太巻きで使用する具材をそれぞれつくります(分量はいずれも太巻き3本分)。 ◆にんじん炒め材料にんじん…1/2本ごま油…小さじ1塩・コショウ…少々白すりごま…少々 つくり方(1)にんじんは皮をむいて千切りにする。(2)フライパンにごま油を引き、(1)のにんじんを中火で2〜3分炒める。塩・コショウで味を調え、最後に白すりごまをふれば完成。 ◆ほうれん草のナムル材料塩…適量ほうれん草…1/2束ごま油…小さじ1 つくり方(1)たっぷりの湯に塩を加え、ほうれん草をゆでる。水気をしっかり絞り、5cmの長さに切る。(2)(1)をボウルに入れ、ごま油、塩(小さじ1/2)を加えて混ぜ合わせれば完成。 ◆牛肉甘辛炒め材料牛もも肉薄切り…240g酒…小さじ2塩…少々しょうゆ…小さじ1ごま油…小さじ2コチュジャン…小さじ1 つくり方(1)牛もも薄切り肉に酒と塩、しょうゆを揉み込み、下味を付ける。(2)フライパンにごま油を引き、中火にかけて(1)を焼く。両面に焼き色がついたら、コチュジャンを加えて混ぜ合わせれば完成。  ◉韓国風太巻きのつくり方解説 材料(3本分)焼きのり(全形)…3枚ごはん…2合塩…少々ごま油…小さじ2にんじん炒め…【下ごしらえ】したもの全量ほうれん草のナムル…【下ごしらえ】したもの全量たくあん(刻んだもの)…適量キムチ…適量牛肉甘辛炒め…【下ごしらえ】したもの全量 つくり方(1)ごはんに塩、ごま油を入れ、よく混ぜる。(2)巻きすに焼きのりを敷き、向こう側1cmを残して(1)のごはんの1/3量を敷き詰める。(3)手前から6cmほどのところに、にんじん炒めとほうれん草のナムル各1/3量とたくあんを置く。(4)(3)の上にキムチ、牛肉甘辛炒め1/3量を載せる。(5)【基本編】で紹介した基本の太巻きのつくり方と同様に巻いていく。残り2本も同様につくる。(6)太巻き3本の上部に薄くごま油を塗り、白ごまをふりかけ、5分ほど置いてから8等分にカットすれば完成。  【次のページは】グリーンと赤紫のアクセントがおしゃれ! ベジ太巻き★アレンジレシピ2グリーンと赤紫のアクセントがおしゃれ!ベジ太巻き「みそを焼きつけた油あげをメインにした、野菜でつくるベジ太巻きです。菜の花の代わりにほうれん草や小松菜などの青菜を入れてもOK。しば漬けの赤紫が色味と食感のアクセントになっています」(tottoさん) 【下ごしらえ】まずは、太巻きで使用する具材をそれぞれつくります(分量はいずれも太巻き3本分)。 ◆きんぴらごぼう材料ごぼう…1/3本にんじん…1/4本サラダ油…小さじ1 <調味料>酒…小さじ1みりん…小さじ2しょうゆ…小さじ1白すりごま…少々 つくり方(1)ごぼうとにんじんは、それぞれ皮をむいて千切りにする。(2)フライパンでサラダ油を熱し、(1)を加えて弱火で炒める。(3)(2)に火がとおったら、<調味料>を加えて水分がなくなるまで弱火のまま炒め、最後に白すりごまを加えれば完成。 ◆菜の花のおかか和え材料塩…適量菜の花…6本かつおぶし…大さじ1しょうゆ…小さじ1/2 つくり方(1)鍋に湯を沸かし、塩を加えてから菜の花を入れて30秒ほどゆでる。水に取り、しっかりと水気を絞る。(2)(1)の菜の花に塩、かつおぶし、しょうゆを加えて和える。 ◆みそ油あげ材料油あげ(長方形)…2枚みそ…大さじ1と1/2 つくり方(1)油あげはキッチンペーパーで軽く油をふき取り、上面にみそを塗る。(2)オーブントースターに(1)の油あげを入れ、900Wで5分ほどこんがりと焼き、縦3等分に切る。  ◉ベジ太巻きのつくり方解説 材料(3本分)焼きのり(全形)…3枚酢飯…上記の量青じそ…6枚きんぴらごぼう…【下ごしらえ】したもの全量しば漬け…適量菜の花のおかか和え…【下ごしらえ】したもの全量みそ油あげ…【下ごしらえ】したもの全量 つくり方(1)巻きすに焼きのりを敷き、向こう側1cmを残して酢飯の1/3量を敷き詰める。(2)手前から6cmほどのところに青じそ、きんぴらごぼう1/3量、しば漬け、菜の花のおかか和え1/3量を置く。(3)(2)の上にみそ油あげ1/3量を載せる。(5)【基本編】で紹介した基本の太巻きのつくり方と同様に巻いていく。残り2本も同様につくる。(6)5分ほど置いてから8等分にカットすれば完成。  【次のページは】フォトジェニックなキーマカレー太巻き ★アレンジレシピ 3イエローがパッと目を引き写真映えする!キーマカレー太巻き「ターメリックで色づけしたイエローライスに、ゆで卵とキーマカレーを挟んだ子どもが喜ぶカレー味の太巻きです。見た目が華やかでごちそう感が強い太巻きなので、お弁当やパーティのときにつくると好評ですよ」(tottoさん) 【下ごしらえ】まずは太巻きで使用するターメリックライスと具材をそれぞれつくります(分量はいずれも太巻き3本分)。 ◆ターメリックライス材料米…2合ターメリックパウダー…小さじ1塩…少々 つくり方(1)米を研ぎ、ざるにあげて30〜40分ほど置き、しっかりと水切りをする。(2)(1)の米を炊飯器の釜に入れ、2の目盛りまで水を入れ、ターメリックパウダーと塩を加えて全体を軽く混ぜ合わせてから炊く。 ◆キーマカレー材料サラダ油…小さじ1しょうがのみじん切り…1/2片にんにくのみじん切り…1/2片鶏ひき肉…240g塩・コショウ…少々カレー粉…小さじ2ケチャップ…小さじ1 つくり方(1)フライパンにサラダ油、しょうがとにんにくのみじん切りを入れて中火にかける。(2)しょうがとにんにくの香りが立ってきたら、鶏ひき肉を加えて炒め、塩・コショウ、カレー粉、ケチャップを加えて炒め合わせる。  ◉キーマカレー太巻きのつくり方解説材料(3本分)焼きのり(全形)…3枚ターメリックライス…【下ごしらえ】したもの全量キーマカレー…【下ごしらえ】したもの全量ゆで卵…3個サニーレタス…2枚 つくり方(1)巻きすに焼きのりを敷き、向こう側1cmを残してターメリックライスの1/3量を敷き詰める。(2)手前から6cmほどのところにキーマカレー1/3量を載せる。(3)(2)の上に4等分したゆで卵1個分を置く。(4)さらにその上に、手でちぎったサニーレタス1/3量を置く。(5)【基本編】で紹介した基本の太巻きのつくり方と同様に巻いていく。残り2本も同様につくる。 (6)5分ほど置いてから8等分にカットすれば完成。  【次のページは】おやつにぴったり! 太巻き風ロールサンド ★アレンジレシピ 4ひと口サイズでおやつにぴったり!太巻き風ロールサンド「サンドイッチ用の食パンでつくるロールサンドです。具材は、ポテトサラダや卵サラダでもOK! キャロットラペや紫キャベツなど、カラフルな配色になる食材を合わせ、彩りよく仕上げましょう」(tottoさん) 【下ごしらえ】中に入れる具材をそれぞれつくっていきます(分量はいずれも太巻き3本分)。 ◆キャロットラペ材料にんじん…1/2本塩…少々白ワインビネガー…小さじ1オリーブオイル…小さじ2 つくり方(1)にんじんは皮をむき、千切りにして塩を揉み込む。(2)(1)のにんじんがしんなりとしたら、白ワインビネガーとオリーブオイルを加えて和える。 ◆鶏ささみのナッツ和え材料鶏ささみ…3本塩・コショウ…少々水…500ml酒…小さじ1しょうがスライス…1枚 <調味料>砕いたアーモンド…30gマヨネーズ…大さじ2わさび…小さじ1/2しょうゆ…小さじ1/2 塩…適量 つくり方(1)鶏ささみは常温に戻し、筋に沿って切り込みを入れて筋を取り、塩・コショウをする。(2)鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら酒、しょうがのスライス、(1)を入れてふたをし、火を止めて20分ほど置く。(3)(2)から鶏ささみを取り出し、身を手でほぐしてボウルに入れ、<調味料>を加えて混ぜ合わせる。最後に塩で味を調える。 ◆紫キャベツのマリネ材料紫キャベツ…小さじ1/2米酢…大さじ1きび砂糖(砂糖でも可)…大さじ1オリーブオイル…小さじ2 つくり方(1)紫キャベツは千切りにし、ビニール袋に入れる。(2)(1)に塩を加えてよく揉み込み、10分ほど置いてから水分を絞る。(3)(2)をボウルに入れ、米酢、きび砂糖を加えて全体を混ぜ合わせ、オリーブオイルを回しかけて軽く和える。  ◉太巻き風ロールサンドのつくり方解説材料(3本分)焼きのり(全形)…3枚サンドイッチ用食パン…12枚マヨネーズ…適量キャロットラペ…【下ごしらえ】したもの全量鶏ささみのナッツ和え…【下ごしらえ】したもの全量紫キャベツのマリネ…【下ごしらえ】したもの全量レタス…3枚 つくり方(1)巻きすに焼きのりを敷く。サンドイッチ用食パンに薄くマヨネーズを塗り、マヨネーズを塗った面を下にして、手前側をそろえて焼きのりに載せる。(2)サンドイッチ用食パンの上面にも薄くマヨネーズを塗り、鶏ささみのナッツ和え、キャロットラペ、紫キャベツのナムルを各1/3量ずつ置く。(3)(2)の上にレタスを1枚置き、【基本編】で紹介した基本の太巻きのつくり方と同様に巻いていく。残り2本も同様につくる。(4)5分ほど置いてから4等分にカットすれば完成。  太巻きのアレンジレシピ、いかがでしたでしょうか? 具材はチーズやピクルス、常備菜などを活用するという手もアリ! コツをつかめばとても簡単につくれるので、おにぎりをつくるような感覚で、日々のレパートリーに取り入れてみたいですね。 つくってくれた人totto(黄川田としえ)さん料理家・フードスタイリスト・tottorante主宰。メディアでのレシピ開発、フードスタイリング出演などをはじめ、料理講師、イベントでの出店やレセプション等のフードケータリングなど多岐にわたり活動。また、子どもの心と体をサポートする「こどもレストラン」など、家族で楽しめるワークショップを各地で開催している。著書に『tottoちゃんのかんたんdeco弁』(祥伝社)『毎日のごはんと心地よい暮らし』(宝島社)がある。11歳の女の子と16歳の男の子のママ。 [HP] https://toshiekikawada.com[Facebook] https://m.facebook.com/tottorante/[Instagram] @tottokikawada ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5277/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_3737/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5367/"]

How To

スイーツからお食事まで。自宅でカフェ気分を味わえる「フレンチトースト」レシピ5

ひと味ちがうフレンチトーストはカフェなどで食べるもの……そう思っていませんか? 実はちょっとしたテクニックやアイデア食材を使うことで、誰でも簡単にお店の味を再現できるのです。今回は、おやつから食事まで、さまざまなシーンでつくりたくなる5つのレシピを、フードコーディネーターの島ともこさんに教えてもらいました。いずれも手軽につくれるのに、自宅でカフェ気分を味わえるメニューばかり。また、余ってパサついたパンや、カチカチになってしまったバケットをおいしく食べられるのも、フレンチトーストの魅力です。ゆったり過ごしたい休日の朝や、友人へのおもてなしにもぴったり! ぜひお試しください。 Recipe 1中身がふわふわでとろけそう! 基本のフレンチトースト ホイップバター載せ「基本のフレンチトーストです。食パンを1時間ほど卵液に浸すと、中までしっかりと味がしみ込みます。焼くときは、弱火でじっくり火をとおすことが「外カリッ」「中フワッ」の絶品に仕上げるコツです」(島さん) 材料(1人分)●ホイップバターバター…20gホイップクリーム…大さじ1.5(生クリーム15ml分) ●フレンチトースト<卵液>牛乳…50ml卵…1個砂糖…小さじ1.5塩…少々 食パン…1枚バター…5g粉糖…適量メープルシロップ…適量 つくり方●ホイップバター(1)バターを室温に戻した後、ボウルに入れて形がなくなるまで練る。(2)(1)のボウルにホイップクリームを加え、泡だて器もしくはハンドミキサーで混ぜる。ふんわりした状態になったら完成。使うまで冷蔵庫で冷やす。 ●フレンチトースト(1)卵液の材料をボウルに入れ、泡だて器で混ぜる。(2)バットに食パンと(1)の卵液を入れ、1時間ほど浸す(時間を短縮したいときは、途中でパンを裏返す。冷蔵庫でひと晩浸してもOK)。(3)フライパンでバターを温め、(2)の食パンを弱火で片面2~3分ずつ焼き、お皿にとる。(4)(3)のフレンチトーストの上にホイップバターを載せ、粉糖を振り、メープルシロップをかけたら完成。 ★Point ホイップバターは前日に準備しておく「溶けやすいため、あらかじめ冷蔵庫で冷やしておきたいホイップバターは、前日に準備しておくのがおすすめ。使用する直前に取り出してください。冷蔵庫で3日ほど日持ちするので、私はいつも多めにつくっています。トーストに載せてもおいしいですよ!」(島さん)  Recipe 2さっぱりさわやかな味がクセになる!マスカルポーネと水切りヨーグルトのオレンジフレンチトースト「水切りヨーグルトは、チーズケーキのようなまろやかな味わいです。そこにマスカルポーネチーズを加えるとコクがアップ。ジューシーなオレンジとの相性も抜群で、後を引くおいしさです。スイーツ系のフレンチトーストをさっぱりと食べたい方におすすめですよ!」(島さん) 材料(1人分)●フレンチトースト<卵液>オレンジジュース…30ml牛乳…10ml卵…1個砂糖…小さじ1.5塩…少々 バゲット…2カット分オレンジ…1/2個 ●トッピングマスカルポーネチーズ…大さじ1.5水切りヨーグルト…大さじ1.5はちみつ…小さじ1.5バター…5g粉糖…適量ミント…適量 つくり方(1)卵液の材料をボウルに入れ、泡だて器で混ぜる。(2)バットにバゲットと(1)の卵液を入れ、1時間ほど浸す(時間を短縮したいときは、途中でパンを裏返す。冷蔵庫でひと晩浸してもOK)。(3)オレンジの皮をむき、トッピングの材料を混ぜておく。(4)フライパンにバターを温め、(2)のバゲットを弱火で片面2~3分ずつ焼き、お皿にとる。(5)(4)のフレンチトーストにトッピングの材料を載せ、オレンジを盛り付ける。(6)粉糖を振り、ミントを添えたら完成。 ★Point 水切りヨーグルトは簡単手づくり!「市販品もありますが、水切りヨーグルトはコーヒードリッパーとフィルターをマグカップにセットし、そこにプレーンヨーグルトを入れるだけで簡単につくれます。冷蔵庫に入れ、3時間ほどで水が切れますよ。甘さははちみつで調節してくださいね」(島さん)  Recipe 3かわいいりんごがアクセント!紅玉のコンポート添えフレンチトースト「りんごのコンポートに、シナモンスティックを枝、ミントを葉っぱにそれぞれ見立て、かわいく盛り付けました。コンポートはりんごの食感を残すように煮ています。夏のシーズンは、りんごの代わりに桃を使うのもおすすめ。赤ワインを白ワインに変えれば同様につくれます。ワインのアルコールは飛んでしまうので、お子さんでもおいしく食べられます」(島さん) 材料(1人分)●コンポートりんご…1/2個(桃1/2個でも代用可。赤ワインを白ワインに変えると同様につくれます)赤ワイン…50mlシナモンスティック…1/2本水…100ml砂糖…50gレモン果汁…10ml ●フレンチトースト<卵液>牛乳…50ml卵…1個砂糖…小さじ1.5塩…少々 バゲット…2カット分バター…5g つくり方●コンポート(1)りんごは皮をむき、芯の部分を除く。(2)鍋に赤ワイン、シナモンスティック、水、砂糖、レモン汁を入れて弱火にかける。沸騰したらりんごを入れる。(3)弱火で15〜20分間、りんごに煮汁をスプーンでかけながら煮る。(4)りんごが透きとおったら火を止め、あら熱を取り、冷蔵庫で冷やす。 ●フレンチトースト(1)卵液の材料をボウルに入れ、泡だて器で混ぜる。(2)バットにバゲットと(1)の卵液を入れ、1時間ほど浸す(時間を短縮したいときは、途中でパンを裏返す。冷蔵庫でひと晩浸してもOK)。(3)フライパンでバターを温め、(2)のバゲットを弱火で片面2~3分ずつ焼き、お皿にとる。(4)りんご、シナモンスティック、ミントを盛り付け、粉糖を振ったら完成。 ★Point コンポートはあらかじめつくっておくと色味が鮮やかに「コンポートは、前日か半日前につくって冷やしておくと、色がぐっと増します。鮮やかな色に仕上げたいときは、ワインはライト~ミディアムボティがおすすめ。フルボディを使用すると、さらに濃く深い色が入ります」(島さん) 【次のページは】お食事系フレンチトースト Recipe 4ボリュームたっぷりのお食事系チーズフレンチトースト チリコンカン載せ「具材をたっぷり載せてもバランスのとれるラウンド食パンを使った、お食事系のフレンチトーストです。豆とひき肉をスパイシーに煮込んだチリコンカンが、マイルドなチーズとフレンチトーストにマッチします。小さいお子さんにはミートソースを使い、チーズを多めに使うといいですよ!」(島さん) 材料(1人分)●卵液牛乳…50ml卵…1個砂糖…小さじ1.5塩…少々コショウ…お好みで ラウンド食パン…2枚(他のパンでも代用可)チリコンカン(ミートソースでも代用可)…適量オリーブオイル…少々バター…少々チーズ(お好みのもの)…大さじ2パセリ…少々 つくり方(1)卵液の材料をボウルに入れて、泡だて器で混ぜる。(2)バットに食パンと(1)の卵液を入れ、1時間ほど浸す(時間を短縮したいときは、途中でパンを裏返す。冷蔵庫でひと晩浸してもOK)。(3)チリコンカンをレンジで温めておく。(4)フライパンでオリーブオイルとバターを熱し、(2)の食パンを弱火で片面2~3分ずつ焼く。焼き色がついたら、パンを一旦お皿にとる。(5)チーズをフライパンに広げたら、チーズの上に(3)のパンを載せ、再度、片面のみ焼く。チーズが溶けたら、お皿にとる。(6)温めておいたチリコンカンを盛り付け、パセリを散らしたら完成。 ★Point チリコンカンは水分を飛ばし気味にする「甘いものが苦手なパパや、たくさん食べたい育ちざかりのお子さんも満足のひと品です。辛さや具材などはお好みに合わせて調整してください。フレンチトーストに載せるときは、少し水分を飛ばしてかために仕上げたほうが、やわらかいパンとの相性がよくなります」(島さん)  Recipe 5とろけるチーズが食欲をそそる!ツナマッシュルームメルトのフレンチトースト「ツナメルトとは、ツナとチーズをミックスしたもので、アメリカではホットサンドの定番メニューです。“メルト=溶けた”という意味ですが、料理では主に、チーズの溶けた様子を表す際に使われます。今回は、そこにマッシュルームを合わせたツナマッシュルームメルトをつくり、フレンチトーストでサンドしました。ツナに絡むとろけたチーズと、マッシュルームの食感がたまりません! モチモチ感が楽しめるバタールを使うのも、おすすめです」(島さん) 材料(1人分)●フレンチトースト<卵液>牛乳…50ml卵…1個砂糖…小さじ1.5塩…少々コショウ…少々 食パン…1枚(バタール2カットでも可) ●ツナマッシュルームメルトマッシュルーム(スライスしたもの)…3個分ツナ缶(汁気を切る)…1/2缶モッツァレラチーズ シュレッドタイプ(お好みのチーズでも代用可)…適量マヨネーズ…小さじ1.5オリーブオイル…少々バター…少々パセリ…少々 つくり方●卵液(1)卵液の材料をボウルに入れ、泡だて器で混ぜる。(2)バットに半分にカットした食パンと(1)の卵液を入れ、1時間ほど浸す(時間を短縮したいときは、途中でパンを裏返す。冷蔵庫でひと晩浸してもOK)。 ●ツナマッシュルームメルト(1)フライパンにオリーブオイルとバター(分量外/各小さじ1)を熱し、スライスしたマッシュルームを炒める。(2)マッシュルームに色がついたら器にとり、ツナ、モッツァレラチーズ、マヨネーズと和える。チーズがよく混ざらない場合は、レンジで20秒ほど温め、さらに混ぜる。 ●フレンチトースト(1)フライパンにオリーブオイル、バターを熱し、卵液に1時間浸した食パンを弱火で片面2~3分ずつ焼く。(2)食パンでツナマッシュルームメルトを挟み、もう一度軽く焼き、お皿にとる。(3)パセリを添えたら完成。 ★Point モッツァレラチーズはシュレッドタイプが便利!「ツナマッシュルームメルトのチーズは、シュレッドタイプを使うと混ざりやすく溶けやすいので便利です。和えるときは、モッツァレラチーズを使うと、とろりと溶け、のびのよさを楽しめますよ」(島さん) フレンチトーストづくり最大のポイントは、卵液にパンをしっかり浸すこと。これで、自宅でも簡単にお店のような味を楽しめます。今回は、バリエーション豊かな5つのレシピをご紹介しました。ぜひ、その日の気分やシーンに合わせて、さまざまなフレンチトーストを味わってみてください! つくってくれた人島ともこさんアパレル業界を経て、現在はレストランに勤務しながら、フリーで食に関する活動をしている。高3、中1、小5という3人の男の子の母。奇をてらわない、日々の暮らしの中の「食」を中心に、食べた人が幸せになるゴハンをつくり続けている。 ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_6434/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4638/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_2365/"]

How To

いつもの味がガラリと変わる! 絶対おいしい「そうめんアレンジレシピ」5

暑くなると、食欲のない時にもつるつると食べられる、そうめんの出番が多くなります。のど越しがよいこともあって、お子さんが大好きというご家庭も多いのではないでしょうか? でも、毎回めんつゆで食べるだけでは味気なく、飽きてしまいがちですよね。そうめんはゆで時間が短く、どんな味つけにも合う食材なので、食べ方のバリエーションを増やして楽しみましょう。今回は、料理ライターの吉川愛歩さんに、夏にぴったりのそうめんアレンジレシピを教えてもらいました。 Recipe 1ハーブで異国の香りを感じるベトナム料理ボブン風スイートチリ麺「パリジャンに人気のベトナム料理・ボブンをイメージしたピリ辛そうめんです。本格的なボブンは揚げ春巻きを載せたり、ナンプラーを使ったりするのですが、今回は簡単につくれるよう、たっぷりの野菜と甘辛い牛肉でつくってみました。さっぱりしたスペアミントが味を引き締めます」(吉川さん) 材料(2人前)スイートチリソース…大さじ2レモン汁…1/2個分水…150cc牛肉…200g玉ねぎ…1/2個みりん…大さじ3しょうゆ…大さじ3レタス…3枚スペアミント…適量パクチー…適量にんじん…1/2本ピーナッツ…10粒そうめん…200g つくり方(1)ボウルに、スイートチリソースとレモン汁、水を混ぜてソースをつくる。(2)フライパンに牛肉を入れて炒め、色が変わったら取り出しておく。そのままのフライパンで玉ねぎを炒め、柔らかくなったらみりんとしょうゆで味つけする。取り出しておいた牛肉をさっと絡めて火を止める。(3)レタス、パクチー、ミントをひと口サイズにちぎり、にんじんを千切りにしておく。ピーナッツは包丁で荒く刻む。(4)そうめんをたっぷりのお湯でゆで、水でしめたら水分をしっかり切る。(5)皿に(4)を盛り、上に(2)と(3)をトッピングしたら、(1)のソースをかける。 ★Point 牛肉は炒めて色が変わったらすぐに取り出す「牛肉は炒めすぎると硬くなってしまうので、色が変わったなと思ったら、すぐ取り出しておきます。野菜に火がとおったところで再び牛肉を戻すことで、柔らかい食感のままいただけます」(吉川さん)Recipe 2キンキンに冷やしてさっぱりいただくお野菜たっぷりのミネストローネそうめん「どんな野菜でもおいしくつくれるミネストローネは、モッツァレラチーズを加えると、さっぱりした中にもコクが出ます。しっかり冷やすのがコツです」(吉川さん) 材料(2人前)ベーコン…3枚パプリカ、にんじん、いんげん、マッシュルーム、玉ねぎなど…合わせて100gトマト…大1個水…300cc塩…少々モッツァレラチーズ…50gそうめん…200g つくり方(1)鍋でベーコンを炒めたら、野菜とトマトを入れて軽く炒める。(2)水を入れて野菜に火がとおるまで煮たら、塩で味をととのえる。(3)冷蔵庫で3時間くらい冷やしておく。(4)そうめんを半分か1/4に折り、たっぷりのお湯でゆで、水でしめたら水分をしっかり切る。(5)しっかり冷えた(3)に(4)を入れ、ひと口大に切ったモッツァレラチーズを入れる。 ★Point ショートパスタをイメージして、そうめんは折って入れる「スープといっしょに、つるりと喉をとおるよう、そうめんを半分か1/4に折ります。サイズはどちらでもお好みでよいのですが、小さなお子さんには、スプーンですくって食べられるよう1/4がおすすめです」(吉川さん) Recipe 3豆乳マヨネーズとレモンでつくる“ツナマヨ”がヘルシーツナマヨ明太子麺「子どもに大人気のツマナヨを、自家製の豆乳マヨネーズでつくりました。豆乳マヨネーズはサラッとしているので、麺がしっかり絡みます」(吉川さん)  材料(2人前)豆乳…30g太白ごま油(なければ香りのない油)…50gリンゴ酢(なければ米酢)…大さじ1レモン汁…1/2個分塩…少々明太子…45gツナ…1缶そうめん…200gねぎ…適量のり…適量 つくり方(1)ボウルに、豆乳、太白ごま油、リンゴ酢、レモン汁、塩、明太子、ツナ缶を入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせておく。(2)そうめんをたっぷりのお湯でゆで、水でしめた後、水分をしっかり切ったら皿に盛る。(3)(1)のボウルに(2)を入れて、よくあえてから皿に盛り、のりとねぎを載せる。 ★Point レモン汁はたっぷりと入れる「レモン汁は、少し多いかなと感じるくらいたっぷりと絞りましょう。明太子とツナのコクがありつつも、レモンの酸味が夏に似合う、軽やかな味に仕上げてくれます」(吉川さん)  【次のページは】「納豆入りの濃厚じゃじゃ麺風」と「ゆず胡椒がピリリときいた ねぎ塩ゆず麺」 Recipe 4とろとろの肉みそが生野菜によく合う納豆とひき肉のじゃじゃ麺風「花椒(ホアジャオ)とみそを入れ、中華風に味つけした肉みそに納豆をあえました。きゅうりと白髪ねぎと肉みそをよく混ぜていただきます。辛いのがお好きな方は、ラー油をたらしてみてください」(吉川さん) 材料(2人前)ねぎ(白い部分)…10cmきゅうり…1/2本納豆…2パックみそ…大さじ3酢…大さじ2ごま…適量しょうゆ…大さじ2花椒…適量ごま油…大さじ1にんにく…適量しょうが…適量豚ひき肉…200g玉ねぎ…1/2個みりん…大さじ2酒…大さじ2そうめん…200g つくり方(1)ねぎは千切りにして水にさらしておき、きゅうりも千切りにしておく。(2)ごま油を引いたフライパンに、にんにくとしょうがを入れ、香りが立ってきたら豚ひき肉を炒める。(3)豚ひき肉の色が変わったら、玉ねぎを入れる。玉ねぎが透明になってきたら、みりんと酒を入れて強火にし、水分を飛ばす。(4)ボウルに(3)を入れて冷まし、粗熱がとれたら納豆、味噌、酢、ごま、しょうゆ、花椒を入れてあえる。(5)そうめんをたっぷりのお湯でゆで、水でしめたら水分をしっかり切ったら皿に盛る。上から(5)をかけ、(1)の白髪ねぎときゅうりを添える。 ★Point 納豆は温かくならないよう、後であえる「納豆は熱を加えると香りが立ってしまうので、ひき肉を炒めた後、ボウルに移して混ぜます。お皿に盛ったら、全部の具をよく混ぜ合わせて食べましょう」(吉川さん) Recipe 5柚子とごまの上品な香りが食欲をそそるねぎ塩柚子麺「麺に絡めたごま油の香りと柚子胡椒の辛味、ねぎのシャキシャキ感がマッチした麺です。柚子胡椒の種類によって辛さや香りに差があるので、お好みのものを見つけてください」(吉川さん) 材料(2人前)ごま油(炒める際に使用)…大さじ1ねぎ(白い部分)…1本分柚子胡椒…小さじ1塩…少々そうめん…200gごま油(麺用)…大さじ2三つ葉…少々ごま…適量 つくり方(1)ごま油を引いたフライパンで、みじん切りしたねぎを炒め、柚子胡椒と塩で味つけする。(2)そうめんをたっぷりのお湯でゆで、水でしめたら水分をしっかり切る。ボウルにそうめんを移したら、ごま油を入れてあえる。(3)そうめんを皿に盛ったら(1)を載せ、三つ葉で飾ってごまを振る。 ★Point そうめんにごま油を絡めておく「ゆでたそうめんにごま油を絡めておくと、麺がくっつきにくくなります。ごま油の香りがふわっと感じられて香ばしく、食欲をそそります」(吉川さん)  何種類もの楽しみ方を味わえるそうめんは、ランチや夕飯にはもちろん、夜食や子どものおやつにもぴったり。常備しておくのがおすすめです。 教えてくれた人吉川愛歩さんライターときどき料理人。10歳女子と 2歳男子の母。書籍や雑誌、Webなどで執筆する傍ら、子どものアレルギーをとおしてグルテンフリーやヴィーガンの知識を学び、カラダにやさしいレシピ考案やケータリングをしている。 ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_2744/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1874/"]

natsuyasai

How To

「夏野菜」を使った絶対おいしい簡単おかず5

蒸し暑い日が続くと、身体が疲れ気味になり、食欲不振に陥りがち。そんなときは、カラフルでみずみずしい「夏野菜」を使った料理でエネルギーチャージし、夏バテを吹き飛ばしませんか?あまり料理が得意でない人にもなじみのある夏野菜。カロチン、ビタミンC、ビタミンEなどを多く含む野菜が多く、夏バテ解消に効果があるとされています。温室栽培などで季節に関係なく食べられるものも多いのですが、やはり太陽の光をいっぱい浴びた旬の時期に食べるのが一番です。そこで今回は、料理研究家の髙橋千帆さんに、簡単な上に、味だけでなく見た目からも元気をもらえそうな夏野菜おかずのレシピを教えてもらいました。 Recipe 110分で完成! ビールのおともにスパイシー台湾枝豆「これからの季節、ビールのおつまみに欠かせないのが枝豆。ママパパ向けには香辛料をしっかり効かせ、スパイシーな味つけに。ひと口食べたらもう止まらないピリ辛な枝豆は、ヤミツキになるおつまみです。​お子さんといっしょに食べるときは、​熱したごま油ににんにくを入れ、香りが出てきたらスパイスを入れず、枝豆を和えてみてください。これもおいしく仕上がりますよ。茹でる前に枝豆の両端を切っておけば、味がしみやすくなります」(髙橋さん) 材料(2~3人分)枝豆……200g塩……大さじ3弱ごま油……大さじ2にんにく(すりおろしたもの)……小さじ2とうがらし(タネを抜いたもの)……1本黒コショウ……小さじ2花椒(ホアジャオ)または五香粉(ウーシャンフェン)……小さじ2 つくり方(1)枝豆を枝から外し、キッチンバサミで両端のヘタを切る。(2)枝豆をボウルに入れて大さじ1の塩をまぶし、塩もみする。すり合わせ、もむことでうぶ毛がとれる。(3)お湯1リットルを沸かし、そこに残りの塩と(2)を入れ、4分前後茹でる。豆の大きさによって茹で加減が変わるので、途中で味見をし、お好みの硬さに茹でる。(4)(3)をざるにあけ、あら熱をとる。(5)フライパンにごま油、にんにく、とうがらしを入れ、弱火でじっくり香りを出すように炒める。(6)(5)の香りが出てきたら火を止め、(4)と黒コショウ、花椒を入れて和える。 ◎三菱レンジグリル「ZITANG(ジタング)」を使用する場合のつくり方(1)枝豆を枝から外し、キッチンバサミで両端のヘタを切る。(2)枝豆をボウルに入れて大さじ1の塩をまぶし、塩もみする。すり合わせ、もむことでうぶ毛がとれるので、一度水で流す。(3)(2)に大さじ2/3の塩をまぶし、30ccの水とともに耐熱皿(オーブン使用可のもの)に入れてラップをし、600Wで3分間加熱する。(4)ごま油ににんにく、小口切りにしたとうがらし、黒コショウ、花椒を混ぜたものを(3)にかけ、混ぜ合わせる。(5)ラップはかけず、ZITANG(ジタング)の『レンジグリル』自動で[仕上がり(レベル)]を3にし、スタートボタンを押して焼く。※ZITANG(ジタング)を使用すると、ワンボタンで手間のかかる“味つけ焼き枝豆”をつくれます。“​焼く”工程が入ることで香ばしさが出て甘みも増すので、さらにおいしく仕上がります。  ★Point にんにく、とうがらし、スパイスは加熱しすぎないように「にんにく、とうがらし、スパイスを炒めすぎて焦がすと辛くなってしまうので、チリチリという音がし、香りが出てきたらすぐに火を止めましょう」(髙橋さん) Recipe 2彩りの美しさとピリ辛タレが食欲をそそるよだれ鶏のピリ辛夏野菜サラダ「花椒が入って少しピリッと感じる黒酢ベースのドレッシングで、野菜をもりもり食べられます。​パクチーをたっぷり載せてもいいですし、つるつるした春雨もドレッシングに合いますよ! 辛いのが苦手な方やお子さんには​、​花椒を抜き、ラー油をごま油に代えてつくってみてください。さっぱりとした中華ドレッシングになります。茹で鶏は余熱でゆっくり火をとおすとパサつきがなく、ふっくら仕上がっておいしいです。また、鶏肉の茹で汁は、塩などで調味することで立派なスープになりますよ」(髙橋さん) 材料(3〜4人分)<茹で鶏>鶏胸肉……1枚鶏ガラスープ(顆粒を湯で溶かし冷ましておく)……400mlしょうが(薄切りのもの)……1枚 <ドレッシング>ごま油……10mlしょうが(すりおろしたもの)……小さじ1にんにく(すりおろしたもの)……小さじ1 <A>すりごま……大さじ1花椒……小さじ1砂糖……大さじ1/2しょうゆ……大さじ1弱黒酢(米酢でも可)……20mlラー油……小さじ2茹で鶏のスープ……20ml塩……ひとつまみ <サラダの材料>きゅうり……1本トマト……1個ベビーリーフ(お好みの野菜でも代用可)……ふたつかみフリルレタス(お好みの野菜でも代用可)……3枚パクチー……お好みでピーナッツ(砕いたもの)……10粒 つくり方(1)鶏胸肉をまな板に置き、まな板と水平に包丁を入れて2枚にする。(2)鍋に、冷ましておいた鶏ガラスープ、(1)の鶏肉、しょうがを入れ、弱〜中火で火にかける。アクが出てきたら取り除く。(3)沸騰したらすぐに火を止め、そのまま冷めるまで置いておく。(4)あら熱がとれたら保存容器に移し、冷蔵庫で2〜3時間ほど冷やせば、茹で鶏の完成。(5)<ドレッシング>をつくる。フライパンにごま油、しょうが、にんにくを入れ、弱火で加熱する。香りが出たら火を止める。(6)(5)に<A>を加えて混ぜ合わせる。(7)(4)の茹で鶏を食べやすいよう薄くスライスする。(8)きゅうりは細切り、トマトは薄切り、葉物野菜は食べやすい大きさにせん切りする。(9)器に<サラダの材料>、茹で鶏を盛りつけ、ドレッシングをかける。最後にピーナッツを散らす。 ★Point 鶏胸肉は余熱で火をとおす「鶏胸肉は、強火で一気に火を入れたり、加熱時間が長すぎたりすると、どんどん固くなってしまいます。余熱でゆっくり火をとおし、ふっくら仕上げましょう。この茹で鶏は、バンバンジーや冷やし中華など、いろいろな料理にも使えて便利ですよ」(髙橋さん)  【次のページは】パリパリ食感がたまらない!「夏野菜の春巻き」Recipe 3子どももハマるパリパリ食感! ズッキーニとベーコンのスティック春巻き「ジューシーなズッキーニと塩気のあるベーコンを春巻きの皮で包んで焼くと、皮がパリパリッとして、スナック感覚で食べられるひと品に。ほんのり効かせたカレー風味が食欲をそそり、子どもウケも抜群です。大人向けには、カレー粉の代わりにコリアンダーとクミンパウダーを半々にブレンドしたものを小さじ1弱ほど入れると、エキゾチックでスパイシーな味わいになります」(髙橋さん) 材料(4人分)ズッキーニ……1本(縦に半分ずつカットを繰り返し、細長く8本に切り分ける)春巻きの皮……4枚(半分ずつにカットし、長方形8枚に切り分ける)ベーコン……8枚塩……小さじ2カレー粉……小さじ1/2小麦粉(のりづけ用)……適量オリーブオイル……適量レモン(薄切りのもの)……お好みで つくり方(1)ズッキーニに塩をふって少し置き、出てきた水分をキッチンペーパーでふき取る。(2)春巻きの皮を横長に置き、手前にベーコン、ズッキーニを載せてカレー粉を振りかける。(3)くるくると手前から奥へと巻き、終わりの部分に、小麦粉に少量の水(分量外)を入れてつくったのりを塗り、しっかり留めてスティック状にする。(4)(3)の表面にオリーブオイルを薄く塗る。(5)220℃に余熱したオーブンで10分ほど、きれいなきつね色になるまで焼く。(6)焼けたスティックを半分に切り、器に盛る。お好みでレモンを添えれば完成。 ★Point 焼く前にオリーブオイルを吹きかける「こんがりキツネ色の焼き色を出し、仕上がりをパリッとさせるために、焼く前に皮の表面にオリーブオイルを塗っておきます。オリーブオイルはスプレータイプのオイルボトルで吹きかけると、まんべんなく塗れます。スプレータイプのボトルがない場合は、ハケで塗るほか、オイルをしみ込ませたキッチンペーパーで塗るのもOK。​油が多すぎると焦げやすくなり、少なすぎるとおいしそうな焼き色がつきにくいので、オイルを薄く伸ばすくらいの感覚で、適量を均等に塗るのがコツです」(髙橋さん) Recipe 4キンキンに冷やした茹で野菜で食がすすむ!さっぱり夏サラダジャージャー麺「暑い時期は食欲が落ちてしまいがち。​そんなときは、サラダ感覚でつるっと食べられるジャージャー麺でスタミナをつけましょう。野菜は苦手というお子さんも多いかもしれませんが、ピーマンは軽く茹でると苦味や青臭さが抜け、冷蔵庫でキリッと冷やすことでさらに食べやすくなります。刻んだらっきょうのシャキシャキした食感や、甘酸っぱい味のアクセントも楽しめるひと皿です。ニラがたっぷりの肉みそは、ごはんのお供としてもおすすめです」(髙橋さん) 材料(2人分)パプリカ……1/2個ピーマン……2個ミニトマト……2個らっきょうの甘酢漬け……10粒 <A>らっきょうの甘酢漬けの汁……大さじ1米酢……小さじ1塩……ひとつまみ <肉みそ>油(お好みのもの)……大さじ2しょうが(すりおろしたもの)……小さじ2豚ひき肉……160g酒……大さじ1ニラ……2〜3本 <B>片栗粉……小さじ2〜3湯……80ml甜麺醤(テンメンジャン)……大さじ1みそ……大さじ1しょうゆ……小さじ2 中華麺……2人分 <トッピング>穂しそ(しその葉でも代用可)……お好みで つくり方(1)パプリカ、ピーマンを細切りにし、20〜30秒氷水か冷蔵庫でしっかり冷やしておく。ミニトマトとらっきょうは、お好みの大きさに切る。(2)(1)のパプリカ、ピーマン、らっきょうと<A>を混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やす。(3)肉みそをつくる。フライパンに油としょうがを入れ、弱火で炒める。香りが出てきたらひき肉を加えて炒める。肉の色が変わったら、酒を入れて炒める。(4)<B>を混ぜ合わせる。ボウルに片栗粉を入れ、湯で少しずつのばし、甜麺醤、みそ、しょうゆを入れて混ぜ合わせる。(5)(3)に(4)を入れ、とろみがつくまで煮込む。とろみがついたら火を止め、あらみじん切りにしたニラを加えて混ぜれば、肉みその完成。(6)中華麺を茹でる。茹でたら冷たい水(できれば氷水)でしっかり冷やす。(7)冷やした麺に(5)(2)の順で盛りつけ、お好みで穂しそを散らす。 ★Point 野菜や麺は冷やしておく「茹でた野菜や麺はしっかり冷やすことで、のどごしがよくなります。また、野菜は茹でることで生野菜より量を多く食べられます。パプリカ、トマトなどの夏野菜は、色が鮮やかで、華やかなひと皿に仕上がりますよ」(髙橋さん) Recipe 5汗をかきながら食べたい!薬味たっぷり夏野菜のドライカレー「暑さを吹き飛ばす料理といえばカレー。今回は、たっぷりの​しょうがを使うことで、発汗を促す一品に仕上げました。水を使わずトマトの栄養をまるごと摂れるのも魅力です。暑い中、汗をかきながらでも食べたいドライカレーです。​お子さんでも食べられる辛さのレシピですが、気になる場合は​カレー粉の量を減らすなどして、お好みの辛さに調整してください。ターメリックライスは、特に味をつけずシンプルに仕上げます。色が美しく食欲をそそります。もちろん、白いごはんでもおいしく食べられますよ」(髙橋さん) 材料(4人分)<ターメリックライス>米……2合ターメリック……小さじ2酒……小さじ2 <ドライカレー>玉ねぎ(中)……2個トマト(中)……2個なす……2個オクラ……4本サラダ油……大さじ3〜4しょうが(すりおろしたもの)……大さじ2/3にんにく(すりおろしたもの)……大さじ2/3塩……ふたつまみ牛豚合びき肉(または牛ひき肉)……360g酒……大さじ4 <A>ケチャップ……大さじ2/3ウスターソース……大さじ2/3鶏ガラスープの素(顆粒)……大さじ1はちみつ……大さじ2/3しょうゆ……大さじ2/3カレー粉……大さじ2塩……少々 <トッピング>万能ねぎ(小口切りしたもの)……お好みでパクチー……お好みでレーズン……お好みで つくり方(1)ターメリックライスをつくる。炊飯器の釜に、といた米、ターメリック、酒、通常の分量の水を入れ、炊飯器にセットする。通常モードで炊けば完成。(2)ドライカレーをつくる。玉ねぎはみじん切り、トマトはあらみじん切り、なすは大きめの乱切りにする。オクラは塩(分量外)で板ずりしてうぶ毛を取り、軽く下茹でする。(3)鍋に油の半分と、しょうが、にんにく、玉ねぎ、塩ひとつまみを入れ、弱〜中火で火にかけ、玉ねぎがしんなりするまで炒める。(4)(3)になすを入れて炒める。なすの表面がしんなりしてきたら、一度ボウルにすべて移す。(5)空になった鍋に残りの油を入れて再び火にかけ、ひき肉と塩ひとつまみを入れて炒める。途中、酒も入れ、肉の色が変わるまで炒める。(6)(5)にトマトと(4)を加えて混ぜ合わせ、トマトの形が崩れるまで炒める。(7)(6)に<A>を入れ、10〜15分ほど煮詰め、塩で味を調える。(8)(7)に下茹でしたオクラを加えて和えれば、ドライカレーの完成。(9)器にターメリックライスを盛り、その上にドライカレーをかけ、ねぎやパクチー、レーズンなどをお好みでトッピングすれば完成。 ◎三菱レンジグリル「ZITANG(ジタング)」を使用する場合のつくり方(1)ターメリックライスをつくる。炊飯器の釜に、といだ米、ターメリック、酒、通常の分量の水を入れ、炊飯器にセットする。通常のモードで炊けば完成。(2)ドライカレーをつくる。玉ねぎはみじん切り、トマトはあらみじん切り、なすは大きめの乱切りにする。オクラは塩(分量外)で板ずりしてうぶ毛を取り、軽く下茹でする。(3)耐熱皿(オーブン使用可のもの)に<ドライカレー>すべての材料を入れる。(4)スプーンなどで均一になるよう材料を混ぜる。なすが水分に浸かっている状態にする。(5)『レンジグリル』の『手動』で、レンジ8分、グリル10分に設定し、スタートボタンを押す。レンジの途中で一度混ぜ、お肉をほぐす。加熱し終わればドライカレーの完成。(6)器にターメリックライスを盛り、その上にドライカレーをかけ、ねぎやパクチー、レーズンなどをお好みでトッピングすれば完成。※さらにヘルシーに仕上げたい場合は、油なし(材料の油以外の食材のみ)でもつくれます。トマトの水分だけで仕上げるヘルシーカレーです。※グリル調理が残り1〜2分になったときに、とろけるタイプのチーズを加えると「焼きカレー風」に。ZITANG(ジタング)ならではの応用の利いた調理を楽しめます。 ★Point なすとオクラは大きめにカットする「なすとオクラは、少し大きめにカットします。そうすることで、野菜の食感や見た目の存在感が出て、食べごたえがあるひと皿になります。野菜嫌いのお子さんには、野菜を細かくカットして軽く煮込みましょう。なすやトマトがトロトロに溶けて食べやすくなります。オクラは茹ですぎると色が悪くなるので、軽く茹でた後、カレーに加えてその余熱で火をとおします」(髙橋さん) 夏野菜を使った料理はどれも色鮮やかで、見ているだけで元気が出てきますよね。身体が疲れ気味のときは野菜をたくさん食べ、暑い季節をうまく乗り越えていきましょう。 教えてくれた人髙橋千帆さん料理研究家。1980年、北海道生まれ。2女の母。調理、菓子の学校を卒業し、ベーカリー、パティスリー、カフェ、紅茶専門店など、さまざまな菓子と料理の経験を重ねる。2007年より、インターネット販売、店舗PR用の菓子製作など、菓子を中心とした活動に従事。その後、出産、子育てを経て、菓子、料理に関わる活動を再スタート。現在は、料理家たかはしよしこ氏の「エジプト塩」スタッフとしても活躍。「季節を食べることを楽しみたい」「家族の『おいしい!』が聞きたい」をモットーに、日々おいしい料理を研究中。 [Instagram] @this_is_chihotakahashi ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_2744/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4801/"]

granola

How To

好きな材料でつくる「自家製グラノーラ」と簡単おやつ

忙しい朝やあまり食欲のない日の栄養補給から、子どものおやつまで重宝するシリアル食品の“グラノーラ”。そもそもグラノーラとは、オートミールと好みのナッツやドライフルーツを合わせて焼き上げたもので、コーンフレークのように牛乳をかけて朝食にいただくのが一般的です。市販のものもたくさん売られていますが、実は“混ぜてオーブンで焼くだけ”という簡単な工程で、自家製のグラノーラがつくれるのです。自家製なら、甘みを調節できたり、好きな材料を入れられたりとアレンジが効くので、好みの味に仕上げることができます。ここでは、基本となるグラノーラのつくり方と、基本のグラノーラを使ったアレンジおやつを、料理ライターの吉川愛歩さんに教えてもらいました。 Recipe 1まずはベーシックなものから!基本のグラノーラ「わが家では、ビンいっぱいにこのグラノーラをつくり置きしています。朝食はもちろん、おやつや小腹がすいたときに食べたり、友人が来たときのおみやげにしたりすることもあります。かぼちゃやさつまいもの煮物にパラパラとかけて食べるのもお気に入りです」(吉川さん)材料(つくりやすい分量)くるみ…50gアーモンド…50gドライフルーツ(いちじくやレーズンなど)…90gオートミール…150g ココナッツオイル…30gメープルシロップ…30g ★Point 1 材料は好みに合わせて選ぶ「私がよく使う材料は、(写真左上から時計回りに)いちじく、パンプキンシード、クコの実、なつめ、レーズン、チアシードです。キヌアやライスパフ、オレンジピール、カカオニブ、チョコレートなどを加えると、また違った風味を味わえます」(吉川さん) つくり方(1)くるみ、アーモンド、ドライフルーツは細かく刻んでおく。(2)オートミールとくるみ、アーモンドをボウルに入れ、液状に溶かしたココナッツオイルとメープルシロップをかけてよくなじむまで混ぜる。(3)天板にクッキングシートを敷き(2)を平らにならす。(4)三菱電機のレンジグリル「ZITANG(ジタング)」の設定を、[オーブン][予熱なし]170℃にし、35〜40分間焼く。焼きはじめて20分たったら、一度、扉を開けて、フライ返しで天地を返すように混ぜる。(5)きつね色にこんがり焼けたら、そのままあら熱をとる。(6)冷めたらドライフルーツを混ぜる。 ★Point 2 丁寧にしっかりと混ぜる「混ぜているうちに、オートミールがオイルとメープルシロップをしっかり吸って、しんなりとしてきます。へらで押しつけながら浸透させてから焼くことで、ザクッとした歯ごたえに仕上がります」(吉川さん) ★Point 3 きつね色になるまで焼き上げる「オーブンによって加熱時間は異なりますが、しっかりときつね色になるまで焼いてください。くるみやアーモンドが香ばしくなりますよ」(吉川さん) 焼き上がったグラノーラを保存する場合は、必ずしっかりと冷めた後に、ビンやタッパーなどの保存容器にシリカゲル(乾燥剤)といっしょに入れます。2〜3週間をめどに食べきりましょう。  Recipe 2基本のグラノーラでつくるすぐに食べられる栄養補助おやつスパイシーグラノーラバー「きな粉も入った腹持ちのいいバーです。バッグのなかに忍ばせておくと、子どもが『お腹空いたー!』とぐずったときでも、すぐ口に入れてあげられ、口さみしいときにも満足感を得られます」(吉川さん) 材料(天板1枚分)基本のグラノーラ…150gきな粉…50g豆乳…50gココナッツオイル…大さじ2スパイス(ナツメグ、シナモン、カルダモン)…各2g塩…小さじ1 つくり方(1)材料を手で押さえつけるように、すべてボウルのなかで混ぜる。(2)天板にクッキングシートを敷き、(1)を平らにつぶしながら広げる。しっかり固まるように、すき間をあけない。(3) ZITANGの設定を、[オーブン][予熱なし]180℃にして15分間焼き、天板に置いたままあら熱をとる。 ★Point 生地をまとめるように混ぜる「ぼろぼろしないよう、まとまってひとつの生地になるように混ぜていきます。うまくまとまらない場合は、様子を見ながら豆乳を小さじ1ずつ足してみてください」(吉川さん)  Recipe 3基本のグラノーラでつくるお腹にしっかりたまるおやつコーヒーゼリーと煮豆のパフェ「甘さ控えめで、ティラミスのような風味の、ちょっぴり大人の香りがするおやつです。すべての層が一度に味わえるよう、長いスプーンで下まですくって食べてみてください」(吉川さん) 材料(つくりやすい分量)濃いめに淹れたコーヒー…200cc粉ゼラチン…5g マスカルポーネチーズ…大さじ2ヨーグルト…大さじ2てんさい糖…大さじ1(マスカルポーネ用) お好みの豆(緑豆、レンズ豆、うずら豆など)…50gてんさい糖…大さじ2(煮豆用)塩…小さじ1 基本のグラノーラ…50g飾りのいちご、ミント…適量 つくり方(1)熱いコーヒーに粉ゼラチンを入れたら、泡立て器でよく混ぜて溶かし、タッパーなどに入れてゼリーをつくる。あら熱がとれたら、冷蔵庫で固まるまで1時間ほど冷やす。(2)マスカルポーネチーズとヨーグルト、てんさい糖を合わせて混ぜておく。(3)豆は柔らかくなるまで煮て、煮豆用のてんさい糖と塩で味つけし、水気を飛ばしておく。(4)パフェグラスに、グラノーラ、(1)、(2)、(3)の順に盛りつけ、グラノーラとフルーツ、ミントを飾る。 ★Point ゼリーとマスカルポーネの層は厚みを持たせる「水分のないグラノーラをたくさん入れてしまうと、カサカサした食べづらいパフェになってしまいます。ゼリーとマスカルポーネをたっぷり入れることで、しっとりとし、のどごしがよくなります」(吉川さん) 見た目よりもずっと手軽につくれるグラノーラは、入れる具材によって味わいが変わります。いろいろな食材を使い、好みの味を見つけてください。  教えてくれた人吉川愛歩さんライターときどき料理人。2歳男の子と10歳女の子のママ。書籍や雑誌、Webなどで執筆するかたわら、子どものアレルギーを通じてグルテンフリーやヴィーガンを学び、カラダにやさしいレシピ考案やケータリングをしている。   【参考リンク】三菱レンジグリル「ZITANG(ジタング)」 http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/rangegrill/ ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_6139/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4928/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4593/"]