How To

NEW

簡単!おいしい!! ヘルシー!!! おうちで子どもと食べたい「手づくりおやつレシピ」5

悪天候などが続いて家での“おうち遊び”に退屈してきたら、親子でおやつづくりをしてみませんか? 子どもにとって料理のお手伝いは、特別なことに感じるようです。ぜひ張り切ってお手伝いしてもらいながら、おいしいおやつづくり体験をさせてあげましょう。いつも自宅に常備しているような、手軽な材料でつくれるおやつを考えてくれたのは、料理ライターの吉川愛歩さん。どれもカラダにやさしい、自然な甘さのおやつレシピばかりです。  Recipe 1野菜を使ったヘルシーおやつにんじんしょうがジャムの豆乳葛プリン「葛粉でつくったプリンは、もったりと濃厚なクリームのよう。にんじんしょうがジャムのさわやかな甘さと相まって口溶けがいいので、わが家の子どもたちも大好きなおやつです」(吉川さん) 材料(6個分)<葛プリン>豆乳…500cc本葛粉…30g甜菜(てんさい)糖…30gバニラオイル…数滴 <にんじんしょうがジャム>にんじん…中1本(100g)しょうが…小さじ1甜菜糖…30gバルサミコ酢…小さじ1/2レモン汁…少々 つくり方(1)鍋に豆乳と葛粉を入れたらダマがなくなるまでよくつぶし、混ぜて溶かす(まだ火にはかけません)。(2)(1)に甜菜糖とバニラオイルを加えて混ぜ、中火にかける。へらでかき混ぜながら加熱し、とろりと重たくなってきたら火を止め、すぐにビンへ流し込む。(3)あら熱をとり、冷蔵庫で1時間ほど冷やす。(4)ひと口大に切ったにんじんを柔らかくなるまで煮て、ブレンダーなどでマッシュする。(5)(4)にしょうが、甜菜糖を入れ、中火で煮詰める。水分が飛んだら、バルサミコ酢とレモン汁を加えてひと煮立ちさせ、火をとめてあら熱をとり、冷蔵庫で1時間ほど冷やす。(6)冷え固まった(3)の上に(5)をかける。 ★Point 本葛粉をつかう「“葛粉”として売られていても、実はコーンスターチやサツマイモでんぷんなどを混ぜ合わせたものがあるので注意。ここでは“本葛粉”を使います。本葛はカラダを温める作用があるといわれていて、古くから民間療法でも活用されている食材なんですよ」(吉川さん) 【次のページは】子どもといっしょにデコれる「自家製グラノーラとフルーツのタルト」Recipe 2子どもといっしょにデコレーション!自家製グラノーラとフルーツのタルト「市販のグラノーラを使うと手軽につくれますが、実は家庭でもとても簡単につくれるので、今回は自家製グラノーラづくりにチャレンジしてみてください。わが家では、一度に1kgくらいつくって保存ビンに入れておき、牛乳をかけて朝食にしたり、アイスクリームやヨーグルトにかけておやつにしたりしています」(吉川さん) 材料(10個分)ココナッツオイル(または植物性オイル)…大さじ2オートミール…170g好みのナッツやドライフルーツ…30g甜菜糖…大さじ1はちみつ(またはメープルシロップなど液状の甘味料)…35gヨーグルト(水切りしておく)…適量好みのフルーツ…適量 つくり方(1)ココナッツオイルをひいたフライパンでオートミールとナッツを炒る。こんがりときつね色になってきたら、甜菜糖をまぶして火を止める。(2)ボウルに(1)とはちみつを入れ、押しつけるようにしながら、しっとりするまで混ぜる。(3)オーブンを180℃に予熱する。(4)(2)の生地を大さじ1程度ずつマフィン型に入れ、スプーンで押しつけながらぎゅっと平らになるようにならす。(5)180℃のオーブンで20分間焼き、取り出した後はあら熱がとれるまで型から外さずに置いておく。(6)冷めたら、上にヨーグルトやフルーツを盛りつける。載せたものの水分でタルト台が壊れやすくなるので、食べる直前に盛りつける。 ★Point しっかりとスプーンで押す「すき間があると割れやすくなるので、グラノーラを強く押さえつけながら型に入れていきます。今回はマフィン型を使いましたが、いろいろな形でつくれるのもこのレシピの魅力です」(吉川さん) 【次のページは】ほんのりカレー味の「さつまいもとクコの実のスパイシー緑豆湯」Recipe 3ほんのりカレー味でカラダの芯から温まる!さつまいもとクコの実のスパイシー緑豆湯「台湾でよく見かける緑豆のおしるこは、小豆のものよりもさらっとしていて、どんな食材にも合います。暑い季節にはよく冷やして食べるのもおすすめです」(吉川さん)  材料(3人分)緑豆…50g水…300cc甜菜糖…20g塩…少々カレー粉…小さじ1/4シナモンパウダー…小さじ1クコの実…20gくるみ…適量さつまいも(ひと口大に切ってゆでたもの)…適量白玉…適量 つくり方(1)緑豆をたっぷりの水で煮る。沸騰したら一度ゆでこぼし、水300ccを加えて緑豆が柔らかくなるまで煮る。(2)甜菜糖、塩、カレー粉、シナモンパウダー、クコの実、くるみを入れてひと煮立ちさせる。(3)器にさつまいもと白玉を入れ、(2)をおつゆごと注ぐ。 ★Point 緑豆は一度ゆでこぼすとアクや苦味がなくなります「緑豆は一度ゆでこぼして、アクを取り除きます。また、緑豆は前の日から浸水しなくても、あっという間に柔らかく煮ることができるので、おやつだけでなく、お肉と煮込んだりスープに入れたりと万能な食材です」(吉川さん) 【次のページは】さっぱりとした甘さの「豆乳レモンクリームのフレンチトースト」Recipe 4さっぱりとした甘さ豆乳レモンクリームのフレンチトースト「いつものフレンチトーストも、牛乳の代わりに豆乳に浸すことで、あっさりとした味わいに仕上がります。豆乳レモンクリームの上に、輪切りのレモンをはちみつに漬けておいた“レモンのはちみつ漬け”を載せるのも、わが家の定番です」(吉川さん) 材料(2人分)<豆乳レモンクリーム>豆乳ヨーグルト…150g(水切り後75g)レモン汁…小さじ4甜菜糖…小さじ3バニラオイル…適量 <フレンチトースト>豆乳…150g卵…2個甜菜糖…15gバゲット…6切れココナッツオイル(または植物性オイル)…適量  つくり方(1)ひと晩水切りをした豆乳ヨーグルトとレモン汁、甜菜糖、バニラオイルをホイッパーでよく混ぜて冷やしておく。(2)ボウルに入れた豆乳と卵、甜菜糖をよくかき混ぜて溶かしてから、バゲットを浸す。時間があるときはボウルにラップをし、そのまま冷蔵庫でひと晩寝かすと、よりしっとりする。(3)フライパンにココナッツオイルを溶かしてバゲットを焼く。両面にこんがり焼き色がついたらお皿に盛り、(1)をたっぷり載せる。 ★Point バゲットは弱めの火でじっくりと焼く「ココナッツオイルをたっぷりと入れたフライパンで『弱いかな?』と思うくらいの中火でじっくり時間をかけて焼いていきます。そうすることで、パンが吸いこんだ豆乳とたまごが中にしっかり閉じ込められ、食べたときにジュワッとおいしさがあふれます」(吉川さん) 【次のページは】標本みたいに美しい「フラワーロリポップキャンディ」Recipe 5標本みたいに美しい!フラワーロリポップキャンディ「お砂糖と水だけでつくれる、とっても簡単なべっこう飴です。きれいな透明に仕上げるため、今回は水あめを加えましたが、もちろん使わなくてもつくれますよ」(吉川さん) 材料(6本分)水あめ…20g水…大さじ3グラニュー糖…60gエディブルフラワーやフレッシュハーブなど…適量 つくり方(1)まな板などの上にベーキングシートを15cmほど敷いておく。(2)鍋に水と水あめを入れ、へらでよく混ぜて溶かす。そこにグラニュー糖を入れたら、そのまま混ぜずに中火にかける。かき混ぜたり鍋を揺すったりせずにじっと待ち、ふつふつとしてきたら弱火にする。(3)グラニュー糖が溶けていき、出ていた泡が落ち着いてきてとろりとしてきたら、火から下ろす。すぐに固まってくるので、急いでスプーンですくってベーキングシートの上に垂らし、エディブルフラワーやハーブを載せ、使い捨てのコーヒーマドラーなどを刺す。(4)5分ほどで固まる。 ★Point 花の茎を根元までとる作業は子どものお手伝いに最適「花を押し花のように平らにしておくと、液状のあめにしっかりとくっつき、薄いガラスのなかに花を閉じ込めたかのようなキャンディがつくれます。ハーブや野菜の葉っぱ、薄切りにしたフルーツなど、なんでもかわいらしく仕上がるので、いろいろと試してみるのも楽しいですよ。沸騰したあめはとても熱いので、あめに花を載せる作業はお母さんがしてあげてください」(吉川さん) 教えてくれた人吉川愛歩さんフリーライター。2歳男の子と10歳の女の子のママ。調味料や素材へのこだわりとお料理好きが高じて、お料理関連の仕事を積極的に始める。子どものアレルギーを通じて、グルテンフリーやヴィーガンを学び、カラダに負担の少ないレシピを考案している。 ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5342/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4928/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4638/"]

How To

NEW

一品で栄養満点! あったかスープレシピと、残ったスープでつくるアレンジメニュー

まだまだ寒さ厳しいこの時期は、あつあつのスープがおいしく感じられる季節! 切ってコトコト煮るだけの簡単レシピなのに、野菜をたくさん食べられるスープは、忙しいママたちのおたすけメニューです。スープとして味わった後も、ブレンダーにかけてポタージュにしたり、パスタソースにしたりとアレンジが効くので、たくさんつくっておくと重宝します。今回は、基本のスープ3点と、それを使ったアレンジメニュー3点の計6レシピを、人気料理家のtottoさんに教えてもらいました。 ・基本のスープ 1豚肉のうま味とセロリのだしがベストマッチ!豚とセロリのスープ「豚肉のうま味と風味豊かなセロリが絡み合い、さっぱりしているけれどコクのあるスープに仕上がりました。豚肉はボリュームがあるので、スープというよりもメインデッシュ感覚でいただけます。食べごたえ満点のメニューです」(tottoさん) 材料(2人分)豚肩ロース(かたまり肉)...250g塩...小さじ1/3コショウ...少々ローズマリー...1本セロリ...1/2本玉ねぎ…1/2個(100g)ニンニク...1/2かけ白ワイン(酒でも可)...大さじ1水...500mlオリーブオイル...小さじ2 つくり方(1)豚肉は2cm角に切ってポリ袋に入れ、塩、コショウ、ローズマリーを加えて30分ほどおき、下味をつける。(2)セロリは1cm幅の斜め切り、玉ねぎは1cm角に切り、ニンニクはつぶしておく。(3)鍋にオリーブオイルを温め、(1)の豚肉を入れて表面を焼きつけ、セロリ、玉ねぎ、ニンニクを加えてひと混ぜする。(4)白ワイン、水を加えてふたをし、弱火で30分ほど煮込む。 ・アレンジメニューひよこ豆とチーズをプラスしてオーブンで焼くカスレ風チーズ焼き「カスレとは、白インゲン豆とお肉をたっぷり入れて煮込んだフランスの家庭料理。豚とセロリのスープがあれば、焼き時間を含めてわずか10分ほどでできあがりますよ」 材料(1人分)豚とセロリのスープ...具材100g・スープ80mlひよこ豆(ゆでたもの)...50gとろけるタイプのチーズ...40g つくり方(1)豚とセロリのスープに、ゆでたひよこ豆を加えて10分ほど煮る。(2)耐熱容器に(1)を入れ、上にチーズを載せて200°Cのオーブン(オーブントースターでも可)で10分ほど焼き色がつくまで焼いたら完成。 【次のページは】サッと火がとおる食材でつくる「ブロッコリーとじゃがいものスープ」 ・基本のスープ 2サッと火がとおる食材でつくるブロッコリーとじゃがいものスープ「ブロッコリーとじゃがいもの組み合わせが文句なしにおいしく、栄養満点のスープです。ブロッコリーのゆで具合はお好みで。歯ごたえが残るくらい、固めにゆでてもいいですし、とろけるくらい柔らかくしてもおいしいですよ。今回はベーコンを加えてコクを出しました」(tottoさん) 材料(2人分)ブロッコリー...1/2株(200g)じゃがいも…小2個玉ねぎ...1/2個ベーコン...2枚塩...小さじ1/3コショウ…少々ローリエ...1枚水...400ml菜種油...小さじ2 つくり方(1)ブロッコリーは小房に分け、じゃがいもは皮をむいて2cm角に切り、玉ネギはみじん切り、ベーコンは1cm幅に切る。(2)鍋に菜種油を温め、ベーコン、玉ねぎ、じゃがいもを入れて、塩、コショウを振り、玉ねぎが透明になるまで弱火でよく炒める。(3)(2)にブロッコリー、ローリエ、水を入れ、弱めの中火で8分ほど煮る。 ・アレンジメニューブレンダーにかけるだけの簡単アレンジブロッコリーとじゃがいものポタージュ「残ったスープをブレンダーにかけ、牛乳か豆乳を加えるだけ。じゃがいものとろみがポタージュにぴったりです。スープをつくる段階で玉ねぎが透明になるまでよく炒めているので、やさしい甘みのポタージュスープに仕上がります」(tottoさん) 材料(1人分)ブロッコリーとじゃがいものスープ...具材100g、スープ350ml牛乳(豆乳でも可)...50ml塩...少々オリーブオイル...少々黒コショウ...少々 つくり方(1)ブロッコリーとじゃがいものスープと牛乳を、ミキサーにかける。(2)(1)を鍋に戻し温め、塩で味をととのえる。(3)器に盛った後にオリーブオイルを回しかけ、お好みで黒コショウを振る。 【次のページは】魚と野菜のだしが体にしみ入る!「根菜とたらのミネストローネ」 ・基本のスープ 3魚と野菜のだしが体にしみ入る!根菜とたらのミネストローネ「たらと香りよく炒めた根菜は、短時間煮込むだけでもうま味たっぷりのおいしいだしを取れるので、誰でも簡単に味わい深いスープをつくれます。栄養価も高いので、朝食にこれを飲めば1日頑張れそうです」(tottoさん) 材料(2人分)生たら...2切れ玉ねぎ...1/2個にんじん...1/3本れんこん...80gごぼう...50gニンニク...1/2かけトマトの水煮...100g塩...小さじ1/3コショウ...少々水...800mlオリーブオイル...大さじ1  つくり方(1)たらの切り身は4等分に切る。玉ねぎ、にんじん、れんこん、ごぼうはすべて1cm角に切る。ニンニクはみじん切りにする。(2)鍋にオリーブオイルとニンニクを入れて温め、玉ねぎ、にんじん、れんこん、ごぼうを入れて弱火で3分ほど炒める。(3)トマトの水煮、塩、コショウ、水を加え、弱めの中火で10分煮る。たらを加えてさらに弱火で6分煮る。 ・アレンジメニュースープのうま味を活かしたたらのミネストローネのピラフ「スープにうま味があるので、お塩を加えるだけでおいしいピラフの完成です。フライパンひとつで調理して、そのまま食卓に出せる手軽さもいいですね」(tottoさん) 材料(2人分)たらのミネストローネのスープ...具材100g、スープ200ml(スープが足りなければ水を加えて200mlにする)米...180g塩...少々パセリ...少々菜種油...小さじ2 つくり方(1)米を洗い、ざるに30分ほど上げておく。(2)フライパンに菜種油を温め、米を加えて炒める。(3)スープと塩を加えてひと混ぜし、具材を載せてふたをする。沸騰したら弱火で7分ほど炊き、火を止めて10分蒸らす。(4)パセリを振って完成。  つくってくれた人 totto(黄川田としえ)さん料理家・フードスタイリスト・tottorante主宰。メディアでのレシピ開発、フードスタイリング出演などをはじめ、料理講師、イベントでの出店やレセプション等のフードケータリングなど多岐にわたり活動。また、子どもの心と体をサポートする「こどもレストラン」など、家族で楽しめるワークショップを各地で開催している。著書に『tottoちゃんのかんたんdeco弁』(祥伝社)、『毎日のごはんと心地よい暮らし』(宝島社)がある。11歳の女の子と16歳の男の子のママ。[HP]https://toshiekikawada.com ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_820/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3580/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3696/"]

How To

毎日のごはんづくりがもっと楽になる! 「常備調味料」レシピ5

常備菜まではつくれなくても、調味料だけでも冷蔵庫に常備しておくと、毎日のごはんづくりが格段に楽になります。具材を切って炒め、常備調味料をかけるだけで、簡単おいしいメインディッシュが完成! 献立のバリエーションも広がる便利な常備調味料のつくり方と、それらをフル活用したおいしいメニュー5種を、ご夫婦でケータリングユニットとして活躍中の“マフィオ”のおふたりに教えてもらいました。 調味料Recipe 1炒め物など何にでも合う万能調味料コリアンダーしょうゆ「フレッシュで辛味の少ないコリアンダーは、寝かせると甘味に変化します。お子さんがいるご家庭では、青とうがらしを抜いてもOK。炒め物や煮物など、どんなおかずにも合うので、わが家には欠かせない調味料です」(マフィオ・平床政治さん) 材料(つくりやすい分量)青とうがらし…20gコリアンダー…20gしょうゆ…300ml つくり方(1)青とうがらしを細かく刻む。(2)(1)とすべての食材を容器に入れ、1週間ほど漬け込む。 「コリアンダーしょうゆ」を使ったRecipe鶏肉と大根の煮物「いつもの定番メニューを、コリアンダーしょうゆを使ってイメージチェンジ! 食べ慣れた料理が、ひと味違うこなれたエスニック風の味わいになります」(政治さん) 材料(4人分)鶏もも肉…350g大根(下ゆでする)…1/2本だし汁…200ml <A>コリアンダーしょうゆ…大さじ3甜菜糖(なければ砂糖でも代用可)…大さじ1酒…大さじ1 つくり方(1)鶏肉を食べやすい大きさに切り、油を敷いたフライパンで軽く焼き色がつくまで炒める。(2)(1)に大根を入れて軽く炒め、だし汁と<A>を入れて弱火で煮る。落としぶたをして、水分が少なくなったら完成(15分程度)。 【次のページは】アンチョビとオリーブのガーリックオイル 調味料Recipe 2材料を刻んで漬けるだけの簡単オイルアンチョビとオリーブのガーリックオイル「イタリア料理に欠かせないハーブとして知られる、オレガノを使ったオイルです。アンチョビの塩気やオリーブの風味がアクセント。あらかじめ材料を刻んでオイルに漬けておくと、料理をつくるときの手間が省けて時短につながります」(政治さん) 材料(つくりやすい分量)アンチョビ…30gオリーブ…40g赤とうがらし…1本ニンニク…大2片オリーブオイル…200ml つくり方(1)アンチョビとオリーブ、ニンニクを細かく切る。(2)オリーブオイルに(1)と赤とうがらしを入れる。 「アンチョビとオリーブのガーリックオイル」を使ったRecipeタコとオリーブのペペロンチーノ「このオイルを使うと、パスタ料理が手軽においしく仕上がります。タコは炒める前にオイルになじませておくと味が入りやすくなり、硬くなりにくいので、時間があるときはぜひ試してみてください」(政治さん) 材料(1人分)タコ…50gニンニク…1片タカノツメ…1本バジル(飾り用)…適量パスタ…100gアンチョビとオリーブのガーリックオイル…大さじ3 つくり方(1)タコを食べやすい大きさに切る。(2)フライパンにオリーブオイルを敷き、みじん切りにしたニンニクとタカノツメを炒める。香りがたったら(1)のタコ入れ、さらに炒める。(3)別の鍋でパスタをゆでる(使うパスタに表示されているゆで時間より1分早くあげる)。(4)(2)にゆで上がったパスタを入れ、アンチョビとオリーブのガーリックオイルで味つけをする。 【次のページは】ナンプラーココナッツオイル 調味料Recipe 3スピード料理にもお役立ち!ナンプラーココナッツオイル「チャーハンなどスピード勝負のメニューには、こういった調味料があると瞬時に味が決まるので便利です。ココナッツオイルの香りが苦手な人は、無香料のココナッツオイルやオリーブオイルで代用してもいいでしょう」(政治さん) 材料(つくりやすい分量)クミンシード…大さじ1ナンプラー…40gココナッツオイル…100gライム絞り汁…1/2個分 つくり方(1)材料をすべて混ぜ合わせる。 「ナンプラーココナッツオイル」を使ったRecipe豚バラ&小松菜のたまごチャーハン「ポイントは、ごはんを入れる前にしっかり具材に味つけをすること。調味料はオイル以外、塩、コショウ、しょうゆのみ。ココナッツオイルがふわりと香る、ひと味違った変わりダネのチャーハンです」(政治さん) 材料(2人分)豚バラ肉…100g卵…2個小松菜…3束ごはん…茶碗2杯分 <A>ナンプラーココナッツオイル…大さじ4塩…ひとつまみしょうゆ…大さじ1ホワイトペッパー…少々 つくり方(1)塩、コショウ(分量外)をした卵をフライパンで炒める。火が入りすぎないうちにボウルにあげる。(2)別のフライパンで豚バラ肉を炒める。火がとおってきたら小松菜を入れ、サッと炒める。(3)(2)に炒めた(1)の卵を入れ、<A>で味つけをする。具材に味がなじんだら、ごはんを入れ、全体的に絡めるよう炒め合わせる。 【次のページは】簡単自家製マヨネーズ 調味料Recipe 4添加物なしのフレッシュでヘルシーなマヨネーズ簡単自家製マヨネーズ「市販品を買ってくることが多いマヨネーズですが、手づくりだと好みの味にアレンジでき、何より新鮮でおいしい! 添加物が入っていないのでお子さんにも安心です。炒め物の隠し味として入れるのもおすすめ。コクが出て、食材の味がまとまりやすくなります」(政治さん) 材料(つくりやすい分量)卵…1個 <A>レモン汁…1/2個分パルメザンチーズ…10gピンクペッパー…10〜20粒タイム(あれば)…少々ディルシード(あれば)…少々塩…適量グレープシードオイル…200ml つくり方(1)器に卵を落とし、<A>を入れる。(2)(1)をハンドブレンダーで2~3分程度かくはんさせる。その際、ブレンダーをあまり動かさないのがポイント。(3)マヨネーズが固くなってきたらブレンダーを上下に動かし、ピンクペッパーが砕けて混ざったら完成。 「簡単自家製マヨネーズ」を使ったRecipeタラモサラダ「ポテトサラダなどでは、よく『ジャガイモがパサつくのが悩み』という話を聞きますが、マヨネーズをたっぷり入れてオリーブオイルをかけると、しっとりおいしく仕上がります。ジャガイモが温かいうちに調味料を混ぜるのがポイントです」(政治さん) 材料(3~4人分)ジャガイモ…小6個明太子…100g <B>簡単自家製マヨネーズ…大さじ4白ワインビネガー…大さじ1塩…ひとつまみオリーブオイル…大さじ1あらびきコショウ…適量 つくり方(1)ジャガイモを蒸す、もしくはゆでる。竹串がスッととおる程度になったら、すりこぎでつぶす。(2)明太子の皮をむいて中身を出す。(3)(1)のつぶしたジャガイモに(2)と<B>を入れ、よく混ぜ合わせる。 【次のページは】粒マスタードのリンゴ酢ドレッシング 調味料Recipe 5かけるだけで生野菜もおいしく食べられる粒マスタードのリンゴ酢ドレッシング「お酢よりも酸味がマイルドなリンゴ酢を使うことで、甘味のある、まろやかな味になります。生野菜のドレッシングやマリネ液として、とても重宝します」(政治さん) 材料(つくりやすい分量)粒マスタードシード…大さじ1ビール…大さじ2白ワインビネガー…大さじ1玉ねぎ(みじん切り)…小1/2個レモン汁…1個分オレガノ…少々リンゴ酢…大さじ2塩…少々黒コショウ…少々なたね油…150g  つくり方(1)材料をすべて混ぜ合わせる。 「粒マスタードのリンゴ酢ドレッシング」を使ったRecipe白身魚のマスタードマリネ「具材を切ってドレッシングをかけるだけのごちそうメニューです。彩りも美しく、テーブルが華やかになるので、パーティ料理やおもてなし料理にもおすすめです」(政治さん) 材料(2~3人分)鯛(刺身用切り身)…100gディル…少々 粒マスタードのリンゴ酢ドレッシング…適量 <A>ホワイトマッシュルーム…3〜4個ミニトマト…3〜4個 黄色パプリカ…1/2個 つくり方(1)氷水で締めた鯛の切り身を薄切りにする。<A>の材料もすべて薄くスライスする。(2)すべての具材を放射線状に盛りつける。(3)上から粒マスタードのリンゴ酢ドレッシングを適量まわしかける。最後にディルを盛りつければ完成。 調理が簡単なうえに、とっても便利な常備調味料があれば、おいしいごはんが時短で作れるので、家族も喜ぶはず! ぜひお試しください 教えてくれた人マフィオ(平床政治+asaco)平床政治とasaco、夫婦ふたりで手掛けるケータリングユニット。10歳と4歳の女の子、8歳の男の子のパパとママで5人家族。音楽家、ナレーターである政治さんの得意な料理を、モデルのasacoさんがブログで紹介したことをきっかけに、食の仕事を始めるように。誰もが手に入れられる身近な食材を使って、子どもでも食べやすい料理を生み出す。雑誌や広告のフードスタイリングのほか、ロケ弁やレセプションのケータリング業でも活躍している。 マフィオ http://mafio.jp/ ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_854/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1842/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5212/"]

How To

簡単おしゃれ! カラダにもおいしい「つぶつぶサラダ」レシピ5

キヌアやヘンプシード、雑穀など、ヘルシーな上に美容効果も期待できると人気のスーパーフード。カラダにいいとは知っているものの、どうやって毎日の食事にとり入れたらいいのか、イマイチわからない……。そんな方にオススメしたい最適なメニューがサラダです。いつものサラダレシピにスーパーフードの“つぶつぶ”を入れるだけで、食べごたえや栄養価がアップ。今回は、おいしい「つぶつぶサラダ」のレシピを、アウトドア料理研究家&フードスタイリストの高松美里さんに教えてもらいました。見た目も良く、ホームパーティにも役立つので、ぜひお試しください!  Recipe 1お湯で戻して簡単に使える!クスクスとなすのカポナータ「サラダとの相性がいいクスクスは、調理が難しい食材と思われがちですが、熱湯で戻すだけで使えるので、実はすごく調理が簡単なのです。食べたいときに食べたい分だけ戻せばいいので、手軽で便利。カポナータは普通のパスタソースとして使ってもおいしいですよ」(高松さん) 材料(2人分)クスクス…2人分(大さじ2~3で1人分程度) <カポナータの材料(つくりやすい分量)>なす(2cm角にカット)…3本玉ねぎ(みじん切り)…1/2個セロリ(みじん切り)…5cm程度トマトソース…1カップニンニク(スライス)…1片オリーブ(みじん切り)…4粒オリーブオイル…大さじ2イタリアンパセリ…適量塩・コショウ…適量 つくり方(1)鍋にオリーブオイルとニンニクを入れて熱し、香りがたったら玉ねぎ、セロリを入れて弱火でよく炒める。(2)(1)になすを入れ、全体に油がまわったらトマトソース、オリーブを入れて10分ほど煮込む。塩、コショウで味をととのえたら、カポナータは完成。(3)クスクスは、オリーブオイルと塩を少量入れた同量の熱湯をかけ、5〜7分置いてふやかす。(4)器に戻したクスクスを入れ、上からカポナータをかけてイタリアンパセリを散らす。 ★Point クスクスは熱湯でふやかしておく「クスクスは塩とオリーブオイルを入れた熱湯で戻します。カポナータをつくっている間に準備しておくと、調理がスムーズです」(高松さん) 【次のページは】雑穀パスタサラダ Recipe 2ヘンプシードナッツで栄養&食感アップ!雑穀パスタサラダ「かみごたえのあるヘンプシードナッツは食感のアクセントにもなります。普通にパスタを食べるよりも栄養バランスが良くなるので、たくさん食べても罪悪感がありません!」(高松さん) 材料(2人分)ショートパスタ…100gヘンプシードナッツ(ナッツをくだいたものでも代用可)…適量ミニトマト(半分にカット)…6〜8個ニンニク(みじん切り)…1片バジル…数枚オリーブオイル…大さじ1塩・コショウ…適量 つくり方(1)ボウルにオリーブオイルとニンニクを入れ、ミニトマト、バジル、塩、コショウをして混ぜ、香りを移しつつしばらくおいて味をなじませる(2)パスタをゆでる。ゆで上がったら水で軽く冷やす。(3)(1)のソースとゆでたパスタを混ぜ、ヘンプシードナッツを散らす。 ★Point パスタ以外の具材にしっかり味つけをする「パスタを混ぜ合わせる前に、ソースとなる食材にしっかり味をなじませておくと、全体の味がぼやけません。具材は早めに混ぜておき、最低30分は寝かせましょう」(高松さん) 【次のページは】レンズ豆と紫玉ねぎのヘルシーサラダ Recipe 3仕上げのミントでこなれた味にレンズ豆と紫玉ねぎのヘルシーサラダ「生のままで使うとからく、食べづらい玉ねぎですが、紫玉ねぎを使うとからくありません。つくってから数時間おいておくと味がなじんで、よりおいしく食べられます」(高松さん) 材料(4人分)レンズ豆…100g(約1/2カップ)紫玉ねぎ(みじん切り)…1/2個ミニトマト(ざく切り)…5個ミント…適量オリーブオイル…大さじ2バルサミコ酢…大さじ1塩・コショウ…適量 つくり方(1)レンズ豆は3倍くらいの水で13〜15分ほどゆで、ザルにあげる。(2)あら熱が取れたら、その他の材料と調味料をすべてを入れ、ボウルで混ぜ合わせる。 ★Point 仕上げにミントを載せる「すっきり爽やかなミントがアクセントになって、見た目はおしゃれに、味わいはさわやかになります」(高松さん)  【次のページは】押し麦のチョップドサラダRecipe 4たっぷり具材の大満足サラダ 押し麦のチョップドサラダ「切った野菜や具材に押し麦を混ぜるだけという手軽さながら、ボリュームのあるサラダです。具材は、冷蔵庫の残り物などでもOKです。レタスやキュウリなどよりも、食べごたえのあるブロッコリーやアスパラガスなどのほうがよくマッチします。カラフルな野菜が並ぶと彩りが良く、テーブルも華やかになりますよ」(高松さん) 材料(2人分)ブロッコリー…1/2房厚切りベーコン…50gミニトマト(半分にカット)…6個ゆで卵(くし形にカット)…1~2個分押し麦(加工済みのもの)…1パックお好みのドレッシング…適量  つくり方(1)具材はすべて食べやすい大きさにカットする。(2)加工済みの押し麦をトッピングして、好みのドレッシングをかける。 ★Point 加工済みの押し麦を使えば簡単につくれる「押し麦は、加工済みの市販品を使うのが手軽でおすすめです。押し麦のほかにも、雑穀をはじめ、最近はさまざまな加工済み穀類が販売されていますので、毎日の食事に気軽にとり入れてみてください」(高松さん) 【次のページは】ミックスキヌアのボートサラダ・カプレーゼ Recipe 5片手でパクッと食べやすいミックスキヌアのボートサラダ・カプレーゼ「チコリをボートに見立て、ミニサイズのカプレーゼにしてみました。片手で手軽に食べられるので、パーティのスターターメニューなどにもぴったり。ミックスキヌアには手に入りにくいキヌアも入っているので、便利で使いやすいですよ」(高松さん) 材料(5人分)チコリ…5枚ミニトマト(半分にカット)…5個モッツァレラチーズ(ミニサイズ)…5個ミックスキヌア…大さじ5レモン…1/4個オリーブオイル…大さじ1バルサミコ酢…適量塩・コショウ…適量 つくり方(1)チコリの上にミニトマト、手でちぎったモッツァレラチーズを載せ、ミックスキヌアを散らす。(2)仕上げにオリーブオイル、レモン、バルサミコ酢をまわしかけ、塩、コショウで味をととのえる。 ★Point モッツァレラチーズを手でちぎって載せる「このメニューは包丁を使わなくてもつくれます。手でちぎると簡単ですし、見た目もかわいくなる上に、調味料がしみ込みやすくなります」(高松さん)  つくってくれた人高松美里さんアウトドア料理研究家&フードスタイリスト。7歳の女の子、5歳の男の子のママ。ヘアサロンのトップスタイリストを経て、出産後、現職に転身。アウトドアブランドとコラボした料理企画をはじめ、雑誌、Web、広告、イベントのフードスタイリング、執筆など、幅広く活躍中。料理のほかDIYも得意で、インテリア関連の仕事もこなす。週末は季節を問わず、家族でキャンプを楽しむのが定番スタイル。[HP]http://bluekitchen.jp  [Instagram]@misatotakamatsu  ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3696/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_545/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1859/"]

How To

揚げパン、ソフト麺、フルーツポンチ……ママ&パパ世代の人気給食メニューをつくってみた!

ママやパパが小学生の頃、大好きだった給食メニューは何? パルシステムが行った「小学生の子どもを持つ30〜49歳の母親1,000人へのリサーチ」(※) によると、「自分がもう一度食べたいと思う学校給食のメニュー」第1位は揚げパンでした。そして、2位がソフト麺、3位がカレーライスという結果に。そこで、ここでは親世代が子どもの頃、人気だった給食メニュー5品を、フードコーディネーターの平田万里子さんに再現してもらいました。小学校時代を思い出す、なつかしい味をお楽しみください。※「学校給食に関する調査2013」(アンケート期間:2013年9月20日〜26日/対象:小学生の子どもを持つ30歳〜49歳の母親1,000人/方法:インターネットリサーチ) Resipe 1 現代の小学生の間でも人気!揚げパン「コッペパンを油で揚げ、砂糖をまぶした揚げパン。給食に甘いお菓子のようなパンが出てくるのですから、それは盛り上がりますよね。揚げパンのトッピングは、砂糖のみ、きなこ味、ココア味などがあるようです。ここでは特に人気の高い、きなこ味をご紹介します」(平田さん) 材料(4人分)コッペパン…4本揚げ油…適量 <トッピング>きなこ…大さじ5砂糖…大さじ5塩…少々 つくり方(1)<トッピング>の材料を平たいバットに入れて混ぜ合わせる。(2)180°Cに熱した揚げ油にコッペパンを入れ、菜箸で転がしながら30秒ほど揚げる。(3)揚げたコッペパンを(1)のバットに入れ、熱いうちに<トッピング>の材料をからませれば完成。 ★Point 熱いうちにトッピングの粉をまぶす「揚げてから時間が経ってしまうと、トッピングの粉が絡みにくくなるので、できるだけすぐに作業してください。また、揚げたてのコッペパンは熱いので、スプーンを使ってトッピングをふりかけ、少し冷めてから手を使い、全体の粉をはたくようにするとよいでしょう」(平田さん) 【次のページは】食べ方に性格が出ちゃう!「ソフト麺 ミートソース味」Recipe 2 食べ方に性格が出ちゃう!ソフト麺 ミートソース味「うどんのような、パスタのような、でもどちらでもないような、不思議な食感のソフト麺。その食べ方は、袋の上から指で4等分に切り込みを入れてから食べる派や、豪快に全部の麺を器に入れ、あふれそうな状態で食べる派などに分かれるようです。ソースはミートソースやカレー、中華風あんかけなど、いろいろな種類が。今回は定番のミートソースを再現しました」(平田さん) 材料(4人分)玉ネギ…1個(約200g)にんじん…1/3本(約60g)セロリ…1/3本(約40g)サラダ油…大さじ1合挽き肉…150g小麦粉…大さじ2塩・コショウ…適量ソフト麺(市販のもの)…4玉 <調味料A>トマトピューレ…大さじ1水…500ml <調味料B>トマトケチャップ…120gウスターソース…大さじ1/2塩…小さじ1/2 つくり方(1)玉ネギ、にんじん、セロリをみじん切りにする。(2)鍋にサラダ油を引いて中火にかけ、(1)の野菜を加えてしんなりするまで約5分炒める。(3)(2)に合挽き肉を加えてほぐしながら炒め、肉の色が変わったら小麦粉を振り入れ、粉っぽさがなくなるまでしっかりと炒める。(4)(3)に<調味料A>を加え、沸騰したらアクを取り、約10分煮る。(5)(4)に<調味料B>を加えて弱火にし、ときどきかき混ぜながら約20分煮る。塩・コショウで味を整えて火を止め、器に盛りつける。(6)ソフト麺の袋を少し開け、1袋あたり600Wのレンジで約1分半温める。ソフト麺をソースにからめれば完成。 ★Point 多めのケチャップで味つけをする「子どもの頃、給食でソフト麺をからめて食べた甘いミートソースは、ケチャップベースのソースでした。通常のミートソースはトマト缶がベースですが、ここではケチャップをたっぷり入れることで、やさしい甘さを引き出しています」(平田さん) 【次のページは】甘口ルウが決め手の昔なつかしい味!カレーライスRecipe 3 甘口ルウが決め手の昔なつかしい味カレーライス「私が通っていた小学校で出される給食カレーは、ゴロッとした大きなじゃがいもが入っていたのが印象に残っています。大きな釜でつくられた給食のカレーは、野菜が煮溶けた、やさしい味わいのスープ状のカレーでした。いま思えば、じゃがいもが大きくカットされていたのは、煮崩れて具材が消えてしまわないため、だったのかもしれません」(平田さん) 材料(4人分)玉ネギ…1個(約200g)にんじん…1/2本(約90g)じゃがいも…大1個(200g)サラダ油…大さじ1おろしニンニク…小さじ1おろししょうが…小さじ1豚こま切れ肉…200g水…600ml固形ブイヨン…1個りんごのすりおろし…大さじ1 <カレールウ>サラダ油…大さじ1と1/2バター…大さじ1小麦粉…大さじ3カレー粉…大さじ1牛乳…1/4カップ(50ml) <調味料>ケチャップ…大さじ1オイスターソース…小さじ2ウスターソース…小さじ2はちみつ…小さじ1塩…小さじ1/3 ごはん…適量福神漬け…適量 つくり方(1)玉ねぎは薄切りに、にんじんは2cm幅程度のいちょう切りにする。じゃがいもは皮をむきひと口大に切り、水にさらす。(2)鍋にサラダ油を引いて中火にかけ、(1)の玉ネギをきつね色になるまで炒める。おろしニンニクとおろししょうがを入れ、香りが立ってきたら、豚こま切れ肉、(1)のにんじんとじゃがいもを入れて炒める。(3)(2)の豚こま切れ肉の色が変わってきたら、水、固形ブイヨン、りんごのすりおろしを入れて強火にする。沸騰してきたらアクを取り、弱火にして約10分煮込む。(4)カレールウをつくる。フライパンにサラダ油とバターを入れて弱火にかける。バターが溶けてきたら小麦粉を加えて炒める。サラッとした状態になり、きつね色になるまで約10分炒め、カレー粉を加えて混ぜる。牛乳を少しずつ加え、 (3)のスープを少しずつ、大さじ3ほど加えながら、溶きのばす。(5)(4)のカレールウを(3)の鍋に加えて混ぜる。<調味料>を加え、全体を混ぜ合わせたら弱火のまま10〜15分ほど煮込む。味をみて足りないようなら、塩(分量外)でととのえる。(6)お皿にごはんを盛って(5)をかけ、福神漬けを添えれば完成。 ★Point オイスターソースでコクを出す「給食のカレーは大きな鍋で大量につくるので、コクとうま味がたっぷりです。そこで、オイスターソースを加えることで、給食のカレーらしいコクとうま味を再現しました」(平田さん) 【次のページは】おかわり必至の人気メニュー「わかめごはん」Recipe 4 おかわり希望者が続出の人気メニューわかめごはん「わかめのうま味と塩が利いた、わかめごはん。おかわり希望者が多く、ごはんが入った容器がいつも空っぽになっていたのを思い出します。わかめはカルシウムやマグネシウムを多く含む、栄養価の高い食材なので、お子さんに積極的に食べさせてあげたいですね。わかめごはんは冷めてもおいしいので、お弁当にもおすすめですよ」(平田さん) 材料(4人分)米…2合乾燥カットわかめ…大さじ1と1/2塩…小さじ2/3 つくり方(1)研いだ米を炊飯器に入れ、普通の水加減で炊く。 (2)乾燥わかめはつぶし、少し細かくしておく。(3)ごはんが炊けたらすぐに(2)と塩を炊飯器に加えて混ぜ合わせ、10分ほど蒸らせば完成。 ★Point ごはんが炊けたらすぐに乾燥わかめを加える「ごはんが炊けてすぐに乾燥わかめを加え、混ぜ合わせてから蒸らすことで、わかめを戻します。わかめごはんは炊飯器で長時間保温すると、わかめの鮮度が落ちるので、早めに食べ切るか、おにぎりにしてお弁当やおやつにするのがおすすめ。容器に移し替えて冷凍保存してもいいですね」(平田さん) 【次のページは】給食の定番デザートといえばコレ!「白玉フルーツポンチ」Recipe 5 給食の定番デザートといえばコレ!白玉フルーツポンチ「フルーツポンチは私も大好物でした! 配膳当番は平等に取り分けないと、クラス中の非難を浴びる……という妙なプレッシャーがかかるひと品だったように思います(笑)。白玉入り、寒天入り、ヨーグルト仕立てなど、フルーツポンチにもさまざまな種類がありますが、今回は白玉入りバージョンをご紹介します」(平田さん) 材料(4人分)白玉粉…50g絹豆腐…50gレモン汁…大さじ1/2 フルーツミックス缶…小1缶バナナ…1本 <シロップ>砂糖…大さじ4水…3/4カップ つくり方(1)白玉粉と豆腐を合わせ、しっかりと手でこねて耳たぶくらいの固さにする。生地が固い場合には、水(分量外)を少しずつ加えて調整する。12等分にし、丸めて中央を凹ませ、平らにする。(2)鍋に湯(分量外)を沸かし、(1)の白玉を入れる。白玉がぷくっと膨れて浮いてきたら冷水に取る。(3)小鍋に<シロップ>の材料を入れて中火にかけ、砂糖が溶けたら火を止めて冷ます。冷めたらレモン汁を加える。(4)フルーツミックス缶は汁気を切り、バナナは1cm幅の輪切りにする。(5)(3)のシロップに(2)の白玉と(4)を入れ、混ぜ合わせれば完成。 ★Point 豆腐を加えて白玉をつくる「白玉粉に絹豆腐を加えて生地をつくることで、冷めても固くなりにくい白玉が出来上がります。絹豆腐はメーカーによって水分量ややわらかさが異なるので、生地が固い場合は、水を加えて調整してください」(平田さん) 揚げパンを自宅で簡単につくれると知ったら、お子さんから何度もリクエストされちゃいそうですね。ソフト麺は給食から姿を消してしまったという学校も多く、初めて味わうお子さんには新鮮なメニューかもしれません。なつかしの給食メニューを再現して食卓を囲めば、ママやパパの子どもの頃の思い出話に花が咲き、家族で盛り上がりそうです。  つくってくれた人 平田万里子さん福岡県出身、フードコーディネーター。産科クリニックの栄養士を経て、フードコーディネーターへ転身。現在はテレビ・雑誌などのフードスタイリングを中心に手がけている。定番和食メニューから、話題の変わりダネレシピまでさまざまなメニューのアレンジを得意としている。 ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5342/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3513/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3676/"]

How To

「無限ピーマン」の次はコレ! ごはんがすすむ野菜のおかず5

ピーマンを無限に食べられるくらいおいしい、と話題になった「無限ピーマン」をご存知ですか? ピーマンにツナ缶と調味料を加えてレンジでチンするだけでつくれる、お手軽メニューです。そんな大人気メニューをヒントに、ここでは家族にたっぷりと食べてもらいたい緑黄色野菜や乾物を使った、簡単につくれるおかずをご紹介します。教えてくれるのは、フードコーディネーターの横山久美子さん。いずれも、ごはんのすすむメニューばかり。おかわり必至なうえに、常備菜としても重宝するので、多めにつくっておくのがおすすめです。 Recipe 1汁までおいしい!ツナとキャベツのガーリックバタぽん「バターのコクとぽん酢の酸味、そこにガーリックを加えた食欲をそそるひと品です。ごはんはもちろん、うどんやパスタにからめて食べるのもおすすめです」(横山さん) 材料(2人分)キャベツ…100gツナ缶(ノンオイルタイプ)…1缶ぽん酢…20gかつおぶし…小1袋(4g)にんにく(すりおろし)…小さじ1/3バター…10g つくり方(1)耐熱ボウルに、ざく切りにしたキャベツとツナ缶、ぽん酢、かつおぶし、にんにくを加えて、菜箸で全体を混ぜ合わせる。(2)(1)の上にバターを置いてラップをかけ、600Wのレンジで3分間加熱する。(3)耐熱ボウルをレンジから取り出してラップを外したら、よく混ぜ合わせる。(4)再びラップをしてそのまま常温で5分ほど置き、味をなじませたら完成。 ★Point バターとぽん酢で味つけをする「バターとぽん酢の組み合わせは、さまざまな食材に使えます。キャベツ以外にも、にんじん、いんげん、小松菜などに合わせてもおいしいですよ。また、シーフードミックスを加えてもよく合います」(横山さん)   【次のページは】お弁当のおかずにもぴったり! にんじんの子和えRecipe 2お弁当のおかずにもぴったり!にんじんの子和え「“子和え”とは、青森でよく食べられている郷土料理です。にんじんの甘みと、たらこのプチプチとした食感が食欲をそそります。ひと晩寝かせると味がなじんでさらにおいしくなるので、常備菜におすすめです」(横山さん) 材料(2人分)にんじん…1本油あげ…1枚しらたき…50g油…大さじ1 <調味料>しょうゆ…大さじ1みりん…大さじ1酒…大さじ1 たらこ…ひと腹(50g) つくり方(1)にんじんは皮をむいて千切りにする。油あげは油抜きをして5mm幅の拍子切りに、しらたきは3cm幅に切りそろえる。(2)鍋に油を引いて中火にかけ、(1)のにんじんを加えてほんのり黄色くなるまで3分ほど炒める。続いて油あげ、しらたきを加えて全体を炒め合わせる。(3)(2)に<調味料>を加えて弱火にし、軽く混ぜ合わる。そこへ、薄皮を取り除いた、たらこを加える。たらこが全体に混ぜ合わさるようにかき混ぜ、火を止めてフタをする。5分ほどそのまま置いて味をなじませたら完成。 ★Point 辛口たらこを使う「たらこの塩分でにんじんの甘みが引き出されるので、たらこは甘口タイプよりも、やや辛口くらいの方が向いています。たらこの塩分によって、しょうゆの量を調整してください」(横山さん)  【次のページは】おにぎりの具材にしてもおいしい! 小松菜としらすのオイごま和えRecipe 3おにぎりの具材にしてもおいしい!小松菜としらすのオイごま和え「オイスターソースを加えた“オイごま和え”。きび砂糖でコクと甘みを引き出しました。軽く水分を絞った小松菜としらすのオイごま和えを細かく刻み、おにぎりの具材にしてもおいしいですよ。カルシウムと鉄分がたっぷりなので、スポーツ後の疲労回復食としてもおすすめです」(横山さん) 材料(2人分)小松菜…150g塩…少々しらす…30g <調味料>オイスターソース…大さじ1/2きび砂糖(砂糖)…小さじ1酒…大さじ1ごま油…大さじ1 白ごま…適量 つくり方(1)小松菜を1cm幅に切り、塩を加えて手でもみこむように混ぜる。(2)水気を軽く絞った(1)の小松菜を耐熱ボウルに入れ、しらすと<調味料>を加えて菜箸で軽く混ぜ合わせる。(3)天板にオーブンシートを敷き、その上に(2)の具材を載せて600Wのレンジで3分間加熱する。続いて、200℃に温めたオーブンで10分加熱(トースター強で5分加熱でも可)する。 ※三菱電機のレンジグリル「ZITANG(ジタング)」で調理の場合 ジタングはレンジからグリルへと“自動リレー調理”してくれます。 オーブンシートを敷いた天板の上に(2)の具材を載せ「レンジ▶︎グリル 仕上がり強さ4」に設定して自動加熱するだけでOKです。 (4)器に盛り、上から白ごまを振りかければ完成。 ★Point レンジとオーブンを併用する「具材を焼くことで水分が飛び、こんがりと風味よく仕上がります。オーブンレンジをお使いの場合は、レンジ後にそのままオーブンに切り替えてください。トースターで焼いてもOKです」(横山さん)  【次のページは】甘辛の味噌をごはんにからめて食べたい! インゲンとピーマンの味噌ころRecipe 4甘辛の味噌をごはんにからめて食べたい!インゲンとピーマンの味噌ころ「青森に住む母がよくつくってくれた、おふくろの味です。私はこのおかずでピーマンが大好きになりました。甘辛い味付けで、ごはんとの相性もバッチリです。ごはんにたっぷりと載せて、めしあがれ!」(横山さん) 材料(2人分)インゲン…100gピーマン…2個大葉…5枚油…大さじ1 <調味料>味噌…大さじ2きび砂糖…大さじ1酒…大さじ2水…大さじ1 油…大さじ1 つくり方(1)インゲンは筋を取って1cm幅に切る。ピーマンはタネとヘタを取り、1cm角に切る。大葉は千切りに。(2)フライパンに油を引いて中火にかけ、(1)のインゲンとピーマンを加えて3分ほど炒め合わせる。(3)(2)に<調味料>を加え、(1)の大葉を散らし入れ、インゲンの色が濃い緑色になるまで3分ほど炒めれば完成。 ★Point インゲンとピーマンを1cm角に切りそろえる「1cm角に切りそろえることで、プチプチとした歯ごたえになって食感が良く、味もなじみやすくなります。お子さんには、最初からごはんに載せて丼にし、スプーンで食べられるようにしてあげてもいいでしょう」(横山さん)  【次のページは】食欲のないときにおすすめ! 切り干し大根の梅煮Recipe 5食欲のないときにおすすめ!切り干し大根の梅煮「切り干し大根と干し椎茸を使った、栄養価の高いひと品です。梅干しを加えることで、さっぱりとしたやさしい味わいになります。食欲のないときや、なんだか疲れたなぁ……というときなどに食べやすいメニューです」(横山さん) 材料(2人分)切り干し大根…40g干し椎茸…2枚細切り昆布…2g <調味料>水…200mlしょうゆ…大さじ2酒…大さじ1 梅干し…1個 つくり方(1)切り干し大根は5cmの長さに、干し椎茸と昆布は5mm幅にキッチンバサミで切る。(2)耐熱ボウルに(1)と<調味料>を加えて軽くかき混ぜ、中央に梅干しをタネごと入れる。ラップをして600Wのレンジで5分間加熱する。(3)梅干しのタネを取り除き、梅干しの果肉をほぐすようにしながら、全体を混ぜ合わせる。(4)再びラップをし、そのまま10分ほど味をなじませたら完成。 ★Point 梅干しは中央に入れる「レンジにかけるときは、ボウルの中央に梅干しを入れると酸味が均等に行き渡ります。梅干しの酸味が強い場合は、少量の砂糖を加えると食べやすくなりますよ」(横山さん)  教えてくれた人横山久美子さん青森県出身。単身でカナダに渡り、カップケーキデコレーターとなる。帰国後、いがらしろみプロデュースフェアリーケーキフェア入社を経て、ニコライバーグマンカフェノムへ入社。パティシエとしてスイーツづくりの経験を積んだ後、2014年に独立。2016年8月からは、東京・南青山で故郷の青森食材を使った料理とお菓子の教室「Knock’s kitchen」をスタート。一般社団法人おにぎり協会公式メンバーでもある。雑誌、広告等のフードコーディネート、イベントのフードケータリングなどでも活躍中。 〔HP〕http://www/knock-food.com/  ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4131/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_1681/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_545/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4326/"]

How To

クリスマスやお誕生日に! 15分以内でできる「お手軽パーティレシピ」7選

友人や親戚が集う機会が増えるこれからの季節に役立つおもてなしメニューを、人気料理家のtottoさんに教えてもらいました。なんと、いずれも調理時間は15分以内で、手軽につくれるレシピばかり! これなら、急な来客や、持ち寄りパーティの際にもあわてずに準備できそうです。ぜひお試しください。 Recipe 1ソースが決め手のお手軽前菜タコのピンチョス 春菊とナッツのヴェルデソース 「片手でつまんで口に運ぶピンチョスは、気兼ねなく食べられるフィンガーフードの代表。ソースを手づくりすることで、おいしさがアップします。ヴェルデソースの“ヴェルデ”とは、イタリア語で“緑色の”という意味。イタリアンではバジルやパセリを使うのが一般的ですが、ここでは春菊を使ったレシピを紹介します」(tottoさん) 材料(4人分)タコ(ボイル済みのもの)...150g 春菊(葉の部分)...5本分ナッツ類...10粒ニンニク(お好みで)...1/3かけ菜種油...大さじ2塩...少々コショウ…少々ミニトマト...6個 つくり方(1)タコは2cmの厚さに切っておく。(2)春菊、ナッツ類、ニンニク、菜種油、塩、コショウをフードプロセッサーに入れて攪拌(かくはん)する。(3)タコとミニトマトを串に刺し、(2)のソースをかける。 ★Point ヴェルデソースの材料はあらかじめ準備しておく「今回は時短にこだわったレシピなので、作業も時短を意識。ソースの材料は、あらかじめバットなどに並べておくと、スムーズにつくれますよ」(tottoさん)   【次のページは】ワインとよく合うおつまみ! 豚とりんごのタルティーヌRecipe 2ワインとよく合うおつまみ豚とりんごのタルティーヌ 「相性のいい豚肉とりんごをハーブといっしょにソテーするだけ。スライスしたフランスパンに載せれば、立派なパーティメニューの完成です。りんごが甘いのでお子さんたちにも人気のメニューです」(tottoさん) 材料(4人分)りんご...1/3個豚ひき肉...150g塩…少々タイム(乾燥)...少々バゲット...適量クリームチーズ...100g黒コショウ...少々菜種油...小さじ1 つくり方(1)りんごはよく洗い、芯を取って皮ごと1cm角に切る。(2)フライパンに菜種油を温め、ひき肉を入れ、塩、タイムを振って炒める。りんごを加えてさらに炒める。(3)斜め薄切りにしたバゲットにクリームチーズを塗り、(2)を載せて黒コショウを振る。 ★Point りんごは皮ごと使う「りんごは皮を残すことで、バケットの上に載せたときに彩りがプラスされてきれいです」(tottoさん)   【次のページは】ピザ感覚でパクパクいけちゃう! レンコンとディルのロスティRecipe 3ピザ感覚でパクパクいけちゃう!レンコンとディルのロスティ「ロスティとは、薄くスライスしたじゃがいもを表面がカリカリになるまで焼いた、スイスの伝統的な料理のこと。ここでは、じゃがいもの代わりにレンコンを使います。穴の開いた見た目がかわいくて、パーティにぴったり。レンコンの一部をすりおろして使うことで、もっちりとした食感に仕上げています」(tottoさん) 材料(4人分)レンコン...350gとろけるタイプのチーズ…70gフレッシュディル(あれば)...刻んだもの2本分塩...少々菜種油...大さじ2 つくり方(1)レンコンは300gを薄くスライスし、残りをすりおろしておく。(2)(1)をボウルに入れ、チーズ、刻んだディルを加えて手で全体をあえる。(3)フライパンに菜種油を温め、(2)を敷き詰めた後、フタをしてこんがりと蒸し焼きにする。(4)片面を焼いたら、もう一方の面はフタをせず、中までしっかりと焼く。 ★Point ピザのようにカットする「キッチンばさみやピザ用カッターで食べやすくカット。ピザのように手づかみで気軽にお召し上がりください」(tottoさん)   【次のページは】カリッと焼き上げるのがポイント! チキンのソテーwithジンジャーハニーソースRecipe 4カリッと焼き上げるのがポイントチキンのソテーwithジンジャーハニーソース「フライパンで焼くと、オーブンよりも短時間でパリッと焼き上がります。ソースはしょうがとハチミツで甘じょっぱく仕上げ、お子さんたちも好む味つけにしました」(tottoさん) 材料(4人分)鶏もも肉...4枚塩...小さじ1/2コショウ…少々 <A>しょうが(すりおろしたもの)...2かけ分はちみつ...大さじ2しょうゆ...大さじ1酒...大さじ1 菜種油...大さじ1 つくり方(1)鶏もも肉は常温に戻し、余分な脂を取って塩、コショウをまぶし、5分ほど置いて下味をつける。(2)<A>の調味料を合わせておく。(3)フライパンに菜種油を温め、鶏肉の皮目から入れて強めの中火で焼き、色がつくまでそのままにして表面をこんがりと焼く。(4)もう一方の面は強めの弱火で焼き、中までしっかり火をとおす。(5)フライパンの余分な油をキッチンペーパーで拭き取り、<A>の調味料を加えて照りが出るまで煮絡める。 ★Point 鶏もも肉は皮目から先に焼く「お肉は皮が付いている方から先に焼くことで、きれいな焼き色がつきます。このとき、強めの中火でフタをせずに3分ほど焼くのがポイント。焦げを気にして何度もひっくり返すと、パリッと仕上がりません」(tottoさん)   【次のページは】炊いたごはんとトマトジュースでつくるから簡単!お手軽トマトリゾットRecipe 5炊いたごはんとトマトジュースでつくるから簡単!お手軽トマトリゾット「一般的な、お米からつくるリゾットは、調理時間が30〜40分かかってしまうのですが、炊いたごはんを使えば、わずか5分でできあがります。トマトジュースを使うことで、さらにお手軽に!」(tottoさん) 材料(4人分)ごはん...300gトマトジュース(無塩タイプ)...380ml粉チーズ...50g塩...少々 黒コショウ...少々パセリ...少々 つくり方(1)ごはんはザルに入れて水で洗い、水気を切る。(2)フライパンにトマトジュースを入れて温める。(3)(2)に洗ったごはんを加え、全体を混ぜながらひと煮立ちさせ、粉チーズを加えてひと混ぜする。(4)塩で味を調え、黒コショウとパセリを振る。お好みでさらに粉チーズを振る。 ★Point ごはんは水で洗っておく「フライパンに加える前にごはんを洗うことで、ごはんのでんぷん質を取り除きます。こうすると、熱したときにベチャッとならず、サラサラとしたリゾットに仕上がります」(tottoさん)  【次のぺージは】ポンチ風サングリア/いちごのレアチーズムースRecipe 6カットフルーツと市販のジュースでつくるポンチ風サングリア「季節のフルーツを使ってつくる、見た目にも美しいパーティドリンクです。テーブルの上にあるだけで華やかさがアップするので、持ち寄りパーティなどにもオススメです」(tottoさん) 材料(4人分)オレンジ...2個イチジク...2個りんご...1/2個レモン...1/2個巨峰...8粒グレープジュース...1ℓ つくり方(1)オレンジは皮をむいて5mm幅にスライスし、イチジクは6等分、りんごは5mm厚にスライス、レモンは皮をむいて輪切りにしておく。巨峰はよく洗って半分に切る。(2)ガラス瓶に(1)を入れてグレープジュースを注ぐ。 ★Point お呼ばれのときはフタ付きのビンに入れる「持ち寄りパーティのときなどは、フタ付きのビンに入れて持っていきます。中身を入れる前に、ビンのなかに食品用アルコールスプレーをひと吹きしておくといいでしょう」(tottoさん)   【次のページは】混ぜるだけだからすぐできる! いちごのレアチーズムースRecipe 7混ぜるだけだからすぐできる!いちごのレアチーズムース「ゼラチンを使わず混ぜるだけのチーズムースなので、冷やし固める時間が大幅短縮。グラスに盛るだけで、おしゃれなグラススイーツになります」(tottoさん) 材料(4人分)いちご...180gクリームチーズ...200g砂糖...30g生クリーム...180mlミント...適量 つくり方(1)いちごは飾り用の2個をスライスし、残りをフードプロセッサーに入れてジュース状にする。(2)クリームチーズをボウルに入れて常温に戻し、砂糖を加えてゴムベラで柔らかくなるまで練る。(3)(2)にジュース状にしたいちごを加え、よく混ぜ合わせる。(4)生クリームを加え、ゴムベラを泡立て器に持ち替え、空気を含むように攪拌する。(5)器に盛り付け、トッピング用のいちごとミントを飾る。 ★Point フローズンデザートにしてもおいしい「完成品を三菱冷蔵庫の“切れちゃう瞬冷凍”を使って冷やし固めれば、フローズンデザートに変身。アイスとシャーベットの中間のような、ムースとは違った食感を楽しめます」(tottoさん)  わずか15分で完成する簡単パーティレシピなら、平日、帰宅してからでもつくることができます。華やかな食卓に、きっと家族は驚くはず! ぜひお試しください。  つくってくれた人totto(黄川田としえ)さん料理家・フードスタイリスト・tottorante主宰。メディアでのレシピ開発、フードスタイリング出演などをはじめ、料理講師、イベントでの出店やレセプション等のフードケータリングなど多岐にわたり活動。また、子どもの心と体をサポートする「こどもレストラン」など、家族で楽しめるワークショップを各地で開催している。著書に『tottoちゃんのかんたんdeco弁』(祥伝社)、『毎日のごはんと心地よい暮らし』(宝島社)がある。10歳の女の子と15歳の男の子のママ。[HP]https://toshiekikawada.com  ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4408//"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_464/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_3656/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_2486/"]

How To

簡単・おいしい手づくりだしレシピ<後編>「基本のだしを使ったレシピ5選」

前編で、初心者でも簡単にできる、だしの取り方をご紹介したこの企画。後編では基本のだしを使い、おひたしや肉じゃが、だし巻き卵など“だしが決め手”となるレシピを、フードコーディネーターの横山透子さんに教えてもらいました。前編「基本のだし」の取り方はこちら◆「昆布だし」でつくる料理<昆布だしRecipe 1>水菜ときのこのおひたし「おひたしは本来、ゆでた野菜にしょうゆをかけるのではなく、野菜をだしにひたす料理です。水菜は火をと通したり浸したりしてもシャキシャキとした食感が残るので、おひたしにぴったりの野菜。昆布だしが引き出す、焼ききのこのうまみと合わせていただきます」(横山さん) 材料(4人分)水菜…1束きのこ…100g(好みのきのこを2〜3種類合わせ、食べやすい大きさにカットしたもの)昆布だし…100ccしょうゆ…大さじ1と1/3塩…2つまみ つくり方(1)昆布だしにしょうゆを合わせておく。(2)きのこをバットに広げて塩をふり、トースターなどで焼く(魚焼きグリルに入れて弱火で焼いてもOK)。しんなりしたら、熱いうちに1にひたす。(3)水菜を沸騰したお湯でゆでる。茎から入れて全体が鮮やかな緑になったら引き上げる。ザルにあげてあら熱を取り、しょうゆ(分量外)を2〜3滴垂らしてから水気をしぼり、食べやすい長さにカットする。(4)バットに水菜を平らに並べ、上から2をきのこごと回しかける。ときどきスプーンでだしをすくって上からかけながら、30分ほど置いてなじませる。さっと混ぜ合わせて、器に盛ればできあがり。 <昆布だしRecipe 2>豆ごはん「あっさりとした昆布だしは、豆類や芋類の自然な甘みととても好相性です。わが家では、野菜だけの炊き込みごはんは昆布だし、肉や魚が入るしっかり味の炊き込みごはんはかつおだしと、具材によってだしを使い分けています。初夏は生のグリーンピースやえんどう豆、秋はさつまいもやかぼちゃで炊き込みごはんを楽しんでください」(横山さん) 材料(4人分)米…2合グリーンピース(生)…60g(房から出した正味)昆布だし…約360ml(炊飯器の目盛りまで)酒…大さじ塩…小さじ1 つくり方(1)米をとぎ、15分間水につけてからざるにあげ、15分ほど置く。(2)米、昆布だし、酒、塩を炊飯釜に入れ、グリーンピースを上にのせる。(3)白米と同じ加減で炊きあげたら、下からやさしく混ぜるとできあがり。  ◆「かつお昆布だし」でつくる料理<かつお昆布だしRecipe 1>肉じゃが「かつお昆布だしを使うことで深いうまみが加わり、炒めずにコトコト煮込むだけでも十分おいしく仕上がります。やさしい味なので、小さなお子さんにもおすすめです」(横山さん) 材料(4人分)にんじん…中1本じゃがいも…中3個玉ネギ…中2個しらたき…150~200g牛肉…200g <調味料>かつお昆布だし…300ccしょうゆ…大さじ3砂糖…大さじ1.5酒…大さじ1 ごま油…小さじ1 つくり方(1)しらたきをざっと洗い、具材がかぶるくらい、ひたひたの水といっしょに鍋に入れて下ゆでする。水気を切ったら食べやすい大きさに切っておく。(2)野菜は皮をむき、にんじんはひと口大の乱切り、じゃがいもは1/8切り、玉ネギはまわし切りにする。(3) (1)のしらたきと調味料すべてを混ぜ、(2)の野菜を加える。(4) (3)を火にかけて煮立ったら、ひと混ぜして牛肉を加える。弱火にして落としぶたをし、ときどき鍋をゆすりながら15分ほど煮る。野菜に火が通ったら、ごま油をまわし入れて火を止める。しばらく置いて味をなじませる。  <かつお昆布だしRecipe 2>出し巻き卵「コクのある卵には、かつお昆布だしが良く合います。しっとりきれいな形に仕上げるのは難しいので、今回はご家庭用の簡単な作り方で作りました。仕上げに“巻きす”で形を整えるので、思い切って卵を流し入れてみてください」(横山さん) 材料(1本分)卵…3個かつお昆布だし…50ccしょうゆ…小さじ1塩…ひとつまみ つくり方(1)巻きすにキッチンペーパーを敷いておく。(2)ボウルに卵を割り入れてほぐす。かつお昆布だし、しょうゆ、塩を入れて、あまり泡立てないよう切るように混ぜる。(3)卵焼き器を熱して油を引き、キッチンペーパーで側面にもしっかり塗る。(4)卵焼き器がしっかりと熱くなったら、卵液を一気に流し入れ、すかさず箸で混ぜる。端の固まってきたところなどもぐるぐると巻き込むようにして、半熟のスクランブルエッグ状態にする。弱火にし、卵焼き器の向こう側から手前に丸める。(5)火を止め、すぐに1の巻きすに載せ、熱いうちにぎゅっと巻いて形を整える。その後一度広げて、キッチンペーパーの両はじをキャンディのようにねじる。再度、巻きすでギュッと巻き、そのまま30分ほど置いて固める。(6)巻きすとキッチンペーパーを外し、切り分ければできあがり。  ◆「煮干し昆布だし」でつくる料理<煮干し昆布だしRecipe>豚汁「煮干し昆布だしにはしっかりとしたコクがあるので、アクのある根菜や肉の油にも負けず、味をまとめてくれます。豚汁は豚肉と野菜のうまみもたっぷり入るので、あえて薄めて使うことでバランスよく仕上がります」(横山さん) 材料(4人分)豚バラ肉…100gにんじん…中1/3本大根…7cmさといも…4個(さつまいもやじゃがいもでもOK) ごぼう…1/4本しょうが…1かけこんにゃく…1/2枚長ネギ…1本煮干し昆布だし…2.5カップ水…2.5カップ味噌…大さじ4~5 つくり方(1)豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、野菜はそれぞれ皮をむく。にんじんと大根はいちょう切り、さといもはひと口大、ごぼうは斜め薄切り、しょうがは細切りにする。こんにゃくは短冊切りにして下ゆでする。(2)長ネギを1/4くらいの長さに切って、トースターや魚焼きグリルなどで表面に焦げ目がつく程度に焼く。取り出して5cmの長さに切っておく。(3)長ネギ以外の野菜とこんにゃく、煮干し昆布だし、水を鍋にいれて中火にかける。沸騰したら豚バラ肉を入れ、弱火で10分ほど煮る。(4)長ネギを加えて2~3分ほど煮る。野菜に火がとおったら火を止め、味噌を溶かしてできあがり。 ◆トースターを使って時短クッキング「今回、『水菜ときのこのおひたし』できのこに塩をまぶして焼く際や、『豚汁』の長ネギを焼く際に、大きめのトースターを使いました。トースターならタイマーで焼き上がりを知らせてくれるので、焼いてる間に他の作業ができてラク。時短クッキングにもなりました!」(横山さん)  つくってくれた人横山透子さん ナチュラルフードコーディネーター/7歳の女の子と3歳の男の子のママ。オーガニックコスメ、食品、洗剤など世界のオーガニック商品を扱う会社、株式会社おもちゃ箱に勤務。子育て世代にオーガニックのある暮らしを提案している。レシピ提案や食にまつわるイベント・ワークショップなどの企画にも力を注ぐ。 ●こちらの記事もおすすめです。前編のリンク[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3539/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3416/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/forefront/post_3434/"]

How To

簡単・おいしい手づくりだしレシピ<前編>「初心者でもできる! だしの取り方・保存の仕方」

だしは、調味料と同じくらい料理の味を左右します。だしがあれば、ごくシンプルな素材と調理法でも、おいしい食事を用意できます。最近は、便利な粉末のだしパックなどもたくさん売られていますが、やはり“本物のだし”でつくった料理のおいしさにはかないません。だしを取る作業は面倒なイメージがありますが、実はとても簡単。今回は前後編にわたって、だしの取り方と、だしを使った基本の料理を、ナチュラルフードコーティネーターの横山透子さんに教えてもらいました。前編は、だしの取り方と保存方法についてご紹介します。 <だしの取り方>◆昆布だし「上品でやさしい味の昆布だしは、野菜や米など素材の味を生かすお料理と相性抜群です」(横山さん) 材料(つくりやすい分量)水…1L昆布…15g <つくり方>[caption id="attachment_5227" align="aligncenter" width="680"] (1)固く絞ったふきんで昆布を拭き、表面の汚れを取る。[/caption] [caption id="attachment_5229" align="aligncenter" width="680"] (2)水に昆布をつけて冷蔵庫で2時間~ひと晩置く。[/caption] [caption id="attachment_5218" align="aligncenter" width="680"] (3)2を中火にかけ、ときどきアクをすくいながら、ゆっくりと加熱する。[/caption] [caption id="attachment_5219" align="aligncenter" width="680"] (4)沸騰する直前に昆布を取り出し、火を止める。[/caption]★Point 冷たい状態から10分くらいかけて沸騰し始めるくらい、ゆっくり加熱します。そして、決して沸騰させないこと。煮るというより温めて、昆布のうまみを引き出すようなイメージです。鍋底と昆布の周りに泡が出てきたら取り出し時です。「取り出した昆布は、捨てずに冷凍するのがおすすめです。細切りにして佃煮にしたり、切らずにそのまま落としぶたとしても活用できます」(横山さん) ◆かつお昆布だし「かつお節のうま味が凝縮された香り豊かなかつおだしは、おすましやめんつゆ、煮物まで幅広く使えます。かつお出汁のうま味は日本人にとって基本の味。小さいお子さんがいるご家庭では、ぜひ日常的に作って味を覚えさせてあげてください」(横山さん) 材料(つくりやすい分量)水…1L+50mlかつお節……15g昆布……10g <つくり方>[caption id="attachment_5227" align="aligncenter" width="680"] (1)固く絞ったふきんで表面の汚れを取った昆布を水につけ、冷蔵庫でひと晩置く。[/caption] [caption id="attachment_5218" align="aligncenter" width="680"] (2) (1)を中火にかけて、ときどきアクをすくいながらゆっくりと加熱する。沸騰する直前に昆布を取り出し、水50mlをまわし入れて少し温度を下げる。[/caption] [caption id="attachment_5220" align="aligncenter" width="680"] (3)かつお節をほぐしながら入れて、まんべんなく火がとおるようサッとほぐす。下から泡が出て、かつおが持ち上がったらすぐに火を止める。[/caption]★Point かつお節を入れてからの沸騰は一瞬だけ。もし昆布を取り出した後に沸騰してしまったら、水を多めに入れて温度を沸騰直前まで下げてください。[caption id="attachment_5222" align="aligncenter" width="680"] (4) (3)をザルでこして、できあがり。[/caption] ◆煮干し昆布だし「煮干しに昆布を加えるだけで、簡単に濃厚な味のだしが取れます。煮干しだけで出汁をとるご家庭も多いですが、昆布と合わせると味に深みが出ます。力強い風味が野菜のアクや肉の脂などをおいしくまとめてくれますよ」(横山さん) 材料(つくりやすい分量)水…1L煮干し…20g昆布…5g <つくり方>[caption id="attachment_5217" align="aligncenter" width="680"] (1)昆布の表面を固く絞ったふきんで拭く。煮干しは頭をとって身を開く。さらに腹わたを取り除き、そのまま身を半分に割く。下処理が終わったら、身を水に浸けて冷蔵庫でひと晩置く。[/caption] [caption id="attachment_5225" align="aligncenter" width="680"] (2)鍋に移して中火にかけ、ときどきアクをすくいながらゆっくりと加熱する。[/caption][caption id="attachment_5226" align="aligncenter" width="680"] (3)沸騰直前で昆布を取り出す。そのまま沸騰させたら弱火にして5分ほど煮出す。煮干しをザルでこせばできあがり。[/caption] ★Point 煮干しは沸騰させて煮立てることで臭みが抜けます。昆布を取り出したら、静かに煮立ててうまみをしっかり煮出します。 <保存の仕方>だし汁のあら熱が取れたら、容器に移し替えて冷蔵庫で保存します。容器は立てて収納できるものを選ぶと、冷蔵庫の扉に収納できて場所を取らず、取り出しやすく便利です。保存期間は冷蔵庫で2日ほど。残りそうな場合は、小分けにして冷凍します。製氷皿に入れて冷凍すれば、使いたい分だけサッと使えて、離乳食づくりのときなどに便利です。「いろんな献立が、だしを使うだけで深みのある味わいになります。だしのある生活、オススメです!」(横山さん)  つくってくれた人横山透子さんナチュラルフードコーディネーター/7歳の女の子と3歳の男の子のママ。オーガニックコスメ、食品、洗剤など世界のオーガニック商品を扱う会社、株式会社おもちゃ箱に勤務。子育て世代にオーガニックのある暮らしを提案している。レシピ提案や食にまつわるイベント・ワークショップなどの企画にも力を注ぐ。 ●こちらの記事もおすすめです。[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3580/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4131/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_854/5/#anc01"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_1713/"]

How To

今日はどう食べる? 栄養満点の納豆アレンジレシピ5

いまや日本を代表するスーパーフードとしても注目される納豆。その栄養価は非常に高く、しかも3パック100円前後で購入できるので、毎日食べたい身近な食材のひとつです。シンプルな納豆ごはんもいいけれど、他の食材と合わせると、また違った味わいを楽しめます。そこで、納豆をこよなく愛する料理家ユニット・マフィオの平床政治さんに、納豆のアレンジレシピを教えてもらいました。朝食やお弁当、晩酌やおもてなしなどで活躍する、驚きの納豆メニューをご紹介します。 ※納豆に添付されているタレの味はメーカーや種類によって異なるため、今回のレシピでは使用せず、しょうゆを加えて調理しました。 Recipe 1 炊きたてごはんでガッツリ食べたい納豆サルサ丼「納豆にモッツァレラチーズとトマトを加え、サルサ仕立ての納豆ごはんに仕上げました。この組み合わせが合うんですよ! しかも、栄養バランスもバッチリ。忙しいときや疲れた日でも、パパッとつくれる時短レシピのスタミナ丼です」(政治さん) 材料(2人分)納豆…1パックしょうゆ…小さじ1 <A>具材油あげ…1/2枚トマト…小2個モッツァレラチーズ…50g玉ねぎ…1/4個パクチー(お好みで)…適量 <B>調味料クレイジーソルト(塩でも代用可)…小さじ1/2チリパウダー…小さじ1/2ケチャップ…大さじ1リンゴ酢…大さじ1レモン汁…少々 つくり方(1)油あげを魚焼きグリル(フライパンでも利用可)で、両面に焼き色がつくまで焼く。(2)(1)を含む<A>のすべてを1cm角に切りそろえる。(3)納豆にしょうゆを加え、よく混ぜ合わせる。(4)(2)の具材、(3)の納豆、<B>をボウルに入れ、混ぜ合わせる。(5)ごはんを器に盛り、上から(4)をかければ完成。 ★Point 具材を同じ大きさに切りそろえる「納豆の粒と同じくらいの大きさに具材を切りそろえましょう。こうすることで見た目が美しくなる上に、納豆が他の食材とよく絡み、食べやすくなります」(政治さん) 【次のページは】朝食やお弁当、おつまみにもGood!納豆オムレツのホットサンド Recipe 2 朝食やお弁当、おつまみにもGood!納豆オムレツのホットサンド「ふんわりとした納豆オムレツを、食パンに挟んでホットサンドにしました。納豆は卵と合わせて加熱すると特有の匂いがやわらぐので、お弁当にも使えます。薄めの食パンでサンドすればスナックみたいな食感に仕上がるので、おつまみやおやつにもオススメです」(政治さん) 材料(2人分)卵…3個生クリーム…大さじ1納豆…1パックしょうゆ…小さじ1バター…20gベーコン…3枚塩、コショウ…適量食パン(8〜10枚切り)…4枚 つくり方(1)卵と生クリームをボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。(2)納豆にしょうゆを加え、よく混ぜ合わせる。(3)フライパンにバターを引いて弱火にかけ、1cm幅に切ったベーコンを加えて炒める。(4)ベーコンに火がとおったら中火にし、(1)を流し入れてフライパンを揺らしながら30秒ほど加熱する。(2)を加えて弱火にし、全体が半熟になるまで火を通す。(5)(4)に焼き色が付いたら、塩、コショウを表面に振り、裏返して半月状に形を整えながら1分弱加熱する。(6)食パンにバター(分量外)を塗り、(5)のオムレツを半量ずつ2枚の食パンでそれぞれサンドし、ホットサンドメーカー(トースターなどでも代用可)で焼き上げれば完成。 ★Point 卵に火をとおしすぎない「フライパンに卵を流し入れたら、箸で混ぜず、フライパンを揺らしながら卵に焼き色をつけます。こうすることで、卵の中に余計な火がとおるのを防ぎます。卵を裏返した後は、1分弱で火を止めることで、ふんわりとしたオムレツに仕上がります」(政治さん) 【次のページは】納豆嫌いでも思わずパクリ!ひき肉とエビの納豆コロッケ Recipe 3 納豆嫌いでも思わずパクリひき肉とエビの納豆コロッケ「わが家の子どもたちの大好物です。コロッケのタネに納豆を加えると、納豆の匂いや粘りがほとんど感じられず、大豆のホクホク感と甘みが引き立ちます。納豆が苦手な方でもきっと食べられますよ」(政治さん) 材料(6個分)ジャガイモ…中2個玉ねぎ…1/2個エビ…50g油…小さじ1合びき肉…100g塩、コショウ…少々バター…大さじ1納豆…1パックしょうゆ…小さじ1小麦粉…1/2カップ溶き卵…1個分パン粉…1カップ揚げ油…適量 つくり方(1)じゃがいもを蒸して皮をむき(電子レンジで調理しても可)、ボウルに入れて麺棒などでつぶす。(2)玉ねぎをみじん切りにする。エビは殻と背ワタを取り除き、身を包丁で粗みじんにする。(3)フライパンに油を引いて中火にかけ、合びき肉と(2)の玉ねぎを加え、塩、コショウを振ったら弱火にし、5分ほど炒める。(4)(3)にバターと(2)のエビの身を加え、さらに2分ほど炒めて火を止める。(5)納豆にしょうゆを加えてよくかき混ぜる。(6)(4)の具材と(5)の納豆を(1)のボウルに入れて混ぜ合わせる。(7)(6)のタネを6等分にし、楕円形にする。(8)(7)に小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣を付け、180℃に熱した揚げ油できつね色になるまで揚げれば完成。 ★Point 粗みじんにしたエビを加える「納豆とエビは味の相性がとてもいいんです。エビを加えることで、他の具材と納豆の味わいをなじませてくれます。また、エビは包丁で粗めにたたくことで、プリッとした食感が生きておいしく仕上がりますよ」(政治さん) 【次のページは】おつまみといえばコレ!薬味たっぷり納豆油あげ Recipe 4 おつまみといえばコレ!薬味たっぷり納豆油あげ「ミョウガ、三つ葉、ネギなどの薬味をたっぷりと加えた納豆を、油あげで包んで焼きました。油あげの香ばしい食感と具材の風味が絶妙で、お酒が進みます。ごはんにのせてもイケますよ!」(政治さん) 材料(2人分)油あげ…長方形1枚納豆…1パックしょうゆ…小さじ1 <A>薬味ミョウガ…1個三つ葉…3〜4本白ネギ…1cm <B>調味料味噌…小さじ1しょうゆ…小さじ1ごま油…小さじ1/2 つくり方(1)油あげを半分に切り、切り口側から開いて袋状にする。(2)<A>をすべて粗みじん切りにする。(3)納豆をボウルに入れ、しょうゆと(2)の薬味を加えてよく混ぜ合わせる。(4)(3)に<B>を加えてさらに混ぜる。(5)(4)を(1)の油あげに詰め、袋の口を爪楊枝で止める。(6)魚焼きグリルに(5)の油あげを並べ、ときどきハケで表面にしょうゆ(分量外)を塗りながら、ごく弱火でじっくりと両面を焼けば完成。 ★Point 油あげの表面にしょうゆを塗りながら焼く「油あげの表面にしょうゆを塗りながら、弱火でじっくりと火をとおしていきます。こうすることで、しょうゆが香ばしくなり、油あげの表面がカリッとした食感に仕上がります」(政治さん) 【次のページは】やみつきになる味わい!納豆ドライカレーRecipe 5 やみつきになる味わい納豆ドライカレー「納豆はチャーハンにしたり、カレーに加えたりするとおいしさがアップします。そこで、ここではそのふたつを組み合わせたドライカレーにしました。甘みと食感にこだわった、マフィオの納豆ドライカレーレシピをぜひお試しください」(政治さん) 材料(2人分)合びき肉…200gナツメグ…小さじ1シナモン…小さじ1塩、コショウ…少々バター…15gレーズン…大さじ1ナッツ…大さじ1赤ワイン…大さじ2納豆…1パックしょうゆ…小さじ1ごはん…茶碗2杯分 <A>具材玉ねぎ…1/4個ナス…小1個にんじん…1/2本 <B>調味料ケチャップ…大さじ1チャツネ(あれば)…大さじ1カレー粉…大さじ1ターメリック…大さじ1 つくり方(1)合びき肉にナツメグ、シナモン、塩、コショウを加えて混ぜ合わせる。(2)みじん切りにした<A>を、フライパンに少量の油(分量外)を入れて弱火にかけ、しんなりとするまで5分ほど炒めて別皿に取る。(3)別のフライパンにバターを引いて中火にし、(1)を加えて5分ほど炒める。レーズンとナッツを加えてさらに3分ほど炒める。(4)(3)に(2)と<B>を加え、よく混ぜながら3分ほど中火で炒める。(5)フライパンの縁から赤ワインを回し入れて、全体をよくかき混ぜる。赤ワインのアルコールをしっかりと飛ばしてから、納豆を加える。(6)(5)がよく混ぜ合わさったところで、塩、コショウを加えて味を整える。(7)(6)にごはんを加え、木べらなどで具材を崩しながら、全体を手早く炒め合わせれば完成。 ★Point レーズンとナッツを加える「レーズンの甘みとやさしい酸味が味の深みとなり、ナッツの香ばしさと食感はアクセントになります。ドライカレーをつくるときは、このふたつを加えるのがオススメです」(政治さん) 教えてくれた人マフィオ(平床政治+asaco)平床政治とasaco、夫婦ふたりで手掛けるケータリングユニット。9歳と3歳の女の子、7歳の男の子のパパ&ママで5人家族。音楽家、ナレーターである政治さんの得意な料理を、モデルのasacoさんがブログで紹介したことがきっかけで、食の仕事を始めるように。誰もが手に入れられる身近な食材を使って、子どもでも食べやすい料理を生み出す。雑誌や広告のフードスタイリングをはじめ、ロケ弁やレセプションのケータリング業でも活躍している。Facebook https://www.facebook.com/hiratoko.mafio/ Instagram    https://www.instagram.com/hiratoko.mafio/  ●こちらの記事もおすすめです。[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1859/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1874/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1827/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_261/"]