How To

NEW

クリスマスまでにハンドメイドしたい!「リース」と「スワッグ」づくりに挑戦

クリスマスシーズンを美しく彩る伝統的な飾りといえば「リース」と「スワッグ」ですが、近頃はハンドメイドする方も増えているようです。ハンドメイドは自宅のインテリアに合わせ、自分好みのデザインに仕上げられる上、既製品を購入するよりもリーズナブルなのが魅力。そこで、身近にある道具を使って、誰でも簡単に手づくりできる方法を、ご夫婦でフラワーショップ「花子」を営む黒沼えいこさんに教えてもらいました。手軽につくれて、飾るだけでインテリアや空間が華やぎます。クリスマスが終わってからも飾っておけるデザインなので、気軽にお試しください。 赤と緑の定番カラーも、ちょっとした工夫でよりおしゃれに!針葉樹のクリスマスリース玄関のドアに飾るだけで、クリスマス気分を高めてくれるリース。ここでは3種類の針葉樹を使って、コロンとしたフォルムがかわいらしいリースをつくります。「今回は、街のフラワーショップで手に入れやすく、やわらかくて扱いも簡単なヒムロスギ、ブルーバード、ブルーアイスという針葉樹を使いました。葉の形が少しずつ異なる3種類を使うことで、立体的で美しい仕上がりになります」(黒沼さん) 材料<花材>針葉樹……(写真右から)ヒムロスギ:3本、ブルーバード:2本、ブルーアイス:適量飾り……野ばらの実、ユーカリ、ポプラス、リューカデンドロ、ユーカリテトラゴナ、マンザニータチップ、シルバーモス、ナッツ、ウスネオイデスなどをお好みで。そのほか、どんぐりや松ぼっくりなどを使ってもOKタグ……今回は、完成品に英字が描かれたタグを使用。リボンやお気に入りのオーナメントを飾ってもOK リースの土台……直径15cm麻ひも……4mグルーガン花ばさみ(手のひらに載せたとき、指先から手首までの長さと同じくらいのサイズのものが使いやすい。万能ばさみでも代用可) つくり方(1)針葉樹の枝をそれぞれ15cmほどの長さにカットする。 (2)リースの土台に4mの麻ひもを結ぶ。このとき、飛び出た短い方の麻ひもは、結び目から20cmほど残してカットする。 (3)切り口を合わせた3種類の針葉樹の枝を3本まとめて持ち、リースの上に載せて麻ひもで2〜3回巻きつける。麻ひもはすべての針葉樹を巻き終わるまで切らない。「このとき、麻ひもはきつめに巻くようにします。きつく巻いておかないと、針葉樹が乾燥したときに麻ひもから抜けやすくなってしまいます」(黒沼さん) (4)巻きつけた部分が隠れるように間隔を詰めながら、針葉樹を2~3回に分けて巻きつけていき、少しずつボリュームを出していく。「種類の異なる針葉樹を交互にミックスさせて、立体感のあるリースに仕上げるのがポイントです」(黒沼さん) (5)土台が針葉樹で埋まったらリースを裏返し、巻き終えた残りの麻ひもと、最初に20cm残しておいた麻ひもとを、かた結びしてしっかり固定する。 (6)グルーガンで飾りを固定していく。グルーガン用の接着剤は乾きやすいので、つけたらすぐに、リースに巻きつけた針葉樹の葉と葉の間に飾りを留め固定する。「グルーガンは100円ショップなどでも購入可能です。グルーガン本体は熱くなるので、先端部分などでヤケドをしないよう、取り扱いには注意してください」(黒沼さん) (7)バランスを見ながら飾りをつけ完成させていく。「完成すると、すぐに飾りたくなるものですが、2~3日ほど針葉樹が乾燥するまで平らな場所に置いておくと、きれいな形に仕上がります」(黒沼さん)  好きな花材を選んで束ねるだけ! 初めてでも簡単につくれる季節の植物のスワッグドイツ語で“壁飾り”という意味を持つスワッグ。好みの植物を束ねてつるすだけでお部屋のアクセントになるため、最近、人気を集めています。「リースよりも手軽につくれるので、初めてチャレンジする方にもおすすめです。きれいなドライフラワーに仕上がるよう、植物選びがポイントになりますね」(黒沼さん) 材料<花材>(写真右から)ゴアナグロー、グレビリア、ストエベ、バンクシャ、ユーカリ ブルーボーイ、ユーカリ ニコリ、エリクリシオ、エリカ、フィリカ、キノブラン、リューカデンドロ 麻ひも……1mカラーの麻ひも……1.5m(お好みのリボンやひもなどでも代用可)花ばさみ つくり方(1)植物の下側10cmほどの部位についている葉を手ですべて落とす。「葉が固い場合などは、軍手をはめて作業すると安心です」(黒沼さん) (2)植物は、背の高いものや枝ものなど、硬めのものを後ろ側に、背丈の短いものや立体的な形状のもの、柔らかいものは手前に配置されるよう重ねていく。 (3)バランスよく配置できたら、麻ひもできつくまとめる。さらにその上から、カラーの麻ひもをぐるぐると巻きつけ、蝶結びにする。 (4)茎や枝の長さを切りそろえ、全体のバランスを整える。「長いものは短くカットし、短いものはそのまま切らず、ワイルドな感じにまとめるといいですね」(黒沼さん) (5)つるす際はS字フックを使うと便利。麻ひもにとおして使う。「S字フックがない場合は、針金をとおしてつるしてもいいですよ」(黒沼さん)  おしゃれなフラワーショップなどでよく見かけるリースやスワッグ。花材さえあれば、自宅でも手軽につくれるんです。ドライフラワーになってからでもしばらく楽しめるので、つくりがいがありますね。リビングにつるしたり、玄関先に飾ったりするだけで、一気におしゃれで華やかな空間へと演出してくれます。プレゼントとしても喜ばれるので、お部屋で過ごす時間が増えるこれからの季節、ぜひお試しください。 教えてくれた人黒沼えいこさん夫婦でフラワーショップ「花子」を営む。植物本来の姿を大切にした、日々の暮らしの中での花あしらいを提案するフラワーレッスンも人気。 ●花子 所在地:東京都世田谷区等々力7-11-8-101 営業時間:10:00〜19:00(日・祝は18:00まで) 定休日:火曜(不定休あり) 電話:03-6670-8738 http://www.hanahanahanako.com ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4702/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_1774/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3235/"]

20180622_unnkai

How To

親子で楽しく観賞したい! 全国の「雲海」絶景スポット8選

雲がまるで海のように広がって見える“雲海”。その幻想的な風景を、一度は拝んでみたいものです。でも、山間部などの高地でなければ見られず、しかも、さまざまな気象条件がそろわないと発生しない雲海だけに、子連れで観賞するのは難しそう……と、あきらめているママやパパも多いのでは? そこで、ファミリーでも気軽に観賞できる、全国の絶景雲海スポットをご紹介します。室内から見られるスポットや、ドライブついでに立ち寄れる場所など、全国各地のおすすめ8スポットをピックアップしました。  <北海道>まるで宙に浮かんでいるような展望スポットは迫力満点!1.星野リゾート トマム「星野リゾート トマム」内にある「雲海テラス」は、春夏の期間を中心に営業している標高1088mに位置する雲海展望スポットです。宿泊者はもちろん、日帰りでの利用も可能で、テラスへはゴンドラで13分ほどと、子連れでも移動がラクでスムーズ。日高山脈から流れ込む壮大な雲海は、まさに絶景です!まるで雲の上に浮かんでいるような浮遊感を体験できる「Cloud Pool(クラウドプール)」や、自然の地形を生かした「Contour Bench(コンツアーベンチ)」など、大人も子どもも楽しめる展望スポットがあるのが魅力。2018年の9月には、雲粒のように連なる、大小さまざまなクッションに座れる「Cloud Bed(クラウドベッド)」や、地上3mのイスが長さ13mのバーカウンターに並ぶ「Cloud Bar(クラウドバー)」が新たに加わる予定で、絶景を堪能できる北海道の観光スポットとして、ますます人気が集まりそうです。 ●星野リゾート トマム 雲海テラス所在地:北海道勇払郡 占冠村中トマム(星野リゾート トマム内)電話:0167-58-1111(代表)営業期間:2018年は10月15日(月)まで営業時間:5:00~8:00(6月1日~8月31日)/4:30~8:00(9月1日~9月24日)/5:00~7:00(9月25日~10月15日)※いずれも上り最終乗車時間料金:大人1,900円、小学生1,200円、ペット500円(未就学児は無料)※リゾナーレトマム、トマム ザ・タワー宿泊者は無料※チケット購入当日に限り、何度でも乗車可能。「星野リゾート トマム 雲海テラス」公式サイト:https://www.snowtomamu.jp/summer/  <新潟県>温泉につかりながら親子でゆったり雲海を見られる2.まつだい芝峠温泉 雲海旅館名に“雲海”とつくことからもわかるとおり、ロビーや部屋など宿泊施設のあらゆるところから雲海を一望できる温泉宿。日帰り入浴も可能な展望露天風呂“雲海の湯”からは絶景の雲海を眺められ、まるで雲海に浮かんでいるかのような気分を体感できます。落下防止の仕切りもついているので、小さいお子さん連れでも、お湯につかりながら観賞でき、ママやパパもゆったりと体をほぐせるはず。さらに、ロビーの大きな窓からは越後山脈の山並みを一望でき、タイミングによってはこちら側から雲海を見られることも。客室は洋室と和室があり、ファミリーでも過ごしやすく快適です。温泉がある十日町には“にほんの里100選”にも選ばれた棚田が広がり、その美しい景観を楽しめることでも有名。そのほか、そば打ちなどの味覚体験や押し花などの工芸体験など、雲海観賞以外の楽しみも充実しています。 ●まつだい芝峠温泉 雲海所在地:新潟県十日町市蓬平11-1電話:025-597-3939「まつだい芝峠温泉 雲海」公式サイト:https://shibatouge.com/   【次は北志賀竜王&秩父&千葉県君津の名雲海スポットをご紹介!】 <長野県>快適&おしゃれなカフェから絶景が見える3.北志賀竜王高原 竜王マウンテンパーク SORA terrace長野県の北志賀高原にある「竜王マウンテンパーク」は、標高1770mの雲の上にある「SORA Terrace」から雲海を眺められることで知られています。営業日には、予約なしで利用可能な、長野電鉄・湯田中駅から竜王ロープウェイ間を往復する無料送迎バスも運行していて、アクセスしやすいのもファミリーにはうれしいポイント。登山しなくてもテラスへアクセスできるロープウェイは、166人乗りと世界最大級! 気象条件がそろわないと発生しない雲海の発生率は63.5%と比較的高く、山頂には、登った人しか見ることのできない絶景が広がります。雲海は、下界が曇りや雨など、天候の悪い日の方が発生しやすいのだとか。同じ目線に夕陽が沈むサンセットタイムも幻想的です。2017年には、カフェレストラン「SORA Terrace cafe」がリニューアルオープンし、より快適な雲海観賞を楽しめるように。窓の外に大パノラマが広がるおしゃれな店内には、景色を見渡せるソファスペースやテーブル席などがあり、ファミリーでゆっくり食事を味わいながら雲の動きを観察できます。メニューも充実していて、竜王高原の気候に合わせて焙煎した豆を使ったこだわりコーヒーや、季節限定のソーダなど、地元食材を使ったオリジナリティあふれるご当地メニューが大人気!7月から10月の特定日には、営業時間を延長し、夜景や星空、天の川などを観賞できる“星空ナイトクルーズ”も開催されます。 ●北志賀竜王高原 竜王マウンテンパーク SORA terrace所在地:長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬11700電話:0269-33-7131夏季営業期間:2018年は10月21日(日)まで(※7月2日~6日と9月3日~7日は運休)夏季営業時間:9:00~19:00(上り最終18:40)ナイトクルーズ営業日:7、8、9月は21:00まで、10月は20:00まで夏季料金(ロープウェイ往復乗車券):大人(中学生以上)2,300円 子ども(4歳以上)1,200円 シニア(65歳以上)2,200円「北志賀竜王高原 竜王マウンテンパーク SORA terrace」公式サイト:http://www.ryuoo.com/soraterrace/  <埼玉県>雲海観賞の後は公園で1日たっぷり遊べる!4.秩父ミューズパーク都心からほど近く、気軽に行ける雲海スポットとして知られているのが、埼玉の秩父地方。なかでも人気なのが「秩父ミューズパーク」です。公園のシンボルである展望台と「旅立ちの丘」は、雲海を眺められるスポットとして有名。展望台には専用の駐車場が用意されるので、小さなお子さん連れでも安心です。日の出から朝7時くらいが発生しやすい時間帯で、最も発生率が高いのは11月とのこと。秩父ミューズパークは1日楽しめる大規模な公園なので、早朝に雲海観賞をした後は、家族でアクティブに遊べるのが最大の魅力。夏季はプールを楽しめるほか、キッズ遊具が複数箇所にあり、芝生広場や展望すべり台、サイクルランドなど、たっぷり遊べる施設が充実しています。アウトドア好きのファミリーには、キャンプやバーベキュー、入浴施設までがそろう「PICA秩父」も人気です! ●秩父ミューズパーク所在地:埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518電話:0494-25-1315(秩父ミューズパーク管理事務所)※その他、各種問い合わせはホームページでご確認ください。「秩父ミューズパーク」公式サイト:http://www.muse-park.com/    <千葉県>ドライブついでに立ち寄れる手軽な雲海スポット5.鹿野山九十九谷展望公園千葉の名峰・高宕山など、上総丘陵が連なる山並みを一望できる公園で、“ちば眺望100景”にも登録されています。新緑や紅葉など、四季折々の美しい景色を眺められるほか、秋から冬にかけての早朝には気象条件によって雲海が現れ、隠れた雲海スポットとしても有名。雲海は、雨が降った後の晴れた日に見られることが多いようです。展望公園まではクルマで直接アクセスでき、10台ほどが停められる無料の駐車場やトイレもあるので、ドライブついでに立ち寄ることもできます。館山自動車道の君津ICからクルマで約30分と都心からもほど近く、長い時間歩けない小さいお子さん連れでも気軽に訪れやすいスポットです。 ●鹿野山九十九谷展望台公園所在地:君津市鹿野山東天峪119-1電話:なし駐車場:あり「鹿野山九十九谷展望台公園」公式サイト:http://www.city.kimitsu.lg.jp/site/kanko/2230.html   【次は兵庫&岡山&新穂高の名雲海スポットをご紹介!】 <兵庫県>雲海だけじゃない! 体験プログラムが充実したキッズウェルカムのホテル6.雲海と星空のホテル テラスリゾートasago近隣に民家やコンビニがない、大自然に囲まれた山の上に建つ小さなリゾートホテル。雲海が発生した日は、施設自慢のテラスからその様子を一望でき、朝の4:30〜8:00の間には、無料で参加できる雲海観賞会が開催されています。2017年の雲海発生率は約30%で、3〜4日に1度は雲海を見られたのだとか。夏場はクワガタが飛んでくるという、昆虫好きのお子さんにはうれしいハプニングも楽しそう!また“自然から学ぶ”がコンセプトのホテルでは、ファミリー向けの自然を活かしたアクティビティが充実。雲海観賞以外にもダイナミックな遊びを多数体験できます。ツリークライミングやフォレストアドベンチャー、農業&収穫体験やバウムクーヘンづくりといった食育体験まで、バリエーションは豊富。ホテル内にはボールプールやボルダリングができるキッズルームも完備されているので、雨の日も退屈することなくたっぷり楽しめます。 ●雲海と星空のホテル テラスリゾートasago所在地:兵庫県朝来市八代100-1電話:079-678-9050(代表)「雲海と星空のホテル テラスリゾートasago」公式サイト:https://www.tra-hotel.jp/ <岐阜県>絶景スポットまで移動がラク! 温泉やご当地グルメも堪能できる 7.新穂高ロープウェイ標高2000mを超える山頂まで、子連れでもラクに行ける新穂高ロープウェイは、日本で唯一の2階建てゴンドラ。山頂へは、新穂高温泉駅で第1ロープウェイに乗り、しらかば平駅で乗り継げば、あっという間に到着! 2018年は夏休みシーズンの8月4日〜19日(8日、15日は休止)に、展望台から満天の星空を見られる“星空観賞特別便”も運行します。乗車中は、季節ごとに表情を変えるアルプス山脈の大自然を眺められ、運がよければゴンドラから雲海が見られることも! 山頂の展望台は360度の大パノラマで、その雄大な風景は圧巻の美しさです。気象条件がそろえば、展望台からも雲海を眺めることができ、山頂駅のレストランでは、雲海を表現したそばやうどんなど、ユニークな限定メニューが人気です。また、しらかば平駅には、地元の食材を使ったご当地グルメを食べられるレストランや、のんびりつかれる足湯などがあり、春から秋にかけて散策を楽しめる鍋平高原には、掛け流しの天然温泉露天風呂が。雲海観賞以外にも楽しい施設が充実しているので、家族で自然体験を満喫した後は、温泉でちょっとひと休み、なんていうプチ贅沢を味わうのもおすすめです。 ●新穂高ロープウェイ電話:0578-89-2252営業期間:グリーン(4月1日〜11月30日)、サマー(8月1日〜8月の第4日曜日)、お盆(8月13日〜16日)、紅葉(10月1日〜同31日の土、日、祝日)、ウィンター(12月1日〜3月31日)営業時間:各シーズンで異なる。詳しくはホームページでご確認ください。ロープウェイ所要時間:第1ロープウェイ、第2ロープウェイともに、通し片道所要時間約25分駐車場:あり「新穂高ロープウェイ」公式サイト:http://shinhotaka-ropeway.jp/  <岡山県>有名温泉街からクルマで5分の地元の人気スポット8.大山展望台中国地方きっての湯の里・湯郷温泉からほど近い「大山展望台」。展望台からは、湯郷温泉街や吉野川、遠くには岡山県最高峰の後山(うしろやま)、那岐山(なぎさん)、津山盆地の山々までを見渡すことができ、秋冬には雲海を見られるスポットとして知られています。見ごろは10月~2月にかけての、よく冷え込んだ晴れた早朝(6:30~8:00ごろ)。頂上までの山道を登る途中から眼下にかけて見事な雲海が広がり、その神秘的な眺望は何度でも見たくなる美しさです。展望台は、中国自動車道の美作ICからクルマで10分ほど、湯郷温泉からはクルマで5分ほどの場所にあり、展望台付近には無料駐車場も完備。子連れで早朝のお出かけはなかなかハードルが高い……というママやパパでも、温泉街から近いので、前日に観光を楽しみつつ、いつもよりちょっとだけ早起きするだけで気軽に雲海観賞を楽しめるのが魅力です。また、温泉街の宿泊施設から歩いて行ける鷺湯公園もおすすめ。例年であれば、初夏にゲンジボタルやヘイケボタルが現れ、絶好のホタル観賞スポットとしても人気があります。ホタルが見られるのは5月下旬から6月中旬ごろまで。電車好きのお子さんには、Nゲージの巨大ジオラマがある湯郷鉄道模型館&レトロおもちゃ館もおすすめです。 ●大山展望台所在地:岡山県美作市巨勢656-1問い合わせ先:0868-72-6693(美作市役所経済部商工観光課)駐車場:あり「大山展望台」公式サイト:http://www.city.mimasaka.lg.jp/kanko/miruasobu/kankosisetu/1466066122453.html それぞれ個性のある雲海スポット、いかがでしたか? 雲海の発生条件はその場所によってさまざまですが、見えるのはおおむね早朝や夕方の短い時間帯が多いようです。観察の前後では周辺のスポットにも足を伸ばせるので、雲海観察を通した“親子の冒険”を、ぜひ楽しんでくださいね。 ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3339/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5746/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5677/"]

How To

親子で楽しみながら学べる!「インスタ映えスポット」6選

休日、子どもといっしょにどこへ行こう? と悩むママやパパに向けて、気軽に親子で楽しめて、ついでに学べてしまう素敵なスポットをご紹介します。いずれも、Instagram(インスタグラム/以下、インスタ)で1万件以上のタグ付き写真が投稿されている“インスタ映え”するスポットです!子どものかわいい姿や真剣な表情の写真をSNSでシェアしたり、おじいちゃん、おばあちゃんに送ってあげたりしたら、きっと喜んでもらえるはず。また、写真に残しておくことで、何年経っても思い出として楽しめます。ここで注意したいのは、施設によって撮影できない場所があること。また、撮影可能でも、フラッシュや自撮り棒などが使えない場所もありますので、ルールを守り、他の来場者に迷惑をかけないよう撮影しましょう。 <東京都>原画や映像、スヌーピーのスタチューがお出迎え1.スヌーピーミュージアムハッシュタグ数:80515(2017年12月時点) 米カリフォルニア州サンタローザにあるスヌーピーファンのための聖地「シュルツ美術館」のサテライト施設として、2016年に東京・六本木に誕生した「スヌーピーミュージアム」。なかには、スヌーピーの原画や、約4500枚のコミック誌面でつくられたモザイク画、ヴィンテージグッズなどを展示。スヌーピーカルチャーの歴史を知ることができます。また、シアターでは展示にまつわる映像も視聴可能です。敷地内では、スヌーピーをはじめとしたキャラクターがお出迎え。それらといっしょにインスタも楽しめます。時間ごとに入場できる人数を制限しているので、小さい子どもといっしょでも安心して過ごせるのが魅力です。併設のカフェでは、おいしい軽食やスイーツを用意。スヌーピー関連のステーショナリーや雑貨なども購入できます。展示やメニューなどは半年ごとに入れ替わるので、定期的に訪れたくなるスポットです。 ●スヌーピーミュージアム所在地:東京都港区六本木5-6-20営業時間:10:00~20:00料金:一般2000円、4歳~小学生600円ほか中・高生、大学生料金あり(前売り券あり)http://www.snoopymuseum.tokyo/(C)Peanuts Worldwide LLC 【次のページは】<東京都>大空を飛ぶ!?かわいいペンギンを激写!サンシャイン水族館<東京都>大空を飛ぶ!? かわいいペンギンを激写!2.サンシャイン水族館ハッシュタグ数:75168(2017年12月時点)東京・池袋の高層ビル、サンシャインシティの屋上にある「サンシャイン水族館」のコンセプトは「天空のオアシス」。エリアは「大空の海」、「水辺の旅」、そして、屋外エリアの「天空の旅」に分かれています。オーストラリアのグレートバリアリーフを再現した展示や、頭上をペンギンが飛ぶように泳ぐ「天空のペンギン」、頭上に設置されたドーナツ型水槽にアシカが泳ぐ「サンシャインアクアリング」など、魅力的な展示が用意されています。水槽の向こう側や上方が透けて外が見えたり、屋外などの明るいところにも魚がいるなど、ほかの水族館とは違った雰囲気。魚や動物たちのいきいきとした生態を観察できます。また、ビルのなかにあるため館内での上下移動が少なく、小さな子どもをベビーカーに乗せて来ても安心です。きれいな魚たちといっしょに“天空の空間”でインスタ映えする写真を撮影できます。 ●サンシャイン水族館所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上営業時間:10:00~18:00(11〜3月)、10:00〜20:00(4〜10月)※最終入場は終了1時間前料金:大人2200円、子ども(中学生まで)1200円、幼児(4歳以上)700円http://www.sunshinecity.co.jp/ 【次のページは】<愛知県>世界の民族衣装を子どもに着せて遊べる!野外民族博物館リトルワールド<愛知県>世界の民族衣装を子どもに着せて遊べる3.野外民族博物館リトルワールドハッシュタグ数:49038(2017年12月時点)「野外民族博物館リトルワールド」は敷地が8つのゾーンに分かれていて、世界のさまざまな地域の住居や生活スタイルを体験したり、グルメが味わえたりする施設。なかでも、子ども連れにとって楽しいのが、世界各地の民族衣装を子どもたちといっしょに着られること!たとえば、中南米ゾーンでは、ペルーの民族衣装や王族の衣装、メキシコ舞踊衣裳のフラメンコドレスなどを着られます。このほか、中国、ヨーロッパ諸国、インドやトルコなど、さまざまな国の衣装が用意されています。もちろん、仮装した子どもたちの姿を撮影できるので、インスタ映えも狙えますね。各国のグルメに舌鼓を打ちながら、多種多様の世界感を学べます。 ●野外民族博物館リトルワールド所在地:愛知県犬山市今井成沢90-48営業時間:9:30~17:00(12月~2月は10:00~16:00)料金:大人1700円、子ども(中学生まで)700円、幼児(3歳以上)300円などhttp://www.littleworld.jp/ 【次のページは】<東京都>日本や地球の歴史、自然を楽しみながら学べる!国立科学博物館<東京都>日本や地球の歴史、自然を楽しみながら学べる4.国立科学博物館ハッシュタグ数:42528(2017年12月時点)日本で唯一、国立の総合科学博物館。日本館と地球館とがあり、それぞれに生き物や自然、科学技術に関する多数の展示を楽しめます。たとえば日本館では、日本列島に住むさまざまな生き物や日本人の起源、自然のことを興味深い展示の数々から体系的に学べます。小学生以下の子どもがいる場合、大きなはく製や標本などを間近に見られ、遊びながら学べる人気フロア「親と子のたんけんひろば・コンパス」にも参加できます(入室には整理券が必要。詳細はHPで要確認)。また各常設展示室では、触れることができる実物標本や模型などを使い、展示に秘められたさまざまなエピソードを紹介するプログラム「かはくのモノ語りワゴン」なども実施。インスタ映えする展示のなかで、知的好奇心に目を輝かせている子どもたちの笑顔を撮影できますね。楽しみながら勉強になる施設です。 ●国立科学博物館所在地:東京都台東区上野公園 7-20開館時間:9:00~17:00(金土は20:00まで。入館は閉館時刻の30分前まで)常設展入館料:一般620円、高校生以下無料(特別展は別料金)http://www.kahaku.go.jp/写真提供:国立科学博物館 【次のページは】<埼玉県>電車好きの子どもなら大喜び間違いなし!鉄道博物館<埼玉県>電車好きの子どもなら大喜び間違いなし5.鉄道博物館ハッシュタグ数:33701(2017年12月時点)実物の車両が展示されたステーションと、電車が走る原理や仕組みを科学的に学べる科学ステーションゾーンとに分かれた、鉄道好きのための博物館。小学生から運転できるミニ運転列車や、中学生以上対象のD51シミュレータなどもあり、子どもたちも大喜び!また、2017年7月にリニューアルした総延長1200mの鉄道ジオラマでは、大きなHOゲージが実際に走り回るところを楽しめます。インスタ映えする写真を撮るには、転車台がある1Fの車両ステーションがおすすめ。SLや懐かしの国鉄車両など、多くのレトロ車両といっしょに撮影しましょう。 ●鉄道博物館所在地:埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番営業時間:10:00~18:00(入館は17:00まで)休館日:毎週火曜日、年末年始など料金:一般1000円、小中学生500円、幼児(3歳以上)200円などhttp://www.railway-museum.jp 【次のページは】<東京都>地球や宇宙、最近技術を体験学習できる!日本科学未来館<東京都>地球や宇宙、最近技術を体験学習できる6.日本科学未来館ハッシュタグ数:23975(2017年12月時点)地球環境やインターネット、ロボットなど、さまざまな科学技術を体験しながら学べる施設です。2017年は「インターネット物理モデル2017」、「機械人間オルタ」、「金星探査機あかつきの挑戦」という3つが常設展示に新しく加わりました。インパクトのある大型模型や、リアルにつくられた映像に接することで、最先端の科学技術を体感することができます。小さなお子さんは、体験型の展示を楽しめる「“おや?”っこひろば」などのアクティビティに参加可能。小学校の3、4年生からは、より高度な実験教室に参加できます(要申込)。子どもたちの真剣な眼差しをインスタにアップできそうですね。 ●日本科学未来館住所:東京都江東区青海2-3-6営業時間:10:00~17:00料金:大人620円、18歳以下(6歳以上)210円などhttps://www.miraikan.jst.go.jp/ いかがでしたか? 今度の休日はぜひ、お子さんといっしょにインスタ映えスポットに足を運び、学びながら思い出づくりを楽しみましょう! ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4495/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3246/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_2025/"] 

How To

親子で楽しめる!話題の「ナイトプール」7選

これまで遊園地やホテルなどのプールといえば、日中に楽しむ場所、というイメージがありました。しかし、2016年ごろから「SNS映えする!」として、日が落ちてから楽しむ「ナイトプール」が注目を集めています。また、今年の猛暑の影響もあり、その人気はうなぎのぼり。そして、大人だけでなく子どもも楽しめるナイトプールが、実はたくさんあるんです。ナイトプールには多くのメリットがあります。例えば、日焼けの心配が少なく、夕方からでも楽しい時間を満喫できます。都市部にあるナイトプールなら、仕事を終えた後、子どもと合流してひと泳ぎ、という楽しみ方もできますね。そこで、今回はオムツのとれていない幼児から、中学生までのお子さんと一緒に入れるナイトプールをセレクトしました。 <東京都>駅から徒歩5分! ホテルの屋上ナイトプール1.京王プラザホテル「スカイプール」新宿駅西口から徒歩5分の好立地にある京王プラザホテルの屋上プール。ナイトプールタイムが15時からなのも、子連れにはうれしいところです。プールは、大人用のメインプールに加え、深さが大人のひざ程度で直径6mの幼児用円形プールも用意されています。なお、大人1名に対して子ども4名まで利用できるので(3才以下は無料)、お子さんの多いファミリーでも安心です。また、ナイトプール利用レストランでのディナー&フリードリンクが付いたプランを楽しむのもいいですね。 DATA営業期間:2018年は9月17日(月・祝)まで営業時間:9:00~20:00(入場は19:30まで) 利用料金:平日15:00以降/大人(中学生以上)4000円、子ども(小学生以下)2000円、3歳以下無料ほか(宿泊者は大人2000円、小学生以下は無料)https://www.keioplaza.co.jp/guide/skypool.html   <東京都>ムーディな大人の雰囲気で、子どもたちも楽しめる!2.ホテルニューオータニ 「THE NEW OTANI POOLS」 東京のど真ん中、紀尾井町にあるホテルニューオータニ。広大な日本庭園に囲まれた都内随一の広さを誇るガーデンプールが、18時以降はナイトプールとして楽しめます。特別なリゾート空間を盛り上げるライティングや音楽は、子どもたちのプール遊びだけでなく、大人も非日常へとトリップできます。さらに、プールサイドダイニング「OUTRIGGER(アウトリガー)」では、トロピカルカクテルやおいしい料理も提供。22:00と遅くまで営業しているのも特徴です。デイプランで入場した場合、そのままナイトプールまで楽しめます。なお、おむつ着用が必要なお子さんは、水遊び用おむつの上に水着を着ることで、子ども用プールを利用することができます。また、中学生以下のお子さまには保護者同伴で利用が可能です。 DATA営業期間:2018年は9月16日(日)まで  ※日曜休、ただし8月12日・19日、9月16日は営業営業時間:18:00~22:00(最終入場21:00)利用料金:平日大人1万円、子ども1万円 ほか(宿泊者は大人2000円、子ども1000円ほか) ※子ども:4〜12歳http://www.newotani.co.jp/group/pools/tokyo/    <東京都>ナイトプール&ビアガーデンで夏を満喫できる3.よみうりランド「プールWAI」流れるプールなど5つのプールがある大型の屋外プール施設。夏休み期間は、「ナイトプール&プレミアムビアガーデン」を開催しています。心地よい音楽が流れるプールサイドで、「レストラン ラ・ピシーヌ」のアジアンテイストなフードなどの食べ放題、飲み放題を満喫することができます。もちろん、子ども用にソフトドリンクが付くプランも用意されているので、親子でプールとディナーを楽しめます。 DATA営業期間:9月2日(日)までの金土日および、8月13日(月)〜8月16日(木)営業時間:18:00~21:00(入場は19:30まで)、※スイミングプールは20:40まで利用料金:ナイトプール/大人1500円、子ども(3歳〜高校生)1000円 ラ・ピシーヌ ナイト ビュッフェ(2時間食べ飲み放題)/男性4200円、女性3500円、子ども(小学生以上20歳未満)2000円 ※別途プール入場料500円が必要。 利用人数:4名〜http://www.yomiuriland.com/wai/night_pool/   <神奈川県>21:00まで楽しめる公営プール4.元町公園プール首都圏でおトクに楽しめるナイトプールのひとつが、横浜市公園プールです。公営プールなのでナイター利用料金が1時間300円とリーズナブル。さらに、プールが50m×19mと広く、ゆったり遊べて遊泳コースでしっかり泳ぐこともできます。オムツの取れていない乳幼児は無料で入場できますが、水浴はできないため、ビニールプールを利用する形となります。また、レストランなどはありませんが、スタンドでの飲食は可能。ナイターは18:00〜21:00までなので、ゆっくりとプールで遊べます。夕食は近くの中華街で楽しむ、というのもアリですね。 DATA営業期間:2018年は9月9日(日)まで営業時間:18:00~21:00(最終遊泳時刻20:50)※ 9月3日(月)~9月9日(日)は17:00まで利用料金:ナイター1時間300円 ※小学生は保護者同伴、乳幼児のプール利用は不可http://www.hamapoo.marusei-fep.jp/motomachi/   <大阪府>洞窟や滝を模したプールなど、公営とは思えないほど施設が充実5.鶴見緑地プール大阪府営の大型温水プール施設。洞窟や滝などがあるアミューズメントプールです。9月までは通年営業の屋内プール塔に加え、屋外プールゾーンも解放。流水プールや、小さい子ども向けのジャブジャブ池で遊べます。屋内プール塔には、流れるプールやウォータースライダー、ジャグジープールも完備。ナイトプールは9月いっぱい20:30まで営業、また夏期指定日は8:30から営業しており、夏休み期間は無休なので、思い立ったら気軽にいけるのもうれしいポイントです。 DATA営業時期:9月24日(月)まで(プールは通年営業)営業時間:4月〜9月9:00~20:30(最終入場は20:00)夏期・時間延長期間:2018年8月11日(土)~16日(木)・18日(土)~19日(日)・25日(土)~26日(日)は、8:30〜20:30(最終入場は20:00)利用料金:大人(16歳以上)1200円、子ども・65歳以上の方600円、6歳以下無料※0歳から小学4年生までの子どもがプールを利用する際は、保護者の同伴が必要。保護者1名につき子ども(0歳から小学4年生)3名まで利用可能。http://osakashi.opas.jp/chikubetu/toubu/tsurumi/tsurumiryokuchipool/shisetsu_detail/1359541033581.html  <大阪府>16種類の遊具で楽しめる温泉施設のプール!6.スパワールド世界中の温泉が楽しめる、24時間営業の施設。温泉に加え、家族で楽しめるアミューズメントプールが充実しているのが魅力です。全長150mのチューブを、高速疾走するスライダー「パニックトルネード」や、小さな子どもが楽しめる「スパプーキッズ」を用意、0歳から年齢ごとに楽しめる16種類の遊具で、子どもたちも大満足すること間違いなしです。飲食の持ち込みはできませんが、館内のフードゾーンが充実しているのでお子さんと一緒に1日ゆったり楽しめます。DATA営業期間:8月25日(土)までと9月の指定日(プールは通年営業)営業時間:プール/平日10:00~19:00、土日祝10:00〜22:00<8月25日(土)までの連日、9月の毎週土曜と、16(日・祝)、23(日・祝)は朝5:00まで>スパプーキッズ/平日10:00〜18:30、土日祝 10:00〜21:30<8月25日(土)まで>利用料金:大人1200円~、12歳未満1000円~ほか※別途、一部有料アトラクションありhttp://www.spaworld.co.jp/pool/   <沖縄県>子どもといっしょにスライダーで遊べるリゾートホテルのプール7.ルネッサンス リゾート オキナワ那覇空港からクルマで約50分。恩納村にあるリゾートホテルでもナイトプールを楽します。利用できるのは、屋外にあるアウトドアプールと、屋内のインドアプール。それぞれウォータースライダーを備えるほか、水深50cmの子ども用プールを利用できます。また、アウトドアプールには大型の日除けが設置されており、お子さんと一緒に強い日差しを気にせず遊べるのも魅力です。 DATA営業期間:7月〜9月(プールは通年営業)営業時間:7月〜9月8:00~21:00(アウトドアプール)、9:00~22:00(インドアプール)利用料金:大人3240円、子ども(小学生未満)2160円、宿泊者無料http://renaissance-okinawa.com/   ●こちらの記事もオススメです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5171/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3991/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1901/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1512/"]