ニクイねぇ!調査隊

年末大掃除の実態が判明「家族仲を良くする大掃除のツボ」調査

年末の風物詩である大掃除を前に、ニクイねぇ!PRESS編集部は20~60代のパートナーと同居する男女937人を対象にした「家族仲を良くする大掃除のツボ」調査を実施。大掃除の実施予定から大掃除に関するパートナーの評価まで、大掃除にまつわるあれやこれやを明らかにしました。おもな調査結果は以下の通りです。 ■今年の大掃除 ホンネとタテマエまず、年末の大掃除について聞いてみました。 今年の年末の大掃除73.4%が実施予定あり。妻よりも夫の方が大掃除実施予定が高い今年の大掃除について、3.4%は既に「実施済み」ですが、全体の73.4%が「予定あり」で、「予定なし」(23.2%)を大きく上回っています。大掃除をする予定なのは、妻(70.5%)より夫(76.3%)の方が多く、子どもと同居なしの家庭(69.9%)より同居ありの家庭(75.9%)の方が大掃除の実施予定が高くなっています。年代別では30代の実施率が80.5%ともっとも高く、以降は低下傾向を示しています。また、掃除が好きと答えた人では81.7%が大掃除をする予定で、きれい好きな方だと答えた人も75.5%が大掃除をする予定です[図1]。 年末恒例の大掃除…とはいえ、ホンネは気乗りしない。大掃除に積極的なのは妻よりも夫7割以上が実施する予定の大掃除ですが、気乗りするかどうかといえば、3人に2人が「気乗りしない」(64.5%)と答えています。掃除好きを自認する人でも46.3%が「気乗りしない」と答えており、やらなくちゃと思いつつもやりたくないのがホンネのようです。男女別では、夫の方が大掃除に対して積極的。「気乗りする」妻は3割以下(29.7%)なのに対し、夫の4割は「気乗りする」(41.4%)と答えています[図2]。 大掃除、できれば家族の誰かに託したいホンネでは気乗りしない大掃除。掃除好きを自認する人は、7割が「自分でやりたい」(70.7%)と積極的ですが、全体の約半数は「できれば家族の誰かに託したい」(50.8%)と消極的です。年代別でみると、20代は6割が「自分でやりたい」(64.4%)と答えていますが、年代が上がるにつれ、自分でやる意欲は低下傾向を示しています。実際は、20代はほかに託せる家族いないから自分でやるしかないようで、子どもの成長などで家族が増えると、家族に託したい意向も高くなると考えられます。なので、子どもが独立した60代は、自分でやる率がまた増えています。[図3]。 実は妻よりも大掃除をする意欲(予定)が高く積極的で、やる気満々な夫。今年の大掃除は、夫を上手におだてて(?)楽しく済ませたいものですね。 ■大掃除における夫婦の関係性次に、掃除に関する夫婦の考え方やパートナーに対する評価について調べてみました。 家族仲を左右するお掃除問題。掃除の手伝いはパートナーのご機嫌伺いに効果バツグン!家族の掃除の分担について、夫(38.4%)も妻(32.9%)も3割以上が「家族仲を左右する問題」と受け止めています。お掃除問題は、家族の関係性に少なからず影響を与えるようです[図4-1]。 家族問題に発展するかもしれない掃除ですが、パートナーが掃除を手伝ってくれると、夫は8割(81.0%)、妻は9割近く(88.5%)が 「うれしい」と答えています[図4-2]。掃除を手伝うことは、パートナーのご機嫌伺いに最適な手立てといえそうです。 大掃除、夫は妻に満足。でも妻は夫に不満アリ!?手伝ってもらえるとうれしい掃除ですが、パートナーの大掃除の取り組みについてどう思っているのか、それぞれに聞いてみました。夫は妻の大掃除について6割近くが「自ら気づいて掃除してくれる」(59.1%)と手放しで高評価ですが、妻は夫の大掃除について「お願いすると快く掃除してくれる」(31.2%)と一応の評価はするものの、妻たちの2割は、夫は「掃除してくれないし、そもそもお願いもしない」(20.1%)とあきらめ気味です[図5-1]。 パートナーの大掃除に対する満足度を聞くと、夫は妻の大掃除に対して「とても満足している」(35.4%)がもっとも多く、9割近くが「満足」(88.1%)しています。一方、妻は、夫の大掃除に対し「どちらかといえば満足」(25.4%)や「どちらかといえば不満」(20.5%)が多く、約4割が「不満足」(38.9%)な状況です[図5-2]。 妻が主導しがちな自宅の大掃除。ただし「物置」と「エアコンのフィルター」は夫の掃除率が高いパートナーとの間に温度差のある大掃除ですが、まず、大掃除をする場所は「リビング」(62.5%)、「寝室・個人の部屋」(56.5%)、「お風呂の浴槽」(53.5%)などです。その中で、夫が優先的に大掃除するのは、「お風呂の浴槽」(48.4%)、「お風呂の床や壁、天井」(46.3%)、「リビング」(43.1%)、「エアコンのフィルター」(42.9%)、「窓・網戸」(42.0%)、「テレビの裏側」(40.5%)。それに対して、妻は「リビング」(82.1%)、「キッチンの流し/シンク」(80.6%)、「キッチンコンロ」(79.7%)、「寝室・個人の部屋」(75.6%)、「トイレ」(73.9%)、「洗面所・脱衣所」(72.2%)を優先的に大掃除します。ほとんどの場所で妻の割合が高めですが、「屋外の納戸・物置の中」(26.4%)と「エアコンのフィルター」(42.9%)は夫の掃除率が高いポイントです。[図6]。 ふだんより大掃除の時によく掃除する大掃除ポイントは、「換気扇」「キッチンコンロ」「カーテンレールの上」「窓・網戸」“大掃除をする場所”と“普段から掃除する場所”のスコアを比べてみると、“普段から掃除する場所”の方がスコアが総じて高めです。その差を見てみると、「換気扇」(普段51.0%、大掃除48.5%、差2.5pt)、「キッチンコンロ」(普段57.0%、大掃除50.2%、差6.8pt)、「カーテンレールの上」(普段46.1%、大掃除39.3%、差6.8pt)、「窓・網戸」(普段56.6%、大掃除49.3%、差7.3pt)は両者の差が小さく、普段ではなく大掃除のときに掃除する“大掃除ポイント”であることが推測されます[図7]。  パートナーにしてもらいたい大掃除ポイント。夫が妻に望むのは「キッチンコンロ」、妻が夫に望むのは「窓・網戸」大掃除の時に、パートナーが掃除してくれたらとても助かると思う場所を聞くと、夫が妻に望むのは「キッチンコンロ」(21.3%)、「換気扇(レンジフード含む)」「キッチンの流し/シンク」(同率21.1%)、「トイレ」(20.3%)の順。妻が夫に望むのは、「窓・網戸」(46.6%)、「お風呂の床や壁、天井」(45.5%)、「換気扇(レンジフード含む)」(44.4%)の順となりました[図8]。[図4-2]の通り、掃除の手伝いはパートナーのご機嫌伺いに最適な手段。せっかく手伝うのなら、喜ばれる場所を選ぶのが得策。忘年会続きで不機嫌な奥さまのご機嫌をとりたいのなら、「窓・網戸」「お風呂」「換気扇」の大掃除を買って出るのがオススメです。 掃除の三大ストレスは、「隙間のゴミを取り切れない」「テレビ裏のコードが邪魔」「高いところのゴミがとれない」掃除に関してストレスを感じるポイントを聞いた結果、「隙間にあるゴミをきれいに掃除できない」(81.8%)、「テレビの裏側のコードが掃除の邪魔になる」(81.3%)、「高いところにあるゴミをきれいに掃除できない」(79.7%)がお掃除三大ストレスとなりました。夫より妻の方がストレス度は総じて高めですが、夫は「テレビの裏側のコードが掃除の邪魔になる」(74.8%)に最もストレスを感じるのに対し、妻は「高いところにあるゴミをきれいに掃除できない」(90.4%)にストレスを感じています[図9]。 お互いに協力しあうだけで家族仲が良くなる大掃除。掃除で部屋もきれいになって、家族仲も良くなるなんて、いいことずくめですね。この年末、家族みんなで協力しあって大掃除をしてみてはいかがでしょうか。 調査概要 調査時期:2015年12月11日(金)~12日(土)   調査方法:インターネット調査  調査対象:パートナーと同居する20歳〜69歳の男女937人  調査主体:三菱電機株式会社 

How To

掃除機の電源コードは「全部出して使う」が正解!その理由は?

 掃除機の電源コードを引っ張り出すと、黄色と赤色のテープが巻き付いているのを目にします。その本当の意味を知っていますか? 「もうすぐ終わり」という意味もありますが、もっと大事な理由があるのです。 ■電源コードの印はそれぞれ大事な意味がある掃除機の電源コードにつけられている黄色と赤色のテープは、JIS(日本工業規格)で定められているものです。その歴史は古く、例えば、三菱電機の掃除機の場合、1976年(昭和51年)12月の「電気掃除機JIS C 9108」の改定を受け、1977年以降に発売された製品には黄と赤の印が電源コードにつけられていました。昔からつけられていたので、電源コードに黄色と赤色のテープがついていることは、知っている方も多いのではないでしょうか。赤色と黄色のテープには、ちゃんと理由があるんですよ。 ■赤色のテープは警告のサイン赤色のテープは「もうすぐ終わり」という印であるとともに、「それ以上引きのばしたら断線などの故障の原因になりますよ」という警告のサインでもあります。赤い印が出たら、そこからのばすのはやめておきましょう。無理矢理引っ張ってグイグイ最後まで出すと、断線の危険性があります。 ■黄色のテープにはどんな意味が?黄色のテープは、実は「ここまでなら電源コードを引き出せる」という意味なのです。ゴミを吸うとき、モーターが高速回転して熱を持ち、電源コードも熱くなりますが、コードを引き出すと熱がこもりにくくなります。また、コードを黄色テープまで引き出すと、本体が軽くなり、掃除機の引回しや、高所掃除のときに本体の持上げも楽になります。 【こちらの記事もオススメです】[glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_1972/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_1755/"]

ニクイねぇ!調査隊

持っている家庭は2割。「はたき」はもう役に立たないの?

はたきがあるのは5世帯のうち1世帯かつて、昭和の家庭では一家に一本あるのが当たり前だった「はたき」。最近、めっきり見かけなくなった気がしませんか? 2014年にリビングくらしHOW研究所が全国の女性を対象に行った調査(*)によれば、はたきを持っている人は21.5%。およそ5世帯のうち1世帯にしかはたきがない時代になっているのです。はたきが家庭で使われるようになったのは、江戸時代のこと。当時のはたきは絹や紙などを裂いて竹に結びつけたもので、 “サイハライ”と呼ばれて塵払いに使われていました。絹は静電気を起こしにくく、滑らかでまとわりつきにくいため、いまでも絹のはたきは作られています。桟や欄間、障子など、雑巾では掃除しにくかったり、濡らしてはいけない場所が多い日本家屋では、はたきはチリやホコリを落とすために便利な道具でした。が、住環境が西洋化し、さらに高気密化が進むにつれ、ホコリが舞うのを避けたいということもあってはたきを使う人が減少。ハンディモップやさまざまなワイパーなどの拭き掃除ツールが広く使われるようになり、いまに至ります。使い方しだいでは今も“使える” 道具ただ、はたきの持つ特徴を改めて見直してみると、使い方によってはやはり便利なことに気づきます。まず、天井に近い場所や、棚の上、照明のシェードの裏側といった、拭き掃除がしにくいところのホコリを簡単に落とせます。棚と棚の間など、モップが入らないようなごく狭い隙間に差し込むこともできます。多少ホコリが舞っても、窓を開けて掃除をするぶんにはあまり気にならないという人なら、はたきはいまでも“使える道具”なのではないでしょうか。また、はたきはお店で購入するだけでなく、「自分で作ってみる」という手もあります。細長い棒に、着なくなった洋服などを短冊状に切って結え付ければ、カラフルな“マイはたき”のできあがり。家族と一緒に、工作感覚で作ってみるのも楽しいですね。掃除の基本、「上から下へ」ではたきがけはたきをかける際になにより大切なのは、掃除の基本中の基本である「上から下へ」のルール。天井付近から、エアコンの上、本棚の上、照明のシェードなど、上から下へと順番にホコリを落としていき、最後に掃除機で床にたまったホコリを吸い取ります。それが終わったら雑巾やワイパーなどで拭き掃除、という流れです。かつて日本家屋が主流だった頃とは大きく変化を遂げ、現在の住宅は気密性が高く、西洋に近い住環境に変わりました。マンションなど集合住宅に住む人も多くなり、掃除機はどんどん高機能で便利に。そんな中で、江戸時代からほぼ同じ形状のままのはたきがいまも活躍し、昔から受け継がれてきた「上から下へ」の鉄則も変わりません。最新の掃除ツールを便利に使いこなしながら、昔ながらの知恵や道具も使えるものは使う。そんな“ハイブリッドお掃除”が、実はいちばん効率が良いのかもしれませんね。(*)=データ出典:リビングくらしHOW研究所「 (女性/2014年/全国)掃除についてのアンケート」http://www.kurashihow.co.jp/admin/wp-content/uploads/2014/03/b34b148e50a3439a23ef15e5d7e892a1.pdf