実感レポ

NEW

油なし? 油少なめ? 唐揚げはどのつくり方がおいしい? 

簡単なようで奥が深い料理、それが唐揚げ。子どもが大好きな定番メニューですが、シンプルだからこそ実は難しく、“油で揚げる”手間がかかり、後片付けも大変。また、健康上の理由などで、油をできるだけ使いたくないという人も多いですよね。そこで今回は「なるべく油を使わない」または「まったく油を使わない」、簡単でヘルシーな唐揚げのつくり方を探ってみました。今回試したのは、以下の4つの方法です。果たして、おいしく仕上がるのはどれでしょう?1:フライパンで油少なめで揚げる2:トースターで薄く油を敷いて調理する3:電子レンジで油なしで調理する4:IHクッキングヒーターの熱風循環加熱式グリルで油なしで調理する ●下ごしらえ唐揚げにはいろいろなつくり方がありますが、今回はスーパーマーケットなどでよく見かける一般的な唐揚げ粉を使用。鶏モモ肉をひと口大に切ってビニール袋に入れ、唐揚げ粉を入れてよく振り、3分ほど置いて調理実験開始です。鶏モモ肉はひと口大にカット袋に唐揚げ粉を入れてシャカシャカ振っただけ 1. フライパンで油少なめで揚げる【評価:△】後処理が面倒だけれど、油で揚げた食感は楽しみたい……ということで、フライパンに油を少なめに張り、じっくりと揚げる方法を試してみました。この方法のポイントは、肉を切るときに分厚くしないこと。真ん中がどうしても火がとおりにくいため、少し薄めに切るとうまくいきます。フライパンに深さ5mmほどの油を入れてじっくり揚げるカリッとした仕上がりに。ただし火加減のコツをつかむのが難しい薄めに切った唐揚げはカリッと仕上がりました。ただ、油が少ないので、火加減が難しいのです。温度が高すぎると表面だけがすぐに焦げてしまい、中心は生焼けになることも。逆に、火を弱くするとカリッと揚がらず、油っぽくなってしまいます。コツをつかむまでちょっと苦労するかもしれません。結論:火加減の調節が難しく、肉を薄くしないと火がとおりにくい【評価:△】  2. トースターで薄く油を敷いて調理【評価:○】アルミホイルにサラダ油を薄く塗り、その上に鶏モモ肉を置いてトースターで焼いてみました。途中、サーモスタットが働いて何度か止まりつつも、15分ほどで焼き上がりました。一度クシャッと丸めて広げ、凹凸ができたアルミホイルに薄く油を敷き、鶏肉を載せて焼く上側はカリッとしていて、中もジューシー! ただし、下側に油が……上の部分はカリッとしていていい感じ。中の肉もなかなかジューシーで、意外にも思っていたよりおいしく感じました。ただ、下側が油でちょっとベタっとしてしまっているのが残念。ここは、追加で3分ほど電子レンジをかけ、さらに表面をトースターで加熱するとカリッと仕上がります。結論:上側がカリッとして、中はジューシーでおいしい! でも下側が油っぽくなりがち【評価○】  3. 電子レンジだけで油なし調理【評価:×】電子レンジのお皿の上にクッキングペーパーを敷き、その上に鶏モモ肉を並べ、油を使わずに加熱してみました。最近は、電子レンジでの油なし調理用唐揚げ粉も売っていますが、今回は(1)〜(4)ともすべて同じ、一般的な唐揚げ粉を使います。加熱が終わり、電子レンジから出してみて驚いたのは、キッチンペーパーにしみ出ている肉の脂が多いこと。さらに、肉の表面からも脂が流れ出ています……。電子レンジで4分ほど加熱。調理時間は短い油を使ってないのに、やたらと油っぽい!食感はとてもやわらかく、食べやすいのですが、カリッとした感じはありません。お店で買ったお総菜の唐揚げを紙袋に入れて持ち帰り、ちょっと時間を置いたかのようなしんなりした感じです。油は一切使っていないのに、とても油っぽく感じました。電子レンジでの油なし調理用唐揚げ粉を使えば、もっとおいしく仕上がるのかもしれませんが……。結論:カリッとしない。油を使っていないのに一番油っぽく感じた【結論:☓】  4. IHクッキングヒーターの熱風循環加熱式グリルで油なし調理【評価:◎】最近、わが家で唐揚げといえば、三菱電機のIHクッキングヒーターに搭載されているグリルを使って調理したもの。熱風循環加熱方式で、余分な肉の脂を落としながら簡単においしく仕上がります。わが家にはほかにもノンフライ調理家電がいくつかあるのですが、最近はこればかり使っています。そんな愛用のグリルの網に肉を置き、油を使わず加熱スタート。余分な肉の脂がぽたぽたと落ちていき、見た目にもヘルシーな感じがします。落ちた脂は網の下に敷いておいたアルミホイルごと捨てればいいので、後片付けも簡単。グリルはただ焼くだけだと思っていたけど、実はこんな調理もできるんです。三菱電機のIHクッキングヒーターは、熱風循環加熱式グリルを搭載したタイプがおすすめ表面はカラッとしていて、中はとてもジューシー。おいしいです!外はカリッと、中はやわらかくジューシー。ノンフライとは思えない食感です。子どもたちはこの唐揚げが大好きで、よくリクエストされます。肉を裏返したり、つきっきりになって見ていたりする必要もなく、おまかせでおいしく仕上げてくれ、しかもグリルが大きいから一度にたくさんの量ができるので、忙しいときにはとくに助かります。結論:油を使わずヘルシーなのに、揚げたかのような仕上がり!【評価◎】  ノンフライ唐揚げがわが家の定番に上手に油で揚げた唐揚げは、もちろんおいしいですよね。ただ、ついつい長く揚げすぎてジューシー感がなくなるなど、毎回、思いどおりに仕上げるのはなかなか難しいもの。また、油で揚げるとどうしても、上の写真のように油が飛び散ってしまい、後片付けもいろいろと面倒です。そんな理由もあり、個人的にはまったく油を使わない(4)のノンフライ唐揚げがおすすめ。いまではもうすっかり、わが家の定番になっています。ぜひいろいろと試してみて、好みの唐揚げを見つけてください! 文・写真/石井和美フリーライター・家電プロレビュアー。子ども2人と夫の4人家族。白物家電や日用品の製品レビューを得意としている。Webや雑誌などで多数執筆中。家電blog(http://kaden-blog.net/)管理人。 ●こちらの記事もおすすめです![glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_644/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_1124/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1118/"]