How To

NEW

パパが子どもと楽しくお留守番する5つのテクニック

ママのひとり時間を確保するためや、共働き家庭が多くなっていることなどから、パパがお子さんとふたりきりでお留守番をする機会が増えています。平日はなかなかお子さんとゆっくり過ごせないパパにとって、休日のお留守番は親子の絆を深める貴重な時間にもなります。しかし、よく耳にするのが「間が持たない……」というパパの悩み。そこで、パパとお子さんのお留守番タイムがもっと楽しくなる5つのテクニックをご紹介します。父親目線で「楽しい!」と思える遊びやアイデアをうまく取り入れて、親子時間を思いきり堪能しましょう! 1.事前に連絡事項を確認しておく毎日育児、家事に携わる時間が多いママに比べると、仕事で多忙なパパが1日お留守番するとなると、わからないこともたくさんあるはず。しかしその都度、不明点を出先のママに連絡して聞いていると、ママの負担になってしまいます。食事やお昼寝の時間、育児関連グッズの置き場所など、必要なことは前もって確認しておきましょう。事前に夫婦でコミュニケーションをとることで、ママとパパそれぞれの心配事が減り、お留守番がよりスムーズに。その際、忘れないようにメモをとっておくと、より安心です。  2.パパならではのアクティブな遊びを楽しむパパの武器といえば、やっぱりパワフルさ。ママにとってはちょっとハードルの高い体力のいる遊びも、パパならお手のものというものがたくさんあります。パパと密に遊べるこの機会を有効利用し、サッカーや野球、スケートボードや自転車など、体を使った外遊びを思いっきり楽しんでみましょう。これを機に、パパと共通の趣味ができ、新たなコミュニケーション手段が生まれるかもしれません。  3.子連れの仲良しパパ友を誘って親子にぎやかに遊ぶ幼稚園や保育園のお友だちを誘って、みんなで遊んだら楽しいだろうな……と考えつつも、パパにとって普段あまりコミュニケーションのないママ友やパパ友もいっしょとなると、精神的なハードルが高くなりますよね。そういったときは、パパ自身が仲のいい友だち親子を誘って遊ぶ、というのもひとつのアイデア。パパの友だちベースの親子なら、パパ同士も気兼ねすることなく、子どもたちもワイワイにぎやかに遊べるので、親子ともども楽しい時間が過ごせますね。  4.LINEやメールでママに様子を伝える日ごろ、長い時間をお子さんと過ごしているママにとっては、パパとお子さんだけのお留守番は、何かと心配事がつきものです。ごはんはちゃんと食べたかな? 楽しく遊んでいるかな?……など、そわそわして落ち着かないというママも少なくないはず。そこで、パパからママへ、スマホで動画や写真つきのメッセージを送り、楽しそうな様子を報告してあげましょう。パパとお子さんが楽しんでいる様子がわかれば、ママはより安心してつかの間のプライベートタイムを楽しめるはずです。  5.部屋をきれいに片づけておくパパとの楽しい時間を満喫したのはいいけれど、ママが帰ってきてみると、おもちゃは散らかり放題、食事も食べっぱなしで部屋はカオス状態……。これでは、せっかくリフレッシュしたママもがっかりです。たっぷり遊んだ後は、パパとお子さんで協力し、しっかり部屋の片づけもしておきましょう。「片づけをがんばったら、きっとママ助かるよね」といった具合に、親子でタッグを組み、ママの喜ぶ顔を目標にがんばることで、楽しみながら片づけができ、お子さんも達成感を感じられるでしょう。  ●こちらの記事もおすすめです[glink url="/howto/post_4681/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1623/"][glink url="/howto/post_3068/"] [glink url="/howto/post_954/"]