ニクイねぇ!調査隊

日本人の9割が、夏の温暖化の進行を肌感覚で実感! 夏の暑さとエアコンに関する意識と実態調査

文/ニクいねぇ! PRESS編集部 写真/PIXTA

2016.07.22

ニクイねぇ!PRESS編集部は、全国47都道府県の20~50代の男女2,350人を対象に、夏の暑さとエアコンに関する意識と実態調査を実施しました。今日は、二十四節気でもっとも暑いとされる「大暑」の日(2016年は7月22日金曜日)。今年の夏は観測史上まれに見る猛暑といわれるなか、体感する暑さ事情を探ってみました。主な調査結果は以下の通りです。

 

9割が実感! 温暖化がすすむ日本の

・日本人の約9割が「この10年で夏の気温が上昇した」(87.3%)と実感

・夏、過ごしやすい快適県は、「北海道」(67.8点)、「岩手県」(62.6点)、「青森県」(59.6点)の北国3県

・夏、過ごしにくいワースト県は、「大阪府」(39.8点)、「群馬県」(40.8点)、「愛知県」(41.2点)の順

 

暑さや寒さを言い出せない 日本人の半数以上が隠れ暑がりさんと隠れ寒がりさん

・日本人の約7割(66.2%)が夏の自称暑がりさん。20代・30代男性に多い

・日本人の2人に1人(52.2%)は、夏、暑くても暑いと言えない“隠れ暑がりさん”

・一方、日本女性の4人に3人(74.9%)は、夏、冷房で冷えすぎて寒くても寒いと言えない“隠れ寒がりさん

 

自宅でもオフィスでも、働いている時も寝ている時も、夏につきものの冷房トラブル

・夏の冷房トラブル。最も多いのは「就寝中の冷房による体調不良」(47.3%)

・30代女性(59.1%)、20代男性(52.9%)、20代女性(52.7%)など若い世代に多い

・日本人の4割は「オフィスの冷房による体調不良」(41.6%)を経験。30代女性は約半数(51.1%)

 

夏のエアコン、ご当地あるある エアコン派よりクーラー派が多い沖縄県

・夏に過ごしやすい北海道・東北は、夜寝るときにエアコンをつけなくてもOKで、クーラー病のことを知らない人が多い

・沖縄では室内の温度や湿度を調整する家電のことを「エアコン」(32.0%)ではなく「クーラー」(68.0%)と呼ぶ

・沖縄にはヤモリの侵入を防ぐ「ヤモリガード」付きのエアコンがあり、沖縄県民の半分が認識している沖縄の常識

調査方法:インターネット調査  

調査対象:47都道府県の20代〜50代の男女2,350人(各県50人ずつ、男女各1,175人) 

 

 

夏の暑さの感じ方

 

観測史上まれに見る猛暑といわれる今年の夏。夏の暑さについて日本人がどう感じているのか調べてみました。

 

日本人の9割近くが「夏の気温上昇」を実感。肌感覚で実感する地球温暖化問題

地球規模で取り組むべき温暖化問題。どの程度温暖化を実感しているのか、この10年間の夏の気温について聞くと、約9割が「気温が上昇している」(87.3%)と感じています。

年代別ではあまり差はありませんが、男女別で見ると、男性(83.7%)より女性(90.8%)の方が温暖化をより強く感じているようです[図1]。

図1

 

夏の空気が快適な地区第1位はやっぱり北海道。岩手、青森、秋田、宮城など避暑するなら東北・北海道

年々暑さが増していると、誰もが感じている日本の夏。そんな日本に、夏を快適に過ごせる地域はあるのでしょうか? 

現在住んでいる地域の夏場(6〜9月頃)の過ごしやすさを100点満点で聞いたところ、最も得点が高かったのが最北端の「北海道」(67.8点)で、次いで「岩手県」(62.6点)、「青森県」(59.6点)の順となり、日本の夏は北国で過ごすのが理想的と言えそうです。

一方、夏が快適に過ごせないワースト地区に選ばれたのが「大阪府」(39.8点)で、ベスト1の北海道とは30点近くもの大差がついています。以下「群馬県」(40.8点)、「愛知県」(41.2点)の順となっています。最南端の「沖縄県」(43.8点)はワースト5位ですが、日本の首都「東京都」(43.4点)はワースト4位となり、沖縄よりも過ごしにくいヒートアイランドになっています[図2-1]。

図2-1

 

ちなみに、冬場(11月〜2月頃)過ごしやすいのは、「宮崎県」(65.4点)、「和歌山県」(64.2点)、「沖縄県」(63.4点)と暖かそうなイメージの県がベスト3に選ばれています[図2-2]。

図2-2

 

 

日本人の暑がりさん実態

 

夏の日本人は、7割近くが“自称・暑がりさん”。20代・30代の若い男性は暑がり意識が高い

ラニーニャ現象で記録的猛暑が予報されている今年の夏。最もダメージを受けそうなのが、暑がりな人たちです。

夏場(6〜9月頃)に自分が周りの人とくらべて暑がりな方か聞いてみると、66.2%が「暑がりな方」と答えており、日本人の7割近くが“自称・暑がりさん”ということがわかりました。男性は約7割(69.5%)が自称暑がりさんですが、冷え性や寒がりのイメージが強い女性でも62.9%が暑がりを自認しています。年代別では、20代(73.6%)・30代(76.1%)男性は暑がりが多く、40代(58.9%)・50代(61.0%)女性は暑がり意識が低くなっています[図3-1]。

図3-1

 

一方、冬場(11月〜2月頃)の“自称・寒がりさん”は全体の57.4%です。男性は半数以下(46.3%)ですが、女性は約7割(68.6%)が“自称・寒がりさん”です[図3-2]。

図3-2

 

暑くても寒くても言い出せない日本の夏?! 女性の2人に1人が“隠れ暑がりさん”、さらに4人に3人は“隠れ寒がりさん”

暑がりさんが多い日本の夏ですが、「私、暑いんです」とは言いづらい場合もあります。夏場に「周囲の人は冷房で涼しそうにしているので、自分が暑いと言い出せない」かどうか聞くと、全体の約半数(52.2%)が言い出せない経験があり、日本人の2人に1人が“隠れ暑がりさん”です。暑がりと思われるのが恥ずかしい、という女心の表れでしょうか。男性(51.3%)よりも女性(53.0%)の方が隠れ暑がり度がやや多くなっています[図4-1]。

図4-1

 

逆に、夏場に「冷房が効きすぎて寒いが、冷房温度が調整できずに困る」と感じるかどうか聞くと、女性の4人に3人にあたる74.9%が、男性でも2人に1人(55.7%)が寒すぎて困ると感じながらも言い出せない “隠れ寒がりさん”です[図4-2]。

図4-2

 

 

夏の冷房、健康トラブル

 

隠れ暑がり・隠れ寒がりが多い日本の夏。冷房が原因で体調を崩す人が約半数も

本当は暑いのに、実は寒いのに…と感じていてもなかなか言い出せない、隠れ暑がりさん・隠れ寒がりさんが増える日本の夏。冷房が原因で体調を崩す人も少なくないようです。

夏場の冷房が原因で体調を崩した経験を聞くと、「自宅で就寝中、冷房を効かせすぎていたために体調を崩す」(47.3%)が最も多く、半数近くが経験しています。また、「勤務先・職場の冷房が効きすぎていたために体調を崩す」(41.6%)も少なくなく、4割が経験しています。年代別に見ると、若い世代の方が冷房により体調を崩す割合が高くなっています[図5]。

図5

 

寝ているときの冷房で体調を崩しやすい若い世代

就寝中の冷房が原因で体調を崩しやすいのは、30代女性(59.1%)、20代男性(52.9%)、20代女性(52.7%)など若い世代に多くなっています。

エリア別では「九州地方」(52.3%)が多く、夏でも冷房をあまり使わない「北海道」(24.0%)は少なく、九州地方の約半分です[図6-1]。

図6-1

 

オフィスの冷房で体調を崩しやすいのは女性。30OLでは2人に1人が経験あり

オフィスの冷房が原因で体調を崩しやすいのは、男性(37.6%)よりも女性(45.6%)に多く、30代女性では約半数(51.1%)が体調を崩しています。エリア別では南国で暑そうな「四国地方(36.5%)や「九州地方」(37.5%)は意外と少なく、「関東地方」(44.9%)が最も高くなっています[図6-2]。

図6-2

 

 

エアコン、ご当地あるある

 

今回の調査は、47都道府県別に各県50人ずつを対象に調査を行っています。調査結果から浮かび上がった、ご当地ならではの特徴的な項目“エアコンあるある”をご紹介します。

 

日本人の85%が知っているクーラー病。夏場過ごしやすい北海道・東北の認知率は7割と低い

クーラー病(冷房病)は、冷房が強く効いた場所に長時間いたことで自律神経が乱れ、体の冷え、むくみ、疲労感、肩こり、頭痛などの症状が出るもので、正式な病名ではありません。

このクーラー病について、全国平均で84.7%が認知していますが、「東北」77.7%と「北海道」70.0%は認知率が低くなっています[図7]。[図2-1]の通り、夏場過ごしやすいエリアなので、冷房をあまり使わないことから、クーラー病との縁も薄いようです。

図7

 

日本人の75%が就寝時にエアコンを利用。夏場過ごしやすい北海道・東北はエアコンなしでOK

夏、寝るときのエアコン使用は「OFFタイマー使用」(53.7%)が最も多く、2割は「一晩中つけっぱなし」(20.9%)で、「使わない」は24.6%と少数派です。ところが、夏場過ごしやすいエリアのエアコン「使わない派」は「東北」37.0%と「北海道」44.0%と全体と比べぐっと多くなっています[図8]。

図8

 

夏の涼を取る家電の呼び名。沖縄ではエアコンではなく「クーラー」の方がメジャー

室内の温度や湿度を調節する家電の呼び名を聞くと、圧倒的に多いのが「エアコン」(82.9%)で、「クーラー」は15.6%と少数派です。ところが沖縄では、「クーラー」と呼ぶ人が68.0%と多く、逆転現象が起きています[図9]。クーラーと呼ぶのは沖縄をはじめ、鹿児島、宮崎、京都など、夏の暑さが厳しい県がランクイン。冷えるに直結する呼び名で、涼を感じているのかもしれません。

図9

 

沖縄では常識! ヤモリ侵入を防ぐ沖縄特別仕様の「ヤモリガード」とは?

沖縄ではヤモリは「家の守り神=家守」と言われますが、エアコンの室外機に入り込み、故障の原因となることが少なくありません。

そこで、沖縄で販売されるエアコンには、ヤモリの侵入を防ぐ「ヤモリガード」が付けられているのが大半です。沖縄でのヤモリガードの認知率は52.0%で、女性(48.0%)より男性(56.0%)の方がやや高めです。40代(76.9%)・50代(60.0%)の認知は高いものの、20代では10.0%と低くなっています[図10]。

図10

 

 

【こちらの記事もオススメです】

普段、仲のいい夫婦でも、イラッとすることがありますよね? 自分では気づいていなくても、実は相手をイラッとさせていることって多いかも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加