ニクイねぇ!調査隊

最近の「高級扇風機」、普通の扇風機とどこが違う?

文/滝田勝紀

2016.08.19

最近、家電量販店などで、ひと昔前とはひと桁違う扇風機が売られていることに驚いた、という話をよく耳にします。以前はほとんどの扇風機が5,000~6,000円程度で買える感覚でしたが、2010年ごろから、それらとは一線を画す「高級扇風機」の市場が拡大中なのです。では、最近の「高級扇風機」と、いわゆる普通の扇風機とは、具体的にどこが違うのでしょうか?

 シーズンズ切り抜き2

 

DCモーターで多彩な風を吹かせられる

多くの「高級扇風機」には、高効率なDC(直流)モーターが搭載されています。特長は、低消費電力&きめ細かな風量制御。DCモーターのおかげできめ細かな風量切り替えが実現し、なめらかに変化するリズム風、超微風など、多彩な風を吹かせることが可能になりました。

一般的な扇風機に搭載されているAC(交流)モーターでは、風の設定を、強・中・弱といった強さくらいしか調整できません。ACモーターは安価ですが、周波数に応じた一定の回転速度しか得られないからです。

 

羽根の形状を独自に開発

二重の羽根や多羽根など、各社の「高級扇風機」がもっともこだわっているのが、羽根の形状。単に風を生み出すだけの羽根ではなく、各社が考える理想的な風を吹かせるため、羽根を1枚1枚、独自に開発しています。

たとえば、三菱電機のDCモーター扇風機「SEASONS」では、航空機の翼などで採用されるウイングレット形状の7枚羽根を採用。外周端部の風の渦が変動するのを抑え、運転音の低減を実現しています。

三菱7枚羽根あたり

さらに、風の整流効果を高める新形状のファンガードを開発。より静かで、到達距離の長い気流をつくることによって、快適な空気循環を実現しているのです。

 

より自然な風に近づいた

ACモーターは繊細な回転スピードの制御ができなかったため、ムラのある一定の風しか吹かせることができませんでした。ムラのある風に連続してあたるということは、空気の塊をぶつけられ続けるようなもの。細かく連続的な衝撃を、知らず知らずのうちに受けていました。

それに対し「高級扇風機」のDCモーターは、回転スピードをきめ細かく制御可能。さらに、独自形状の羽根と組み合わせることにより、連続的な空気の塊ではなく、自然界を吹きぬけるベールのような風を吹かせることができるのです。

 

サーキュレーターにもなり、オールシーズン使える

「高級扇風機」は扇風機としてはもちろん、サーキュレーターとしても活用できます。ヘッドが真上に向いたり、360°立体的に首振りする機能をプラスしているほか、DCモーターによってより強い直線的な風を遠くまで送ることもできるからです。

暑い夏には、床面に溜まりがちなエアコンから出た冷たい空気を、部屋中に効率良く循環させられます。そして寒い冬には、夏とは逆に、天井側に溜まってしまいがちな温かい空気を、床面の方へ送ることができます。さらに、じめじめした梅雨どきには、洗濯物を乾かす際にも活用可能と、オールシーズン活躍してくれます。

 

音が静かでぐっすり眠れる

「高級扇風機」の中でも、三菱電機のDCモーター扇風機「SEASONS」の場合、先進の気流制御技術と組み合わせることで、強運転時でも30dB程度と、ささやき声くらいの低騒音を実現しています。

11 R30J_DS_br_lrフリ_マホガニー のコピー

さらに、就寝時やリラックスタイムのための微風運転時も、木の葉のふれあう音より静かな約12dB。部屋で使っていても、ほとんど音は聞こえません。とにかく静かな環境で眠りたい、という人には、とてもおすすめです。

 

文/滝田勝紀

『All About』の家電ガイド。フリーランスの編集者。モノ情報誌で家電の担当を約10年以上務める。ロボット系家電やIoT家電にも精通。毎年9月にドイツで開催される世界一の家電見本市「IFA 2015」ほか、海外取材の経験も豊富。

 

三菱扇風機:DCモーター扇風機 SEASONS
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/fan/product/seasons/
三菱扇風機DCモーター扇風機SEASONSのページです。扇風機とサーキュレーターを一つにし、オールシーズン上をいく気持ちよさを。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加