ニクイねぇ!調査隊

懐かしい! 歴代“レジェンドモデル”で振り返る、プリクラ20年の歩み

文/ニクイねぇ!PRESS編集部 

2016.08.05

“プリクラ”の相性で親しまれているプリントシール機。最初のモデルがゲームセンターに並んだのは1995年のことでした。今回は、誰もが一度は楽しんだことのあるプリントシール機の“レジェンド”モデルをリストアップ。その進化の歴史を振り返ります。

 

1995年 プリント倶楽部

46bc26ccddf76d63582f8f4cdb143f50

プリント倶楽部」(アトラス/セガ・エンタープライゼス)が発売されたのは、約20年前のこと。女性客の少ないゲームセンターに置かれていたこともあって、当初こそ人気はパッとしませんでした。ところが、男性アイドルグループが出演するテレビ番組に登場したことで大ヒット。翌96年からはブームに火がつきました。

元祖「プリント倶楽部」は、その場で撮った顔写真をカワイイ背景やフレームと合成してシールにする、というシンプルな仕組みでした。ブームになったことで、多くの他メーカーがプリントシール市場に参入。シールだけでなく、名刺やスタンプ、ポストカードやキーホルダーを作れるものなど、派生モデルが続々と登場しました。

この頃のプリクラといえば、2〜3人で顔のみを撮影するのが普通で、使われているカメラやプリントは、現在のそれと比べると圧倒的に質の低いものでした。デジタルカメラの黎明期だったこともあり、画質を追求するのは難しかったのです。そんな制約があるなか、97年に全身を撮れるモデルが登場。こうしたバリエーションの広がりは、多くの人々に歓迎されました。

そういえば、印刷される写真のサイズを1枚ずつ選択できるようになったころには、いまでは信じられないことに、プリントシール機の近くにテーブルとハサミが置いてありました。そこで、みんなでシールを切り出していたんですね。友だちとおしゃべりしながらハサミで切り分け「プリ帳」に貼っていく……。そんな時間もまた、楽しいものでした。

 

2000年 HITOMI

HITOMI_machine のコピー

この時代になると、撮った顔写真を“盛れる”ようになってきました。瞳に星やハートなど、7種類のデコレーションを写し込める「HITOMI」(アイ・エム・エス)が登場したのは、この頃です。こうしたデコレーションは、プリントシール機のなかで特殊なライティングを施すことで可能になったのです。もちろん“ラクガキ”もできるようになり、ユーザーがアレンジできる幅が一気に広がりました。

プリントシール機で撮った写真が普通の証明写真と異なる点のひとつが、自分の顔を“盛れる”こと。この機能は女性の変身願望を満たし、支持され続けたのかもしれません。こうした“盛れる”、“ラクガキできる”、“撮影シチュエーションを変えられる”というアイデア次第で、プリントシール機の人気は大きく左右されたのでした。

 

2006年 姫と小悪魔

プリントクオリティに対する人々の要求が高まってきたのが、このころです。そこに現れたのが「姫と小悪魔」(オムロンエンタテインメント)。プリント画素数は600dpi。雑誌などの一般的な印刷物が250から350dpiということを考えれば、その美しさがわかると思います。また、本格的なスタジオのように6基のストロボを使い、ふんわりと“姫っぽく”撮ったり、クッキリと“小悪魔っぽく”撮れたりする点も人気の秘密でした。

プリントシールは小さなサイズですが、だからこそ、写真やプリントの質にもこだわりたいという欲求が、楽しんでいる人たちの間で湧いてきた時代です。プリントシール機では、一般的な家庭用プリンターで採用される「インクジェット式」とは異なり、「昇華型熱転写式」という仕組みを使ったプリンターが使われています。インクジェット式でプリントしたシールは、よく見るとドット感があり、機材を何日も使っていない場合には、プリントに色ムラが出たり筋が入ったりします。その点、昇華型熱転写式は、ドット感がなくて仕上がりがなめらか。しかも、いつ使っても安定してキレイにプリントできるのが特徴なので、人気を得たのもうなずけますね。

 

2007年 美人 -プレミアム-

“盛る”機能や“ラクガキ”機能が人気を得て進化したプリントシール機ですが、この年に登場した「美人 -プレミアム-」(フリュー)は、とことん写真自体の“写り”を追求していました。内蔵された一眼レフカメラの機能がアップし、搭載されるストロボは10灯になりました。さらにプリント画質は、1200dpiとより高精細に! そんな高画質機ですが“盛れる”機能も充実。このモデルが、いまに続く“デカ目”時代を切り拓いたともいわれています。

このころになると、プリントシール機を誰もがいろんな場所で目にするようになりました。ゲームセンター以外の場所にも置かれるようになったことと、駅ビルやファッションビルのなかにプリントシール機専門店が誕生しはじめたからです。こうした動きによって、社会人やファミリーなど、幅広い年齢層のユーザーがプリントシール機を楽しむ時代になりました。

 

2012年 OH MY GIRL

RGB_OH MY GIRL-left のコピー

ナチュラルでありつつも“いつもの自分よりもキレイに撮れる”ことがトレンドになったプリントシール機。なかでも「OH MY GIRL」(メイクソフトウェア)では、透明感のある“美肌”を実現しました。また、全身写真を活かしたコラージュや、ファッション雑誌の表紙のようなデザインシートなどが用意されました。

そういえば、初期のプリントシールは、当時の女子高生たちが「プリ帳」に貼り、リアルの友だちと学校やカフェなどで見せ合っていたものです。その後、スマートフォンやケータイに写真データが転送されるようになり、直接ブログなどへアップするのも簡単な時代になりました。つまり、知らない人にも“プリクラ”で撮った写真を公開していたわけです。

でも、ブログからLINEやFacebookなどへとコミュニケーションのトレンドが変わった現在では、また再び、リアルな友だちと“プリクラ”で撮った写真を見せ合うことが人気となっています。そもそも、誰かと同じ時間、そして同じ場所にいたことを記念して撮影/製作するプリントシール。友だち同士だけで共有するというのが、本当の楽しみ方なのかもしれませんね。

***

こうして振り返ってみると「懐かしい!」と感じられる機種や機能も多いのでは? 久しぶりに「プリ帳」を開き、当時を懐かしみながらプリントシール機を友だちや家族と楽しんでみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加