20180608_grapefruit

ニクイねぇ!調査隊

NEW

ダイエットでも注目! プロに聞く「グレープフルーツ」の賢い食べ方&選び方

酸味と苦みのバランスがよく、さっぱりとしていておいしいグレープフルーツ。初夏に出回るイメージがありますが、現在は1年中、スーパーマーケットなどで手に入ります。近年は、香りやダイエット関連での注目度が高いようですが、昭和生まれ世代のママやパパのなかには、グレープフルーツは「半分にカットして砂糖をかけ、ギザギザのスプーンで食べた」という経験がある方も多いのではないでしょうか? そういえば、最近ではそのような食べ方って、あまり見かけませんね。そこで今回は、品種の違いや、おいしい個体の見分け方など、グレープフルーツにまつわる疑問を解き明かしていきます。教えていただいたのは、フロリダ州政府柑橘局(日本事務局)の大場ゆかりさんです。フロリダ州政府柑橘局(日本事務局) 大場ゆかりさん  ◆品種改良の結果、スプーンで食べなくなった!?──昭和生まれの筆者は、小さい頃、グレープフルーツを半分に切り、断面に砂糖をかけてギザギザのスプーンで食べていました。今はそういった食べ方はしないようなのですが、なぜなのでしょうか?「グレープフルーツは、1971年の輸入自由化によって正式に日本でも販売されるようになりました。めずらしいフルーツということで、最初のうちは高級フルーツとして扱われていました。出始めたころは、当時の価格でひと玉600円ほどと、とても高価なフルーツでした。例えばレストランでは、ブランデーをかけてから火をつけて食べるような、高級フルーツだったのです。 当時のグレープフルーツは、酸味の強い品種だったため、一般家庭では半分に割り、断面に砂糖をかけてスプーンで食べられていました。その後、生産者の努力もあり、甘くおいしいグレープフルーツが食べられるようになったため、砂糖をかけて食べることはなくなったようです。そのためか、 今の若い方々は、スプーンで食べるという食べ方自体をご存じない方が多いのです。みなさん、みかんのように手でむいて食べられている光景をよく見ますね」(大場さん) 今でもギザギザスプーンは売られています  ◆日本人はグレープフルーツが大好き──世界的に見て、日本のグレープフルーツ消費量はどのくらいの規模なのでしょうか?「7~8年ほど前まで、日本は毎年1000万ケースほどを輸入していました。当時のアメリカ国内では、500万〜600万ケースしか消費されていませんでしたから、圧倒的に多かったのです。フロリダからの輸出先としては、今でも日本の輸入量はトップですよ。日本人はグレープフルーツが大好きなんです」(大場さん) ──すごい消費量だったのですね! 日本人にグレープルーツが受け入れられた理由は?「日本人は、もともと柑橘類が好きということもあります。昔から「冬はこたつでみかん」というシーンが定番ですよね。また、お漬け物や梅干しなど、酸味の強いものを好む傾向にあるので、グレープフルーツも受け入れられたのではないかと思っています。そして、居酒屋などで出される“生絞りサワー”が考案されて以降は、消費量もかなり増えています」(大場さん) ──14年ほど前はかなり消費量が多かったとのことですが、現在の消費量はどうなのでしょうか?「ハリケーンが産地を2年連続で直撃してしまいまして、生産量が激減してしまいました。しかも、ハリケーンの余波でクリーニング病という病気が広がり、果実が黄色くならずにグリーンのまま落ちてしまいました。また、黄色くなっても糖度が上がらないので、すごく酸っぱいものになってしまい、輸出量が激減してしまったのです。特に、日本向けの出荷基準は厳しく、糖度・酸度のバランスなどが細かくチェックされていて、その基準をクリアしないと出荷できないため、全体に出荷量が減ってしまいました。生産者も病気に強い品種とかけ合わせるといった努力をしていますが、新たな木を植えても、グレープフルーツは10年以上たたないとおいしくならないんです。2~3年では糖度が低く酸っぱいので、ジュースでブレンドして使うといった形をとっています」(大場さん) ──グレープフルーツの旬の時期を教えてください。アメリカ以外の国でも生産しているのですか? 「フロリダ産のシーズンは、11月から始まって5月くらいに終わるのですが、6月からは代わって、南アフリカ産のシーズンが始まります。産地は異なりますが、1年中グレープフルーツが売り場に並びますよ。ちなみに、フロリダ産がもっとも旬を迎えるのは2~4月です。甘味と酸味のバランスが絶妙で、皮が薄く、ジューシーです。南アフリカ産とカリフォルニア産は、土壌が異なるので全体に水分量が少なめで、皮が厚めなのが特徴です。フロリダ産は分厚いものはほとんどありません。ただし、昨2017年11月にまたハリケーンが来てしまい、出荷数量が落ちています。日本の消費量が多く。生産が追い付かないため、売り場ではイスラエル産やメキシコ産など、新しい産地のグレープフルーツも目にするようになっています」(大場さん) ◆ルビーとホワイトとの違いは?──ルビーとホワイトの違いを教えてください。「栄養成分でいえば、ビタミンCなど栄養成分はほぼ変わらないのですが、ルビーのほうがベータカロテンが多いですね。赤い色はベータカロテンの色なんです。また、ホワイトよりもルビーのほうが、酸味がややマイルドな傾向があります」(大場さん) ──グレープフルーツというと、ホワイトのイメージが強い人も多そうですが、ルビーとホワイトはどちらが人気なのでしょうか。「今はルビーなんですよ。ホワイトのグレープフルーツにお砂糖をかけて食べていたころは、ルビーはほとんど輸入されていませんでした。しかし、2000年代にテレビ番組で『ルビーにはベータカロテンが含まれていて体によい』と大々的に紹介されたのをきっかけに、そこから逆転してルビーが増えました。今は65%がルビー、35%がホワイトです。外食の生絞りはホワイトを使っているので、スーパーマーケットなどで売られているグレープフルーツは、もっとルビーの割合が高いはずです。昔から、ホワイトを生で食べるのは日本人が多いですね。海外はルビーを食べています。ヨーロッパ、アメリカ国内では、ホワイトはジュースで飲み、生で食べるときはルビーが主流です」(大場さん) ◆なぜダイエット中の人にグレープフルーツが人気なのか?──グレープフルーツはダイエット中の人がよく食べるフルーツというイメージがあるのですが、その理由を教えてください。「カロリーや、血糖値が上昇するスピードを示す“GI値”が低いからだといわれています。果物の中でも、バナナやスイカはGI値が比較的高いんです。血糖値の急激な上昇を気にされる方も選ばれているようです。そして最近の研究では、グレープフルーツの“香り成分”が交感神経を刺激し、代謝を活発にすることも証明されています。また、グレープフルーツにはカリウムが多く、塩分を体外に排出しやすくする作用もあるとされています。血圧が高くなりがちな方で、まだ薬を飲んでいない方には、高血圧予防としてもおすすめしています」(大場さん)参考:フロリダ州政府柑橘局サイト  低GIについて https://www.florida-grapefruit.jp/health/03.html  グレープフルーツと薬 https://www.florida-grapefruit.jp/health/05.html ◆酢の代わりにグレープフルーツを使った酢飯が人気!──グレープフルーツを簡単においしく食べられる、おすすめの調理法などはありますか?「グレープフルーツの果汁を酢飯の酢の代わりにしたり、たれに使ったり、ドレッシングにしたりする利用方法が、食育の観点からも注目されています。最近では、お子さんや若い方の間で酸味や苦み、辛さが苦手という方が増えていて、酢も酸っぱすぎないものが主流になっています。酢飯などもツーンとする感じが苦手というお子さんが多いそうなんですよ。その点、グレープフルーツは、酸味と甘みのバランスが程よいので、砂糖などを入れず、そのままごはんと混ぜるだけで酢飯になります。私も試してみましたが、香りが良くて驚きました。サーモンやきゅうりをまぜてあえるのがおすすめです。また、ドレッシングやたれにもぴったりです。意外な使い方としては、そばつゆに入れるのもおいしいですね。おしょうゆと柑橘類は相性がいいので、冬のお鍋に入れる方もいますよ。ビタミンCがたっぷりなので、風邪の予防になるともいわれています」(大場さん)参考:グレープフルーツとサーモンのちらし寿司 http://florida-grapefruit.jp/recipe/17.html ──最後に、おいしいグレープフルーツの見分け方について教えてください。「水分量が多いグレープフルーツはみずみずしいので、手に取ってみてずっしり重いものを選んでください。あとは、上部がとがっているようなものはあまりおいしくないといわれています。丸く、おまんじゅうみたいに、ちょっとつぶれている横長のグレープフルーツがおすすめです」(大場さん)  ◆おいしい見分け方のとおりに買ってみたら……そのとおりだった!大場さんにお話をうかがった後、さっそくスーパーマーケットへ行ってグレープフルーツを買ってみました。近所のスーパーはホワイトがなく、売っていたのはルビーだけ。同じ棚から、少しとがった軽いグレープフルーツと、ずっしりと重く、横長のグレープフルーツを購入し、自宅で切ってみました。近所のスーパーで購入。どちらも同じ棚で、同じ価格。こんなに形が違います。右側がおすすめのグレープフルーツですとがったグレープフルーツは皮が厚く、ルビーなのにホワイトのような色です。おまんじゅう型は皮が薄く、みずみずしい! 確かにおまんじゅう型のほうが甘かったです。左がとがっていた個体の断面、右がおまんじゅう型の断面です。みずみずしさ、甘さ、色、すべてにおいて右側が圧倒的でした!同じ棚からとったものですが、選び方次第でこんなにも違うんですね。グレープフルーツを購入する際は、ぜひ形を吟味してください。 【おいしいグレープフルーツを選ぶポイント】・ずっしりと重い・先がとがっていない・丸く、横長で少しつぶれたような形グレープフルーツに関する情報が満載の、フロリダ州政府柑橘局(日本事務局)サイトはこちら!http://florida-grapefruit.jp/  グレープフルーツは皮が厚く、比較的傷みにくいフルーツです。保存する際は、冷蔵庫の野菜室で保存するようにしましょう。乾燥を防ぐために、ポリ袋などに入れて1~2個ずつ保存すれば、2~3週間は日持ちします。また、フルーツや果物を毎日たっぷりとる方には、真ん中に野菜室がある冷蔵庫がおすすめですよ。腰をかがめず、水分の多いフルーツもスッと取り出すことができるので、とてもラクです。冷蔵庫を購入する際は、野菜室の場所もチェックしてみてくださいね。 三菱冷蔵庫:「真ん中クリーン朝どれ野菜室」搭載のMXシリーズhttps://www.mitsubishielectric.co.jp/home/reizouko/series/separate/index_m_2018.html ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_2723/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_2516/"] 

ニクイねぇ!調査隊

うちの冷蔵庫「ここが困ってます!」 現役ママの本音トーク【座談会】

子育て中のママやパパにとって、家事をいかに効率的に進めるか、は大きな関心事ではないでしょうか。なかでも毎日のお料理は、買い物や食材の保存の段階から上手に工夫することで、大幅な時短につながります。そんな食事づくり全般の効率化を支えてくれるのが、実は冷蔵庫なのです。最近は、肉や魚を凍らせずにおいしく長く保存できる専用ルームや、野菜のみずみずしさをキープする野菜室など、調理の手間を省き、まとめ買いした食材が長持ちする便利な機能が進化しています。また、片開きや観音開きといった扉の開き方や、野菜室や冷凍室が冷蔵庫のどの位置にレイアウトされているかなど、ちょっとしたこだわりの部分でも、選択肢が広がりつつあります。機能はもちろん、家庭のライフスタイルに合った冷蔵庫を選べば、家事がもっとラクに楽しくなるはず。そこで4人の現役ママに集まってもらい、普段の冷蔵庫の使い方や、冷蔵庫選びのポイントなどをお話いただきました。【参加メンバー】飯田ミカさん 夫、小学3年生と5歳の男の子との4人暮らし。イラストレーター。現在使用している冷蔵庫は5年前に購入。 原田朱里さん夫、小学4年生の男の子、小学1年生の女の子との4人暮らし。会社員。使用している冷蔵庫は10年前に購入、現在買い替えを検討中。 森山尚美さん夫、中学1年生の男の子、小学2年生の女の子との4人暮らし。整理収納アドバイザー。現在使用している冷蔵庫は7年前に購入。 岸塚智香子さん夫、3歳の男の子、0歳の女の子との4人暮らし。育休中。現在使用している冷蔵庫は12年前に購入。  ◆ネットスーパーや宅配を賢く利用しつつ、リアル店舗へも足を運ぶ──皆さん、食材の買い方や普段の献立の組み立ては、どのようにされていますか?飯田さん:お米やペットボトル飲料といった重いものは、ネットスーパーを使って購入しています。野菜や魚などの生鮮食品は、週4回くらいスーパーマーケットへ行って、鮮度や価格を吟味しながら買うことが多いですね。献立は、以前は常備菜を活用していたのですが、最近は子どもたちの食べる量が増えてきて……。つくり置きのつもりでいても、その日のうちになくなってしまうことが多くなってしまい、今はその都度つくっています。原田さん:私は、土曜日にスーパーマーケットでまとめ買いをして、休みのうちに常備菜をつくっておきます。そして、翌週の半ばに常備菜を食べきる頃、毎週注文している食材宅配が届くよう手配していますね。わが家で利用している食材宅配では、食材が必要な分だけ入った献立キットを扱っていて、それを子どもにつくらせたくて購入しています。子どもが献立キットで調理したおかずで木曜を乗り切り、金曜日はパスタなどで簡単に済ませるということが多いです。森山さん:わが家では牛乳や卵、豆腐、お米といった切らしたくないものは、食材宅配を利用しています。野菜やお肉、お魚は週4くらいのペースでスーパーマーケットへ行って購入しています。実は、私は料理が苦手であまり好きではありません。なので献立についても、なるべくラクをしたいという気持ちで、ごはんと味噌汁と野菜炒めなど、簡単なメニューをつくることが多いですね。岸塚さん:うちは年に数回、夫の実家がある北海道と私の実家の山形から野菜や冷凍の海産物が届くので、その食材をいただきつつ、週に4回くらい、私か夫のどちらかがスーパーマーケットへ買い出しに行きます。夫はお刺身が好きなので、仕事帰りに自分で買ってくることも多いですね。  ◆冷蔵庫の「中身」と「使い方」は各家庭でさまざま──冷蔵庫に多く入っている食材や、取り出す機会の多いものは何か……など、普段の冷蔵庫の使い方を教えていただけますか?飯田さん:うちの冷蔵庫は扉が中央から左右に開く「観音開きタイプ」なのですが、卵と牛乳を保存している右側の扉を開けることが多いですね。左側にはストック食材を収納しているので、右の扉と比べると開閉する機会は少ないです。使い方として特徴的なのは、お菓子づくりをするので、冷凍室に粉類を保存していることでしょうか。冷凍室の半分くらいのスペースは、お菓子づくりの材料で埋まっています。それと、野菜室に密閉容器に入れたお米を保存しているので、3分の1くらいのスペースはそれらで埋まっていますね。原田さん:常備菜を食べ切ってしまう週の半ばくらいまでは、冷蔵室に保存容器がびっしり詰まっていますね。冷蔵室では、日中につくったおかずを鍋ごと入れて保存することもあります。よく開ける扉は野菜室ですね。逆に、冷凍室の扉はあまり開けません。森山さん:うちの場合、ドリンクエリアと、冷蔵室の一番上にある“ビールコーナー”(笑)。ここはいつも充実しているし、扉も頻繁に開けますね。冷凍室もしっかり使っています。わが家は子どもたちの学校がお弁当なので、温めるだけとか揚げるだけといった冷凍食品を常備しているんです。余ったごはんも常に冷凍ストックしていますね。おなかが空いたら子どもが自分で温めて食べられるので、安心です。岸塚さん:わが家は、どの部屋もぱんぱんに詰め込んでいます。開ける頻度が最も高いのは野菜室の扉ですが、食事をつくるときは「今日は何をつくろう……」と、とりあえずすべての扉を開けています(笑)。うちも飯田家と同じく観音開きタイプなのですが「こっちかな?」と思って右の扉を開けると、実際には左側に食材が入っているなど、実はまったく効率よく使えていなくて困っているんです。  ◆毎日使うからこそ実感する「使い勝手の良し悪し」──今、岸塚さんから「困っています」というお話がありましたが、ほかの皆さんも、今お使いの冷蔵庫で不満に思っていることはありますか? 飯田さん:不満なのは、野菜室の構造ですね。真ん中に出っ張っている部分があってジャマなんです。これがなければ、ペットボトル2本を並べて立てて収納できるのに! っていつも思います。気に入っている点は、扉が観音開きタイプという点ですね。以前使っていた「ワンドア片開き」のものは、わが家の冷蔵庫スペースと扉の向きが逆だったこともあって、すごく使いづらかったんです。観音開きの冷蔵庫に買い替えたら取り出しやすく、快適になりました。原田さん:私も、野菜室の構造と位置が不満です。うちの冷蔵庫は冷凍室が真ん中で、野菜室は下段にあるので、野菜を取り出すたびに腰をかがめないといけなくて……。しかも深すぎて、奥の方にある野菜が取り出しにくいんです。購入した食材は食べきっているつもりなのですが、ときどき野菜室の奥の方から、びしょびしょになったセロリが発見されることもあります(笑)。森山さん:不満は、棚板の掃除がしにくいところですね。溝がいくつも刻まれていて洗いにくく、乾きにくいんです。さらに、はめるときも、どの溝をどこにはめればいいのか分かりづらいです。あとは“ビールコーナー”にしている冷蔵室の一番上の棚。高さを変えられないので、500mLのロング缶を立てて入れられません。  ◆レイアウトは「野菜室が真ん中」派? それとも「冷凍室が真ん中」派?──原田さんは今、冷蔵庫の買い替えを検討されているとのことですが、重視されているポイントはなんですか?原田さん:野菜室の配置ですね。今の冷蔵庫は「冷凍室が真ん中」なのですが、次は「野菜室が真ん中」の冷蔵庫を購入したいと思っています。理由は、調理するときに最も開閉するのが野菜室だからです。野菜室が真ん中にあれば、調理のときに取り出しやすくて作業がスムーズになりそうですし、大きな野菜が奥の方に入り込んで取り出しにくくなるのも解消されそうですしね。逆に、冷凍室はそこまで頻繁に扱わないので、下段でいいのかな……と。あとはサイズでしょうか。今は400L弱とそこまで大きくないのですが、これから子どもが成長していくことを考えると、もう少し容量の大きなものがいいな、と思っています。そうなってくると、物理的に冷蔵庫の設置スペースに収まるサイズなのかどうかも重要になってくるのですが……。飯田さん:住宅事情は大きいですよね。うちも冷蔵庫を購入する際、一番ネックになったのがサイズでした。高さは大丈夫なのですが、奥行きが収まらないものが多くて。今使っている冷蔵庫は、奥行きが短いものを選びましたが、それでもスペースから少しはみ出しています。レイアウトに関しては、現在「冷凍室が真ん中」のものを使っているのですが、「まぁ、このままでもいいかな」という感じですね。「野菜室が真ん中」の方が使いやすい気もするのですが、私は野菜室に米びつやペットボトルなど重いものを入れているので、下段の方が安心というか。重いものを入れた野菜室が真ん中にきて、重さや衝撃で壊れたりしないか、心配になっちゃいます(笑)。森山さん:私は冷凍重視なので「冷凍室が真ん中」の方がいいですね。やっぱり、日常的によく使うものが目線から近いところにある方が取り出しやすく、管理もしやすいんです。「冷凍室が真ん中」がとても使い勝手がよく、今の私のライフスタイルに合っていると感じます。岸塚さん:私は料理をするとき、まず始めに野菜を取り出します。開ける頻度も野菜室が一番多いので、次に買うとしたら今と同様に、腰をかがめる必要のない「野菜室が真ん中」のレイアウトがいいですね。  ◆冷蔵庫は「ライフスタイルやこだわりで選べる」時代に──皆さん、機能だけでなく、ライフスタイルやこだわりを重視しながら冷蔵庫を選んでいますね。原田さん:今の冷蔵庫を購入してすぐの頃は「冷凍室が真ん中」に何の疑問も持たず「こういうものだ」と思って使っていました。でも、やはり毎日料理をしているうちに「ここのデザインがもっとこうだったらいいのに」といった欲が出てきますよね。私はたまたま野菜をよく使うので、野菜中心のレイアウトがいいと思うのですが、それは各家庭によってさまざまだと思います。冷蔵庫をライフスタイルによって選べる時代になったのは、すごくいいことですよね。飯田さん:確かに。何を重視するかで、中心にあって欲しい部屋がこんなにも違うというのは、おもしろいですね。こだわりポイントも、原田さんと岸塚さんはレイアウトだけど、私と森山さんは扉の開き方だったりで。岸塚さん:今使っている冷蔵庫は夫が選んだもので、私は特に、冷蔵庫への思い入れはなかったのですが、今日、座談会に参加して皆さんのお話を聞いているうちに、日々の食事づくりや冷蔵庫の使い勝手を意識するきっかけになりました。 【あとがき】実は今回の座談会で最も印象的だったのは「ママ友どうしで『スティック掃除機はどれがいい?』という話はするけれど、『冷蔵庫はどこの機種を使ってる?』って話題はなかなか出ないよね」というトーク。その理由として「冷蔵庫はプライベートな空間だからあまり話したいと思わない」という意見があがりました。確かに、どんなに親しくても他人には見られたくなかったり、わが子に「よそのお宅の冷蔵庫を勝手に開けちゃダメよ!」と伝えていたりするママは多いですよね。どこの家庭にもあり、毎日使うものである一方、とてもプライベートな空間でもある冷蔵庫。今回の座談会からも、数ある生活家電のなかでも、とりわけ使う人の暮らしぶりに密着したアイテムであることが改めてうかがえました。家族のライフスタイルを考えて選ぶ−−。これが失敗しない冷蔵庫選びのポイントであるといえそうです。ちなみに三菱冷蔵庫では、座談会で登場した「野菜室が真ん中」や「冷凍室が真ん中」、さらに「コンパクトなのに大容量」といった機種の選択肢が豊富です。買い替えを検討されている方は、ぜひ一度チェックしてみてください。三菱冷蔵庫 製品情報 http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/reizouko/ ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4891/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_1713/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3885/"]

ニクイねぇ!調査隊

親子でいっしょに始めたい、いま注目の「習い事」6選

子どもは無限の可能性を秘めています。その可能性を伸ばす方法のひとつが「習い事」。新たな年を迎えたこの時期は目標を立てやすく、新しいことを始めるのに絶好のタイミングです。でも、続けられるかどうか心配になったり、子どもだけで通わせるのは不安だったり……といった理由で、始めることに躊躇するママやパパもいることでしょう。それならば、親子でいっしょに、同じ習い事を始めてみませんか? いま、親子で同時に通える習い事が増えています。子どもと共通の話題が増えるのはもちろん、ひとりよりふたりの方が続けやすいというメリットがあるほか、なにより、ママやパパもリフレッシュして心身ともに元気になれるはず!ここでは、定番のものから人気急上昇中の最新のものまで、オススメの習い事6つをピックアップしました。 1.子どもの成長を間近で実感できるセントラルスポーツ「親子スイミングスクール」子どもの習い事として人気の高い水泳。水泳は、子どもの運動能力や体力を伸ばすだけでなく、医学的な面においても、ぜんそくの症状緩和や免疫力の向上などが期待できるといわれています。“親子スイミング”のいい点は、ママやパパがそばにいるので、子どもが安心して水に早く慣れることができること。スクールでは親が子どものレッスンをサポートし、間近で子どもの成長を見守ることができます。さらに、ママやパパ自身も、水圧が掛かる環境でカラダを動かすことで、運動不足を解消。さらに自立神経の調整やストレス発散といった、うれしい効果も期待できます。北海道と関東の8店舗で実施中です。 ●親子スイミングスクール(2018年1月時点)対象年齢:3歳~6歳の子どもと保護者レッスン時間:1時間(実施店舗により異なる)入会金:無料料金:5,500円/月~(実施店舗により異なる)https://www.central.co.jp/program/item/pool/feature/oyako/  2.親子で協力してケーキをつくろう!ABCクッキングスタジオ「親子ペアレッスン」全国展開しているABCクッキングスタジオには、1回完結の「親子ペアレッスン」があります。完全予約制で、1レッスン8人まで。小人数で行うので講師の目が届きやすく、参加者は自分たちのペースでしっかりと学べます。1、2月は「バレンタインで想いを伝える チョコサンドケーキ」レッスンを開催(レッスン時間120分前後)。丸く焼いたケーキ生地にチョコレートクリームをサンドし、チョコペンでカワイイデコレーションを施していきます。完成品は、親子ひと組で計8個までお持ち帰り可能です。 ●親子ペアレッスン(2018年1月時点)対象年齢:満4歳~小学6年生までの子ども1名と20才以上の保護者1名のペア入会金:無料料金:参加費用はレッスンにより異なります。 1dayレッスンでは有料(100円)で紙エプロン、また一部スタジオは有料(300円)でキッズコックコートあり※完全予約制。開催日、開催時間はスタジオによって異なります。事前にご確認ください。https://www.abc-cooking.co.jp/course/abckids/1day/  3.子どもと触れ合いながら美ボディにKyoto MBM Labo「親子ヨガ」京都にあるKyoto MBM Laboでは、多彩なヨガレッスンプログラムを用意しています。なかでも注目なのが、子どもといっしょに参加する「親子ヨガ」です。同プログラムでは、ポーズの完成度は求められないため、形にこだわらず、親子で触れ合いながらカラダを動かす楽しさを学べます。また、レッスンでは呼吸法を重視。親は自分の呼吸を感じて、いまのカラダの状態に向き合える時間となり、子どもは集中力を鍛えられる時間となりそうです。 ●親子ヨガ(2018年1月時点)対象年齢:1歳半~3歳のお子様と保護者様 / 年少・年中・年長と保護者様 (※ご両親、祖父母、成人した保護者)レッスン時間:40~60分入会金:無料料金:2,500円http://mbm-labo.com/lesson/kids/  4.初心者もOK! 老舗バレエ教室で本格レッスン野間バレエ団・野間バレエスクール「親子バレエ」野間バレエスクールは、大阪府堺市にある創立50年の歴史あるバレエ教室。バレエは心を豊かにする情操教育に最適といわれています。さらに、幼少期からクラシック音楽に触れ、クラシックバレエの動きを経験することで、美しい姿勢も自然と身につけやすくなるそうです。レッスンでは、親子いっしょにクラシックのレッスン曲に合わせて踊ったり、手を取り合ってストレッチを行ったりします。3歳からは一般クラスへの移行も可能で、大きくなったらバレエ団公演やコンクールに出演することもできます。親子2人1,000円での体験レッスンも受け付けています。 ●親子バレエ(2018年1月時点)対象年齢:1歳~4歳までの子どもと、ママ(おばあちゃんも可)レッスン時間:45分入会金:親子ふたりで11,000円(通常、入会金はひとり11,000円。「親子バレエ」入会者は、入会金の追加なく一般クラスなどに移行可能)料金:親子ふたりで6,200円(月3回)http://www.noma-ballet.com/info/oyako.html   5.子ども専用のボルダリングスタジオPEKID'S渋谷「親子クライミング」手足を伸ばして全身を大きく使うボルダリングは、しなやかな筋肉をバランスよく育てるスポーツといわれ、最近、注目を集めています。また、自分の手足の運びをイメージしながら、登るときの最短コースを考えるので、頭の体操のような知育要素もあり、ゲーム感覚で楽しめます。PEKID'S渋谷は、全国でも珍しい、子ども専用の設計・デザインが施されたボルダリングスタジオ。メインで利用できるのは子どもですが、平日17:00以降と、土日祝の11:00〜は、大人も利用でき、親子での参加が特にしやすくなっています。また、館内には授乳スペースのほか、同伴する0歳~2歳児向けのプレイゾーンもあり、子育て世代に優しい施設となっています。 ●親子クライミング(2018年1月時点)対象年齢:3歳~12歳レッスン時間:2時間(平日:17:00~19:00、土日祝:11:00~13:00)入会金(登録料):500円料金:子ども1,500円/回、大人1,000円/回http://www.pekipeki.jp/PEKIDS/   6.親子でいっしょにプログラミングを学ぶCODEFRIENDS「ゲームプログラミング基礎コース」2020年度から小学校で“プログラミング教育”が必修化になることから、昨今、プログラミング教室の需要が高まっています。名古屋を中心に、岐阜や横浜などでも展開するCODEFRIENDSは、親子で学べる小学生からのプログラミングスクール。講師は本職のプログラマーが務め、クラスの人数により複数の講師がサポートに入るなど、手厚くサポートしてくれます。親子いっしょにプログラミングの基礎を学び、オリジナルゲームを開発。また、授業はYouTubeで生中継されるので、病欠や急用などでやむを得ずお休みする際も、動画で授業を視聴できるので安心です。また、新規入会を受け付けている教室では、教室見学とプログラミング体験(無料)もあります。 ●ゲームプログラミング基礎コース(2018年1月時点)対象年齢:小学5年生~中学3年生、その保護者レッスン時間:1時間30分(月3回、全36回)入会金(登録料):5,000円料金:10,000円/月http://www.codefriends.jp/  今回、ここに採り上げたものは、ほんの一例です。わが子がなにに向いているのか、なにに夢中になるのかは、親であっても判断が難しいもの。まずはその興味が向く方向を近くで見定めてあげるために、ママやパパもいっしょに、子どもと同じ習い事を始めてみてはいかがでしょう?  ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_5199/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4928/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3991/"] 

ニクイねぇ!調査隊

寒冷地専用エアコンと普通のエアコンってどこが違うの?

近年、主に北海道や東北といった雪深い北国でもエアコンが普及し始めているそうです。かつては石油ファンヒーターなどの独壇場だった地域で、どうしてエアコンを設置する住宅が増え始めたのか? また、そういった住宅に設置されている寒冷地専用エアコンとは、どういった特徴があるのか? ここでは三菱電機の空調冷熱システム事業部の今川雄希さんに教えてもらいました。三菱電機 空調冷熱システム事業部 空調冷熱計画部 計画グループ 今川雄希さん ◆寒冷地専用エアコンとは?三菱電機の『霧ヶ峰』の場合、外気温マイナス15°Cにも負けない暖かさを届けられるエアコンを指します。寒冷地専用エアコンは初代モデルが2007年に発売され、今季で10周年を迎えました。三菱電機の寒冷地専用エアコンは実際に寒冷地での厳しい冬の中で開発が行われ“ズバ暖”という名称で、外気温マイナス15°Cでも最高約60°Cの温風を吹き出し口から放出できるパワフルさを実現しました。部屋中がすぐに温まるのが特徴で、ユーザー満足度も約92%と皆様より好評をいただいております。 ◆そもそもエアコンの基本構造とは?そんな寒冷地専用のエアコンと通常のエアコンの違いを説明する前に、まずはエアコンの基本構造をお話しましょう。エアコンで部屋が暖まる、もしくは冷える仕組みは、室外機と室内機を循環する“冷媒”と、それぞれに搭載された熱交換器、室外機にあるコンプレッサー(圧縮機)で説明ができます。エアコンは外気、もしくは住宅内の内気からそれぞれ熱交換器を通じて、室内機と室外機の間を行き来する冷媒で熱を吸い取り、暖房の場合は室内機から温風を、冷房の場合は冷風を放出します。冷媒は圧縮すると熱くなり、膨張すると冷たくなるという特徴があり、それらは室外機のコンプレッサーによって行われます。熱は熱い方から冷たい方に移動するという特徴を生かし、冷房の場合だと… 1.室内機の熱交換器から熱を取り去る 2.室内の空気より冷たい冷媒で室外機まで運ぶ 3.コンプレッサーで圧縮、より高熱にしたところで、その熱を外気へと放出 4.同時に、冷えた空気を冷媒を通じて室内に放出 という流れです。暖房の場合はその逆で、 1.熱交換器から空気に含まれた熱を外気から取り入れる 2.コンプレッサーで圧縮、冷媒に熱を乗せ室内機へと運び放出 となります。この仕組みは一般的にヒートポンプという技術が採用されています。冬の冷たい外気からなぜ熱が取り出せるの? という疑問が生じるかもしれませんが、空気は例え2°Cでもマイナス15°Cでも、それ自体に熱を含んでいます。単に人間が寒いと感じるからといって熱がないわけではなく、それらの空気には2°Cという熱、マイナス15°Cという熱が含まれているということをご理解ください。 ◆実は室外機がひと味違います。基本構造を理解いただくと、寒冷地専用のエアコンと通常のエアコンの違いもわかりやすいんです。ちなみに寒冷地専用のエアコンのポイントは「室外機」にあります。寒冷地専用の室外機にあるコンプレッサーは、よりパワフル仕様のものを搭載しています。寒冷地の場合、当然ながら外気の気温が低く、冷媒をより力強く圧縮しないと、素早く高温にすることができません。『霧ヶ峰』の場合、通常機種(MSZ-ZW7118S)はシリンダー容量が14.0ccですが、寒冷地専用機種(MSZ-ZD7118S)の場合、その約1.6倍の22.0ccと大容量のコンプレッサーを搭載しています。 続いて、熱交換器にも違いがあります。熱交換器は外部の空気から熱を取り出すための重要なパーツですが、外気の温度が低ければ、一定量から取れる熱は通常の温度より当然少なくなります。そこで寒冷地専用モデルでは、熱交換器を大きくしたり、増やしたりして、低い外気温からでも空気中の熱をしっかりと集められるように改良しています。『霧ヶ峰』の熱交換器は、通常モデルでは2列ですが、寒冷地専用では3列※の熱交換器を採用しています。※MSZ-FD4018S・FD5618S・FD4018S・FD6318S・FD7118S・ZD4018S・ZD5618S・ZD6318S・ZD7118S・XD5618S・XD6318S型が該当 さらに室外機が凍結したり、雪による故障などを防ぐなど寒冷地ならではの工夫も数多く施されています。この辺りはメーカーによってさまざまな違いがありますが、『霧ヶ峰』の場合は、凍結防止ヒーターを標準搭載し、ドレン水が凍結して起こる室外機の運転効率低下や故障を防いでいます。また、粉雪などが室外機内部に侵入することを防ぐための部品を取り付け、制御基板の保護はもちろん、ファンロックなどにより起こるファンの損傷対策も施しています。さらに制御基盤の両面をポリオレフィン系樹脂でコーティングし、浸水などにより生じる絶縁劣化による故障を防ぐほか、基盤自体を板金の断熱カバーで覆い、外気温と基盤内温の差で発生する結露から基盤を守る工夫もしています。  この室外機は2004年に寒冷地専用エアコンの開発に着手して以来、ずっと行われているフィールドテストのデータをもとに開発しています。フィールドテストは北海道から東北、関東甲信越などの寒冷地と目される13道県の各地で毎年開催されています。例えば北海道は人口の多い札幌をはじめ、日本で最も気温が下がる陸別などでも行われましたが、温度が低いのはもちろん、同時に湿度も低いため、雪が固まりづらいということもわかりました。逆に新潟の方が緯度は高いですが、湿度が高いため雪が固まりやすく、ファンを損傷させやすかったり…と、同じ寒冷地でもそれぞれの地域によってさまざまな特徴があります。 このように日本のあらゆる地域でテストした商品でなければ「どこでも使える寒冷地専用エアコン」としては不十分。三菱電機では、いまも地道なフィールドテストを行い、常に最高のパフォーマンスを発揮する寒冷地専用エアコンを開発し続けているのです。 三菱電機 寒冷地仕様 ズバ暖霧ヶ峰 特設サイト  ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_4989/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_3748/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_355/"]

ニクイねぇ!調査隊

なぜ、イオンは朝採れ野菜を売り場に並べるのか?(前編)

スーパーマーケットの「イオン」が、その日の早朝に採れた新鮮な朝採れ野菜を、お昼ごろまでに陳列して販売する“今朝採り野菜”と銘打った売り場を、2016年の春から展開しています。なぜイオンは、朝採れ野菜を販売し始めたのでしょうか? 売り場を企画した千葉泰彦さんに話を聞きました。 イオンリテール株式会社農産商品部 統括マネージャー千葉泰彦さん ──まずは、なぜ“今朝採り野菜”を売り場の名称にしたのか教えてください。この売り場をつくる前にお客さまにインタビューなどをした際、新鮮なイメージの言葉ってなんだろう? と聞いたところ、“朝採れ”=新鮮というイメージが強い、という結果が出たのです。そして現在、売り場では“朝採れ”という言葉ではなく、“今朝採り”という言葉を使っています。“朝採れ”というと、いつの朝かわかりませんが、“今朝”にすることで、今日の朝に採れた、という意味合いが強まりますからね。──お客さまの感性に訴えるフレーズだった、ということでしょうか?あくまで科学的な根拠はありませんが、買う側と売る側とが共感できる言葉なのでしょうね。売り場としても、鮮度の高さをアピールでき、お客さまの購買意欲を高める手段のひとつとして使わせていただいております。──いつ頃からこちらの売り場をつくる計画が持ち上がったのでしょうか?実はアピールしていなかったものの、数年前からこの売り方自体はやっていたのです。今朝採った野菜を売り場に並べるには、まずは時間と距離の制約があります。当然、店舗に並ぶまでの距離と時間が短い方が、新鮮さを維持しやすいですよね。野菜はあくまで生き物ですから。──では、なぜ今回、それをアピールするようになったのでしょうか?タイミング的な話ですね。新鮮さ以外にも、地元で採れた野菜なら距離をあまり運ばずに売り場に並べられるので、CO2の削減にもつながりますから、環境にもいいというイメージがあります。環境に配慮することは、私ども販売サイドにとっても、お客さまにとっても、いい取り組みだと考えたからです。──野菜はどのような仕組みで運ばれているのでしょうか?グループ会社イオンアグリ創造が経営する直営農場が全国に21箇所あり、そこで畑を耕し、採れた野菜を、我々が販売するというスキームになっています。さらに、直営農場以外にも、それぞれの地元で採れるおいしい作物などを届けることも、並行して行っています。それぞれ専用車両で朝に巡回して収穫、1~3時間後には近隣の店舗を中心に、売り場に並べられるような仕組みです。──お客さまの反応はどうですか?おおむね好評だと思います。お客さまには、例えば“道の駅”などと同じように、鮮度がいいイメージを持たれていると思いますし、そういう売り場を目指しています。実際「農場から何キロ以内の店舗に今朝採り野菜の売り場をつくる」といった明確な規定は設けていませんが、近隣で営業している店舗に対し、午前中のなるべく早い時間に直接運び入れて販売する、という流れにしています。──実際、どれくらいの数の店舗に今朝採り野菜売り場があるのでしょうか?最初は数店舗で実現できればいいかなぁという感じでしたが、いまは2ケタの店舗に売り場が設けられています。春に採れるけど夏には採れない、秋には採れるけど冬には採れないなど、シーズンによって野菜のバリエーションが変わってくるので一概にはいえませんが、最大100店舗を超えたこともあります。──現在、イオンは全国に何店舗くらいあるのでしょうか?イオンリテールで管轄している店舗は400店舗ほどですね。──今朝採り野菜売り場に関して、農場側からの反応はいかがでしたか?これは、直営農場に限った話ではないですが、もともと農家の方のライフサイクルって、朝が早いんですよね。朝に収穫した方が高品質という作物を扱っているかどうかにもよりますが、一般的には、皆さん明け方から動き出し、作物を採るという方が多いので、朝早い分にはあまり負担にはなっていないようです。特に夏場だと、日中は暑くなりすぎるので、屋内での労働は適しませんから、朝に気温が低いうちに働く方が効率良く働けますよね。──最初からみなさん、協力的だったのですね。農場としては、なるべく良い状態でお客さまに作物を届けたいでしょうし、おいしく食べてもらうことが一番の喜びですからね。お客さまに「今朝採れたものを買って帰ったから、おいしく食べられた」といわれるのは、うれしいことなのです。──つくり手からすると、最高の状態で食べてもらうというのは、うれしいですよね。そうなんです。本来、お客さま自身が、つくられた農場に直接買い付けに行ければ一番良いのでしょうが、現実的には無理なわけです。実際には、お客さまが野菜を購入される場所はスーパーマーケットが約8割なので、スーパーマーケットは生産者とお客さまをいかにつなぐかが、販売のキーポイントになると思います。──ちなみに、こういった取り組みはライバル店でも行われているのでしょうか?正直、やろうと思えば、他のスーパーマーケットでもやれることですよね。物流自体はさほどハードルは高くありません。地方の「道の駅」なども基本的には同じです。ただし、多くのところがやろうとしても、朝に採れる作物の量は限られるわけですから、限られたパイの奪い合いになりますね。──朝採れた野菜を専用車両で効率的に運んでいるとのことですが、店舗ごとのばらつきなど、調整はどうように行われているのでしょうか?もちろん、天候などによってばらつきは出ますが、それは野菜を取り扱っている以上、特別なケースではありません。予定では100本採らなければならなかったのが、実際は雨で60本しか採れなかったとか、生育が悪く、25cmで採らなければならないものが15〜20cmで採らざるを得なかったとか、そういうケースがたびたびあるんです。でも店舗には、今朝採り野菜以外の売り場もあるため、他の売り場にその分多くの野菜を並べるなどして、お客さまのお買い物に支障が生じないよう、バイヤーが調整しています。逆に、今日採らなければ成長しすぎて売れなくなる、といった理由で、予定より多く入荷することもありますが、それも「頑張って売りましょう」と、農場とコミュニケーションを取りながら、日々売り場をつくっています。──LEDなどで野菜を育てる、管理農場などをつくる計画はないのでしょうか?現在のところ、管理農場などをつくる予定はありません。ただし、通常の小さいビニールハウスではなく、もっと規模の大きい施設型農場を埼玉県久喜市につくります。トマト農場なのですが、国と県とイオンの3者でコンソーシアムをつくり、コンピュータで栽培の管理と生産調整を行って、この6月から実際に稼働します。──現在、今朝採り野菜売り場で扱っている商品は、どのようなものなのでしょうか?今の時期だと小松菜、水菜、白菜などがメインですね。さらに、葉物などがこれから入り始める頃でしょうか。春から夏にかけては、枝豆やほうれん草、チンゲンサイ、とうもろこし、レタスなどを扱います。また、イオン農場以外では、先日、いちごも扱いました。いちごは果物だと思われがちですが、本来は野菜なんですね。──いいものを並べましょう、ということで、フレキシブルに対応していかれるんですね。急に良い野菜を仕入れられる、といったことも、店舗側と農場側とのコミュニケーション次第で実現できるんです。それだけの量が採れる予定なら、今朝採り野菜売り場にも置けるよね、といった具合に。お客さまにおいしいものを届けられると判断すれば、そのときそのときで臨機応変に対応していくということです。──今朝採り野菜がきっかけとなり、新たな農家さんとのつながりができた、などの例はありますか?もちろんあります。農家さんからは「イオンは大量に野菜を育てていないと取引できない」と思われている場合も多いのですが、実際は少しの量であったり、1週間しか採れないようなものでも、お客さまによろこんでもらえる作物でしたら、お取引が可能になっています。商売の裾野が広がっているのは間違いありませんね。生産者さまとのコミュニケーションで「こんな価値観だったら売れるよね」とひとつひとつ話し合いながら進めてきた結果です。──「こんな価値観だったら〜」とはどういうことですか?お客さまにとってみたら、同じ野菜だったら100円よりも1円安い99円で買えた方がいいですよね? でも、いつ採れたかわからない野菜よりも、今朝採れた野菜の方が、仮に20円高かったとしても、もしそこにお客さまが価値を見出していただけるのなら、生産者さんも収入が増えますし、みなさんそれぞれ努力をされます。結果として、よりいいものをお客さまが手に入れられる可能性が高まるんです。 後編へ続く http://www.nikuine-press.com/survey/post_4851/ イオンリテール http://www.aeonretail.jp/ 【こちらの記事もオススメです】 [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_47/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1368/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3598/"]

ニクイねぇ!調査隊

なぜ、イオンは朝採れ野菜を売り場に並べるのか?(後編)

(前編はこちら http://www.nikuine-press.com/survey/post_4551/)──最近、冷蔵庫でも、より鮮度を保つ野菜室に対するニーズが高まってきました。イオンでも、ここ数年、野菜に対するニーズが変わったな、という実感はありますか? 野菜の消費量は実は増えてないのですが、そのなかでずっと、わずかずつではありますが、増え続けているのが生食用サラダの野菜ですね。また、和食回帰のニーズも高まってきているので、おひたしなどに使われる葉物野菜への注目度は高まっていると感じます。また、機能性野菜といった言葉もあるように、野菜自体への関心度が高まっているのは間違いないですね。その背景には、キーワードとして健康やダイエット、美容などがあります。飲料の形で野菜を摂取するにしても、昔はトマトジュースしかありませんでしたが、最近はコールドプレスジュースや野菜ジュース自体の種類がかなり増え、それらすべてが健康と美容というキーワードとつながっているのだと、売り場から実感させられますね。さらに、増え続ける医療費などの社会背景から、自分の体は自分で守り、健康寿命を自分で伸ばそう、という意識が高まっていますので、野菜のニーズが増加していることへの実感は、今後、ますます高まっていくのではないでしょうか。──野菜自体の価値を上げる売り方は、どのようなものが考えられますか?一番わかりやすいのは、オーガニックというキーワードではないでしょうか。10年前くらいから有機栽培農家の農産物なども扱っていますが、最初はあまり売れなかったんです。ですが、オーガニックはグローバルな視点からも注目されていますし、日本でも徐々に意識が高まってきているので、かつてに比べるとかなり売れるようになってきています。通常の野菜と比べて2倍の値づけであっても、買っていただけるような状況が見られ始めていますね。──生活者の野菜に対する意識も、確実に高まっているのでしょうか?先進国のなかでも、日本はまだまだ野菜に対する意識が足りないというか、無頓着な印象があります。海外では、レストランでベジタリアン向けのメニューやハラルフードなど、宗教的なメニューが当たり前のように存在しますが、日本ではようやく最近になって、というイメージですよね。──まだ、それらのメニューがニュースになるような段階ですね。 その辺に対する意識が、ようやく日本でも少しずつ高まってきているのも、野菜への注目度が高まっている理由のひとつかなと思います。──ところで、生産管理が難しい野菜というのはあるのでしょうか? また、それらを管理するに当たって、独自に工夫されていることなどがありましたら教えてください。やはり生鮮食品ですから、コールドチェーンがキーポイントです。生産から運搬、売り場の陳列まで、どれだけ適温を保てるか、温度管理を一定にしたままの配送ルートを維持できるか。その管理などに工夫が施されていますね。──例えば、葉物野菜はシナシナになってしまいやすく、根菜類と比べると保存する際に苦労しますが、売り場でもそれをフレッシュな状態に保つ工夫などをされているのでしょうか?野菜って、生き物なんですよね。野菜は成長しますから、温度と水分が重要。シナシナに乾燥する要因は、野菜の蒸散作用にあります。野菜も呼吸しているので、これをいかに抑えるかが保存の際のポイントになってきます。通常の売り場で管理するのはなかなか難しいのですが、だからこそ、今朝採り野菜が重要なんですよね。今朝採れた野菜を店頭に並べて、すぐにお客さまに手渡せる。短い時間で運んで、短い時間でお客さまの手に渡るようにする行為につながってくるんです。昔の八百屋さんなら、その日に仕入れたものをすべて売り切ることができたでしょうが、スーパーマーケットは営業時間も長いですし、なかなかそれを実現することはできません。ですから、鮮度を保つこと自体は、我々にとって今朝採り野菜売り場に限らず重要なことですし、売れる時間帯に合わせ、温度管理をしている冷蔵庫からタイミングよく品出ししたり、品出し自体の回数を管理したりしています。そこもコールドチェーンでつながっていて、データを見ながら実現しています。──肉や魚でも、同じような売り方は行えるのでしょうか?肉は難しいですが、魚は野菜と同様、以前からこういった売り方を行っています。直接バイヤーが漁師さんから買い付けて、一次処理だけ行ってそのままトラックに載せ、午後1時から2時には店舗の棚に並べるようなイメージです。野菜と同様、魚はお客さまが鮮度を一番気にする食材ですから、運搬時間をなるべく短くし、鮮度を保っています。──そうした売り方は、イオンだからできることであり、やはり中堅どころのスーパーマーケットだと難しいのではないのでしょうか?確かに、スケールメリットはありますね。ただし、この今朝採り野菜売り場を実現できたのは、もともとイオンアグリ創造のトップが私たちと同じバイヤーであり、売り手の気持ちがわかるという点も大きいですね。スピード感をもってやっていきたいといったら、それに対し、できるだけ努力をしてくれますし、融通や小回りを効かせてくれます。通常のプロダクトアウトだけではなく、マーケットインまでやっていける強みがそこにもあります。──最近、日中働いている共働き夫婦が増えたことで、毎日食材を購入する人に加えて、まとめ買いしつつも、できるだけ鮮度の良い状態で食べたいから保存方法にこだわりたい、という人が増えています。そういったお客さまのライフスタイルの変化を売り場でも感じますか?それは日々感じています。冷蔵庫代わりにスーパーマーケットやコンビニエンスストアを使われる方も実際にはいらっしゃいます。共働きのご夫婦が増え、夜遅くまで開いているスーパーマーケットで遅い時間に買い物をされる方や、週末にまとめ買いをされる方が増えたな、と感じています。こういったライフスタイルは、今後さらに多様化することが予想されますが、少しでも鮮度のいい、いわゆる棚持ちのいいものを私たちが用意し続けることは、これまでと変わりがないと考えます。まとめ買いされる方が冷蔵庫に入れたものをすぐに食べるとしても、2、3日経ってから食べるにしても、私たちの「できるだけ鮮度のいい食品を提供したい」という考えは、決して変わりません。──野菜の産地をしっかり店舗で表示することで、売上を伸ばしている飲食チェーン店があります。それと同じように、スーパーマーケットでも鮮度の高いものを求めて人が集まり、また、お客さま自体の意識も高まっている、ということですね。以前は、店頭に並んでいるブロッコリーの産地がどこなのか、とか、この肉はどこで加工されたものなのか、といったことを気にする人は、あまりいなかったと思うんです。どちらかといえば、おいしければなんでもいい、という感じでした。ただ近年、食の世界では“安全安心”神話がいろんな意味で崩れかけているところがあります。“国産にこだわる=安心感を与える”ことで業績を伸ばしている飲食チェーンがあるように、安心感は今の日本人の心をつかんでいるのです。──形がいびつだったり、不ぞろいな方が、かえって安心感を得られることもありますよね。感覚的にはそうなんですよね。一概にはいえませんが、野菜を選別して規格をそろえるのには時間がかかります。最初に規格をそろえるように仕向けたのは、実は私たち、スーパーマーケットをはじめとする店舗側なのですが、今は少しでも早く、新鮮なうちに持ってくることにも力を入れていますし、食品廃棄なども重要な課題になってきているので、たとえ不ぞろいであっても、栄養価の高いものを優先して販売していくことが、ひとつの販売スタイルなのかな、と考えています。今朝採り野菜はまさに、その一環なんですね。──今後、お客さまの声が今朝採り野菜の売り場に反映されることもあるのでしょうか?一定の声が大きくなってくれば、検討したいとは思っています。仕入れのチャネルはいろいろありますし、私たちの商売はお客さまのニーズに応えるのが第一ですから。お客さまからの「こんな商品が欲しい」「こんな野菜をつくって欲しい」といったリクエストがあれば、最大限対応していくつもりです。(前編はこちら http://www.nikuine-press.com/survey/post_4551/) イオンリテール http://www.aeonretail.jp/【こちらの記事もオススメです】 [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_47/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1368/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3598/"]

ニクイねぇ!調査隊

旅を楽しんでる場合じゃない!? 気象データから見る「GW大掃除」をおすすめする理由

“大掃除”といえば、いわば年末の風物詩ですが、最近では、気候の良い秋に実施するのがおすすめという声も聞かれます。でも、さらにおすすめの時期があるのです。それは、4月末から5月上旬のGW(ゴールデンウィーク)。「過去の気象データを見ても、GWは大掃除のベストシーズンだといえます」と語る『All About』の家電ガイド・滝田勝紀さんに、その理由をわかりやすく解説してもらいました。 過去の気象データが示す“掃除向き”の天候──GWはどこへ行くにも混雑していますし、宿泊代なども高いので、家で大掃除するというのもいい時間の使い方かもしれませんね。ところで“気象データ”では、どんな傾向が示されているのでしょうか?まずは、気象庁が公開している過去のデータから、4月末~5月初旬の平年値を見てみましょう。平年値とは、1981~2010年の30年間における観測値の平均を元に算出したもの。例えば、東京で見てみると、4月末に向けて平均降水量は下がり続け、最も低いピークとなる5月3日では3.1mmほど。日照時間は6時間前後で、平均雲量もこの期間だけは少なめです。そして気温は、とても過ごしやすい16~17.4℃で安定します。つまり、GWは前後の期間よりも「晴れやすくて過ごしやすい」ということが、過去の統計からわかるのです。もちろん地域ごとに多少のズレはありますが、4月の不安定な天候が落ち着き、ジメッとした5月中盤に向かう狭間の時期、といえるでしょうね。──でも、気候がいいと、掃除よりもまずは外に出かけたくなるのですが……。それでもこの時期に大掃除をしておいた方がいい、一番の理由とはなんですか?実はGWは、やがてくる梅雨時期に繁殖しやすいとされるカビや雑菌の根元を殲滅する、絶好のチャンスともいえるんです。先ほどの気象データを再び見てみましょう。GW直後の5月中旬から降水量はゆっくり増え始め、日照時間は徐々に短くなっていきます。梅雨のピークとなる6月27日辺りは、降水量が6.8mmで、日照時間は3.2時間。それでいて、最高気温は26.3℃くらいになりますので、湿度がかなり高い状態となります。ただでさえジメジメする部屋。掃除せずに放置しておけば、カビや雑菌が繁殖する温床になるのは目に見えています。──カビは、子どものアレルギーやいろいろな病気の元になるといわれていますし、怖いですよね。カビだけでなく、いま皆さんがお使いの布団の中は、湿度が高いとダニなどが大繁殖しやすい環境になっている恐れがあります。これらの元になる原因を殲滅するための大掃除。その絶好のタイミングが、繁殖期の前、つまりGWの時期なのです。──なるほど! 確かに旅行へ行っている場合じゃない気がしてきました……。では、カビやダニの繁殖を防ぐお掃除のポイントと、そこで役立つ最新の家電をぜひ紹介してください! ①家中のダニ対策に最適な掃除機掃除機三菱電機 サイクロン式プレミアム掃除機「風神(TC-ZXF30P)」http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/cleaner/product/fujin/軽くてコンパクトなのに強い吸引力が続き、さらに排気がキレイなのが、ここ数年、進化を続けるシリンダー型サイクロン掃除機。吸い込んだ風とゴミをすばやく分別することで、排気から微細な粉じんを出にくくし、排気のイヤなニオイも抑えます。棚の上や高いところなどもラクにキレイにできるアタッチメント“すみずみブラシ” や“2WAYロングノズル”、持ち方を変えて効率的に掃除できる“フィジ軽グリップ”など、1台で隅々まで、家を丸ごと掃除できる機能を搭載。ペットの抜け毛や、排気に含まれるペット臭の悩みを解消する機能も備えています。また“エアブロー機能”は、窓の桟、部屋の隅、凹凸部など、ノズルが届きづらいところにあるゴミを風の力で掃き出して、普段、放置しがちな場所もラクに掃除できます。また、この時期は真冬用と初夏用とで寝具も衣替えをする季節。それらを清潔な状態で保管&使用するためには、付属の“アレルパンチふとんクリーンブラシ”が便利です。走行車輪と逆回転するブラシが備わっていて、髪の毛や微細なゴミをスムーズに吸引するほか、ヘッドに搭載された“アレルパンチ植毛”には、ダニの死がいやふんなどのアレル物質を約90%も抑制する抗アレル剤が塗布されています。まずはこれ1台で、部屋の大半をカバーできるでしょう。  ②掃除機とふとん乾燥機の合わせ技で、ダニの住処になりやすいベッドを徹底対策!ふとん乾燥機三菱電機 フトンクリニック AD-X80http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/futon/product/ad80/この時期は真冬用と初夏用とで寝具も衣替えをする季節。でも冬用のふとんをそのまま押し入れにしまってしまうと、ダニの温床になってしまいます。寝具を清潔な状態で保管&使用するために、ふとん乾燥機と掃除機の合わせ技でしっかり対策をしておきましょう。マット式ふとん乾燥機には、通常乾燥に加え、ふとん全体をしっかりと包み込む“ヒートパンチマット”も付属しています。これは、ふとんの表面だけでなく、約60°Cの熱を中綿までしっかりと伝えるので、居残りダニの対策もバッチリ。さらに、掃除機付属のふとん掃除専用のブラシ“アレルパンチふとんクリーンブラシ”を使って、ふとんに残ったダニの死がいやふんなどをしっかり吸引しておきましょう。走行車輪と逆回転するブラシが備わっていて、髪の毛や微細なゴミをスムーズに吸引するほか、ブラシヘッドに搭載された“アレルパンチ植毛”には、ダニの死がいやふんなどのアレル物質を約90%も抑制する抗アレル剤が塗布されています。冬用寝具もしまう前に、これでダニ対策をしておけば、次のシーズンまで安心して保管できます。さて、ふとん乾燥機は冬の家電と思っていませんか?マット式ふとん乾燥機なら、部屋の気温に合わせ、ふとん乾燥/あたための仕上げ温度をおまかせで調節できです。夏はサラッとさわやかに、冬はしっかり暖かく、春秋は程良いぬくもりに仕上げてくれます。初夏だけでなく、オールシーズンで眠りにつきやすいふとん温度に仕上げ、快眠環境づくりをサポートしてくれます。 ③洗濯物から浴室まで、カビやニオイの元を乾燥します!衣類乾燥除湿機三菱電機 衣類乾燥除湿機 MJ-120MX/100MXhttp://www.mitsubishielectric.co.jp/home/jyoshitsuki/product/moveeye/※画像はMJ-120MXモデルです直接、掃除をするための家電ではありませんが、GW掃除でキレイにした部屋の状態を維持するのにぜひ備えておきたい1台をご紹介しましょう。長雨続きなどで、洗濯物をやむを得ず、部屋干ししてしまう機会が多いジメジメの季節。さまざまな厚さの洗濯物は、同じタイミングでは乾きません。そこで、乾き残りを高性能センサー(赤外線・温度・湿度)で見分け、徹底して追いかけて乾かすのが“部屋干し3Dムーブアイ”を搭載したこの衣類乾燥除湿機です。衣類乾燥だけでなく、梅雨時、特に湿気がこもりがちな玄関や靴箱、窓や壁の結露など、湿っているところもセンサーがピンポイントで見つけて除湿。カビの繁殖を防げるので、キレイに掃除した状態を維持するのに最適です。また、このモデルには4輪キャスターが付いているので、持ち上げずラクに移動できますよ!おしえてくれた人滝田勝紀さん『All About』の家電ガイド。フリーランスの編集者。モノ情報誌で家電品の担当を約10年以上務める。特にロボット系家電やIoT家電に精通。毎年9月にドイツで開催される世界一の家電見本市「IFA 2015」ほか、海外の家電取材の経験も豊富。 【こちらの記事もオススメです】 [glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_909/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_1972/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_1755/"]  

ニクイねぇ!調査隊

最近の「高級扇風機」、普通の扇風機とどこが違う?

最近、家電量販店などで、ひと昔前とはひと桁違う扇風機が売られていることに驚いた、という話をよく耳にします。以前はほとんどの扇風機が5,000~6,000円程度で買える感覚でしたが、2010年ごろから、それらとは一線を画す「高級扇風機」の市場が拡大中なのです。では、最近の「高級扇風機」と、いわゆる普通の扇風機とは、具体的にどこが違うのでしょうか?  DCモーターで多彩な風を吹かせられる多くの「高級扇風機」には、高効率なDC(直流)モーターが搭載されています。特長は、低消費電力&きめ細かな風量制御。DCモーターのおかげできめ細かな風量切り替えが実現し、なめらかに変化するリズム風、超微風など、多彩な風を吹かせることが可能になりました。一般的な扇風機に搭載されているAC(交流)モーターでは、風の設定を、強・中・弱といった強さくらいしか調整できません。ACモーターは安価ですが、周波数に応じた一定の回転速度しか得られないからです。 羽根の形状を独自に開発二重の羽根や多羽根など、各社の「高級扇風機」がもっともこだわっているのが、羽根の形状。単に風を生み出すだけの羽根ではなく、各社が考える理想的な風を吹かせるため、羽根を1枚1枚、独自に開発しています。たとえば、三菱電機のDCモーター扇風機「SEASONS」では、航空機の翼などで採用されるウイングレット形状の7枚羽根を採用。外周端部の風の渦が変動するのを抑え、運転音の低減を実現しています。さらに、風の整流効果を高める新形状のファンガードを開発。より静かで、到達距離の長い気流をつくることによって、快適な空気循環を実現しているのです。 より自然な風に近づいたACモーターは繊細な回転スピードの制御ができなかったため、ムラのある一定の風しか吹かせることができませんでした。ムラのある風に連続してあたるということは、空気の塊をぶつけられ続けるようなもの。細かく連続的な衝撃を、知らず知らずのうちに受けていました。それに対し「高級扇風機」のDCモーターは、回転スピードをきめ細かく制御可能。さらに、独自形状の羽根と組み合わせることにより、連続的な空気の塊ではなく、自然界を吹きぬけるベールのような風を吹かせることができるのです。 サーキュレーターにもなり、オールシーズン使える「高級扇風機」は扇風機としてはもちろん、サーキュレーターとしても活用できます。ヘッドが真上に向いたり、360°立体的に首振りする機能をプラスしているほか、DCモーターによってより強い直線的な風を遠くまで送ることもできるからです。暑い夏には、床面に溜まりがちなエアコンから出た冷たい空気を、部屋中に効率良く循環させられます。そして寒い冬には、夏とは逆に、天井側に溜まってしまいがちな温かい空気を、床面の方へ送ることができます。さらに、じめじめした梅雨どきには、洗濯物を乾かす際にも活用可能と、オールシーズン活躍してくれます。 音が静かでぐっすり眠れる「高級扇風機」の中でも、三菱電機のDCモーター扇風機「SEASONS」の場合、先進の気流制御技術と組み合わせることで、強運転時でも30dB程度と、ささやき声くらいの低騒音を実現しています。さらに、就寝時やリラックスタイムのための微風運転時も、木の葉のふれあう音より静かな約12dB。部屋で使っていても、ほとんど音は聞こえません。とにかく静かな環境で眠りたい、という人には、とてもおすすめです。 文/滝田勝紀『All About』の家電ガイド。フリーランスの編集者。モノ情報誌で家電の担当を約10年以上務める。ロボット系家電やIoT家電にも精通。毎年9月にドイツで開催される世界一の家電見本市「IFA 2015」ほか、海外取材の経験も豊富。 三菱扇風機:DCモーター扇風機 SEASONShttp://www.mitsubishielectric.co.jp/home/fan/product/seasons/三菱扇風機DCモーター扇風機SEASONSのページです。扇風機とサーキュレーターを一つにし、オールシーズン上をいく気持ちよさを。   

ニクイねぇ!調査隊

懐かしい! 歴代“レジェンドモデル”で振り返る、プリクラ20年の歩み

“プリクラ”の相性で親しまれているプリントシール機。最初のモデルがゲームセンターに並んだのは1995年のことでした。今回は、誰もが一度は楽しんだことのあるプリントシール機の“レジェンド”モデルをリストアップ。その進化の歴史を振り返ります。 1995年 プリント倶楽部「プリント倶楽部」(アトラス/セガ・エンタープライゼス)が発売されたのは、約20年前のこと。女性客の少ないゲームセンターに置かれていたこともあって、当初こそ人気はパッとしませんでした。ところが、男性アイドルグループが出演するテレビ番組に登場したことで大ヒット。翌96年からはブームに火がつきました。元祖「プリント倶楽部」は、その場で撮った顔写真をカワイイ背景やフレームと合成してシールにする、というシンプルな仕組みでした。ブームになったことで、多くの他メーカーがプリントシール市場に参入。シールだけでなく、名刺やスタンプ、ポストカードやキーホルダーを作れるものなど、派生モデルが続々と登場しました。この頃のプリクラといえば、2〜3人で顔のみを撮影するのが普通で、使われているカメラやプリントは、現在のそれと比べると圧倒的に質の低いものでした。デジタルカメラの黎明期だったこともあり、画質を追求するのは難しかったのです。そんな制約があるなか、97年に全身を撮れるモデルが登場。こうしたバリエーションの広がりは、多くの人々に歓迎されました。そういえば、印刷される写真のサイズを1枚ずつ選択できるようになったころには、いまでは信じられないことに、プリントシール機の近くにテーブルとハサミが置いてありました。そこで、みんなでシールを切り出していたんですね。友だちとおしゃべりしながらハサミで切り分け「プリ帳」に貼っていく……。そんな時間もまた、楽しいものでした。 2000年 HITOMIこの時代になると、撮った顔写真を“盛れる”ようになってきました。瞳に星やハートなど、7種類のデコレーションを写し込める「HITOMI」(アイ・エム・エス)が登場したのは、この頃です。こうしたデコレーションは、プリントシール機のなかで特殊なライティングを施すことで可能になったのです。もちろん“ラクガキ”もできるようになり、ユーザーがアレンジできる幅が一気に広がりました。プリントシール機で撮った写真が普通の証明写真と異なる点のひとつが、自分の顔を“盛れる”こと。この機能は女性の変身願望を満たし、支持され続けたのかもしれません。こうした“盛れる”、“ラクガキできる”、“撮影シチュエーションを変えられる”というアイデア次第で、プリントシール機の人気は大きく左右されたのでした。 2006年 姫と小悪魔プリントクオリティに対する人々の要求が高まってきたのが、このころです。そこに現れたのが「姫と小悪魔」(オムロンエンタテインメント)。プリント画素数は600dpi。雑誌などの一般的な印刷物が250から350dpiということを考えれば、その美しさがわかると思います。また、本格的なスタジオのように6基のストロボを使い、ふんわりと“姫っぽく”撮ったり、クッキリと“小悪魔っぽく”撮れたりする点も人気の秘密でした。プリントシールは小さなサイズですが、だからこそ、写真やプリントの質にもこだわりたいという欲求が、楽しんでいる人たちの間で湧いてきた時代です。プリントシール機では、一般的な家庭用プリンターで採用される「インクジェット式」とは異なり、「昇華型熱転写式」という仕組みを使ったプリンターが使われています。インクジェット式でプリントしたシールは、よく見るとドット感があり、機材を何日も使っていない場合には、プリントに色ムラが出たり筋が入ったりします。その点、昇華型熱転写式は、ドット感がなくて仕上がりがなめらか。しかも、いつ使っても安定してキレイにプリントできるのが特徴なので、人気を得たのもうなずけますね。 2007年 美人 -プレミアム-“盛る”機能や“ラクガキ”機能が人気を得て進化したプリントシール機ですが、この年に登場した「美人 -プレミアム-」(フリュー)は、とことん写真自体の“写り”を追求していました。内蔵された一眼レフカメラの機能がアップし、搭載されるストロボは10灯になりました。さらにプリント画質は、1200dpiとより高精細に! そんな高画質機ですが“盛れる”機能も充実。このモデルが、いまに続く“デカ目”時代を切り拓いたともいわれています。このころになると、プリントシール機を誰もがいろんな場所で目にするようになりました。ゲームセンター以外の場所にも置かれるようになったことと、駅ビルやファッションビルのなかにプリントシール機専門店が誕生しはじめたからです。こうした動きによって、社会人やファミリーなど、幅広い年齢層のユーザーがプリントシール機を楽しむ時代になりました。 2012年 OH MY GIRLナチュラルでありつつも“いつもの自分よりもキレイに撮れる”ことがトレンドになったプリントシール機。なかでも「OH MY GIRL」(メイクソフトウェア)では、透明感のある“美肌”を実現しました。また、全身写真を活かしたコラージュや、ファッション雑誌の表紙のようなデザインシートなどが用意されました。そういえば、初期のプリントシールは、当時の女子高生たちが「プリ帳」に貼り、リアルの友だちと学校やカフェなどで見せ合っていたものです。その後、スマートフォンやケータイに写真データが転送されるようになり、直接ブログなどへアップするのも簡単な時代になりました。つまり、知らない人にも“プリクラ”で撮った写真を公開していたわけです。でも、ブログからLINEやFacebookなどへとコミュニケーションのトレンドが変わった現在では、また再び、リアルな友だちと“プリクラ”で撮った写真を見せ合うことが人気となっています。そもそも、誰かと同じ時間、そして同じ場所にいたことを記念して撮影/製作するプリントシール。友だち同士だけで共有するというのが、本当の楽しみ方なのかもしれませんね。***こうして振り返ってみると「懐かしい!」と感じられる機種や機能も多いのでは? 久しぶりに「プリ帳」を開き、当時を懐かしみながらプリントシール機を友だちや家族と楽しんでみてはいかがでしょう。

ニクイねぇ!調査隊

進化し続ける「写真プリント」── “ネガで紙焼き”から大判のプリントまで

15年くらい前まで、写真は“フィルムで撮る”というのが当たり前。多くの家庭に、お父さんが撮った子どもの幼いころからのプリント写真や、家族で撮った記念写真をまとめたアルバムがありました。当時は、家族や仲間と写った写真をシェアしたいとき、プリント写真を焼き増ししていました。一度現像したネガフィルムをチェックしながら、街の写真屋さんなどにお願いしていましたが、あのころはそれが普通のこと。面倒に思う人はほとんどいませんでした。 ネガフィルムを使った写真がいまのように激減するなんて、当時は誰も思ってもみなかったことでしょう。でも、あっけなく状況は一変してしまいました。いまでは「写真のネガってなに?」という若者や子どもも少なくないはず。ここではそんな、写真プリントの変遷についてまとめてみました。 デジタル時代の到来で「写真を撮ること=ごく日常的なこと」に写真プリントの世界に大きな変化をもたらしたのは、デジタルカメラとカメラ付き携帯電話の普及でした。デジタルカメラとカメラ付き携帯電話が一般的になると、「写真を撮る」ことが、旅行や運動会といったハレの日の行為から、ごく日常的なこととなり、写真を撮る機会が圧倒的に増えていきました。普及型のデジタルカメラが発売されたのは、1995年のこと。その2年後の97年の時点では、まだまだフィルムから写真プリントへ出力するというのが一般的で、その累計枚数は実に122億枚でした。 それが、デジタルカメラが本格的に普及し始めた2002年には、フィルム写真のプリント数は90億枚へと減少します。(※写真プリント需要推移データ出典:フォトマーケット)そして、フィルムプリントの減少に反比例するかのように増えていったのが、デジタルカメラや携帯電話で撮ったデジタル写真のプリント数です。 2006年には、家庭のプリンターでプリントするホームプリントや、家電量販店やコンビニなどの店頭にある端末でプリントするデジカメプリントの枚数が、それぞれ25億枚前後へと急増。フィルムプリントは35億枚へと減少しました。この時期、プリント市場は『三国志』さながらに、フィルムプリント/ホームプリント/デジカメプリントの累計枚数が均衡していました。しかし、4年後の2010年になると、ホームプリントとデジカメプリントがそれぞれ30億枚前後とシェアを拡大する一方、フィルムプリントは8億枚まで減少してしまいます。 写真をプリントする手段はこれからも増えていくとはいえ、長く続いたフィルムプリントの1強時代とは異なり、デジタル写真のプリント数は、なかなか増えることはありませんでした。 97年には122億枚の写真がプリントされていましたが、2010年の総プリント数は80億枚を下回っています。その理由は、携帯電話やスマートフォン、またはパソコンに保存した写真データを、画面で見ているだけで十分、という人が増えたからでしょう。累計のプリント枚数がほとんど伸びない一方で、プリントするための手段はどんどん増えています。代表例は、先に紹介したホームプリントやデジカメプリント。さらに最近では、“フォトブック”の進化によって、ちょっとした写真集を安価で簡単に作れるようになりました。また、フィルムカメラからデジタルカメラへと撮影機材の主役がシフトするなか、95年頃になると、アトラス社の「プリント倶楽部」をはじめとするプリントシール機が登場してきました。いくらでも撮り直しができるデジタルカメラで撮影しているのに、プリントはやり直すことができないのがプリントシール機。プリントシール機はこの不便さで、逆に“写真は特別なもの”であることを実感させてくれたのです。 さらに、独特のフレームやラクガキ機能などを用意し、写真の楽しさを広げてくれたのも、プリントシール機の貢献。友人と同じ場所で撮影。フレームを選んでラクガキをし、1枚のシートとして出てきた写真をみんなと分け合う……。写真はもちろん、場所や時間をリアルに“共有”することで、いっしょに撮った瞬間を思い出として残せる点も、プリントシール機の隠れた魅力だったのです。そういえば、プリントシール機には“プリ帳”という独特のアルバムもありましたね。学校の休み時間や放課後に皆で見せ合ったり、眺めたりしたのも、良い思い出ですね。 写真プリントは“特別な瞬間”を1枚に凝縮した大切な贈り物いまでは、写真をプリントすること自体がレアなケースとなってしまいましたが、プリントシール機の例を見てもわかるように、プリントされた写真には、特有の楽しさがあります。デジタルの写真を、一度アナログの紙へとプリントして“特別”なものにすることで、写真が“思い出”として復活するのではないでしょうか。ホームプリントやデジカメプリント、そしてフォトブックと、ユーザーの好みに合わせて好きな方法で写真をプリントできる。実はそんな、ユーザーにとってはうれしい状況が、いまは当たり前になっています。さらに、2016年の4月からは、全国のイオンを中心に設置される「ピクチャーパレット」という機械でも、写真プリントを楽しめるようになりました。このピクチャーパレットは、スマホのなかに撮り溜めた写真をアレンジし、1枚の色紙のような写真プリントを作れる仕組み。プリクラのように数十パターンのフレームが用意されていて、そこに自分が選んだ写真を入れていきます。もちろん人気のプリントシール機のように、スタンプやラクガキ機能も使えます。そしてレイアウトが出来上がったら、1分ほどで出力完了。ほぼA4の大判サイズにプリントされた1枚の色紙が完成します。こうして出力したプリント写真は、贈り物としても最適。例えば、おじいちゃん、おばあちゃんに子どものプリント写真を贈ったり、旅行時のプリント写真を同行者に贈ったりすれば、相手の喜ぶ顔も見られるはず。さらに、プレゼントした写真が先方の自宅に飾られていたりすれば、自らもうれしく、幸せな気分になれることでしょう。多様なプリント写真を楽しめるようになったいま、もう一度、“紙焼き写真”の魅力を味わってみてはいかがでしょうか。