How To

子どもが進んで「お片づけ」したくなる、 8つの整理&収納テク

文/ニクイねぇ!PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2016.02.05

お子さんの成長とともに増えていくおもちゃや絵本。気がつけば本棚や収納ボックスに納まり切らないほどの量に……。また、「何度言っても子どもが片づけをしない」など、お片づけの悩みは尽きません。そこで、お子さんが進んでお片づけをしたくなる整理収納テクをご紹介します。

 

1.おもちゃの定位置を決める

0108_489

少しずつおもちゃの数や種類が増えてくる頃から、おもちゃをグルーピングします。そして、“ぬいぐるみはかご”、“積み木は手押し車”といった具合に、おもちゃを収める定位置を作ってあげましょう。

「この箱はお人形さんたちのおうち」「このかごは絵本のおうち」といった具合に、最初はおもちゃごとに収納ボックスの種類を変えてあげると、お片づけしやすくなります。

 

2.お片づけの習慣は赤ちゃんの頃から

0108_406

「遊んだ後はお片づけをする」という行為は、1歳になれば少しずつ理解できるようになってきます。最初はママやパパが手伝ってあげながら、一緒にお片づけをしましょう。

歌を歌ったり、上手にできたらほめてあげたりしながら片づければ、お子さんにとってお片づけは、遊びの延長にある楽しいひとときとなるでしょう。

 

3.収納ボックスには8割くらいの量を

0108_485

ぎゅうぎゅうに詰まった収納ボックスは、当然のことながらおもちゃをしまいづらく、お子さんのお片づけへのモチベーションが下がります。ボックスはゆとりを持って、収納するおもちゃはボックスの8割くらいの量にとどめておくのがポイントです。

 

4.こまごまとしたものはチャック付きポリ袋へ

0108_467

小さめのブロックやフィギュア、パズルなど、こまごまとしたものは種類別にチャック付きのポリ袋へ。袋ごと大きな収納ボックスにしまうことができて便利です。袋が透明で中身が見える点も、お子さんのお片づけへのモチベーションを高めます。

 

続いて、のこり4つの収納&整理テク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加