How To

2019年の恵方は東北東! 親子で楽しむ「恵方巻きレシピ」5

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 写真/矢部ひとみ

2019.01.21

Recipe 2

サバ缶を使ったサラダ感覚の巻き寿司

サバマヨサラダの恵方巻き

「サバ缶にマヨネーズを合わせたものに、きゅうりやにんじん、ボイルエビを加えた、お子さんでも食べやすいマイルドな味わいのサラダ巻きです。サバ缶をツナ缶やカニカマに代えてもおいしいですよ」(清水さん)

 

★下ごしらえ

太巻きで使用する具材をそれぞれつくります。

 

◆サバマヨ

材料(つくりやすい分量)

サバ缶……1缶

マヨネーズ……大さじ1

 

つくり方

(1)サバ缶はザルに上げ、水気をよく切る。

(2)サバの身を箸でほぐしながら、マヨネーズと和える。

 

◆きゅうりの細切り

材料(つくりやすい分量)

きゅうり……1本

塩……適量

 

つくり方

(1)きゅうりに塩を振って手でよくこすり、水で洗い流す。

(2)(1)を斜めに薄くスライスし、千切りにする。

 

◆にんじんラペ

材料(つくりやすい分量)

にんじん……1/2本

 

<調味料>

砂糖……小さじ1/2

レモンまたは酢……大さじ1

オリーブオイル……大さじ1

塩……小さじ1/3

クミン……少々

 

つくり方

(1)にんじんは皮をむいて長さ5cmほどに切り、1〜2mm幅の板状に切って千切りにする。

(2)ボウルに<調味料>を入れてよく混ぜ、(1)のにんじんを加えて和える。

(3)冷蔵庫で1時間以上寝かせて味をなじませる。

 

◆ボイルエビ

材料(つくりやすい分量)

冷凍小エビ……15〜20匹

片栗粉……大さじ1

水……500cc

酒……大さじ1

塩……大さじ1/2

 

つくり方

(1)冷凍小エビは海水とほぼ同じ3%の塩水(分量外。目安としては、水250ccの場合、塩大さじ1/2)に30分ほど浸して解凍する。

(2)(1)をザルに上げて水気を切った後、ボウルに入れる。片栗粉を加えて軽く揉みこみ、洗い流す。

(3)鍋に水、酒、塩を入れて沸騰させ、(2)の冷凍小エビを入れて火を止める。ふたをして余熱で5〜6分ほど火をとおす。

 

◆だし巻き卵

Recipe 1の下ごしらえを参照

 

★仕上げ

それぞれ具材の準備ができたら、巻いていきます。

 

材料(1本分)

焼きのり……1枚

酢飯……130g

サバマヨ……30g

きゅうりの細切り……1/3本分

にんじんラペ……30g

ボイルエビ……5〜6匹

だし巻き卵……1/4本

大葉……2〜3枚

白ごま……適量

 

つくり方

(1)巻きすの上に焼きのりを縦長になるように置き、酢飯を3等分にして中央部分へ横一列に並べる。奥側1/5ほどのスペースを残して、酢飯を全体に平らになるよう敷き詰める。

(2)(1)で敷き詰めた酢飯の中央あたりに大葉を横に並べて置き、サバマヨ、きゅうりの細切り、にんじんラペ、ボイルエビ、だし巻き卵の順に横一列に重ねていき、最後に白ごまを振りかける。

(3)巻きすで巻けば完成。

 

★Point だし巻き卵に片栗粉を加えてふわふわに仕上げる

「だし巻き卵に水溶き片栗粉を加えることで、多めのだし汁を加えても形よく仕上がります。冷めてもふんわりとした食感で、具材の中で黄色が引き立った、彩りのよいサラダ巻きになりますよ。Recipe 1のだし巻き卵にも活用できます」(清水さん)

 

 

 

Recipe 3

すき焼きのような味わいで食が進む!

牛しぐれの恵方巻き

「甘辛く煮詰めた牛肉とだし巻き卵、ごぼうやにんじんの根菜煮が入った、食べごたえのあるひと品です。ピリッと効いた紅しょうがは後味をスッキリさせてくれますが、お子さん向けには紅しょうがを抜いて巻いてあげるといいでしょう」(清水さん)

 

★下ごしらえ

太巻きで使用する具材をそれぞれつくります。

 

◆牛しぐれ

材料(つくりやすい分量)

ごぼう……80g

しょうがのスライス……1片分

 

<調味料>

しょうゆ……大さじ1と1/2

みりん……大さじ1と1/2

砂糖……大さじ1

酒……大さじ4

 

水……60cc

牛細切れ肉……300g

 

つくり方

(1)ごぼうはよく洗い、タワシまたは包丁の背で皮をこそげとる。5mm幅程度の斜め薄切りにして耐熱容器に入れ、ひたひたになるまで水を加えて600Wの電子レンジで3分加熱する。

(2)鍋にしょうがのスライス、<調味料>、水、牛細切れ肉、(1)のごぼうを加えて中火にかける。

(3)フツフツしてきたら弱火にしてふたをし、15分ほど煮る。最後は強火にしてかき混ぜながら、煮汁がなくなるまで煮詰める。

 

◆にんじん煮

Recipe 1の下ごしらえを参照

 

◆えのきのつくだ煮

材料(つくりやすい分量)

えのき……1袋(約100g)

しょうゆ……大さじ1

みりん……大さじ1

 

つくり方

(1)えのきは2〜3cmのざく切りにする。

(2)鍋にしょうゆ、みりん、(1)のえのきを入れて弱火にかける。フツフツとしてきたら2〜3回かき混ぜながら、5分ほど煮る。

 

◆だし巻き卵

Recipe 1の下ごしらえを参照

 

★仕上げ

それぞれ具材の準備ができたら、巻いていきます。

 

材料(1本分)

焼きのり……1枚

酢飯……130g

牛しぐれ……60g

にんじん煮……30g

えのきのつくだ煮……30g

絹さやの塩ゆで……細切りにしたもの4枚

だし巻き卵……1/4本

紅しょうが……適量

 

つくり方

(1)巻きすの上に焼きのりを縦長になるように置き、酢飯を3等分にして中央部分へ横一列に並べる。奥側1/5ほどのスペースを残して、酢飯を全体に平らになるよう敷き詰める。

(2)(1)で敷き詰めた酢飯の中央あたりに牛しぐれ、にんじん煮、えのきのつくだ煮、絹さやの塩ゆで、だし巻き卵の順に横一列に重ねていき、最後に紅しょうがを載せる。

(3)巻きすで巻けば完成。

 

★Point 野菜の下ゆでに電子レンジで活用する

「牛しぐれをつくる際、火のとおりにくいごぼうを、あらかじめ電子レンジ加熱でやわらかくしておくと、牛細切れ肉と合わせて加熱調理する時間を短縮できます。絹さやは、ヘタとすじを取り除いて耐熱皿に並べ、塩少々(分量外)を振って600Wの電子レンジで30秒加熱しましょう」(清水さん)

 

 

【次のページは】アボカド肉巻き&お稲荷風の恵方巻きレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加