How To

夕食前の「お腹空いた〜」対策に! トースターでつくる「つなぎごはん」レシピ

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 写真/矢部ひとみ

2018.12.17

 

Recipe 3

スナック感覚で野菜を摂れる

フライド風野菜スティック

「スティック状にした野菜に片栗粉をまぶして焼くだけのシンプルメニューなので、焼いた後の味つけにバリエーションを加えました。

野菜スティックは太めにカットすることで、野菜の歯ごたえがしっかり感じられ、満腹感につながります。お子さんには、メープルシロップを添えると喜んで食べてくれることでしょう。カレーパウダーやクミンをまぶすと大人のおつまみにもなって、ついつい手が伸びてしまいます」(吉川さん)

 

 

材料(つくりやすい分量)

大根……1/4本

にんじん……1/2本

片栗粉……適量

カレーパウダー、クミン、岩塩、メープルシロップ……適量

 

つくり方

(1)大根とにんじんを皮がついたままスティック状に切る。薄くなってしまうと焦げるので、2cm角くらいを目安に。

(2)(1)に小さじ2程度の塩(分量外)をまぶして5分くらい置き、水気が出たらキッチンペーパーで拭く。

(3)(2)に片栗粉を薄くまぶし、オーブントースターにて1200W(三菱オーブントースター「BO-S7」では「強」)で10〜15分焼く。焼き色がついてきたら焼き上がり。

(4)カレーパウダーと塩、クミンと塩などをまぶす。好みでメープルシロップをつけて食べる。

 

★Point 野菜スティックに塩をふって置いておく

「野菜スティックに塩をふっておくと、野菜から水分が出て、焼いたときに水っぽくなりません。また大根は、同時に辛味も抜けていくので、お子さんが食べやすい味になります。出てきた水分をしっかり拭いて、片栗粉をまぶしてください。表面に水分がついていると、片栗粉がついた部分がトロッとしたおもちのようになってしまいます。また、野菜の皮には水分が少なく、焼くとカリッと仕上がりやすいので、ぜひ皮つきのまま使いましょう」(吉川さん)

 

 

Recipe 4

塩だけの味つけでジュワッとおいしい

キャベツとツナの巾着袋

「シャキシャキのキャベツにツナを和えた、サラダのような巾着袋です。カリカリに焼けた油揚げが香ばしく、生の千切りキャベツが苦手なお子さんでもおいしく食べてくれますよ。

油揚げは、お豆腐を揚げたものなので、大豆に含まれる良質なたんぱく質を摂ることができます。お豆腐よりも脂質は多いのですが、その分、しっかりとお腹を満たしてくれます。

ツナ缶がないときは、ほぐした鳥ささみ肉や、炒めた豚ひき肉、鮭フレークなどでつくるのもおすすめ。また塩もみキャベツは、そのまま冷凍しておけば別のおかずやメインディッシュのつけあわせとしても使えるので便利です。自然解凍すると、冷凍前と変わらない食感で食べられますよ」(吉川さん)

 

材料(2個分)

油揚げ……1枚

キャベツ……1/8個

塩……小さじ1

ツナ……1缶

 

つくり方

(1)油揚げはキッチンペーパーの間に挟んで手でギュッと押し、油を抜く。1枚を半分に切り、それぞれ袋状になるように開く。

(2)キャベツは千切りにして塩をふり、5分ほど置く。出てきた水をしっかり絞れば、塩もみキャベツの完成。

(3)(2)にオイルを切ったツナを混ぜ、(1)に詰めて楊枝でとめる。

(4)オーブントースターにて1200W(三菱オーブントースター「BO-S7」では「強」)で3分ほど焼く。焦げ目がついたら焼き上がり。

 

★Point キッチンペーパーで油抜きする

「湯引きをし、油抜きをする手間を省くために、キッチンペーパーの間に油揚げを挟み、上からギュッと押して油を吸い取っていきます。ゴシゴシすると油揚げが破けてしまうので、体重をかけてぐっと押すようにしましょう」(吉川さん)

 

★塩もみキャベツはさまざまな料理にアレンジできます

新キャベツとも呼ばれる春キャベツは、4月から6月にかけてが旬。豊富に含まれるビタミンCは、免疫向上やストレスの緩和にも効果的だといわれています。色が濃く、葉がやわらかいので、炒めものの彩りがアップするのはもちろん、サラダや浅漬けなどの生食にもピッタリ! そこで、キャベツ1玉を残さず使い切る、手軽でおいしいレシピ5品を、料理家の橋本彩子さんに紹介してもらいました。

 

Recipe 5

子どもが野菜を巻いて楽しめる

野菜の棒春巻き

「きゅうりやアスパラ、オクラなど、火のとおりがいい野菜を春巻きの皮でくるっと巻いて、オーブントースターで焼くだけ。調味料で味つけしなくても、ベーコンやハム、チーズの塩味で十分おいしくいただけます。特にきゅうりは、加熱すると青くささが抜けて食べやすくなるのでおすすめ。わが家では、野菜を切っておけば子どもたちが遊びながらつくってくれるので、夕飯づくりの時間稼ぎにもなっています」(吉川さん)

 

材料(4本分)

きゅうり……1/2を4本のスティック状に

アスパラガス……1/2を4本のスティック状に

オクラ……1本

ベーコン……1/2枚

ハム……1/2枚

スライスチーズ……1/2枚

春巻きの皮(ミニサイズ)……4枚

スプレーオイル……適量

 

つくり方

(1)きゅうり、アスパラガス、オクラをスティック状に切る。ベーコン、ハム、スライスチーズはいずれも半分に切る。

(2)春巻きの皮で、きゅうりとハム、アスパラガスとベーコン、オクラとスライスチーズをそれぞれ巻く。

(3)オーブントースターの受け皿に載せてスプレーオイルをかけ、900W(三菱オーブントースター「BO-S7」では「中」)で3分焼く。

 

★Point オイルはスプレータイプのものが便利

「春巻きの皮の表面にオイルを塗ると、焼き色がついてこんがり焼き上がります。スプレータイプの容器であれば、手軽にまんべんなくつきますが、スプレータイプの容器がない場合は、ハケやオイルを含ませたキッチンペーパーなどで塗るとよいでしょう」(吉川さん)

 

 

忙しい夕方の時間帯は、子どもも大人も疲れていたり、お腹が空いていたりでイライラしがち。そんなとき、罪悪感なく食べさせられる野菜いっぱいの「つなぎごはん」をつくっておけば、夕飯の準備もストレスフリーで進められます。今回のレシピは、いずれもオーブントースターで調理でき、夕食の準備でコンロが埋まっていても、効率よくつくれます。

三菱電機のオーブントースター「BO-S7」は、最大1200Wのトリプルヒーターであっという間にこんがり焼き上がり、バタバタした時間にも一気に調理できるのがうれしいポイント。さらに、庫内が広くてたくさんの食材が入るので、調理時間を大幅に短縮できます。今回紹介したレシピはいずれも簡単なので、お子さんに遊び感覚で手伝ってもらうのもおすすめです!

三菱オーブントースター BO-S7

http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/toaster/product/bo-s7/index.html

 

教えてくれた人

吉川愛歩さん

料理ライター。3歳男子と10歳女子の母。書籍や雑誌、Webなどで執筆する傍ら、子どものアレルギーをとおしてグルテンフリーやヴィーガンの知識を学び、からだにやさしいレシピ考案やケータリングをしている。
https://www.instagram.com/yoshikawaayumi

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加