How To

つくり置きの“冷凍”で家事がもっとラクに! 料理家さんの冷凍常備菜&アレンジレシピ

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 写真/矢部ひとみ

2018.11.05

 

Recipe 2

揚げ物やスープなどアレンジ自在!

ゆで豚スペアリブ

(冷凍保存期間のめやす:約3週間)

「ブロック肉でも代用できますが、骨つき肉を使うことで食べごたえのある献立になります。また、骨つき肉はうまみやダシがよく出るので、煮込み料理に向いています。ここに紹介する<タレ>をつければそのまま食べられますが、ほかにも、根菜類といっしょにスープで煮込んだり、片栗粉をまぶして揚げたりと、バラエティ豊かなアレンジを楽しめます」(瀬戸口さん)

 

材料(2人分)

豚スペアリブ……600g

にんにく……1片

しょうが……1片

酒……大さじ2

 

<タレ>

白ごま……大さじ1

コチュジャン……大さじ2

ごま油……大さじ1

 

つくり方

(1)大きめの鍋に豚スペアリブ、皮をむいて芯を取り除いたにんにく、薄くスライスしたしょうがと酒を入れ、ひたひたになるまで水を加え(分量外)、中火にかける。

(2)(1)の鍋が沸騰したら弱火にしてアクを取り、15分ほど煮る。

(3)(2)をザルにあげて、にんにくとしょうがを別容器に取っておく。豚スペアリブは水で洗い、キッチンペーパーで表面についた水気をよく拭き取り、フリーザーバッグに入れて冷凍庫で保存する。

(4)(3)のにんにくとしょうがをすり鉢でつぶし、白ごま、コチュジャン、ごま油を加えて<タレ>をつくり、冷蔵庫で保存しておく。

 

★冷凍Point 豚スペアリブは平らに並べる

「できるだけ短時間で冷凍させるために、フリーザーバッグに入れる際は、豚スペアリブが上下に重ならないようにして並べましょう。また、中の空気をしっかり抜いてから袋の口を閉じることも大切です」(瀬戸口さん)

 

★「ゆで豚スペアリブ」のアレンジメニュー

じっくりコトコト煮込むだけ!

ゆで豚スペアリブと大根のスープ煮

「大根といっしょに弱火でじっくり煮込んだ、素材の味を活かしたおかずです。ゆで豚スペアリブのうまみが染み込んだ大根は絶品。辛味やコクを加えたい場合は、ゆで豚スペアリブの調理時につくった<タレ>を添えてみてください。やさしい味わいのスープは最後まで飲み干すか、さらにリゾットにアレンジしてもいいでしょう」(瀬戸口さん)

 

材料(2人分)

「ゆで豚スペアリブ」……全量

大根……約10cm

長ねぎ……約8cm

三つ葉……1株

塩……小さじ1

酒……大さじ2

水……800ml

薄口しょうゆ……小さじ1/2

 

つくり方

(1)大根は2cm幅に切って厚めに皮をむき、半月切りにする。長ねぎは縦に薄くスライス。三つ葉は1cm角くらいのザク切りにする。

(2)鍋に(1)の大根と塩、酒、水を加え、中火にかける。沸騰したら弱火にし、大根がやわらかくなるまで20分ほど煮る。

(3)冷凍状態の「ゆで豚スペアリブ」を(2)の鍋に加え、フタをして弱火のまま20分ほどゆでる。薄口しょうゆを加え、豚スペアリブがやわらかくなるまでしばらく煮込む。

(4)器に盛りつけ、(1)の長ねぎ、三つ葉を添える。

 

★Point ゆで豚スペアリブは凍ったまま加える

「大根がやわらかくなるまで火がとおったら、凍ったままのゆで豚スペアリブを加え、さらに20分以上煮込みます。こうすることで大根の中まで肉のうまみが染み込みます。ゆで豚スペアリブはじっくり長時間煮込むと、とろけるようなやわらかさに。お肉の状態を見ながら煮込み時間を調整し、お好みのやわらかさに仕上げてください」(瀬戸口さん)

 

Recipe 3

苦味やえぐみのないやさしい味わい

小松菜の煮びたし

(冷凍保存期間のめやす:10日間)

「和風だしで手早くゆでた小松菜は、生のままザク切りにして冷凍したものと比べ、青くささが和らぎます。小松菜はおひたし、炒め物、スープなど、いろいろな献立に使えるので、野菜のメニューが欲しいな、と感じたときなどに重宝します。残った昆布は刻んでしょうゆ漬けにしたり、みそ汁に入れたりしてお召し上がりください」(瀬戸口さん)

 

材料(約4人分)

小松菜……400g

塩……小さじ2/3

昆布……5cm角

水……200ml

 

つくり方

(1)小松菜は縦半分に切って根の部分の汚れをよく洗い落とし、5cmの長さに切りそろえる。

(2)鍋に(1)の小松菜、塩、昆布、水を入れてフタをし、中火にかける。沸騰してきたらフタをとり、小松菜の上下を返して火を止める。

(3)(2)のゆで汁と小松菜を分けて、小松菜はあら熱がとれたら軽く絞ってフリーザーバッグに入れる。ゆで汁も同様に、別の袋に入れてそれぞれ冷凍庫で保存する。

 

★冷凍Point 小松菜とゆで汁はわけて冷凍

「小松菜とゆで汁は、それぞれ別のフリーザーバッグに入れて冷凍保存します。和風だしでゆでたスープを小松菜と同時に解凍すれば、煮びたしに使えます。ほかにも、ゆで汁はベジブロス(野菜だし)として、スープやみそ汁などに活用できますよ」(瀬戸口さん)

 

★「小松菜の煮びたし」のアレンジメニュー

焼きのりの効果でまろやかな食感に!

小松菜の和え物

「和風だしで煮た小松菜の煮びたしに、焼きのりを散らした和え物です。焼きのりを加えることで甘みが増し、小松菜の苦味が和らぎます。ちょっと野菜が足りないときの副菜やおつまみ、お弁当のおかずとして役立ちます」(瀬戸口さん)

 

材料(2人分)

「小松菜の煮びたし」……1/2量

えのき……70g

塩……少々

しょうゆ……小さじ1/2

ごま油……小さじ1

焼きのり……全形1枚

 

つくり方

(1)えのきは石づきを切り、沸騰したお湯で10秒ほどゆでてザルにあげ、あら熱をとる。あら熱がとれたら、半分に切ってボウルへ入れる。

(2)(1)のボウルに、解凍した「小松菜の煮びたし」、塩、しょうゆ、ごま油を加えて混ぜ合わせる。

(3)手でちぎった焼きのりを加え、全体を混ぜ合わせる。

 

★Point ごま油と焼きのりを加える

「小松菜の青くささが苦手な方は、ごま油と焼きのりを加えると食べやすくなります。焼きのりは食物繊維やカルシウムが豊富なので、青菜メニューの栄養バランスを整える効果も期待できるんですよ」(瀬戸口さん)

 

★「小松菜の煮びたし」のアレンジメニュー<おまけ>

「小松菜の煮びたしは、炒め物へのアレンジもおすすめです。卵、水で戻したきくらげといっしょにフライパンで炒め、塩・コショウで味を調えれば、5分足らずで『小松菜ときくらげの卵炒め』の完成です」(瀬戸口さん)

 

 

★Check!

2〜3週間の食材保存なら

マイナス7℃でソフトに冷凍する三菱冷蔵庫の「切れちゃう瞬冷凍」を活用したい!

最近の冷蔵庫は、冷凍室やチルドルーム以外に、冷蔵室と冷凍室の中間の温度帯に保てる“特別な部屋”を備えたモデルが増えています。食材の使い方や保存期間によっては使い勝手がアップするので、ぜひ活用しましょう。

三菱電機の冷蔵庫には、約マイナス18℃で凍らせる通常の冷凍室「しっかり冷凍室」のほかに、約マイナス7℃でソフトに凍らせる「切れちゃう瞬冷凍」機能を搭載した機種があります。

常備菜や野菜類は、あらかじめ細かく切ってからフリーザーバッグにひとまとめに入れ「切れちゃう瞬冷凍」で保存。こうしておくと、お弁当のおかずとして少量だけ使いたいときなどに、欲しい分だけを解凍でき、大幅な時短につながるのでとても便利です。

また「切れちゃう瞬冷凍」で保存した肉や魚は、解凍しなくても包丁でサクッと切り分けられます。例えば「豚ひき肉の中華風ハンバーグ」のタネは、成形せずに平たくのばしてフリーザーバッグに入れ、そのままの状態で「切れちゃう瞬冷凍」に保存しておきます。使うときは、必要な量だけを包丁で切り分け、5分ほど常温に置き、好みの大きさに丸めて焼けば、あっという間にハンバーグの完成です。

また、同じタネを成形して瞬冷凍しておけば、ロールキャベツをつくる場合などはさらにラクに! ハンバーグのタネを電子レンジで解凍したり、前日から冷蔵室へ移動させて解凍したりといった手間がないので、大幅な時短につながります。急なメニュー変更にも、臨機応変に対応できますね。

製品情報:三菱冷蔵庫 http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/reizouko/

「おいしい」と「使いやすい」があふれる毎日に。買い物スタイルから調理までラクになる、暮らしにうれしい冷蔵庫です。

「切れちゃう瞬冷凍」のおいしい使い方(動画) https://www.youtube.com/watch?v=hOuHNsN1SX0

 

ママになって15年間。家族のために朝食、昼食、夕食を欠かさずつくり続けてきた瀬戸口さん。体にやさしく、おいしい家庭の味を、効率よく用意できる秘訣は、冷凍常備菜にありました。日持ちする冷凍保存にしておけば、同じ常備菜を食べ続ける必要もありません。

また、三菱冷蔵庫の「切れちゃう瞬冷凍」のように、解凍の手間が不要な機能を活用すれば、冷凍常備菜をさらに便利に使いこなせます。ぜひ一度、お試しください!

 

 

つくってくれた人

瀬戸口しおりさん

 

宮城県出身。イラストレーターを志していたセツ・モードセミナー在学中に、東京・吉祥寺にあった無国籍風レストラン「諸国空想料理店KuuKuu」のスタッフになったことがきっかけで、料理の道へと進むことに。その後、料理家・高山なおみさんのアシスタントを経て独立。著書に『私の手料理』(アノニマスタジオ)、『わたしの作りおきおかず』(アスペクト)、『おいしい歳時記』(オレンジページ)、『子どもがよく食べる給食のレシピ105』(地球丸)などがある。夫と中学3年生の息子との3人家族。
【Twitter】@inoshishiya2005

 

●こちらの記事もおすすめです

冷蔵庫は、食品を冷やして保存するだけの家電だと思っていませんか? 最新冷蔵庫の機能は、冷蔵や冷凍だけではありません。

お茶碗1杯分など、中途半端に残ってしまうことも多いごはん。いつの間にか冷凍庫には、カチカチに凍ったごはんの山が……なんてこと、ありませんか? そこで、残った白米をおいしく活用するために、フードコーディネーターの小野和美さんに、残りごはんを使ったおいしいおやつレシピを教えてもらいました。

機能はもちろん、家庭のライフスタイルに合った冷蔵庫を選べば、家事がもっとラクに楽しくなるはず。そこで4人の現役ママに集まってもらい、普段の冷蔵庫の使い方や、冷蔵庫選びのポイントなどをお話いただきました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加