How To

SNS映え確実! かんたん&アートな「ピクニックごはん」5

文/ニクイねぇ! PRESS 編集部 写真/矢部ひとみ

2019.02.18

Recipe 5

青空の下でデコレーション!

キラキラマフィン

「箱の中いっぱいにミニマフィンを敷き詰めた、まるで宝箱のようなデザートメニューです。ピクニックにアイシングシュガーやフルーツ、カラフルチョコチップなどを持参し、お好みのデコレーションで輝きをプラスしましょう。バーベキューなどと同様に、自分たちで調理に参加できるのは楽しいものです。完成したマフィンはもちろん、その場のにぎやかな雰囲気も写真に収めましょう!」(隼さん)

 

材料(直径5cmのミニマフィン15個分)

バター……70g

 

<粉類>

薄力粉……140g

アーモンドプードル……40g

ベーキングパウダー……小さじ2

塩……ひとつまみ

 

全卵……1個

卵黄……1個

 

<クリーム>

生クリーム……大さじ2

牛乳……大さじ1

 

きび砂糖(砂糖でも代用可)……90g

 

 

つくり方

(1)バターは常温に戻し、オーブンを200℃に余熱する。

(2)<粉類>を粉ふるいにかける。

(3)全卵と卵黄を混ぜ合わせる。

(4)<クリーム>の材料を混ぜ合わせる。

(5)(1)のバターにきび砂糖を少しずつ加えながら、クリーム状になるようによく混ぜる。

(6)(5)に(3)の卵を少しずつ加えながら混ぜる。

(7)(2)の<粉類>の1/3量を(6)に加え、ヘラでさっくりと混ぜる。さらに(4)の<クリーム>の半量を加えて混ぜる。次に、同量の<粉類>、半量の<クリーム>、残り1/3の<粉類>という順に加え、混ぜていく。

(8)全体に粉っぽさがなくなったら、天板に載せたミニマフィンカップの型に流し入れ、200℃に熱したオーブンで15分焼く。竹串を挿して串の先に生地がつかなければOK。

 

飾り付け

<装飾用材料>

アイシングシュガー……適量

水……適量

フルーツやミントなどのトッピング……お好みのもの

アイシングシュガーと水を混ぜ合わせ、ビニール袋に入れて冷蔵庫で冷やしておく。マフィンを入れる箱にマスキングテープやマジック、リボンなどでお好みの装飾を施し、あら熱のとれたマフィンを入れる。

 

★Point 用意するデコアイテムは2〜3種類にとどめる

「ミニマフィンにお好みのデコレーションやアイシングを施して完成させられるよう、季節のフルーツや飾りチョコなどを用意しましょう。このとき、トッピング用食材の種類が多すぎると、デコレーションに時間がかかったり、小さなお子さんの場合、いろいろと盛りすぎて食べづらくなったりすることがあります。アイシングシュガーと2〜3品ほどのアイテムがあれば十分。ピクニックに持って行く際は、保冷袋などに入れ、冷えた状態がキープされるよう気をつけましょう」(美沙さん)

 

 

SNS映えするレシピというと、手の込んだ装飾やテクニックが必要という印象があり、ハードルが高いと思いがち。でも、holidayさんに教えていただいたメニューは、とても簡単でインパクトがあり、家族やゲストも喜ぶ遊び心たっぷりの内容でした。ぜひ皆さんもお試しください!

 

つくってくれた人

holiday

アートディレクターの堀出 隼さんと料理家の堀出美沙さんからなるクリエイティブユニット。「休日のようなワクワク感と楽しさを届ける」をテーマに、アート&フードディレクション、ケータリングサービス、イベント演出、オリジナルグッズのプロデュースなど、「食とデザインとアート」を中心にした活動を展開中。神奈川県葉山町在住。9歳の男の子と6歳の女の子の4人家族。
[HP]http://we-are-holiday.com

 

●こちらの記事もおすすめです

わんぱくサンドやスコップコロッケなど、ビジュアル映え抜群のフードメニューが今、InstagramをはじめとするSNSで大人気。美しい彩りや見た目のインパクトなど、おしゃれな料理は思わずアップしたくなってしまいますよね! また、一品で存在感がありテーブルが華やぐので、ホームパーティにもぴったりです。

キャンプでの一番の楽しみといえば、食事。ここでは、簡単に楽しく調理でき、アウトドアの食卓が豊かになる“外ごはんレシピ”を紹介します。

スキレットの魅力といえば、オーブンでも調理でき、そのまま食卓へと出せること。調理開始から10分程度でできる、スキレットをつかった簡単レシピを、料理ライターの吉川愛歩さんに教えてもらいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加