How To

SNS映え確実! かんたん&アートな「ピクニックごはん」5

文/ニクイねぇ! PRESS 編集部 写真/矢部ひとみ

2019.02.18

気温も落ち着き、過ごしやすい季節になってきました。天気の良い日は、お弁当を持ってピクニックへ出かけてみるのはいかがでしょうか?さわやかな青空のもと、家族や友人たちと和やかにおしゃべりを楽しみながら味わう食事は、格別のおいしさです。

今回は、楽しいピクニックのランチタイムをさらに盛り上げてくれる、フォトジェニックなメニューをご紹介します。教えてくれたのは、アートディレクターの堀出 隼さんと、料理家の堀出美沙さんご夫婦によるケータリングユニット・holidayのおふたり。テーブルコーディネートにもアイデアが満載で、思わずSNSにアップしたくなる料理がそろいます。ぜひお試しください!

 

 

Recipe 1

バゲットを丸ごと1本使った

なが〜いサンドイッチ

バゲットに入れた切れ目に沿って、2種類の異なる具材を並行に挟むことで、華やかなサンドイッチに! スライスする前の、ドーンと迫力あるサンドイッチの全景はもちろん、分厚くカットしたサンドイッチを持つパパと、薄切りカットのサンドイッチを持つお子さんの手元を、並べて写真に撮るのも絵になりますよ」(隼さん)

 

材料(長さ50cmのバゲット1本分)

バゲット(バタール)……1本

 

<BLT>

溶かしバター……適量

グリーンリーフ(レタス)……5枚

トマト……中1個分

スライスベーコン……6枚

 

<ツナアボカド>

ツナ缶……中1個

アボカド……2個

マヨネーズ……80g

たまねぎ(みじん切りしたもの)……1/2個

 

ブラックペッパー……適量

 

つくり方

(1) バゲットの中心を3cmほどあけ、両側に具材を挟むための切れ目をタテに2本入れる。

(2)片方の切れ目に溶かしバターを塗り、グリーンリーフ、スライスしたトマト、フライパンで両面を軽く焼いたスライスベーコンを挟む。

(3)もう片方の切れ目には<ツナアボカド>の材料を混ぜ合わせたものを挟む。

(4)仕上げに、お好みでブラックペッパーを振りかける。

 

飾り付け

<装飾用材料>

オーブンペーパー(ワックスペーパー)……60cm四方のもの

薄葉紙や包装紙などのラッピングペーパー……適量

麻ひもやリボンなど……適量

サンドイッチをオーブンペーパーでくるみ、その上からお好みのラッピングペーパーで包んで、麻ひもやリボンで先端を結ぶ。

 

★Point サンドイッチは切らず丸ごとラッピングする

「『これなーんだ?』と、ビッグで重量感ある包みを差し出し、お子さんや友人をビックリさせるラッピングで仕上げましょう。切り分けるときは、裂けそうなくらい大きな口を開け、ほおばるくらいの“大口カット”に。サンドイッチにかぶりつく様子はシャッターチャンスですよ!」(美沙さん)

 

 

Recipe 2

「これボクの!私の!」を間違えない簡単アート

マイカップ式!鶏唐揚げ&グリル野菜

「ピクニックやパーティのとき、自分が使っていたカップやお皿がどこにいったかわからなくなること、ありますよね? あらかじめ自分の名前を書いておくのもいいのですが、例えば、その日の主要な遊びなどテーマを決め、各自でカップに絵を描いてみましょう。さまざまなイラストの入ったカップが並ぶことで、華やかな空間を演出できます」(隼さん)

 

材料(4人分)

<鶏から揚げ>

鶏もも肉……2枚(約700g)

 

<調味料>

塩……小さじ2

しょうが(すりおろしたもの)……大さじ1

乾燥バジル……大さじ1

 

小麦粉……大さじ6

片栗粉……大さじ3

揚げ油……適量

 

<グリル野菜>

かぼちゃ……1/8個

ヤングコーン……5本

オクラ……5本

赤パプリカ……1個

アスパラガス……1束

ミニトマト……適量

オリーブオイル……適量

塩……適量

 

 

つくり方

(1)鶏もも肉は食べやすいようにひと口大にカットし、<調味料>といっしょにビニール袋へ入れる。鶏もも肉を手でもみこむようにし、調味料をなじませてからひと晩冷蔵庫で寝かせる。

(2)(1)をボウルにあけ、小麦粉、片栗粉を全体にまぶし、180℃に熱した揚げ油で5〜6分間、鶏もも肉の中にしっかりと火がとおるまで揚げる。

(3)かぼちゃ、ヤングコーン、オクラ、赤パプリカ、アスパラをひと口大にカット。オーブンを200℃で予熱する。

(4)天板にオーブンペーパーを敷いて野菜を並べ、上からオリーブオイルと塩を振ってから、200℃に熱したオーブンで加熱する。加熱時間の目安は、かぼちゃは15分、ヤングコーン、オクラ、パプリカ、アスパラはそれぞれ10分、ミニトマトは3分。

 

飾り付け

<装飾用材料>

黒マジック……1本

紙コップ……4個

オーブンペーパー(ワックスペーパー)……15cm四方のもの×4枚

竹串……4本

色画用紙……適量

両面テープ……1本

黒マジックで絵を描いた紙コップに、手でくしゃっと丸めてから広げたオーブンペーパーを入れ、出来上がった鶏から揚げとグリル野菜を入れる。竹串に色画用紙を巻き付け、色画用紙を両面テープでとめたピックをつくり、名前や絵を描いて中身に挿せば完成。

 

★Point マイカップづくりは簡単でOK

「マイカップづくりは、負担なく簡単に準備したいところ。そこで、材料は100円ショップで買える白い紙コップ、竹串、色画用紙または折り紙、両面テープ、黒マジックを使いました。絵は、黒マジック1色で描くことで、イラストのトーンに統一感が生まれ、おしゃれなピクニック写真を撮影できます。絵を描く作業をお子さんたちに手伝ってもらう場合は、色ペンやクレヨンなどを用意してあげるのもよいでしょう」(隼さん)

 

【次のページは】フリフリポテト&ノリノリのり巻きをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加