How To

意外な料理に変身!? 「サバ缶」でうま味を楽しむ多国籍アレンジレシピ5

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 写真/阿部高之

2018.09.03

 

Recipe 3

夏バテ予防のスタミナメニュー

キムチチゲ サバ缶仕立て

「冷房による体の冷えや、夏バテからの疲労回復におすすめなのが、韓国風アレンジのキムチチゲ(鍋)です。サバのみそ煮缶とコチュジャン、キムチのほどよい辛みが効いたスープで、体の元気を取り戻しましょう!サバ缶は、メーカーによってみその味や塩分が異なりますので、調理時に味を確認しながら、コチュジャンやみその量を調整してください。シメに、ごはんやうどんなどを入れるとおいしいですよ」(鈴石さん)

 

材料(2人分)

大根……5cm

白菜キムチ……100g

ニラ……5本

絹豆腐……1丁

サバ缶(みそ煮)……1缶

水……3カップ

みそ……適量

コチュジャン……適量

卵……2個

 

つくり方

(1)大根は5mm幅のくし切りに、白菜キムチはざく切りに、ニラは5cmくらいの長さに切る。絹豆腐は4等分に切る。

(2)鍋に水を入れ、大根を入れて火にかけ、沸騰したら中火で煮る。大根がやわらかくなったら(1)の絹豆腐、白菜キムチ、ニラ、サバ缶を汁ごと入れ、中弱火で5分ほど煮る。

(3)(2)の味見をし、みそとコチュジャンを好みで足して味を調える。

(4)(1)のニラを加え、上から卵を割り入れて中火で軽く煮る。

 

★Point 身はほぐさずそのまま入れる

「サバカレーのときと同様に、こちらもサバの身をそのまま入れて、身が崩れないように弱火で煮込んでいきましょう。また、キムチをさっと水洗いして加えたり、豆乳を少し加えたりすることで、辛さをおさえ、お子さんでも食べやすい味になります」(鈴石さん)

 

 

 

Recipe 4

お好みのハーブとあわせるだけ!

サバ缶のリエット

「サバの身を細かくほぐしてペーストにすることで、フランス料理のリエット風に仕上げました。今回はディルを合わせましたが、パセリや大葉といった好みの香りのハーブ類に変えてお楽しみください。クラッカー以外にも、バゲットやハード系のパンにのせてもおいしいですよ。ワインのお供にぴったりのおつまみですが、クリーミーで子どもウケもいいひと品です。パンやサラダと一緒に、朝食や休日のランチにもおすすめです」(鈴石さん)

 

材料(4人分)

サバ缶(水煮)……1缶

バター……50g

ケッパー……小さじ1(約15粒)

ディル(パセリや大葉でも可)……3〜4本

 

<調味料>

レモン……小さじ1

オリーブオイル……小さじ

マスタード……小さじ1

コショウ……少々

クラッカー……適量

 

つくり方

(1)サバ缶をザルにあけて水気を切る。フォークやはしを使い、骨や皮を丁寧に取り除く。バターは常温に戻しておく(この料理ではサバ缶の汁は使いませんが、汁にはうま味が凝縮しているので、捨てずにスープなどに使ってください)。

(2)ケッパーを包丁で細かく刻む。

(3)ディルは葉先を切り取り、包丁で細かく刻む。

(4)(1)をボウルに入れ、フォークの背でサバの身を細かくほぐす。バター、ケッパー、ディル、<調味料>を加えてフォークでよく混ぜ、ペースト状にする。

(5)お皿に盛り付け、クラッカーを添える。

 

★Point フォークでよく混ぜ合わせる

「皮と骨を取り除いたサバの身は、フォークの背を使って潰すように混ぜていくと細かくなります。フードプロセッサーを使うとより簡単です。にんにくのすりおろし(小さじ1)を足すと、コクが出て風味よく仕上がります」(鈴石さん)

 

 

Recipe 5

火を使わずつくれる夏向けのひと皿

タイ風サバサラダ

「暑い季節に食べたい、タイ風サラダのアレンジです。ミント、紫玉ねぎ、しょうが、青ネギ、レモングラスなど、さまざまな香味野菜を合わせ、ナンプラーベースのタレにからめます。旨味たっぷりで味わいがよく、食欲をそそる香りです。サバ缶を使うことで加熱調理をする手間も省けるので、真夏のごはんづくりにも助かるメニューです。辛みが苦手なお子さん向けには、赤唐辛子を入れずにつくりましょう。レモングラスが手に入らない場合はミョウガで代用してもおいしく仕上がります」(鈴石さん)

 

材料(4人分)

サバ缶(水煮)……1缶

紫玉ねぎ……1/8個

しょうが……2片

青ネギ……1本

レモングラス茎(あれば)……2本

赤唐辛子……1本

ミント……適量

 

<調味料>

ナンプラー……大さじ1

砂糖……小さじ1

ライム(レモン)しぼり汁……大さじ1

 

つくり方

(1)サバ缶をザルにあけ、水気を切る。はしを使って、骨や皮を丁寧に取り除く(この料理ではサバ缶の汁は使いません。リエットの項でも触れましたが、スープなどにお使いください)。

(2)紫玉ねぎは繊維に対して直角に薄切りし、水にさらして水気をしっかり切る。(こうすることで辛みをおさえ、食感もやわらかくなります)。

(3)しょうがは皮をむき、千切りにする。青ネギは小口切り、レモングラスは薄く輪切りにする。赤唐辛子はタネを取り除いて輪切りにし、ミントは茎を取り除く。

(4)<調味料>を合わせてタレをつくる。ボウルにすべての材料を入れ、タレを加えてざっくりと全体を混ぜ合わせれば完成。

 

★Point サバの身はほどよい水気と固まり感を残す

「サバ缶の水気を切るときは、ザルにあげてかるく絞る程度にします。ギュッと絞ってしまうと、サバのうま味が逃げてしまいます。身をはしでほぐすときは、ある程度の固まりを残します。こうすることで、サバをしっかりと味わえるんです」(鈴石さん)

 

 

青魚が苦手なお子さんでも食べやすく、魚の調理が苦手なママやパパでも挑戦しやすい簡単メニューばかりをご紹介しました。サバ缶は種類も多く、メーカーによって味わいが違ったりするので、いろいろなサバ缶を試して、味の違いを比べてみるのも楽しいですよ。

 

教えてくれた人

鈴石真紀子さん

スタイリスト/6歳と10歳の女の子のママ。ファッション誌やママ雑誌、テレビなどで幅広く活躍。フードユニットcotonとして限定カフェやイベント出店などの活動にも力を注ぐ。ママとしての経験やこだわりを元に、素材の味や食感を生かしたレシピを考案するのが得意。
[Instagram]@cotonfood

 

●こちらの記事もおすすめです

炭水化物を抑えた糖質オフレシピでは、ごはんを食べない分、食べごたえを出すための工夫が必要。献立がひと皿で完結する糖質オフのワンプレートレシピ1週間分を、料理家の橋本彩子さんに教えてもらいました

災害対応レシピとは、災害時に限られた食材を使って、手間なく簡単につくれる献立のこと。食を通してお子さんたちと一緒に防災を意識するためにも、日常のメニューに取り入れて肩慣らしをしておくと安心です。今回はいざというときに役立つ災害対応レシピをご紹介します。

煮物、酢の物、卵焼き、ハンバーグにチャーハン……と、おなじみの家庭料理をナンプラーで仕上げるレシピをご紹介します。「ナンプラーはちょっと苦手」という方でも、思わず手が出るメニューばかりです。教えてくれるのは、ナンプラー使いの達人・鈴石真紀子さん。万能調味料のナンプラーが、料理のレパートリーをグンと広げてくれます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加