How To

初めてでも簡単。 巻き方から具材まで大公開!「ごちそう太巻き」レシピ(アレンジ編)

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2018.08.13

太巻きは、子どもから大人まで人気のメニュー。さまざまな具材でアレンジしやすく、パーティなどでも大活躍します。今回は、普段からご自宅で太巻きをよくつくるという料理家のtottoさんに、太巻きのイロハについて基本編、アレンジ編と2回に渡って教えていただきます。

前回の基本編では、基本の太巻きと具材のつくり方をご紹介しました。

基本編はこちら⇒【初めてでも簡単! 巻き方から具材まで大公開!!「ごちそう太巻きレシピ」(基本編)】

後編では、酢飯を使わない太巻きや、食パンでつくる太巻きなど、多彩なアレンジレシピをご紹介します。

 

★アレンジレシピ1

キムチと牛肉が食欲をそそる

韓国風太巻き

「濃厚な味つけの牛薄切り肉と、キムチが食欲をそそる酢飯いらずの太巻きです。甘辛い牛肉やピリッと辛いキムチはもちろん、ほうれん草やにんじん、たくあんをプラスすることで、味の深みと食感が増し、食べごたえがアップします。お酒のおつまみにもぴったり! お子さん向けにはキムチの代わりに卵焼きやきゅうりを加えるといいでしょう」(tottoさん)

 

 

【下ごしらえ】

まずは、太巻きで使用する具材をそれぞれつくります(分量はいずれも太巻き3本分)。

 

◆にんじん炒め

材料

にんじん…1/2本

ごま油…小さじ1

塩・コショウ…少々

白すりごま…少々

 

つくり方

(1)にんじんは皮をむいて千切りにする。

(2)フライパンにごま油を引き、(1)のにんじんを中火で2〜3分炒める。塩・コショウで味を調え、最後に白すりごまをふれば完成。

 

◆ほうれん草のナムル

材料

塩…適量

ほうれん草…1/2束

ごま油…小さじ1

 

つくり方

(1)たっぷりの湯に塩を加え、ほうれん草をゆでる。水気をしっかり絞り、5cmの長さに切る。

(2)(1)をボウルに入れ、ごま油、塩(小さじ1/2)を加えて混ぜ合わせれば完成。

 

◆牛肉甘辛炒め

材料

牛もも肉薄切り…240g

酒…小さじ2

塩…少々

しょうゆ…小さじ1

ごま油…小さじ2

コチュジャン…小さじ1

 

つくり方

(1)牛もも薄切り肉に酒と塩、しょうゆを揉み込み、下味を付ける。

(2)フライパンにごま油を引き、中火にかけて(1)を焼く。両面に焼き色がついたら、コチュジャンを加えて混ぜ合わせれば完成。

 

 

◉韓国風太巻きのつくり方解説

 材料(3本分)

焼きのり(全形)…3枚

ごはん…2合

塩…少々

ごま油…小さじ2

にんじん炒め…【下ごしらえ】したもの全量

ほうれん草のナムル…【下ごしらえ】したもの全量

たくあん(刻んだもの)…適量

キムチ…適量

牛肉甘辛炒め…【下ごしらえ】したもの全量

 

つくり方

(1)ごはんに塩、ごま油を入れ、よく混ぜる。

(2)巻きすに焼きのりを敷き、向こう側1cmを残して(1)のごはんの1/3量を敷き詰める。

(3)手前から6cmほどのところに、にんじん炒めとほうれん草のナムル各1/3量とたくあんを置く。

(4)(3)の上にキムチ、牛肉甘辛炒め1/3量を載せる。

(5)【基本編】で紹介した基本の太巻きのつくり方と同様に巻いていく。残り2本も同様につくる。

(6)太巻き3本の上部に薄くごま油を塗り、白ごまをふりかけ、5分ほど置いてから8等分にカットすれば完成。

 

 【次のページは】グリーンと赤紫のアクセントがおしゃれ! ベジ太巻き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加