How To

いつもの味がガラリと変わる! 絶対おいしい「そうめんアレンジレシピ」5

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/山本雅世

2018.07.23

 

Recipe 4

とろとろの肉みそが生野菜によく合う

納豆とひき肉のじゃじゃ麺風

「花椒(ホアジャオ)とみそを入れ、中華風に味つけした肉みそに納豆をあえました。きゅうりと白髪ねぎと肉みそをよく混ぜていただきます。辛いのがお好きな方は、ラー油をたらしてみてください」(吉川さん)

 

材料(2人前)

ねぎ(白い部分)…10cm

きゅうり…1/2本

納豆…2パック

みそ…大さじ3

酢…大さじ2

ごま…適量

しょうゆ…大さじ2

花椒…適量

ごま油…大さじ1

にんにく…適量

しょうが…適量

豚ひき肉…200g

玉ねぎ…1/2個

みりん…大さじ2

酒…大さじ2

そうめん…200g

 

つくり方

(1)ねぎは千切りにして水にさらしておき、きゅうりも千切りにしておく。

(2)ごま油を引いたフライパンに、にんにくとしょうがを入れ、香りが立ってきたら豚ひき肉を炒める。

(3)豚ひき肉の色が変わったら、玉ねぎを入れる。玉ねぎが透明になってきたら、みりんと酒を入れて強火にし、水分を飛ばす。

(4)ボウルに(3)を入れて冷まし、粗熱がとれたら納豆、味噌、酢、ごま、しょうゆ、花椒を入れてあえる。

(5)そうめんをたっぷりのお湯でゆで、水でしめたら水分をしっかり切ったら皿に盛る。上から(5)をかけ、(1)の白髪ねぎときゅうりを添える。

 

★Point 納豆は温かくならないよう、後であえる

「納豆は熱を加えると香りが立ってしまうので、ひき肉を炒めた後、ボウルに移して混ぜます。お皿に盛ったら、全部の具をよく混ぜ合わせて食べましょう」(吉川さん)

 

Recipe 5

柚子とごまの上品な香りが食欲をそそる

ねぎ塩柚子麺

「麺に絡めたごま油の香りと柚子胡椒の辛味、ねぎのシャキシャキ感がマッチした麺です。柚子胡椒の種類によって辛さや香りに差があるので、お好みのものを見つけてください」(吉川さん)

 

材料(2人前)

ごま油(炒める際に使用)…大さじ1

ねぎ(白い部分)…1本分

柚子胡椒…小さじ1

塩…少々

そうめん…200g

ごま油(麺用)…大さじ2

三つ葉…少々

ごま…適量

 

つくり方

(1)ごま油を引いたフライパンで、みじん切りしたねぎを炒め、柚子胡椒と塩で味つけする。

(2)そうめんをたっぷりのお湯でゆで、水でしめたら水分をしっかり切る。ボウルにそうめんを移したら、ごま油を入れてあえる。

(3)そうめんを皿に盛ったら(1)を載せ、三つ葉で飾ってごまを振る。

 

★Point そうめんにごま油を絡めておく

「ゆでたそうめんにごま油を絡めておくと、麺がくっつきにくくなります。ごま油の香りがふわっと感じられて香ばしく、食欲をそそります」(吉川さん)

 

 

何種類もの楽しみ方を味わえるそうめんは、ランチや夕飯にはもちろん、夜食や子どものおやつにもぴったり。常備しておくのがおすすめです。

 

教えてくれた人

吉川愛歩さん

ライターときどき料理人。10歳女子と 2歳男子の母。書籍や雑誌、Webなどで執筆する傍ら、子どものアレルギーをとおしてグルテンフリーやヴィーガンの知識を学び、カラダにやさしいレシピ考案やケータリングをしている。

 

●こちらの記事もおすすめです

暑い季節に食べたくなるのがタイ料理。でも「タイ料理=辛い」というイメージが先行し、子どもがいるから食べられない、とあきめているご家庭も多いのではないでしょうか。

エスニック料理の決め手といえば、ナンプラー。タイのポピュラーな調味料で、魚を発酵させた独特の香りが食欲をそそります。最近は日本でもかなり浸透していますが、なかなか最後まで使い切れず「気づいたら消費期限を過ぎていた……!」というご家庭も多いのでは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加