How To

親子で楽しく観賞したい! 全国の「雲海」絶景スポット8選

文/ニクイねぇ! PRESS編集部

2018.06.25

 

<長野県>

快適&おしゃれなカフェから絶景が見える

3.北志賀竜王高原 竜王マウンテンパーク SORA terrace

長野県の北志賀高原にある「竜王マウンテンパーク」は、標高1770mの雲の上にある「SORA Terrace」から雲海を眺められることで知られています。

営業日には、予約なしで利用可能な、長野電鉄・湯田中駅から竜王ロープウェイ間を往復する無料送迎バスも運行していて、アクセスしやすいのもファミリーにはうれしいポイント。

登山しなくてもテラスへアクセスできるロープウェイは、166人乗りと世界最大級! 気象条件がそろわないと発生しない雲海の発生率は63.5%と比較的高く、山頂には、登った人しか見ることのできない絶景が広がります。雲海は、下界が曇りや雨など、天候の悪い日の方が発生しやすいのだとか。同じ目線に夕陽が沈むサンセットタイムも幻想的です。

2017年には、カフェレストラン「SORA Terrace cafe」がリニューアルオープンし、より快適な雲海観賞を楽しめるように。窓の外に大パノラマが広がるおしゃれな店内には、景色を見渡せるソファスペースやテーブル席などがあり、ファミリーでゆっくり食事を味わいながら雲の動きを観察できます。メニューも充実していて、竜王高原の気候に合わせて焙煎した豆を使ったこだわりコーヒーや、季節限定のソーダなど、地元食材を使ったオリジナリティあふれるご当地メニューが大人気!

7月から10月の特定日には、営業時間を延長し、夜景や星空、天の川などを観賞できる“星空ナイトクルーズ”も開催されます。

 

●北志賀竜王高原 竜王マウンテンパーク SORA terrace

所在地:長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬11700

電話:0269-33-7131

夏季営業期間:2018年は10月21日(日)まで(※7月2日~6日と9月3日~7日は運休)

夏季営業時間:9:00~19:00(上り最終18:40)

ナイトクルーズ営業日:7、8、9月は21:00まで、10月は20:00まで

夏季料金(ロープウェイ往復乗車券):大人(中学生以上)2,300円 子ども(4歳以上)1,200円 シニア(65歳以上)2,200円

「北志賀竜王高原 竜王マウンテンパーク SORA terrace」公式サイト:http://www.ryuoo.com/soraterrace/

 

 

<埼玉県>

雲海観賞の後は公園で1日たっぷり遊べる!

4.秩父ミューズパーク

都心からほど近く、気軽に行ける雲海スポットとして知られているのが、埼玉の秩父地方。なかでも人気なのが「秩父ミューズパーク」です。公園のシンボルである展望台と「旅立ちの丘」は、雲海を眺められるスポットとして有名。展望台には専用の駐車場が用意されるので、小さなお子さん連れでも安心です。日の出から朝7時くらいが発生しやすい時間帯で、最も発生率が高いのは11月とのこと。

秩父ミューズパークは1日楽しめる大規模な公園なので、早朝に雲海観賞をした後は、家族でアクティブに遊べるのが最大の魅力。夏季はプールを楽しめるほか、キッズ遊具が複数箇所にあり、芝生広場や展望すべり台、サイクルランドなど、たっぷり遊べる施設が充実しています。アウトドア好きのファミリーには、キャンプやバーベキュー、入浴施設までがそろう「PICA秩父」も人気です!

 

●秩父ミューズパーク

所在地:埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518

電話:0494-25-1315(秩父ミューズパーク管理事務所)

※その他、各種問い合わせはホームページでご確認ください。

「秩父ミューズパーク」公式サイト:http://www.muse-park.com/

 

 

 

 

<千葉県>

ドライブついでに立ち寄れる手軽な雲海スポット

5.鹿野山九十九谷展望公園

千葉の名峰・高宕山など、上総丘陵が連なる山並みを一望できる公園で、“ちば眺望100景”にも登録されています。新緑や紅葉など、四季折々の美しい景色を眺められるほか、秋から冬にかけての早朝には気象条件によって雲海が現れ、隠れた雲海スポットとしても有名。雲海は、雨が降った後の晴れた日に見られることが多いようです。

展望公園まではクルマで直接アクセスでき、10台ほどが停められる無料の駐車場やトイレもあるので、ドライブついでに立ち寄ることもできます。館山自動車道の君津ICからクルマで約30分と都心からもほど近く、長い時間歩けない小さいお子さん連れでも気軽に訪れやすいスポットです。

 

●鹿野山九十九谷展望台公園

所在地:君津市鹿野山東天峪119-1

電話:なし

駐車場:あり

「鹿野山九十九谷展望台公園」公式サイト:http://www.city.kimitsu.lg.jp/site/kanko/2230.html

 

 

 

【次は兵庫&岡山&新穂高の名雲海スポットをご紹介!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加