How To

子ども連れにも優しい「親子で利用したい図書館」9選

文/ニクイねぇ! PRESS編集部

2018.07.30

 

 <東京都>

武蔵境駅から徒歩1分! 授乳スペース&幼児用トイレも完備

5.武蔵野市立ひと・まち・情報 創造館 武蔵野プレイス

「武蔵野プレイス」は、図書館を中心に生涯学習支援などの機能を併せ持つ複合機能施設。図書館は、地下2階から地上2階までの4フロアで展開されています。そのうち2階フロアは、家族で楽しめる生活関連の図書と児童書でまとめられていて、ファミリーで利用しやすいスペースになっています。

「こどもライブラリー」には、乳幼児から小学校高学年までを対象にした絵本、紙芝居を含む児童図書を約4万4000冊、児童向け雑誌を20誌配置しています。

 

1階にあるマガジンラウンジも魅力。約600誌の雑誌の最新号と、新聞30紙を常時自由に閲覧できます。カフェもあり、のんびりと読書時間を楽しめます。美術館を思わせるスタイリッシュなたたずまいも人気で、隣接する公園ではイベントなども開催されています。 

 

 

●武蔵野市立ひと・まち・情報 創造館 武蔵野プレイス

所在地:東京都武蔵野市境南町2-3-18

電話:0422‐30‐1900

開館時間:9:30~22:00

休館日:水曜(祝日の場合は翌日が休み)、年末年始、図書特別整理期間

アクセス:JR中央線・西武多摩川線「武蔵境駅」下車、南口より徒歩1分

http://www.musashino.or.jp/place

 

 

 

<富山県>

天井が高く開放感のある空間

6.富山市立図書館本館

新国立競技場を設計した建築家・隈研吾さんが手がけた図書館。富山の市立図書館24館中で最大の、45万冊を所蔵。2階から6階の吹き抜け空間が印象的で、天窓からは明るい自然光が差し込みます。

1階ロビーは朝の7:00から利用でき、出勤・登校前に朝刊を読むこともできます。また5階の雑誌コーナーには、ファッション誌から書店の店頭にはないような専門性の高いものまで、約500タイトルがそろっていて、利用者から好評を得ています。

 

3階の児童図書フロアには、赤ちゃん向けの絵本から物語の本、学習に役立つ知識の本、紙芝居などがそろっています。「読書相談カウンター」では、子どもの本に関する読書相談や、調べ学習のサポートもしてくれます。

 

同じフロアには「ふれあい交流ルーム」も配置。おはなし会といった行事以外のときは自由に使えるので、靴を脱いで親子で思い思いに読書を楽しめます。もちろん、授乳室や幼児用トイレも用意されています。

 

 

●富山市立図書館本館

所在地:富山県富山市西町5-1 TOYAMAキラリ内

電話:076-461-3200

開館時間:1階情報コーナー=7:00~20:00、3階児童図書フロア=9:30~18:00、4階一般図書フロアと5階参考図書フロア=9:30~19:00(金・土は20:00まで)

休館日:毎月第1水曜、年末年始、蔵書点検期間

アクセス:市電「西町電停」より徒歩1分、「グランドプラザ前電停」より徒歩2分・JR「富山駅」より徒歩20分

https://www.library.toyama.toyama.jp/

 

 

 

<滋賀県>

小学校の旧校舎を利用したノスタルジックな図書館

7.甲良町立図書館

取り壊される予定だった小学校を再活用。廊下や教室に本が並び、校舎が丸ごと図書館として再利用されており、ママやパパも学生時代に戻ったかのような、懐かしさを感じられる居心地の良い図書館です。

子ども向けのおはなし会や人形劇、映画会などのイベントも充実。0~2歳の乳幼児を対象とした「ぴよぴよおはなし会」(第3金曜11:00~)や、赤ちゃん向けの絵本や紙芝居などもあります。館内はじゅうたん敷きで、靴を脱いで利用。ベビーカーの貸し出しもあります。

 

建物は昭和8年に竣工。当時でも珍しい総ヒノキ造りの内装は、木のぬくもりが感じられ、まるで映画セットのようです。町の文化財に指定されていて、訪れる人々の目を楽しませてくれます。

 

 

●甲良町立図書館

所在地:滋賀県犬上郡甲良町横関927

電話:0749‐38‐8088

開館時間:10:00~18:00(水~金)、10:00~17:00(土・日)

休館日:月曜・火曜、第3日曜日、祝日(祝日が火曜にあたるときはその翌日も含む)、年末年始、特別整理期間

アクセス:JR「河瀬駅」から湖国バス萱原線で13分、 「東小学校前停留所」から徒歩1分

http://www.koura-lib.jp/

 

 

 

<高知県>

7月にオープンした複合施設の新図書館

8.オーテピア高知図書館

「オーテピア高知図書館」「オーテピア高知声と点字の図書館」「高知みらい科学館」という3つの施設からなる複合施設「オーテピア」が、2018年7月24日に開館。メインとなる図書館は、5フロア中の2階から4階に配置。2階と3階の上層部に設けられる書庫は、ガラスの間仕切りで中の様子がうかがえるようになっています。

一般向けの図書や雑誌、青少年向けのティーンズコーナーに加え、ビジネス・科学・産業・農業スペース、健康・安心・防災情報スペースなど、幅広いラインナップが用意されています。

 

2階のこどもコーナーは、子どもたちが利用しやすいよう、書架や家具の大きさや配置にも配慮。子ども専用トイレや授乳室といった設備もあります。

 

 

●オーテピア高知図書館

所在地:高知県高知市追手筋2-1-1

電話:088‐823‐4946

開館時間:9:00~20:00(火~金)、9:00~18:00(土・日・祝/7月、8月の土曜日は20:00まで)

休館日:月曜(祝日は除く)、毎月第3金曜(8月は除く)、年末年始(12月29日~1月4日)、特別整理期間(8月)

アクセス:路面電車「大橋通り電停」より徒歩3分

https://otepia.kochi.jp/

 

 

 

 <沖縄県>

波の音をBGMに、ちょっと贅沢な読書タイムを!

9.恩納村文化情報センター

1階は、恩納村をはじめとする沖縄北部の観光や地域情報を収集できる観光情報フロア。2階は村民でなくても登録すれば誰でも本を借りられる図書情報フロアとなっています。趣味・娯楽の本から、教養書や専門書などまで幅広くそろっています。窓際には、目の前の海を眺めながら本を読めるカウンター席があり、贅沢な読書タイムを過ごせます。

 

児童書コーナーの書棚は、子どもの背丈に合わせて低めになっていて、子どもが自分で本を出し入れしやすくなっています。赤ちゃん向けの絵本や紙芝居も豊富です。

 

児童図書コーナーの一角にある「おはなしの部屋」では、職員やボランティアによるおはなし会を開催。恩納村の海をイメージしたブルーの室内では、靴を脱ぎリラックスして過ごすことができます。

 

 

●恩納村文化情報センター

所在地:沖縄県恩納村字仲泊1656-8

電話:098-982-5432

開館時間:10:00~19:00(火~金/観光フロアは18:00まで)、10:00~17:00(土・日・祝日)

休館日:月曜、祝日の翌日、年末年始、6月23日(慰霊の日)の翌日、図書情報フロアのみ第3木曜(資料整理日)、毎年1回15日以内で館長が指定する日(特別整理期間)、そのほか館長が必要と認めた日

http://www.onna-culture.jp/

 

 

今回は、全国の魅力的な図書館をご紹介しました。「本を好きな子どもに育ってほしい」と願うママやパパも多いと思います。図書館には、絵本や児童書、図鑑など、いろんな本が用意されています。まずは本と触れ合うきっかけづくりとして、ぜひ親子で図書館を利用してみてください。

 

●こちらの記事もおすすめです

子どもは無限の可能性を秘めています。その可能性を伸ばす方法のひとつが「習い事」。でも、続けられるかどうか心配になったり、子どもだけで通わせるのは不安だったり……といった理由で、始めることに躊躇するママやパパもいることでしょう。それならば、親子でいっしょに、同じ習い事を始めてみませんか?ここでは、定番のものから人気急上昇中の最新のものまで、オススメの習い事6つをピックアップしました。

休日には家族みんなでおでかけして、動物と触れあったり、科学を体験したり、自然を満喫したり……、子どもにいろんな経験をさせたい! そこで、費用の心配がいらない、全国の無料で遊べるスポットを集めました。好評だった第1弾に続く第2弾です。オススメの年齢別にご紹介していますので、お子さまの年齢に合わせておでかけください!

多くの人が幼い頃、両親のひざの上で読んでもらった、お気に入りの絵本の思い出を持っているのではないでしょうか。絵本の読み聞かせは、わが子にたくさんのギフトを与えてくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加