How To

人気料理家が伝授! 彩り鮮やか「旬食常備菜」

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2018.06.08

Recipe 4

しっとりしたササミと香ばしいごまがベストマッチ

アスパラガスとゆで鶏のごま和え

「しゃきしゃきとしたアスパラガスと、しっとり蒸し焼きにしたささみがよく合います。ごまは、すりごまを使うと香りもよく、材料によくからみます」(稲垣さん)

 

材料

アスパラガス…5本

ささみ…2本

酒…50cc

塩…小さじ1/4

すりごま…大さじ3

砂糖…大さじ1/2

しょうゆ…大さじ2

ごま油…小さじ1

 

つくり方

(1)アスパラガスは下3cmほどの皮をむき、長いままゆでて冷水にとる。斜めに乱切りする。

(2)ささみは筋を取り、フライパンに並べて酒と塩を加え、ふたをして蒸し煮する。あら熱が取れたらほぐす。

(3)ボウルに(1)と(2)、その他の材料を入れてよく混ぜる。

 

★Point アスパラガスはゆでたら冷水にとる

「アスパラガスを冷水にとることで、しゃきしゃき感を保て、色鮮やかな仕上がりになります。また、ゆでてから切ると水っぽくなりません」(稲垣さん)

 

 

Recipe 5

にんにくと唐辛子でつくる定番の味

たけのこペペロンチーノ

水煮を使って、1年中つくれる手軽なたけのこ料理です。たけのこといえば煮物のイメージが強いですが、炒めることで歯ざわりがよくなり、とてもおいしく仕上がります」(稲垣さん)

 

材料

ニンニク…2片

たけのこ水煮…250g

オリーブオイル…大さじ4

輪切り唐辛子…小さじ1/4

塩…小さじ1/2

しょうゆ…大さじ1

レモン…1/4個分

 

つくり方

(1)ニンニクはみじん切りにする。たけのこはひと口大にスライスする。

(2)フライパンにオリーブオイルとニンニク、唐辛子を入れて、弱火で香りが立つまで炒める。たけのこと塩を加え、焼き色がつくまで焼いたら、しょうゆを加えて炒める。

(3)レモン汁を加えて、全体に和える。

 

★Point 炒めたらレモンをたっぷり絞る

「ペペロンチーノは洋風の献立ですが、たけのこでつくると和食として、ごはんとおいしくいただけます。レモンをしっかり絞ると、味が引き締まりますよ」(稲垣さん)

 

少し時間に余裕のある日に、まとめて常備菜をつくり置くと、夕食時に小鉢として出したり、お弁当にも入れられたりと、とても便利です。稲垣さんのつくる常備菜は、どれも家庭にある調味料で手軽にトライできるものばかり。さまざまな食材に変えて1年中楽しめるので、季節に合わせていろいろな味をつくってみてくださいね。

 

 

教えてくれた人

稲垣晴代さん

料理研究家・株式会社INA代表
調理師学校卒業後、飲食店勤務、カフェ料理長を経て、フード・ケータリングユニット「MOMOE」を結成。化学調味料を使わず無農薬野菜を使った彩り鮮やかなお弁当が人気を集めている。著書に『常備菜のっけ弁当』(宝島社)、『サラダみたいに作る、楽しむピクルス&マリネ』(グラフィック社)などがある。
HP momoegohan.com

 

●こちらの記事もおすすめです

食料調達は、週末のまとめ買いや、食品宅配などを利用されるケースが多いと思います。そのため、調達の数日前から庫内の食材整理を始める……という方も多いのでは? 今回は、そんなときに役立つ、冷蔵庫の余り食材でつくる「冷蔵庫“お掃除レシピ”」を、料理家の横山久美子さんに教えていただきます。

メインになるおかずや副菜など、どんどんレパートリーを増やしていきたい「常備菜」。週末につくり置きをしておくと、あわただしい平日のごはんづくりがぐっとラクになります。そこで、週末の2時間で簡単&手軽につくれる常備菜レシピを、料理家の橋本彩子さんに教えてもらいました。

週末やすきま時間に、ジップ付きビニール袋に調味料とお肉を漬け込んでおけば、あとは焼くだけ! “漬け込みレシピ”は、料理の時短ができて日々の夕食づくりをラクにしてくれるだけでなく、深い味わいの料理をつくれるところが魅力的。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加