How To

簡単なのに華やか! MOMOEさん流「のっけ弁当」レシピ5選

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2018.05.21

 

Recipe 3

シャキシャキした食感が楽しい

根菜たっぷりドライカレー弁当のっけ弁当

「ドライカレーに添えたのは、ミョウガの千切りと万能ネギの斜め切り、カイワレを混ぜ合わせた薬味サラダです。飾りにクレソンの葉と金柑で彩りをプラス。盛りつけが簡単なので、時間のない朝などにおすすめです」(稲垣さん)

 

<ドライカレー>

材料(お弁当約3個分)

さつまいも…1/2本

ごぼう…1本

にんじん…1/2本

豚ひき肉…200g

塩・コショウ…少々

カレー粉…大さじ4

トマトケチャップ…大さじ2

水…100cc

みそ…大さじ2

 

つくり方

(1)さつまいも、ごぼう、にんじんをみじん切りにする。

(2)フライパンを熱し、豚ひき肉に塩・コショウをして炒める。色が変わってきたら(1)を加えて炒める。

(3)カレー粉とケチャップを入れて炒め、全体に絡ませたら、水とみそを加え、水気がなくなるまで煮る。

 

★Point 隠し味のみそが決め手! コクのある深い味にのっけ弁当

「ドライカレーの隠し味にはみそを使っています。コクと深みが出て、根菜ともよく合いますよ」(稲垣さん)

 

Recipe 4

大人っぽい彩りといろいろな味を楽しめる!

鶏ハムと白と紫のお弁当のっけ弁当

「紫キャベツはひと口大に切ってさっとゆで、ポン酢とおかかを和えます。紫タマネギは輪切りにして照り焼きに。きのこは空炒りしてしょうゆで味つけし、冷めたら白和えの衣を和えます。盛りつけは、まずはじめに、2カ所にお惣菜を載せて柱にし、周りにそのほかのものを差し込むようにして盛りつけるとよいでしょう。柴漬けやうるいの葉も、すき間に載せます」(稲垣さん)

 

<鶏ハム>

のっけ弁当

材料(お弁当3個分)

鶏むね肉…1枚

塩…大さじ1

 

つくり方

(1)鶏むね肉に塩をまぶし、ひと晩おく。

(2)ラップで(1)を巻き、キャンディ状に両端のラップを結ぶ。

(3)鍋に(2)を入れて、水をひたひたまで入れたら強火にかける。湯がわいたら弱火にし、12分ゆでる。フタをしてそのまま冷ます。

 

<長ネギのゆず胡椒焼き>のっけ弁当

材料(約4人分)

長ネギ…2本

ゆず胡椒…小さじ1/2

酒…大さじ1

菜種油…大さじ1

塩…少々

 

つくり方

(1)長ネギは2cmの長さに切る。

(2)ボウルに他の材料を入れてよく混ぜ、220℃のオーブンで20分ほど焼く。

 

★Point ラップをきっちり巻くと鶏ハムが美しくジューシーに仕上がる

「鶏ハムは、ラップに鶏肉を置き、巻き寿司の要領で手前からきつめにぎゅっと巻いていきます。その後、両端を持って転がし、ラップの端をロープ状にねじると、結びやすく緩みにくくなるので、きれいなハムができあがります」(稲垣さん)

 

Recipe 5

子どもから大人までみんな大好き!

和風ガパオ弁当のっけ弁当

「トマトはくし切りにし、塩を振って10分ほどおきます。大根は薄くイチョウ切りにして塩をふり、水分が出たら絞って、ゆずの皮の千切りとゆずの絞り汁を加えます。キャベツは軸をつけたまま3cmくらいの厚さでスライスし、さっとゆでて盛りつけます」(稲垣さん)

 

<ガパオ>

材料(お弁当約3個分)

鶏ももひき肉…350g

しょうが(みじん切り)…小さじ1

大葉…3枚

サラダ油…大さじ1/2

しょうゆ…大さじ1

オイスターソース…大さじ1

酒…80cc

塩…小さじ1/2

輪切り唐辛子…小さじ1/2

 

つくり方

(1)フライパンに油としょうがを入れ、弱火にかける。香りが立ってきたら、ひき肉と塩を加えて火がとおるまで炒める。

(2)酒、しょうゆ、オイスターソースを加え、水分がほぼなくなるまで煮込む。

(3)千切りにした大葉と唐辛子を加えて炒める。

 

★Point 大葉は最後に加えると香りが損なわれないのっけ弁当

大葉は香りが飛びやすいので、最後に加えるようにします。また、調味料を閉じ込めるようなイメージで、しっかり水分がなくなるまで煮詰めます」(稲垣さん)

 

 

ちなみに、今回撮影では「曲げわっぱのお弁当箱」を使っています。その魅力は、ご飯から出る水分を程よく吸い取ってくれるので、時間が経って冷えたご飯でもおいしく食べられます。

MOMOEさんが本業のケータリングで使っているのは、使い捨ての曲げわっぱのお弁当箱です。使い捨ての曲げわっぱには紙でできたものもありますが、1mmにスライスした木を使ったものもあり、ふんわりとしたいい香りがするのが特徴です。
「使い捨てでも木製であれば、通常の曲げわっぱのお弁当箱と同じように水分を調節してくれる力があるので、おすすめです。」(MOMOEさん)

 

「のっけ弁当」は、ごはんの上にたっぷりとおかずを載せられるので、食べごたえ満点で栄養もしっかりとれるのが利点です。とくに昨今では、野菜などの食物繊維を含むおかずを先に食べると、血糖値が急激に上がりにくいともいわれていて、食べ疲れしないというメリットもあります。また、おかずの品数が少なくても豪華に見えますから、いずれもフタを開けた瞬間に「わぁ!」と歓声が上がりそうな彩り豊かなお弁当に仕上がります。

ついつい、すき間を埋めることに苦戦してしまうお弁当も“載せるだけ”と思うと楽チンに感じます。いずれもちょっとの手間でできる簡単なレシピばかりですし、携行しているときに少し傾けてしまっても、なかなか偏りません。いろいろな味のものを載せて楽しんでみてください。

 

 

教えてくれた人

稲垣晴代さん

料理研究家・株式会社INA代表。調理師学校卒業後、飲食店勤務、カフェ料理長を経て、フード・ケータリングユニット「MOMOE」を結成。化学調味料を使わず、無農薬野菜を使った彩り鮮やかなお弁当が人気を集めている。著書に『常備菜のっけ弁当』(宝島社)、『サラダみたいに作る、楽しむピクルス&マリネ』(グラフィック社)などがある。
HP momoegohan.com

 

●こちらの記事もおすすめです

10分あれば完成するおかず「10分常備菜」は、時間に余裕のない日の夕食づくりに大助かりです。今回は、煮びたし、そぼろ、ピクルス、サラダ、お肉料理、5つの常備菜レシピを紹介。

ピーマンを無限に食べられるくらいおいしい、と話題になった「無限ピーマン」をご存知ですか? ピーマンにツナ缶と調味料を加えてレンジでチンするだけでつくれる、お手軽メニューです。そんな大人気メニューをヒントに、ここでは家族にたっぷりと食べてもらいたい緑黄色野菜や乾物を使った、簡単につくれるおかずをご紹介します。おかわり必至なうえに、常備菜としても重宝するので、多めにつくっておくのがおすすめです。

心地よく過ごしやすい陽気の春、いよいよ行楽シーズンの到来です。遠足やピクニックなど、アクティブなお出かけが多くなり、お弁当をつくる機会が増えるこの季節。また、お子さんの入園を控え、慣れないお弁当生活がいまから不安…というママも少なくないのでは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加