How To

簡単なのに華やか! MOMOEさん流「のっけ弁当」レシピ5選

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2018.05.21

お弁当づくりに困ったことはありませんか? おかずを上手に詰められず、すき間ができてしまったり、忙しい朝に時間がかかってしまったり、彩りよく盛りつけるのが難しかったり……。そんな悩みを解決できるのが、いま話題の「のっけ弁当」です。その名のとおり“ごはんの上におかずを乗せるだけ”の、とてもシンプルなもの。

今回は「のっけ弁当」を提唱するフードケータリングユニット・MOMOEの稲垣晴代さんに、短時間で簡単につくれて、見栄えも美しい「のっけ弁当」のレシピを教えてもらいました。

 

 

Recipe 1

旬の野菜で彩りをプラスしたシャケ弁

4色のっけ弁当
のっけ弁当

「菜の花はゆでて切り、塩、白ごまと和えます。春キャベツは細切りにしてゆで、ポン酢で和えています。シャケフレークは、たくさんつくって冷蔵庫に常備しておくと、どんなときにもさっと使えて便利。お弁当箱の1/2から2/3量程度までごはんを盛ったら、それぞれのおかずを端からすき間ができないよう、ボーダー柄に詰めていきます。菜の花などの旬の野菜は、季節によって小松菜やほうれん草、キャベツなどでも代用できます」(稲垣さん)

 

<自家製シャケフレーク>のっけ弁当

材料(お弁当約3個分)

塩シャケ…2切れ

酒…50cc

ごま油…大さじ1/2

白ごま…小さじ1

 

つくり方

(1)塩シャケは皮と骨を取り除き、フライパンに並べて酒を加え、フタをして中火で蒸し煮にする。

(2)火がとおったらごま油を加え、ほぐしながら炒める。

(3)白ごまを加える。

 

 

<れんこんの出汁煮>のっけ弁当

材料(お弁当約3個分)

れんこん…1節分

出汁…300cc

塩…小さじ1/2

みりん…大さじ1

 

つくり方

(1)れんこんは皮をむいて5mmの厚さにスライスする。

(2)鍋にすべての材料を入れ、水分がほぼなくなるまで煮る。

 

★Point それぞれの惣菜は水気をしっかり切る

「水分が多いお惣菜は、なるべく煮詰めたり、しっかりと絞るなどして、水気を切ってから詰めましょう。何もせずに詰めると、時間が経つとごはんが水っぽくなってしまいますし、痛みやすくもなります」(稲垣さん)

 

Recipe 2

野菜中心でも満足感いっぱい!

彩りサラダのピビンパ弁当のっけ弁当

「スナップエンドウはゆでてから、青のり、塩、ごま油で和えます。紫キャベツは千切りして塩もみし、水気を絞って白ごまを和えています。ズッキーニも千切りして塩もみしたら、水気を切ってレモン汁と菜種油で和えます。盛りつけ方は、まずは人参のきんぴらを載せ、時計回りにおかずを置いていくと、すき間ができずに美しく詰められます」(稲垣さん)

 

<にんじんのきんぴら>のっけ弁当

材料(お弁当約3個分)

にんじん…1/2本

ごま油…大さじ1

塩…小さじ1/4

みりん…大さじ1/2

一味唐辛子…少々

 

つくり方

(1)にんじんはスライサーで輪切りスライスする。

(2)フライパンにごま油とにんじん、塩を加え、しんなりするまで炒める。

(3)みりんを加えて水分がなくなるまで炒め、一味唐辛子をふり混ぜる。

 

<きのこの炒めナムル>のっけ弁当

材料(お弁当約3個分)

しめじ…1/2パック

えのき…1/2パック

しいたけ…小3個

しょうゆ…大さじ1

ごま油…大さじ1/2

 

つくり方

(1)しめじはほぐし、えのきは3cmに切ってほぐす。しいたけは薄くスライスする。

(2)フライパンに(1)を入れ、中火で空炒りする。香りが立ってきたらごま油を加え、全体に絡ませる。

(3)しょうゆを加え炒める。

 

★Point 調味料の投入順でグッと味が引きしまる 

にんじんのきんぴらは、炒めるときに先にお塩を振ると、水分が飛んでにんじんのうま味がグッと出てきます。きのこは油をひかずに炒めると、きのこの香りが出て、食べたときの風味がよくなります」(稲垣さん)

 

 

 【次のページは】 根菜たっぷりドライカレー弁当、鶏ハムと白と紫のお弁当、和風ガパオ弁当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加