How To

生活雑貨専門店「LOFT」のスタッフに聞く、小学生に人気の文房具10選

文/ニクイねぇ! PRESS編集部

2018.05.21

子どもたちにとって、学校の授業や勉強に欠かせない文房具。最近では、ママやパパが小学生のころに使っていたクレヨンや色鉛筆、ペンケースなどが、使いやすくおしゃれに進化しているのを知っていますか? 

今回は「いま小学生に人気の文房具」に注目。インテリア、コスメ、文房具などの生活雑貨専門店「ロフト」のスタッフ・中川真理子さんに、人気の10アイテムを教えてもらいました(※価格はすべて税抜き)。

 

今どきの色鉛筆は間違えても消せる!

1.パイロット「フリクションいろえんぴつ」

(1本100円/12色セット1000円)色鉛筆

根元に付いているラバーでこすると、その摩擦熱で消える色鉛筆です。消し残りもほとんどなく、消しカスも出ません。色を間違えたときや、はみ出したときでも、消して書き直しできるので、小学生にも人気です。上級者になると、全体を塗った後にハイライト部分としてあえて一部を消すなど、楽しみ方もいろいろです。

 

 

細かい場所を塗りやすい四角芯

2.コクヨ「ドローイングマーカー」

(1本250円/5本セット1250円/10本セット2500円)

ペン

透明感のある、なめらかな描き心地の固形グラフィックマーカー。紙への裏抜けがしにくいので、ノートや日記帳など薄い紙でも気にせず使えます。リフィル交換式で、経済的なところも魅力。ラインマーカーとしてだけでなく、イラストの描きやすさや色の塗りやすさにも定評があります。

 

 

下絵が透けて見える新感覚のクレヨン

3.コクヨ「透明くれよん」 

(5色900円/10色1800円/16色2800円)クレヨン

半透明のオイルゲルクレヨンです。線画の上から塗ると、透明水彩絵の具で描いたように下絵が透けて見えます。本体もクリアで、見るだけでも楽しいクレヨンです。ミネラルオイルが原料なので、お子さんの手についても安心です。

 

 

ペンケースに入れて持ち歩きやすい

4.カンミ堂「ペントネ チアフル」

(740円)ペンと持つふせん

筆記用具といっしょに携行しやすい、ペンサイズのフィルム付きふせん。ペンケースにもペンスタンドにもすっきり収まり、素早く使えるのでとても便利です。重要なところを示すブックマークや、メモとしてなど、用途に合わせた大きさにミシン目で切って使えます。

 

 

手紙をかわいくデコれるツインマーカー

5.トンボ鉛筆「プレイカラードット」

(160円)

色ペン

一見、普通のペンですが、ドットを押せる丸スタンプ芯と、超極細芯とがツインになったサインペンです。直径5mmの丸スタンプ芯は、垂直に押せばドット、傾けて引けばラインが描けます。ノートやメッセージカードなど、手軽にかわいらしいデコレーションを描けて、特に女の子に人気です。

 

 

楽しく復習できる人気のふせん

6.サンスター文具「Piri-it!(ピリット)モヤモヤ」

(380円)

ペンギンの付箋

ピリッとちぎると、伝えたい意味が変わるという楽しいふせんです。わからない部分があるプリントに“モヤモヤ顔”のふせんを貼っておき、わかった時にピリッとミシン目で切り取ると“困った眉毛”がなくなり、スッキリとした顔に変わるという面白い仕掛けが。わからない箇所を目で確認することができ、勉強するのが楽しくなるアイテムです。

 

 

“プニプニ”のリングで痛くない!

7.コクヨ「ソフトリングノート<カラフル>(ドット入り罫線)」

(B5サイズ300円/A5サイズ280円)ノートとペン

独自開発の“やわらかリング”を採用したリングノートです。書くときにリングに手が当たっても気にならず、端までしっかり書けます。さらに、リングの形状がD字型なので、ページをめくりやすいのも特徴。重ねてもかさばりにくく、持ち運びしやすい設計も魅力です。

 

 

ペンスタンドにもなるペンポーチ

8.サンスター文具「DELDE(デルデ)・ペンポーチ」

(1200円)ペンケース

最近、ペンケースは縦型の“立つタイプ”が主流になってきています。この商品は上下に布がわかれていて、サイドのつまみを下にスライドさせるとペンスタンドになり、使いたいペンをすぐに取り出せて便利です。布製なのでペンケース自体が軽く、カラーバリエーションが豊富な点も人気につながっています。

 

 

キャップ付きのスリムなはさみ

9.サンスター文具「スティッキールはさみ」

(500円)ペン

ペンのように収納でき、ペンケースのなかをスッキリ整理できるスマートなはさみです。キャップ付きで刃がむき出しにならないので、お子さんでも安心して持ち運べます。バネの力に合わせ、軽い力で簡単に切れるのも魅力です。

 

 

リビングでの学習もこれひとつでOK!

10.ナカバヤシ「ライフスタイルツール ファイルB5サイズ」

(2300円)ペンケース

机まわりの小物を整理整頓できる収納ボックス。閉じるとファイル型になり、使わない時は本のように立てて置けるので、机の上をすっきりと見せられます。勉強で必要な文具を入れておけば、食卓やリビングで勉強するときも、開くだけで準備が整います。

 

 

最新アイテムの数々、いかがでしたか? 手に当たっても痛くないリングノートなど、これまで感じていた“小さな不満”を解消してくれる商品が充実していますね。今どきの文房具は、子どもだけでなく大人も使いたくなるようなものばかり。ぜひ親子でいっしょに使ってみて、お子さんと話題を共有しましょう!

 

●こちらの記事もおすすめです

「小1の壁」という言葉をご存じでしょうか?実はこの春、長男が小学2年生へと進級し、どうにか「小1の壁」を乗り越えることができました。今回は、その壁を乗り越えるカギとなった、家電を使った家事の時短テクを紹介します。

ゲリラ豪雨などの降雨予測が難しい雨が増えており、梅雨が明けても、夏から初秋にかけては雨対策が必須です。ではどんな傘を持つべきなのでしょうか? タイプ別に5つの傘をピックアップします。

忙しいママにとって、毎日の食事づくりは効率よく進めたいもの。だからといって、たまには市販のカット野菜やお惣菜に頼りたいけれど、コストや栄養バランスを考えると、やはり手づくりにこだわりたいですよね。そこで、調理の効率化を実現するために、短時間で均一に野菜をカットできる食材カッターに注目しました。包丁でスライスしたり、みじん切りしたりする手間を省けるだけで、調理が劇的に楽になります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加