How To

ごはんが進む! 鉄鍋“スキレット”でつくる「10分おかず」5選

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/山本雅世

2018.06.18

 

Recipe 4

野菜をたっぷり食べられる

ヘルシー麻婆野菜skillet_20180615h

「10インチの大きなスキレットでつくってそのまま食卓に出し、みんなで取り分けて食べます。子どもが食べる場合は、豆板醤の量を調節して辛味を抑えてあげましょう」(吉川さん)

 

材料(10インチスキレット1台分)

にんじん、れんこん、ズッキーニ、パプリカ、なす、しめじ…各100g程度

豆板醤…小さじ1/4〜お好みで

みそ…大さじ1

みりん…大さじ2

紹興酒(または料理酒)…大さじ2

ごま油…大さじ1

にんにく…1片

豚ひき肉…200g

片栗粉…大さじ1

水…100cc

花椒(ホアジャオ)…適量

 

つくり方

(1)野菜を角切りにする。豆板醤とみそ、みりん、紹興酒を小皿で合わせておく。

(2)スキレットにごま油を引き、にんにくを入れて香りが出たら豚ひき肉を炒める。

(3)豚ひき肉の色が変わったら野菜を入れて炒め、火がとおったら、合わせておいた調味料を入れて炒める。

(4)水で溶いた片栗粉をまんべんなく回しかけ、とろみがついたら火を止める。食べる直前に花椒を振る。

 

★Point 材料は残りもの野菜でOKskillet_20180615i

「野菜を同じくらいの大きさに刻むと、歯ざわりがよく感じられます。冷蔵庫の野菜室に残っている野菜を細かく切って冷凍しておくと便利です。たくさんの野菜を一度にいただけるので、わが家では夕食の調理に時間をかけられないときによく登場します」(吉川さん)

 

 

 

Recipe 5

火を使わずにつくれる

エビと菜の花のガーリック焼きskillet_20180615j

「スキレットに載せ、三菱電機のレンジグリル「ZITANG(ジタング)」に入れるだけでつくれる、本当に手軽な一品です。レンジから自動でグリルへと切り替わるZITANGの“自動リレー調理”を使うと、火のとおりが早いうえに、カリッと仕上がります」(吉川さん)

 

材料(6インチスキレット1台分)

エビ…5尾

菜の花…10cmくらいのものを5〜6本

オリーブオイル…大さじ2

にんにく…1/2片

岩塩…適量

コショウ…適量

 

つくり方

(1)エビは殻をむいて背わたをとっておく。菜の花は10cmくらいに切っておく。

(2)スキレットに半量のオリーブオイルを引いて菜の花とエビを載せ、輪切りにしたにんにくを載せたら、その上から岩塩と残りのオリーブオイルをかける。

(3)ZITANGの角皿に直接、スキレットを載せ、「レンジ▶︎グリル 仕上がり強さ1」に設定して自動加熱する。

(4)焼きあがったらコショウをふる。

 

★Point オリーブオイルをかけてから焼き上げるskillet_20180615k

「オリーブオイルをかけてからZITANGで調理すると、エビやにんにくがカリッと仕上がります。ZITANGのリレー調理では、エビはしっかり中まで火がとおり、菜の花も加熱しすぎてくたっとしてしまうことがなく、どちらの食材もベストな状態に仕上がります」(吉川さん)

 

●製品情報:三菱レンジグリル「ZITANG(ジタング)」 
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/rangegrill/

 

教えてくれた人

吉川愛歩さん

ライターときどき料理人。2歳男子と10歳女子の母。書籍や雑誌、Webなどで執筆する傍ら、子どものアレルギーをとおしてグルテンフリーやヴィーガンに関する基礎知識を学び、からだにやさしいレシピ考案やケータリングを行っている。

 

●こちらの記事もおすすめです

耐熱皿に具材を並べてオーブンで焼くだけのお手軽料理なのに、見た目が華やかで、とてもおいしいと評判のぎゅうぎゅう焼き。

スキレットを使った「ビールに合うおつまみ」をご紹介します。どれもつくり方は簡単なものばかり。絶品スキレットおつまみをつくってみましょう!

鉄製のフライパン「スキレット」。もとはキャンプなどのアウトドアシーンで活躍するアイテムでしたが、最近では家庭で使うのがブームです。Instagramで「♯スキレット」と検索すると、たくさんの調理例が見つかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加