How To

子どもの過剰摂取も防げる! 簡単おいしい低糖質スイーツ5

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2018.05.11

 

Recipe 2 

カラフルさがSNS映えする!

琥珀糖(糖質0g)

エネルギー 0kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g<1個あたりの栄養成分>

「見た目が美しいだけでなく、表面はシャリッとしていて内側はやわらかな食感の琥珀糖を、糖質ゼロ&カロリーゼロでつくってみました。寒天と甘味料、着色料というシンプルな材料でつくれる一品です。お子さんといっしょに、できあがった琥珀糖をハートや星などの形に型抜いても楽しいですね」(引土さん)

 

材料(小さめ容器ひとつ分)

水…100ml

ラカンカ甘味料…45g

粉寒天…2g

天然着色料(赤、黄、青)…それぞれ適量

 

つくり方

(1)鍋に水とラカンカ甘味料を入れて火をつける。沸騰させ、少しとろみがつくまで加熱したら、火を消して粉寒天を振り入れ、よく混ぜる。

(2)用意した容器に(1)を茶こしなどでこしながら入れる。

(3)着色料は、それぞれ耳かき1さじ程度を少量の水で溶かし(2)の容器に入れる。爪楊枝などで混ぜ、あら熱がとれたら冷蔵庫へ入れる。

(4)冷えたら包丁で食べやすい大きさに切るか、型抜きする。

(5)クッキングシートに載せ、風とおしのいい場所で2日間乾かす。1日後、裏側を乾燥させるためにひっくり返し、2日後、表面が乾いたらできあがり。

 

★Point エリスリトールで乾燥時間を短縮

「ラカンカ甘味料の原材料であるエリスリトールは再結晶化するのが早く、琥珀糖づくりに適しています。普通の砂糖を使うと、早くても乾燥に4日間かかりますが、それを2日間に短縮できるのはうれしいポイントです。お子さんが待ちきれない場合は、固まる前でも食べられます」(引土さん)

 

 

Recipe 3

バターの風味が広がる

焼きドーナツ(糖質1.6g)

エネルギー 212kcal、たんぱく質 5.1g、脂質 20g<1個あたりの栄養成分>

「“つなぎ”に少量のグルテン粉を使用すると、ふくらんだ生地が安定しやすくなり、糖質オフでもふんわり軽い口当たりに仕上がります。小麦タンパクであるグルテン粉は糖質が少ないので、低糖質スイーツに向いています」(引土さん)

 

材料(3個分)

無塩バター…40g

ラカンカ甘味料…30g

卵(Mサイズ)…1個

アーモンドプードル…40g

おからパウダー…5g

グルテン粉…1g

ベーキングパウダー…2g

湯…20ml

バニラオイル(お好みで)…適量

 

つくり方

(1)無塩バターを電子レンジで20秒間加熱し、溶かしバターをつくる。

(2)オーブンを180℃に予熱しておく。

(3)ボウルにバターとラカンカ甘味料を入れてすり混ぜる。

(4)(3)のボウルにほぐした卵、アーモンドプードル、おからパウダー、グルテン粉、ベーキングパウダーを入れ、練るように混ぜる。

(5)ボウルに湯を少しずつ加え、さらに混ぜていく。バニラオイルを使う場合はここで入れる。

(6)型に生地を入れ、15cmくらいの高さから型を落とし、中の空気を抜く。

(7)オーブンの庫内温度を170℃に下げ、25分間焼く。途中、焼き色がついたら、表面がこげるのを防ぐためにアルミホイルをかぶせる。

(8)ドーナツが焼きあがったらしばらく冷ます。冷めたら型から外す。

 

★Point じっくり焼く

「おからパウダーは保水性が高いので、通常より10分間ほど長めにじっくり焼くのがコツです。途中、焼き色がついたら、表面がこげるのを防ぐためにアルミホイルをかぶせてください。また、シリコン製のドーナツ型を使う場合は、金属製のものに比べて熱伝導が悪いため、うまくドーナツがはずれないことがあります。そのため事前に、型にバターを塗っておくとはずれやすくなりますよ」

 

【次のページは】やさしい甘さの豆乳だけプリン&おしゃれなシガレットクッキー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加