How To

冷蔵庫の“余り食材”が10分で早変わり! 「かんたん常備菜」5選

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 写真/矢部ひとみ

2018.03.23

 

Recipe 5

塩こうじの漬け込み調理で時短仕上げ!

柚子コショウチキン

冷蔵庫保存の期間のめやす:約3日間

「塩こうじに漬けた鶏むね肉のからあげを、柚子コショウが香る甘からいタレで絡めたひと品です。添える野菜はピーマンやさつまいもなど、お好みのものに変更してもおいしいですよ。お弁当のおかずにもピッタリです!」(平田さん)

 

材料(4人分)

鶏むね肉(皮なし)……1枚(250g)

れんこん……小1節(100g)

パプリカ……1/4個

揚げ油……適量

煎りごま……大さじ1

 

<調味料A>

塩こうじ……大さじ1

しょうがの絞り汁……小さじ1/2

 

<調味料B>

小麦粉……大さじ2

片栗粉……大さじ2

 

<調味料C>

しょうゆ……大さじ1

煮切りみりん……大さじ1

はちみつ……小さじ1

柚子コショウ……小さじ1/2

 

つくり方

(1)鶏むね肉は縦半分に切り、ひと口大のそぎ切りにする。保存袋に鶏むね肉と<調味料A>を加えてよく揉みこみ、冷蔵庫でひと晩寝かせる。

(2)れんこんは半月切り、パプリカは乱切りにする。ポリ袋に<調味料B>と(1)の鶏むね肉を入れて口を閉じ、振りながら全体に粉をまぶす。

(3)フライパンに揚げ油を高さ2cmほど入れて中火にかけ、(2)のれんこんとパプリカを素揚げする。

(4)(3)の残った油で(1)の鶏むね肉を揚げる。途中でひっくり返しながら、中まで火がとおるように3~4分ほど揚げる。

(5)(3)と(4)をボウルに入れ、合わせた<調味料C>を絡め、煎りごまを振れば完成。

 

★Point 鶏むね肉を塩こうじに漬けてひと晩おく

「鶏むね肉をひと口大に切ってから塩こうじに漬け、ひと晩寝かせておきます。寝かせることで鶏むね肉に味が染み込み、さらに柔らかくなるので、翌日は短時間調理でもしっかりとした味に仕上がります」(平田さん)

 

食材の切り方や、はちみつやカレー粉、柚子コショウといったアクセントになる調味料を使うことで、10分調理でも味わい深い料理がつくれます。ぜひお試しください。

 

つくってくれた人

平田万里子さん

 

福岡県出身、フードコーディネーター。産科クリニックの栄養士を経て、フードコーディネーターへ転身。現在はテレビ・雑誌などのフードスタイリングを中心に手がけている。定番和食メニューから、話題の変わりダネレシピまで、さまざまなメニューのアレンジを得意としている。

 

●こちらの記事もおすすめです

食料調達は、週末のまとめ買いや、食品宅配などを利用されるケースが多いと思います。そのため、調達の数日前から庫内の食材整理を始める……という方も多いのでは? 今回は、そんなときに役立つ、冷蔵庫の余り食材でつくる「冷蔵庫“お掃除レシピ”」を、料理家の横山久美子さんに教えていただきます。

そこで今回は、夫婦で活動するケータリングユニット・マフィオのおふたりに“一週間分の食材をまとめ買いした日に仕込む常備菜レシピ”を教えてもらいました

おかずストックに欠かせない保存容器。常備菜の保存におすすめの保存容器を、まとめてご紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加