How To

冷蔵庫の“余り食材”が10分で早変わり! 「かんたん常備菜」5選

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 写真/矢部ひとみ

2018.03.23

Recipe 3

ほんのり甘めで子どもウケも抜群!

はちみつピクルス

冷蔵庫保存の期間のめやす:約7日間

「半端になった野菜を切りそろえ、加熱したピクルス液に漬けるだけ。朝漬けておけば、夜にはおいしく仕上がります。まろやかな酸味と優しい甘さなので、お子さんでも食べやすいですよ」(平田さん)

 

材料(4~6人分)

カリフラワー……60g

にんじん……30g

だいこん……40g

きゅうり……40g

セロリ……30g

パプリカ(赤、黄)……各25g

 

<ピクルス液>

酢……1/2カップ

水……1/2カップ

はちみつ……大さじ1と1/2

塩……小さじ1

ローリエ……1枚

粒黒コショウ……4~5粒

 

つくり方

(1)カリフラワーは小房に分け、にんじんとだいこんは拍子切りに、きゅうりは他の野菜と長さをそろえ、縦4等分に切る。セロリは筋を取って斜め切りに、パプリカは乱切りにする。

(2)すべての野菜の水気をキッチンペーパーでふき、保存容器に入れる。

(3)鍋に<ピクルス液>の材料を加え、ひと煮立ちしたら火を止めて、すぐに(2)に注ぐ。冷めたら冷蔵庫で保存する。

 

★Point 煮立たせたピクルス液を一気に流し入れる

「煮立たせたピクルス液は、熱いうちに野菜が入った保存容器へ流し入れるのがコツ。野菜に熱が加わり、短時間で漬かりやすくなるのです。また、はちみつの香りや味が効いているので、漬け込み時間が短くても、食べごたえある味わいに仕上がります」(平田さん)

 

 

Recipe 4

カレー風味が食欲をそそる

かぼちゃサラダ

冷蔵庫保存の期間のめやす:約4日間

「カレー粉とヨーグルトでスパイシーさと酸味が融合した味わいに仕上げました。そのまま食べるだけでなく、パンに挟んでもおいしいので、朝食やお弁当にも活躍します。さつまいもやじゃがいもでも代用可能です」(平田さん)

 

材料(4人分)

かぼちゃ……250g

ベーコン……2枚

紫玉ねぎ(玉ねぎ)……1/3個

塩……小さじ1/4

 

<調味料>

マヨネーズ……大さじ2

ヨーグルト……大さじ1

カレー粉……小さじ1/4

 

塩・コショウ……適量

アーモンドスライス(ローストしたもの)……大さじ1

 

つくり方

(1)種を取り除いたかぼちゃをひと口大に切り、皮は全体の半量程度むいておく。ベーコンは1cm幅に切る。紫玉ねぎは薄切りにし、塩でもむ。

(2)耐熱皿にかぼちゃを入れ、その上に1cm幅程度に切ったベーコンを並べてふんわりとラップをする。その後、電子レンジにて600wで約5分間加熱する。

(3)かぼちゃが柔らかくなったらラップを外し、水分が出ていたら水気を切る。フォークなどでかぼちゃをつぶし、しばらくあら熱を取る。

(4)(1)の紫玉ねぎをサッと洗って水気をしぼり、(3)に加えて<調味料>も入れ、よく混ぜ合わせる。味をみて足りないようなら塩、コショウを加えて味をととのえ、器に盛る。仕上げにアーモンドスライスを載せれば完成。

 

★Point かぼちゃとベーコンを合わせて電子レンジで加熱する

「ひと口大にカットしたかぼちゃにベーコンを載せた状態でレンジ加熱をすることで、調理時間の短縮になります。ラップは密着させると破れてしまうことがあるので、んわりとかけるようにしましょう」(平田さん)

 

 【次のページは】おいしく時短!塩こうじの漬け込み料理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加