How To

一品で栄養満点! あったかスープレシピと、残ったスープでつくるアレンジメニュー

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2018.03.12

 

・基本のスープ 3

魚と野菜のだしが体にしみ入る!

根菜とたらのミネストローネ

「たらと香りよく炒めた根菜は、短時間煮込むだけでもうま味たっぷりのおいしいだしを取れるので、誰でも簡単に味わい深いスープをつくれます。栄養価も高いので、朝食にこれを飲めば1日頑張れそうです」(tottoさん)

 

材料(2人分)

生たら…2切れ

玉ねぎ…1/2個

にんじん…1/3本

れんこん…80g

ごぼう…50g

ニンニク…1/2かけ

トマトの水煮…100g

塩…小さじ1/3

コショウ…少々

水…800ml

オリーブオイル…大さじ1

 

 

つくり方

(1)たらの切り身は4等分に切る。玉ねぎ、にんじん、れんこん、ごぼうはすべて1cm角に切る。ニンニクはみじん切りにする。

(2)鍋にオリーブオイルとニンニクを入れて温め、玉ねぎ、にんじん、れんこん、ごぼうを入れて弱火で3分ほど炒める。

(3)トマトの水煮、塩、コショウ、水を加え、弱めの中火で10分煮る。たらを加えてさらに弱火で6分煮る。

 

・アレンジメニュー

スープのうま味を活かした

たらのミネストローネのピラフ

「スープにうま味があるので、お塩を加えるだけでおいしいピラフの完成です。フライパンひとつで調理して、そのまま食卓に出せる手軽さもいいですね」(tottoさん)

 

材料(2人分)

たらのミネストローネのスープ…具材100g、スープ200ml(スープが足りなければ水を加えて200mlにする)

米…180g

塩…少々

パセリ…少々

菜種油…小さじ2

 

つくり方

(1)米を洗い、ざるに30分ほど上げておく。

(2)フライパンに菜種油を温め、米を加えて炒める。

(3)スープと塩を加えてひと混ぜし、具材を載せてふたをする。沸騰したら弱火で7分ほど炊き、火を止めて10分蒸らす。

(4)パセリを振って完成。

 

 

つくってくれた人

 

totto(黄川田としえ)さん

料理家・フードスタイリスト・tottorante主宰。メディアでのレシピ開発、フードスタイリング出演などをはじめ、料理講師、イベントでの出店やレセプション等のフードケータリングなど多岐にわたり活動。また、子どもの心と体をサポートする「こどもレストラン」など、家族で楽しめるワークショップを各地で開催している。著書に『tottoちゃんのかんたんdeco弁』(祥伝社)、『毎日のごはんと心地よい暮らし』(宝島社)がある。11歳の女の子と16歳の男の子のママ。[HP]https://toshiekikawada.com

 

●こちらの記事もおすすめです

朝食にぴったりで、心も体も温まる、しかも簡単。そんな“根菜スープレシピ”はいかがでしょうか。

広東料理でよく使われるオイスターソースは、牡蠣(かき)を主原料としたコクのある味わいの調味料です。中華料理のレシピにたびたび登場するので、購入したことのあるご家庭も多いと思います。

積極的に摂りたいのが、美肌効果が高いといわれるビタミンC。水に流れやすく、熱によって壊れやすいビタミンCは、調理法や食材の組み合わせが肝心です。そこで、より効果的にビタミンCを摂取できる簡単レシピを、料理家の橋本彩子さんに教えてもらいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加