How To

揚げパン、ソフト麺、フルーツポンチ……ママ&パパ世代の人気給食メニューをつくってみた!

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 写真/矢部ひとみ

2018.02.14

Recipe 5 給食の定番デザートといえばコレ!

白玉フルーツポンチ

「フルーツポンチは私も大好物でした! 配膳当番は平等に取り分けないと、クラス中の非難を浴びる……という妙なプレッシャーがかかるひと品だったように思います(笑)。白玉入り、寒天入り、ヨーグルト仕立てなど、フルーツポンチにもさまざまな種類がありますが、今回は白玉入りバージョンをご紹介します」(平田さん)

 

材料(4人分)

白玉粉…50g

絹豆腐…50g

レモン汁…大さじ1/2

 

フルーツミックス缶…小1缶

バナナ…1本

 

<シロップ>

砂糖…大さじ4

水…3/4カップ

 

つくり方

(1)白玉粉と豆腐を合わせ、しっかりと手でこねて耳たぶくらいの固さにする。生地が固い場合には、水(分量外)を少しずつ加えて調整する。12等分にし、丸めて中央を凹ませ、平らにする。

(2)鍋に湯(分量外)を沸かし、(1)の白玉を入れる。白玉がぷくっと膨れて浮いてきたら冷水に取る。

(3)小鍋に<シロップ>の材料を入れて中火にかけ、砂糖が溶けたら火を止めて冷ます。冷めたらレモン汁を加える。

(4)フルーツミックス缶は汁気を切り、バナナは1cm幅の輪切りにする。

(5)(3)のシロップに(2)の白玉と(4)を入れ、混ぜ合わせれば完成。

 

★Point 豆腐を加えて白玉をつくる

「白玉粉に絹豆腐を加えて生地をつくることで、冷めても固くなりにくい白玉が出来上がります。絹豆腐はメーカーによって水分量ややわらかさが異なるので、生地が固い場合は、水を加えて調整してください」(平田さん)

 

揚げパンを自宅で簡単につくれると知ったら、お子さんから何度もリクエストされちゃいそうですね。ソフト麺は給食から姿を消してしまったという学校も多く、初めて味わうお子さんには新鮮なメニューかもしれません。なつかしの給食メニューを再現して食卓を囲めば、ママやパパの子どもの頃の思い出話に花が咲き、家族で盛り上がりそうです。

 

 

つくってくれた人

 

平田万里子さん

福岡県出身、フードコーディネーター。産科クリニックの栄養士を経て、フードコーディネーターへ転身。現在はテレビ・雑誌などのフードスタイリングを中心に手がけている。定番和食メニューから、話題の変わりダネレシピまでさまざまなメニューのアレンジを得意としている。

 

●こちらの記事もおすすめです

お茶碗1杯分など、中途半端に残ってしまうことも多いごはん。いつの間にか冷凍庫には、カチカチに凍ったごはんの山が……なんてこと、ありませんか? そこで、残った白米をおいしく活用するために、フードコーディネーターの小野和美さんに、残りごはんを使ったおいしいおやつレシピを教えてもらいました。

子どもが喜ぶメニューといえば、ハンバーグ、スパゲティナポリタン、オムライス、唐揚げ、グラタンなどの洋食。お子さんのいるご家庭ではリピート率が高く、つくり慣れている方も多いことでしょう。今回は、この定番メニューを人気料理家のtottoさんにつくってもらいました。

第1弾のカレー編に続き今回は、料理家さんのご家庭で、家族みんなに愛されている“パスタレシピ”を教えていただきました。ちょっとしたコツで、有名レストランで食べるかのようなおいしいパスタを自宅で簡単につくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加