How To

親子で楽しみながら学べる!「インスタ映えスポット」6選

文/ニクイねぇ! PRESS編集部

2018.01.29

休日、子どもといっしょにどこへ行こう? と悩むママやパパに向けて、気軽に親子で楽しめて、ついでに学べてしまう素敵なスポットをご紹介します。いずれも、Instagram(インスタグラム/以下、インスタ)で1万件以上のタグ付き写真が投稿されている“インスタ映え”するスポットです!

子どものかわいい姿や真剣な表情の写真をSNSでシェアしたり、おじいちゃん、おばあちゃんに送ってあげたりしたら、きっと喜んでもらえるはず。また、写真に残しておくことで、何年経っても思い出として楽しめます。

ここで注意したいのは、施設によって撮影できない場所があること。また、撮影可能でも、フラッシュや自撮り棒などが使えない場所もありますので、ルールを守り、他の来場者に迷惑をかけないよう撮影しましょう。

 

<東京都>原画や映像、スヌーピーのスタチューがお出迎え

1.スヌーピーミュージアム

ハッシュタグ数:80515(2017年12月時点)

 

米カリフォルニア州サンタローザにあるスヌーピーファンのための聖地「シュルツ美術館」のサテライト施設として、2016年に東京・六本木に誕生した「スヌーピーミュージアム」。なかには、スヌーピーの原画や、約4500枚のコミック誌面でつくられたモザイク画、ヴィンテージグッズなどを展示。スヌーピーカルチャーの歴史を知ることができます。また、シアターでは展示にまつわる映像も視聴可能です。

敷地内では、スヌーピーをはじめとしたキャラクターがお出迎え。それらといっしょにインスタも楽しめます。時間ごとに入場できる人数を制限しているので、小さい子どもといっしょでも安心して過ごせるのが魅力です。

併設のカフェでは、おいしい軽食やスイーツを用意。スヌーピー関連のステーショナリーや雑貨なども購入できます。展示やメニューなどは半年ごとに入れ替わるので、定期的に訪れたくなるスポットです。

 

●スヌーピーミュージアム

所在地:東京都港区六本木5-6-20

営業時間:10:00~20:00

料金:一般2000円、4歳~小学生600円ほか中・高生、大学生料金あり(前売り券あり)

http://www.snoopymuseum.tokyo/

(C)Peanuts Worldwide LLC

 

【次のページは】<東京都>大空を飛ぶ!?かわいいペンギンを激写!サンシャイン水族館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加