How To

ビジュアル映え抜群なのに超簡単! お手軽「ハロウィンレシピ」5選

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2017.10.20

Recipe 5 定番ごはんを簡単イメチェン!

紫キャベツのロールキャベツ

「秋冬の定番料理であるロールキャベツも、食材を変更すると豪華なハロウィンレシピに! キャベツの色を変えるだけで、いつもの一品がガラリとイメージチェンジします。仕上げに型抜きしたかぼちゃ型のにんじんを載せ、さらにパーティ気分を盛り上げましょう!」(高松さん)

 

材料(4個分)

紫キャベツの葉…4〜8枚(葉が小さい場合は2枚重ねる)

市販のトマトソース…200g 

サワークリーム…適量

ディル(パセリ)…適量

型抜き用のにんじん(スライス)…適量 

 

<A>

ひき肉…200g

玉ねぎ(みじん切り)…1/2個

卵…1個

パン粉…1/2カップ

塩、コショウ…適量

ナツメグ…適量

 

つくり方

(1)紫キャベツの葉を洗って耐熱皿に入れ、電子レンジで柔らかくなるまで1分ほど加熱する。

(2)葉を広げ、よく混ぜ合わせた<A>の肉だねを入れて巻く。巻き終わりを下にして鍋に並べ、トマトソースを入れて10〜15分煮る(ソースが濃い場合は、適宜、水を足してください)。

(3)にんじんを2~3mm幅にスライスし、レンジで30秒温めた後、抜き型などで好きな形に抜く。ストローの先端を指で三角形にくせづけし、顔のパーツをくり抜く(楕円などにしても同様に仕上がります)。

(4)器に(2)を盛りつけ、上にサワークリーム、ディルを載せ、(3)の型抜きしたにんじんを飾ったら完成。

 

★Point 細工したストローでくり抜き、顔のパーツをつくる

「目や鼻といった顔の細部は、ストローの先を指先で三角形にくせづけし、くり抜きます。にんじんは薄くスライスし、電子レンジで温めて柔らかくしてから抜くと簡単です」(高松さん)

 

 

教えてくれた人

高松美里さん

アウトドア料理研究家&フードスタイリスト。7歳女の子、5歳男の子のママ。ヘアサロン、トップスタイリストを経て、出産後に現職へ転身。アウトドアブランドとコラボした料理企画をはじめ、雑誌、Web、広告、イベントのフードスタイリング、執筆など、幅広く活躍中。料理のほかDIYも得意で、インテリア関連の仕事もこなす。週末は季節を問わず、家族で旅行やキャンプを楽しむのが定番スタイル。
[HP]http://bluekitchen.jp/
[Instagram]@misatotakamatsu

 

●こちらの記事もおすすめです

わんぱくサンドやスコップコロッケなど、ビジュアル映え抜群のフードメニューが今、InstagramをはじめとするSNSで大人気。美しい彩りや見た目のインパクトなど、おしゃれな料理は思わずアップしたくなってしまいますよね! また、一品で存在感がありテーブルが華やぐので、ホームパーティにもぴったりです。

とにかく簡単な、ママ会での好感度アップのおもてなしテクを7つご紹介します。

パーティーシーンにぴったりな、片手でパクッと食べられるフィンガーフードレシピのご紹介です。

膨大な数になりやすい旅行の写真データ。気づけば、スマートフォンやデジカメのSDカードに保存しっぱなし……ということも。でも、旅写真をいつも見えるところに飾っておけば、楽しかったあの日の思い出がイキイキとよみがえります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加