How To

今日はどう食べる? 栄養満点の納豆アレンジレシピ5

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 写真/矢部ひとみ

2017.11.27

Recipe 5 やみつきになる味わい

納豆ドライカレー

「納豆はチャーハンにしたり、カレーに加えたりするとおいしさがアップします。そこで、ここではそのふたつを組み合わせたドライカレーにしました。甘みと食感にこだわった、マフィオの納豆ドライカレーレシピをぜひお試しください」(政治さん)

 

材料(2人分)

合びき肉…200g

ナツメグ…小さじ1

シナモン…小さじ1

塩、コショウ…少々

バター…15g

レーズン…大さじ1

ナッツ…大さじ1

赤ワイン…大さじ2

納豆…1パック

しょうゆ…小さじ1

ごはん…茶碗2杯分

 

<A>具材

玉ねぎ…1/4個

ナス…小1個

にんじん…1/2本

 

<B>調味料

ケチャップ…大さじ1

チャツネ(あれば)…大さじ1

カレー粉…大さじ1

ターメリック…大さじ1

 

つくり方

(1)合びき肉にナツメグ、シナモン、塩、コショウを加えて混ぜ合わせる。

(2)みじん切りにした<A>を、フライパンに少量の油(分量外)を入れて弱火にかけ、しんなりとするまで5分ほど炒めて別皿に取る。

(3)別のフライパンにバターを引いて中火にし、(1)を加えて5分ほど炒める。レーズンとナッツを加えてさらに3分ほど炒める。

(4)(3)に(2)と<B>を加え、よく混ぜながら3分ほど中火で炒める。

(5)フライパンの縁から赤ワインを回し入れて、全体をよくかき混ぜる。赤ワインのアルコールをしっかりと飛ばしてから、納豆を加える。

(6)(5)がよく混ぜ合わさったところで、塩、コショウを加えて味を整える。

(7)(6)にごはんを加え、木べらなどで具材を崩しながら、全体を手早く炒め合わせれば完成。

 

★Point レーズンとナッツを加える

「レーズンの甘みとやさしい酸味が味の深みとなり、ナッツの香ばしさと食感はアクセントになります。ドライカレーをつくるときは、このふたつを加えるのがオススメです」(政治さん)

 

教えてくれた人

マフィオ(平床政治+asaco)

平床政治とasaco、夫婦ふたりで手掛けるケータリングユニット。9歳と3歳の女の子、7歳の男の子のパパ&ママで5人家族。音楽家、ナレーターである政治さんの得意な料理を、モデルのasacoさんがブログで紹介したことがきっかけで、食の仕事を始めるように。誰もが手に入れられる身近な食材を使って、子どもでも食べやすい料理を生み出す。雑誌や広告のフードスタイリングをはじめ、ロケ弁やレセプションのケータリング業でも活躍している。

Facebook https://www.facebook.com/hiratoko.mafio/
Instagram    https://www.instagram.com/hiratoko.mafio/ 

 

●こちらの記事もおすすめです。

美容や健康に関心の高い人々の間で注目を集めているスーパーフード。チアシード入りのスムージーがコンビニで売られ、スーパーマーケットでも手に入りやすくなり、多くの人に知られるようになりました。

エスニック料理の決め手といえば、ナンプラー。タイのポピュラーな調味料で、魚を発酵させた独特の香りが食欲をそそります。最近は日本でもかなり浸透していますが、なかなか最後まで使い切れず「気づいたら消費期限を過ぎていた……!」というご家庭も多いのでは?

週末、子どもを寝かしつけてから、夫婦ふたりで楽しむ晩酌タイム。ここでパッとおいしいおつまみが出てきたら、パパの株は一気にアップすること間違いなし!

冷蔵庫に備わっているチルドルーム。その名前や場所は知っていても、「使い方はイマイチよくわからない」という人も多いのではないでしょうか?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加