How To

防災の日に考えた。いざというときに役立つ災害対応レシピ5

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2017.09.27

 

Recipe 2 冷えたごはんをおいしく食べられる

サバ缶と細切り高野豆腐の冷汁

「災害時は炊きたてのごはんが手に入りにくいこともありますが、これは冷めたごはんでもおいしく食べられるレシピです。みそと白だしでさらりと食べやすく、きゅうりが入手できれば食感のアクセントに使えます。おにぎりに汁をそのままかけてもおいしいですよ」(平床さん)

 

材料(2人分)

乾燥しいたけ(スライス) …10片程度

冷やごはん…茶碗1杯

きゅうり…1/3本 (火を通さずに食べられる野菜なら何でもOK)

すり白ゴマ…適量

魚粉(だし粉)…大さじ1

 

<A>

サバ缶(みそ味)…200g

水…200ml

白だし(4倍濃縮の場合)…大さじ2

細切り高野豆腐…大さじ1

 

<B>

すりおろししょうが…大さじ1/2

かぼちゃ…小さいスライス5、6枚 (なくてもOK)

 

つくり方

1.鍋に<A>を入れ、弱火にかける。

2.乾燥しいたけはあらかじめ少量の水で戻しておき、水ごと鍋に加える。<B>を加えてさらに煮込み、かぼちゃに火がとおったら火から下ろす。

3.できあがった2の汁はあら熱をとり、可能であれば冷やす。

4.冷たいごはんに冷ました汁をかけ、スライスしたきゅうりを載せ、白ゴマ、魚粉をたっぷりとふりかける。

 

★Point 乾燥しいたけを使う

「うまみたっぷりの乾燥しいたけは、戻すときの水を少なめにし、濃いだしをとります。切れているものを使うとカットの手間がなく、調理がより簡単です」(平床さん)

【次のページは】たっぷりの乾物でうまみアップ!レトルトかれーうどん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加