How To

これで残さず使い切れる! 簡単おいしい「薄力粉レシピ」5選

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2017.10.10

Recipe 5 もっちり生地にハム&チーズが好相性

ブリトー

「フライパンで手軽につくれるブリトーです。具材には、ハムやチーズなど冷蔵庫にいつも入っているような定番食材を選び、市販されているお総菜のブリトーをイメージしました。すぐに食べない場合はラップにくるみ、食べる前にレンジで温めればおいしく食べられます」(小野さん)

 

材料(2~3人分)

薄力粉…100g

片栗粉…大さじ1

サラダ油…大さじ1

水…200cc

塩…ひとつまみ

お好みの具材(ハム、シュレットチーズ、アスパラなど)

 

つくり方

1.具材以外の材料をすべてボウルに入れて混ぜる。

2.中火で熱したフライパンに薄くサラダ油を塗り、おたま1杯程度の生地を流し入れる。

3.薄く焼き目がついたら裏返し、チーズ、ハム、アスパラなど好みの具材を並べ、裏面にも焼き目がついたら、具材を包むように折りたたむ。

 

★Point 生地を焼きながら具材を包む

「フライパンの上で生地を折りたたむと、アツアツのチーズがとろけてくっつくので、形をつくりやすいです。冷めてしまうと成型しづらいので、生地を焼きながら具材を包んでいきましょう」(小野さん)

 

 

つくってくれた人

小野かずみさん

フードコーディネーター。雑誌やCMなどのレシピ開発、フードスタイリングを手がける。また、2011年より、和歌山県熊野の里の古民家にて、夏季限定のこども民宿を運営。普段なかなか体験できない里山での保養と生活体験など、自然豊かな熊野の食材を活かした料理が人気を呼んでいる。1児の母。

【ブログ】http://ameblo.jp/fevecafe/

 

●こちらの記事もおすすめです

多くの家庭で人気のメニューといえば、餃子。お子さんの大好物という声は多く、野菜をたっぷりと食べられるので、ママにはうれしく、パパのおつまみにもぴったりです。そんな餃子で、あっとおどろく革命レシピのご提案です!

エスニック料理の決め手といえば、ナンプラー。タイのポピュラーな調味料で、魚を発酵させた独特の香りが食欲をそそります。最近は日本でもかなり浸透していますが、なかなか最後まで使い切れず「気づいたら消費期限を過ぎていた……!」というご家庭も多いのでは?

広東料理でよく使われるオイスターソースは、牡蠣(かき)を主原料としたコクのある味わいの調味料です。中華料理のレシピにたびたび登場するので、購入したことのあるご家庭も多いと思います。

1年中どこでも手に入りやすく、サラダやパスタ、煮込み料理などへ簡単に取り入れられるなど、家庭料理には欠かせないトマト。常備しているご家庭も多いのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加