How To

ゲリラ豪雨から身を守る“察知系”アプリ5選

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 写真/PIXTA

2017.07.24

朝の天気予報では晴れの予想だったのに、午後に突然、黒い雲が広がって大粒の雨が降り出し、傘もなく、ずぶ濡れになって途方に暮れた……なんて経験はありませんか?

突然、バケツをひっくり返したような雨が降る、いわゆる「ゲリラ豪雨」が、昔に比べて近年では頻繁に起こるようになっています。実際に気象庁のデータを見てみても、短時間で激しい雨が降る回数が圧倒的に増えていることを確認できます。

国土交通省/気象庁「アメダスで見た短時間強雨発生回数の長期変化について」
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/info/heavyraintrend.html
より抜粋

過去40年間、1976~2016年のアメダスのデータによると、1000の計測地点で1時間降水量が50mm(「非常に激しい雨」)、80mm以上(「猛烈な雨」)となった年間の平均発生回数は、右肩あがりの増加傾向にあることがわかります。

自分ひとりのときはまだしも、子どもを連れている時にゲリラ豪雨に遭遇したら、すばやい回避行動も取りにくいので特に大変。でも最近では、急激な気象変化を事前に予測し、ゲリラ豪雨の元凶になる雲の位置を正確に教えてくれるような天気予報アプリも増えました。

これらのアプリは外出時だけでなく、毎日の暮らしや仕事の際にも役立ちます。例えば、朝に洗濯物を干して出かけたら、外出している間に豪雨が降り、帰宅したら洗濯をやり直す……という悲しい事態も防げます。ここでは数ある天気予報アプリのなかから、ゲリラ豪雨対策に最適なアプリを5つ紹介しましょう。

 

tenki.jp

天気の概況を確認するのに便利なのが、気象庁が提供する「tenki.jp」です。毎日の詳細なデータはもちろん、最長10日間の天気予報をすばやく確認できます。晴れる日が事前に分かるため、洗濯など家事のスケジュールを立てやすくなります。また、半径500mの範囲から確認できる雨雲レーダーはリアルタイムで更新されていくので、ゲリラ豪雨が起こった際の雨雲の進行方向を確認でき、行動する計画を立てやすい。Android、iOS対応。

 

 

 

(C)日本気象協会

 

洗濯予報

「洗濯物を外に干していいかどうか?」という情報を知りたい場合に使いたいのが「洗濯予報」。住所を登録しておくと、自宅周辺の降水確率や降雨情報を表示してくれるもの。1週間の降水確率もわかるので、あらかじめ洗濯の予定をたてられます。また、当日の降水確率は3時間ごとに細かく表示されるので、洗濯前にゲリラ豪雨の情報を察知できます。Android、iOS対応。

 

 

(C)sonicmoov co.,ltd. 

 

Go雨! 探知機

周囲5kmエリアの雨雲の様子をリアルタイムでAR表示できるアプリです。スマホを空にかざすと、今いる場所の上空をカメラ画像に重ねて表示。視覚的に、どちらの方向から雨雲が迫ってきているかを察知できます。降雨時は、約250mごとに分割して雨量情報を表示。カメラを動かすと、リアルタイムで360度の情報を確認できるため、外に出てから「空模様が怪しい……」と思ったら、すかさず使いたいアプリです。Android、iOS対応。

 

 

(C)日本気象協会

 

雨マップ

 こちらは、雨が降っている様子を地図上視点に特化し、リアルタイム表示してくれるアプリです。10分ごとに1時間後までの雨雲の変化をチェックできるほか、1時間ごとに6時間後までの表示も可能です。最大10箇所まで“My地点”に登録できるため、任意の場所の降雨情報をすばやく確認できます。また、雨雲だけでなく、雷の情報も同時に確認できるのが特徴。登録した時点の降雨情報を通知する機能も搭載しています。子どもの学校など、家族がいる場所の天気も把握できるので安心です。Android、iOS対応。

 

 

(C)Boxyz,inc. 

 

あめふるコール

アプリをチェックするタイミングを逸しても、雨が降りそうになったら、スマホのロック画面などに“通知”でお知らせしてほしいもの。このアプリは、1時間後に雨が降ると予想された場合、その発表時刻や降雨量などを知らせてくれるアプリです。通知してくる降雨量を、ごく弱い雨から本降りまで、雨の強さで設定可能。また、設定地点を“現在地”にしておけば、そのときにいる場所の降雨情報をもとに通知してくれるので、外出先で遭遇するゲリラ豪雨にも対応できます。家族での外出時などにも活躍してくれそうなアプリですね。Android、iOS対応。

 

(C)RC Solution Co. 

 

夏から秋にかけて起こりやすいゲリラ豪雨を察知するのに役立つ、便利なアプリを紹介しました。年々頻度が増している突然の大雨は、時に、都市部などでは突発的な洪水につながることも。自分と家族の身を守るためにも、これらのアプリを積極的に活用してみてはいかがでしょう。

 

 

●こちらの記事もオススメです

膨大な数になりやすい旅行の写真データ。気づけば、スマートフォンやデジカメのSDカードに保存しっぱなし……ということも。でも、旅写真をいつも見えるところに飾っておけば、楽しかったあの日の思い出がイキイキとよみがえります。
子どもといっしょにいろいろなところへ出かけ、たくさんの体験をさせてあげたい! けれど、費用もバカになりません。そこで、無料で遊べる注目のプレイスポットをご紹介します。
休日には家族みんなでおでかけして、動物と触れあったり、科学を体験したり、自然を満喫したり……、子どもにいろんな経験をさせたい! そこで、費用の心配がいらない、全国の無料で遊べるスポットを集めました。好評だった第1弾に続く第2弾です。オススメの年齢別にご紹介していますので、お子さまの年齢に合わせておでかけください!
日々、待ったなしの子育て。よくないとわかっていても、忙しいとつい、子どもへの言葉がけはイライラ口調や否定的になりがちです。そんなときに意識したいポジティブな言葉がけとは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加