How To

子どもといっしょにつくる 体にやさしいアイシングクッキーレシピ

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2017.09.11

Recipe 5

にんじんとチアシード入りホワイトクッキー

 

【基本のクッキー】にんじんとチアシードのクッキー

材料(5.5cmのセルクル14枚分)

<A>

小麦粉…100g

塩…ひとつまみ

甜菜糖…20g

チアシード…小さじ2

 

すりおろしたにんじん…大さじ1と1/2~2

菜種油…大さじ2

 

つくり方

(1)<A>をすべてボウルに入れ、ダマがないように泡だて器で混ぜる。

(2)すり下ろしたにんじん大さじ1と菜種油を混ぜ合わせてボウルに入れ、油とにんじんが均等に生地に馴染むよう、手でぐるぐると混ぜ合わせる。生地のまとまり具合を見てパサパサしているようなら、残りのすり下ろしたにんじんを足し、生地をひとまとめにする。

(3)生地を約3mmに伸ばし、余熱ありの160℃のオーブンで15分、天板の向きを変えて+2分(三菱電機の「ZITANG」を使う場合は、160℃のオーブンにて余熱なしで16分)焼いた後、天板の向きを変えて4分焼く。焼き上がったらそのまま取り出し、天板の上でクッキーを冷ます。

【アイシング液】白(レモン汁)

つくり方

(1)甜菜糖(粉糖)に数滴ずつレモン汁を加えていく。

(2)甜菜糖(粉糖)大さじ1に対し、ティースプーン1杯弱のレモン汁が目安。ゆるすぎる場合は甜菜糖を少しずつ加え、固すぎる場合はレモン汁を少しずつ加え調節する。

 

 

クッキーづくりは、お子さんとの初めてのクッキングにぴったり。中でもアイシングクッキーは、お子さんが楽しめる工程が満載です。「うさぎさんを描こう!」なんておしゃべりを楽しみながら、アイシングしていくひとときは、親子の楽しいコミュニケーションタイムになることでしょう。

パパやママといっしょにつくったアイシングクッキー、おいしいね!

 

 

つくってくれた人

kachaさん

ワークショップやママ雑誌を中心に、「たべる、はなす、つながる」をテーマに食に関する活動をしていた「nontable HOME」を経て、現在はフリーで活動中。5歳の女の子と2歳の男の子のママ。

Instagram:@kacha0106

 

 

●こちらの記事もオススメです

 

カップケーキデコレーターとして活躍し、焼き菓子づくりを得意とする料理家・横山久美子さんに、お食事系からスイーツ系まで、バリエーション豊かなパンケーキレシピを教えてもらいました。

東京・下北沢の人気タイ料理店「ティッチャイ」店主・志藤みゆきさんに教えていただく“子どもも食べられるタイ料理レシピ”。今回は麺と汁物を中心に、ティッチャイで人気のメニューをピックアップ。

子どもが喜ぶメニューといえば、ハンバーグ、スパゲティナポリタン、オムライス、唐揚げ、グラタンなどの洋食。お子さんのいるご家庭ではリピート率が高く、つくり慣れている方も多いことでしょう。今回は、この定番メニューを人気料理家のtottoさんにつくってもらいました。

おいしくて体にやさしいとあって、ヘルシー志向の人たちの間で人気に火がついているベジスイーツ。「罪悪感なく甘いものを食べたい!」という気持ちを満たしてくれるうえ、野菜嫌いなお子さんのおやつにもぴったりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加