How To

簡単ふわふわパンケーキレシピ5選! 専門店の味を自宅で楽しもう♪

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2017.05.12

数年前からブームとなり、いまでは多くの専門店がオープンしているパンケーキ。並んででも食べたくなる至福の味を自宅で再現できたら、うれしいですよね。そこで、カップケーキデコレーターとして活躍し、焼き菓子づくりを得意とする料理家・横山久美子さんに、お食事系からスイーツ系まで、バリエーション豊かなパンケーキレシピを教えてもらいました。

強力粉を使うと生地がもっちりと仕上がり、冷めてもおいしさがキープ。対して、薄力粉を使うと生地がやわらかく軽い食感になります。お好みの生地と味わいのパンケーキづくりをマスターしましょう。

 

Recipe 1

おもてなしに喜ばれること間違いなし!

塩生キャラメルとバナナのパンケーキ

02

「まずは王道の、スイーツ系パンケーキのレシピです。ふんわり生地に、お手製の塩生キャラメルをたっぷりかければ、ぜいたくな味わいに仕上がります」(横山さん)

 

材料(直径約10cm×6枚分)

<パンケーキの生地>

★強力粉…100g

★ベーキングパウダー…5g

卵…1個

★砂糖…20g

牛乳…100ml

無糖ヨーグルト…大さじ3

塩…ひとつまみ

★溶かし無塩バター…10g

※★の材料の代わりに、ホットケーキミックス1袋(約150g)でも代用可。

サラダ油…適量

バナナ…1本

 

 

<塩生キャラメルソース>

グラニュー糖…75g

水…30cc

加塩バター…20g

純生クリーム(35%以上)…150cc

ゲランド塩(あら塩)…少々

 

<お好みで>

ナッツ(クルミやアーモンド)…適量

 

つくり方

<パンケーキ>

(1)ボウルにふるった強力粉とベーキングパウダーを合わせておく。

(2)別のボウルに卵、砂糖を入れ、泡立て器でよくすり混ぜ、さらに、牛乳、無糖ヨーグルト、塩を加えてよく混ぜる。そこに(1)を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜる。最後に溶かし無塩バターを加えて全体につやが出るまで混ぜ合わせたら、生地の完成。

(3)フライパンに油を熱し、(2)の生地をお玉の8分目程度(分量の約1/3)流し入れ、弱火で約2分30秒焼く。

(4)(3)の生地の表面にプツプツと気泡が出てきたら、生地をひっくり返して同様に、弱火で2分30秒ほど焼いてお皿にとる。

(5)バナナは縦半分にカットし、フライパンで軽く焼き色を付け、(4)の生地の周りに盛りつけておく。

 

<塩生キャラメルソース>

(6)フライパンにグラニュー糖と水を入れて中火にかけ、水分を飛ばす。アメ状になってきたら弱火にする。

(7)(6)の全体がうっすらと茶色になってきたら火を止め、加塩バターを加えて混ぜ合わせる。

(8)別の鍋に純生クリームを入れて中火にかけ、沸騰寸前で火を止める。

(9)(8)を(7)に3回くらいに分けて、少しずつ加えて混ぜ合わせる。あら熱が取れたら、ゲランド塩を加えて軽く混ぜる。

(10)できあがったソースを(5)にかけ、お好みでナッツ類をトッピングすれば完成。

 

★Point 生クリームは数回に分けて加える

03

「工程(9)で、熱した純生クリームを加える際、一気に加えると吹きこぼれてしまうので、少しずつ数回に分けて加えてください」(横山さん)

 

【次のページは】甘くない“お食事系”は朝食に大活躍! トマトジュースのパンケーキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加