How To

初めての「ホームキャニング」に挑戦! ビン詰め食とアレンジレシピ

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2018.03.19

 

・基本のビン詰め食③

レモンの砂糖漬け 

※日持ち目安:冷蔵庫で2週間

手軽に仕上がる自家製シロップづくりも、ホームキャニングの楽しみ方のひとつです。レモンに含まれるビタミンCには美肌効果があるといわれているほか、酸味のもとになるクエン酸には新陳代謝を活発にする働きがあるとされています。

「レモンの両端を入れると苦みが出るので、切り落として取り除いておくのがポイントです。また、レモンをカットする際は、よく切れる包丁を使いましょう。スパッと切れないと大事な果汁が流れ出てしまいます。今回、砂糖にはてんさい糖を使用しましたが、黒糖やはちみつなどを加えたり、お好みでシナモンスティック、カルダモンなどのスパイスといっしょに漬け込んで香りを楽しんだりと、自分流にアレンジするのも楽しいですよ!」(小野さん)

 

材料(500mlのビン1個分)

レモン…3個 

砂糖…200g

 

つくり方

(1)レモンは皮を中性洗剤などで洗ってよくすすぎ、薄くスライスする。

(2)ビンに砂糖、レモンを交互に入れてふたをする。

(3)2〜3日で食べ頃に。ときどきビンを傾けて砂糖が溶けるのを促すと、より早く完成する。

 

 

・基本のビン詰め食③「レモンの砂糖漬け」を使ったアレンジ 1

レモンスカッシュ

「お風呂上がりやちょっと疲れたな……といった日に飲みたい、自家製レモンスカッシュ。レモンの風味が豊かで、のどごしもすっきり! 飲むだけで元気が出そうです」(小野さん)

 

材料(1人分)

レモンの砂糖漬け(シロップ)…大さじ1

炭酸水…200ml

レモンの砂糖漬け(レモンの輪切り)…1枚

 

つくり方

(1)レモンの砂糖漬けのシロップをグラスに入れ、炭酸水を注いでよく混ぜる。混ざったら氷を入れる。

(2)レモンの砂糖漬けにある、レモンの輪切りを飾ればできあがり。

 

・基本のビン詰め食③「レモンの砂糖漬け」を使ったアレンジ 2

レモンドレッシング

「レモンドレッシングといっても、レモンの砂糖漬けシロップがベースなので、酸味が強すぎずまろやかに仕上がります。お子さんでもおいしく食べてもらえる味です。すっきりしていて、どんなサラダとも相性がいいですよ」(小野さん)

 

材料(2人分)

<A>

レモンの砂糖漬けシロップ…小さじ2

しょうゆ…大さじ1

オリーブオイル…大さじ2

お酢…大さじ1

塩…ふたつまみ

 

お好みのサラダ…適量

 

つくり方

(1)<A>の材料をよく混ぜる。

(2)お好みのサラダにかける。

 

・基本のビン詰め食③「レモンの砂糖漬け」を使ったアレンジ 3

レモンケーキ

「レモンの風味が香るスイーツです。今回は、型と仕上げを少しだけ変え、2種類のメニューをご提案しました。簡単につくれるので、お子さんといっしょにつくっても楽しいですよ」(小野さん)

 

材料(マフィン型で6個分)

卵…2個

てんさい糖…50g

菜種油…90g

薄力粉…100g

ベーキングパウダー…小さじ1

 

レモンの砂糖漬け(レモンの輪切り)…7枚

レモンの砂糖漬け(シロップ)…大さじ2

 

<上がけ用>

レモンの砂糖漬け(シロップ)…大さじ1

 

<飾り用>

レモン…適量

 

つくり方

・写真奥/マフィン型レモンケーキ

(1)ボウルに卵、てんさい糖、菜種油の順に加え、泡立て器でその都度よく混ぜる。

(2)薄力粉とベーキングパウダーをふるってから(1)のボウルに加え、ゴムべらでさっくり混ぜる。

(3)粉っぽさが少し残っている状態でレモンの砂糖漬け(レモンの輪切り)のみじん切りと、レモンの砂糖漬け(シロップ)を加え、さらに混ぜる。

(4)(3)をマフィンカップに流し入れて180℃で15~18分間焼く。熱いうちに<上がけ用>のシロップを塗り、<飾り用>のレモンを飾ればできあがり。

 

・写真手前/レモン型ケーキ

(3)の工程までは、マフィン型レモンケーキと同じ。(3)をレモン型に入れて同じ要領で焼き、熱いうちに<上がけ用>のシロップを塗る。この後、湯煎して溶かしたホワイトチョコレート(分量外)をコーティング。レモンとピスタチオ(分量外)を飾れば、昔懐かしいレモンケーキのできあがり。

 

【参考リンク】 レンジグリル「ZITANG(ジタング)」 

http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/rangegrill/

 

 

つくってくれた人

小野かずみさん

0308_0167

フードコーディネーター。広告やCMなどのレシピ開発、フードスタイリングを手がける。2011年からは、和歌山県熊野の里の古民家にて、夏季限定の「こども民宿」を運営。普段なかなか体験できない里山での生活体験と、自然豊かな熊野の食材を活かした料理が人気を呼んでいる。1児の母。

[ブログ]http://ameblo.jp/fevecafe/ 
     http://motherdictionary.com/casestudy/mamakoto

 

●こちらの記事もオススメです

常備菜を多めにつくったのはいいけれど、気づけばテーブルには同じメニューばかりが並んでしまい、食卓がマンネリ化……。そんな時は、プラスひと手間で“つくり置きおかず”をパパッとアレンジ! 元の味わいを活かしながら、食材を足してボリュームアップしたり、彩りや香りを加えてイメージチェンジしたり、すぐにマネできるリメイクレシピを、料理家の橋本彩子さんに教えてもらいました。

メインになるおかずや副菜など、どんどんレパートリーを増やしていきたい「常備菜」。週末につくり置きをしておくと、あわただしい平日のごはんづくりがぐっとラクになります。そこで、週末の2時間で簡単&手軽につくれる常備菜レシピを、料理家の橋本彩子さんに教えてもらいました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加