How To

初めての「ホームキャニング」に挑戦! ビン詰め食とアレンジレシピ

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2018.03.19

・基本のビン詰め食②

しらすのオイル漬け 

※日持ち目安:冷蔵庫で2週間

栄養満点でお子さんも大好きなしらす干し。鮮度が落ちやすい、という難点をオイル漬けにして解消しました。さまざまな料理に使えるので、常備しておくと毎日の献立づくりを大いに助けてくれそうです。

「味つけが塩だけなので、自然塩など、おいしい塩を使うと味わい深さがアップします。パンに塗ったり、オムレツに入れたりはもちろん、ピザのトッピングやパスタのアクセントなど、なんでもマルチに使えて本当に便利です。火をとおさずにそのまま使える調味料なので、ニンニクのみじん切りはなるべく細かくすると食べやすいでしょう。生ニンニクが苦手な方は、つぶして入れ、食べる際に取り除いてください」(小野さん)

 

材料(200mlのビン1個分)

しらす…150g

塩…小さじ2

ニンニク…1かけ

オリーブオイル…適量

タカノツメ…1本(お好みで)

 

つくり方

(1)ざるにしらすを入れて熱湯をかけ、水分をよく切る。

(2)ビンにしらす、塩、みじん切りにしたニンニクを入れて混ぜる。

(3)オリーブオイルをひたひたになるまで注いだら、ビンにふたをする。お好みでタカノツメを入れてもOK!

 

・基本のビン詰め食②「しらすのオイル漬け」を使ったアレンジ 1

しらすトースト

「トーストにトッピングするだけなのに、おいしくて食べごたえのある一品ができあがります。しらすの塩分とオリーブオイルが、パンと相性抜群です」(小野さん)

 

材料(1人分)

しらすのオイル漬け…1g

お好みのパン…1枚

ディル…適量

 

つくり方

(1)好みのパンを焼く。

(2)トーストに、しらすのオイル漬けをオイルごとかけ、ディルをまぶして完成。

 

・基本のビン詰め食②「しらすのオイル漬け」を使ったアレンジ 2

しらすオムレツ

「大葉をプラスしてオムレツの具にすれば、たった5分でメインディッシュのできあがり。フレッシュな野菜を添えてお召し上がりください」(小野さん)

 

材料(2人分)

大葉…3枚

しらすのオイル漬け…大さじ1

しらすのオイル漬けのオイル…大さじ1/2

卵…2個

 

つくり方

(1)大葉は短い千切りにしておく。卵は溶いてフライパンを温める。

(2)しらすのオイル漬けのオイルのみをすくいとり、大さじ1/2程度をフライパンに垂らして馴染ませたら卵を入れる。

(3)フライパンを揺すり、箸でよく混ぜながら火をとおし、半熟になったらしらすのオイル漬けと千切りにした大葉を手前に載せる。すぐに折り返して具材を巻き込み、フライパンの縁を使いながら返してオムレツ型に焼き上げる。

 

 

・基本のビン詰め食②「しらすのオイル漬け」を使ったアレンジ 3

しらすと菜の花のオイルパスタ

「春の旬、菜の花をたっぷり使ったパスタです。しらすのオイル漬けを使えば、大幅に時短調理が可能に。菜の花をキャベツに代えてもおいしいですよ」(小野かずみさん)

 

材料(1人分)

菜の花…3本程度

パスタ…100g

しらすのオイル漬け…大さじ1と1/2

 

つくり方

(1)菜の花はひと口大にカットする。鍋にお湯を湧かし、塩(分量外)を加えてパスタをゆでる。

(2)パスタがゆであがる1分前に菜の花を加えていっしょにゆでる。

(3)フライパンを火にかけ、しらすのオイル漬けを加えて温まったら、パスタ、菜の花、パスタのゆで汁大さじ2を加え、フライパンを揺すりながら箸でよく混ぜて全体にソースをからませる。

(4)塩で味をととのえたらできあがり。

 

【次のページは】基本のビン詰め食③「レモンの砂糖漬け」とアレンジレシピ集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加