How To

パーティに! 製氷皿でつくる華やかフィンガーフードレシピ

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/阿部高之

2017.03.28

Recipe 5

手土産やギフトにぴったり

ロリポップチョコ

12

「最後は、シリコン製の型を使った、かわいいチョコギフトです。ここでは、ホワイトチョコとブラックチョコレートを1種類ずつ固めたものと、重ねて2層にしたものとをご用意しました。ほかにも、抹茶味のグリーンチョコレートやイチゴ味のピンクチョコレートなどを用意して、アレンジを楽しんでみてください。半分にカットした紙ストローを挿してチョコレートキャンディ風にアレンジすると、ギフト感がアップします。小袋に入れてリボンを結ぶとかわいく仕上がりますよ」(鈴石さん)

 

材料(15個取りのハート形製氷皿1皿分)

ブラックチョコレート…100g

ホワイトチョコレート…100g

トッピング

ピスタチオ、フランボワーズ、アーモンドなどのトッピング…適量

 

つくり方

(1)ブラックチョコレートとホワイトチョコレートはそれぞれ細かく砕き、別のボウルで湯煎にかけて溶かす。

(2)製氷皿に(1)のチョコレートをそれぞれ5個分ずつ流し入れ、お好みでピスタチオやフランボワーズ、アーモンドなどのトッピングを載せる。残りの5個分は、ブラックチョコレートを1/3量程度入れる。

(3)割り箸を3膳用意し、それぞれ2本に割って両端に輪ゴムをくくりつける

(4)製氷皿の列に合わせて(3)を置き、半分にカットした紙ストローを中央部分に挿しこんでいく。

(5)(2)でブラックチョコレートを半量入れた部分の表面が固まってきたら、上からホワイトチョコレートを流し入れ、他の2列と同様、紙ストローを中央に挿しこみ、上からお好みのトッピングをかける。

(6)あら熱が取れたら、冷蔵庫で1時間以上しっかりと冷やし固めて完成。

 

★Point 割り箸を使ってストローを固定する

_63A0005

「図のように割り箸に輪ゴムを巻きつけたものを用意します。チョコレートを流し込んだ型の上に置き、間に紙ストローをはさんでチョコレートが固まるまでそのままの状態にしておきます」(鈴石さん)

 

 

つくってくれた人

鈴石真紀子さん

image18

スタイリスト/5歳と9歳の女の子のママ。雑誌や広告などさまざまな媒体で、衣食住に関するスタイリング提案を行うなど幅広く活躍。フードユニット「coton」として限定カフェやイベント出店などの活動にも力を注ぐ。ママとしての経験や旅先での出会いなどから、素材の味や食感を生かしたレシピを考案するのが得意。

【instagram】@cotonfood

 

●こちらの記事もオススメです!

とにかく簡単な、ママ会での好感度アップのおもてなしテクを7つご紹介します。

わんぱくサンドやスコップコロッケなど、ビジュアル映え抜群のフードメニューが今、InstagramをはじめとするSNSで大人気。美しい彩りや見た目のインパクトなど、おしゃれな料理は思わずアップしたくなってしまいますよね! また、一品で存在感がありテーブルが華やぐので、ホームパーティにもぴったりです。

パーティーシーンにぴったりな、片手でパクッと食べられるフィンガーフードレシピのご紹介です。

冷蔵庫は、食品を冷やして保存するだけの家電だと思っていませんか? 最新冷蔵庫の機能は、冷蔵や冷凍だけではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加