How To

常備菜の保存、どうしてる? 使いやすい保存容器の選び方

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2017.04.10

つくり置きおかずには、時短以外にもメリットがいっぱい。まず、時間を置くことで味が深まるので、薄味調理でも満足できること。また、食材を足したり、調味料を加えたりといった“ちょいアレンジ”でおかずのバリエーションが増える、という魅力もあります。

それらのおかずストックに欠かせないのが、保存容器。食材に合わせて選んだり、スタッキングのしやすさでそろえたりと、好みの容器を用意しておくと、おかずづくりが楽しくなります。また、保存容器を使えば、わかりやすく整理収納できるので、冷蔵庫がぐっと使いやすくなります。ここでは、常備菜の保存におすすめの保存容器を、まとめてご紹介します。

 

Type 1  リーズナブルでそろえやすい!

プラスチック製の保存容器

02

常備菜づくり初心者におすすめなのが、ジップロック®コンテナー」。リーズナブルな価格で購入できる上に、レンジでも使えます。サイズ展開が豊富で、スーパーマーケットなどでも気軽に購入できます。使わないときも、つみ重ねてコンパクトに収納できるので便利です。

03_2

スタッキングしやすく、見た目もすっきりと冷蔵庫内を整理できます。

 

ジップロック®

http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/ziploc/

 

 

Type 2 常備菜を極めるなら、こちら!

ホーロー製の保存容器

04

常備菜づくりが定着してきたら、ホーロー容器をそろえてみるのもいいかもしれません。ホーローは色や匂いがつきにくく、細菌が繁殖しにくいという特徴があります。また、フタを外せば直火やオーブンでも使用可能。琺瑯一筋で80年以上の歴史をもつ野田琺瑯の容器は、清潔感のある白とすっきりシンプルなフォルムが魅力です。丈夫で長く愛用できます。

Pack2フタだけの購入も可能なので、劣化しても買い替えができます。プラスチック製の「シール蓋」、ホーロー製は「琺瑯蓋」と「密閉蓋」があり、好みのタイプをセレクトできます。

 

野田琺瑯

http://www.nodahoro.com

 

 

Type 3 レンジでもオーブンでも使いたい派に

耐熱ガラス製の保存容器

08

フタをしたままのレンジ加熱はもちろん、フタを外せばオーブンやトースターでも使えるのが耐熱ガラス製の利点。また、透明なので中身が一目瞭然で冷蔵庫での整理収納がしやすく、使いやすさも上々です。汚れが落ちやすく、匂いが移りにくいのも魅力。iwaki(AGCテクノグラス)製はサイズ展開が豊富です。

温野菜のチーズ焼き(09) のコピー

耐熱ガラス容器はそのままテーブルに出しても絵になります。さまざまな調理やテーブルコーディネートと相性抜群。キッチンクロスを敷けば、美しく華やかな食卓になります。

 

iwaki

https://www.igc.co.jp

 

 

Type 4 漬け込み食材や、真空保存にはコレ!

ジッパー付き保存袋

10

チキンなどの漬け込み、浅漬け、フルーツのシロップ漬けなど、液状のものや手で揉み込みたいもの、空気を抜いて保存したいときなどにぴったりなのが、ジッパー付き保存袋。ジップロック®の「バッグ」シリーズなら、厚手のフリーザーバッグや、調理に使いやすいストックバッグ、マチ付きのスタディングバッグなど、用途に合わせて種類を選べます。

0313reizo(11) のコピー

場所を取らないので冷凍保存にも最適! 立てて収納すると取り出しやすく、きれいに整理できます。

 

ジップロック®

http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/ziploc/

 

 

Type 5 匂いの強いもの、おすそわけにぴったり!

空き瓶の保存容器

12

梅干しやらっきょうなどの保存食をはじめ、漬物やピクルスなど、匂いが強いものは、ジャムなどの空き瓶を再利用するのもおすすめです。細菌が繁殖しないよう、使用前には、つけおき消毒液やキッチン用の漂白剤、アルコールなどで除菌し、瓶をしっかりと乾燥させてから使用することを忘れずに。自家製ピクルスや常備菜、手づくりジャムなどを、かわいい空き瓶に入れてお友だちにおすそわけするのもいいですね。

 

いかがでしたか? 使い心地のよい保存容器で冷蔵庫や冷凍庫をきれいに整理し、つくり置きを活用してみませんか。忙しい毎日に、ゆとりが生まれるかもしれません。

 

毎日を「おいしい」で満たす。三菱冷蔵庫:朝収穫したばかりの野菜のように、みずみずしく新鮮に保ち、栄養素が増える野菜室できました。三菱は「朝どれ野菜室」。

 

【こちらの記事もオススメです】

常備菜を多めにつくったのはいいけれど、気づけばテーブルには同じメニューばかりが並んでしまい、食卓がマンネリ化……。そんな時は、プラスひと手間で“つくり置きおかず”をパパッとアレンジ! 元の味わいを活かしながら、食材を足してボリュームアップしたり、彩りや香りを加えてイメージチェンジしたり、すぐにマネできるリメイクレシピを、料理家の橋本彩子さんに教えてもらいました。

春から生活環境が変化し、なにかと忙しく過ごされているご家庭も多いのではないでしょうか? そんな多忙なママ&パパの新生活を応援する、「おべんとう時短を叶えるキッチン家電ワークショップ」へ。イベントで講師を務められた家事アドバイザー・節約アドバイザーの矢野きくのさんによる、お弁当の時短テクをご紹介します。

メインになるおかずや副菜など、どんどんレパートリーを増やしていきたい「常備菜」。週末につくり置きをしておくと、あわただしい平日のごはんづくりがぐっとラクになります。そこで、週末の2時間で簡単&手軽につくれる常備菜レシピを、料理家の橋本彩子さんに教えてもらいました。

多くの家庭で実践している人が増えている「常備菜」づくり。3児のパパであり、ミュージシャン・ナレーター・料理家の肩書を持つヒラトコセイジさんに、パパにもつくれちゃう簡単で栄養満点、さらにアレンジの効く“常備菜レシピ”を教えてもらいました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加