How To

食材一週間分まとめ買い! その日につくる常備菜レシピ5

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 写真/矢郷桃

2017.06.19

Recipe 5 無添加で安心、たっぷり食べられる!

自家製ツナフレーク

11

「ツナは子どもが好きですし、いろいろな料理に使えるので便利です。添加物が入らないし、好みの量でつくれるので、さまざまな料理にたっぷりと使えます。生野菜といっしょに和えてサラダにしたり、茹でた葉物野菜と副菜にしたり…。味付けは、香草系ソルトやバルサミコ酢、チーズなどをお好みでかけてください」(政治さん)

 

材料(4人分)

刺身用メバチマグロ…150g

オリーブオイル…300ml

ローズマリー…4本

ニンニク…1片

ピンクペッパー…小さじ1

塩…適宜

ローリエ…2枚

 

つくり方

(1)メバチマグロ全体に塩を振り、15分ほど置く。

(2)(1)の水気を拭き取り、他の材料すべてといっしょに小さめのフライパンに入れ、弱火にかける。オリーブオイルがグツグツとなっているくらいの弱火で煮て、メバチマグロの表面の色が白くなってきたら裏返す。

(3)フタをして10〜15分ほど煮込み、火をとめる。

(4)あら熱が取れたら、保存容器に入れて冷蔵庫で1時間ほど冷やす。

(5)身をほぐせば完成。

 

★Point お好みのハーブを使う

12

「ローズマリー以外のハーブ類でもよく合います。冷蔵庫に余っているハーブを数種類入れても◎。ツナフレークは残ったオイルがよい出汁になるので、活用してください。チャーハンやパスタに加えて、ハーブの香りとコクを楽しむのがおすすめです」(政治さん)

なお、平床家で使っている冷蔵庫、三菱電機の「MR-WX52A-BR」なら多めに作ったおかずは「切れちゃう瞬冷凍」して保存すれば必要な分だけ使えるから便利。買ってきてすぐ使わないといけないマグロのさくも、「氷点下ストッカーD」なら美味しく長持ちします。

 

「朝は毎日、手づくりの味噌汁を用意し、夜はなるべく家族みんなで食卓を囲む。仕事で帰りが遅くなってしまっても“同じ釜の飯”を食べられるとホッとしますね」という政治さん。常備菜があれば、あわただしい日常の食事づくりがグッとラクになります。食事づくりがラクになればゆとりが生まれ、暮らしがより豊かで心地よいものになることでしょう。まずは一品から常備菜づくり、始めてみませんか。

 

●三菱電機製品情報  冷蔵庫「MR-WX52A-BR」
https://www.mitsubishielectric.co.jp/ldg/wink/displayProduct.do?ccd=102010&pid=274541

 

 

教えてくれた人

マフィオ(平床政治+asaco)

mafio

平床政治とasaco、夫婦ふたりで手掛けるケータリングユニット。9歳と3歳の女の子、7歳の男の子のパパ&ママで5人家族。音楽家、ナレーターである政治さんの得意な料理を、モデルのasacoさんがブログで紹介したことがきっかけで、食の仕事を始めるように。誰もが手に入れられる身近な食材を使って、子どもでも食べやすい料理を生み出す。雑誌や広告のフードスタイリングをはじめ、ロケ弁やレセプションのケータリング業でも活躍している。
[Facebook] https://www.facebook.com/hiratoko.mafio/
[Instagram] https://www.instagram.com/hiratoko.mafio/

 

●こちらの記事もおすすめです!

常備菜を多めにつくったのはいいけれど、気づけばテーブルには同じメニューばかりが並んでしまい、食卓がマンネリ化……。そんな時は、プラスひと手間で“つくり置きおかず”をパパッとアレンジ! 元の味わいを活かしながら、食材を足してボリュームアップしたり、彩りや香りを加えてイメージチェンジしたり、すぐにマネできるリメイクレシピを、料理家の橋本彩子さんに教えてもらいました。

メインになるおかずや副菜など、どんどんレパートリーを増やしていきたい「常備菜」。週末につくり置きをしておくと、あわただしい平日のごはんづくりがぐっとラクになります。そこで、週末の2時間で簡単&手軽につくれる常備菜レシピを、料理家の橋本彩子さんに教えてもらいました。

毎日のお弁当づくりは、つくるのはもちろんのこと、メニューを考えたり、前夜や早朝からの下ごしらえも大変。ときにはうっかり寝坊してしまって、朝から大あわて! なんてこと、ありませんか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加