How To

自宅で簡単プロの味! 人気料理家5人が「我が家の定番パスタレシピ」 教えます

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2017.07.03

Recipe 5 もう一品に、おもてなしに。和えるだけの簡単パスタ

平田万里子さんの「明太子スパゲティ」

0617_0132

「シンプルでパパッとつくれる明太子パスタは、わが家の定番メニューです。青じそやかいわれなどの薬味をたっぷりとのせて、すだちをギュッとしぼっていただくとさっぱりと食べられます」(平田さん)

 

材料(2人分)

スパゲッティ…180g

明太子…60g

バター…30g

青じそ(千切り)…10枚

かいわれ(根元を切り落とす)…1/4パック

刻みのり…適量

すだち(半分に切る)…1個

塩…適量

 

つくり方

(1)たっぷりの湯を鍋に沸かし、塩(湯1リットルに対し、塩5g)を入れてスパゲッティを茹でる

(2)大きめのボウルに、薄皮を取り除いた明太子と、さいの目にカットしたバターを加える

(3)青じそは千切りに、かいわれは根元を切り落としておく。

(4)パスタが茹で上がったら、熱いうちに(2)のボウルに加え、手早く混ぜ合わせる。

(5)器に(4)を盛り、上から青じそ、かいわれ、刻みのりをトッピングすれば完成。

 

★Point 小分け盛りにすれば、パーティメニューに

0617_0140

「福岡育ちで明太子を常備している我が家では、ちょっともの足りないときのもう一品としてつくります。とにかく簡単で、すぐにつくれちゃいます。おもてなしのときは小分けして盛り付ければ、取り分けしやすくて便利ですよ。明太子には塩分があるので、スパゲッティを茹でる際の塩の量は少なめがおすすめです」(平田さん)

 

つくってくれた人

平田万里子さん

1203_0269

福岡県出身、フードコーディネーター。産科クリニックの栄養士を経て、フードコーディネーターへ転身。現在はテレビ・雑誌などのフードスタイリングを中心に手がけている。定番和食メニューから、話題の変わりダネレシピまで、さまざまなメニューのアレンジを得意としている。

 

●こちらの記事もおすすめです!

各家庭それぞれの味があるカレー。スパイス使いや具材によって、まったく違う料理のようになるのがカレーの面白さです。今回は料理家さん5名にご登場いただき、家族みんなに愛されている秘伝のカレーレシピをご紹介いただきました。

子どもが喜ぶメニューといえば、ハンバーグ、スパゲティナポリタン、オムライス、唐揚げ、グラタンなどの洋食。お子さんのいるご家庭ではリピート率が高く、つくり慣れている方も多いことでしょう。今回は、この定番メニューを人気料理家のtottoさんにつくってもらいました。

新キャベツとも呼ばれる春キャベツは、4月から6月にかけてが旬。豊富に含まれるビタミンCは、免疫向上やストレスの緩和にも効果的だといわれています。色が濃く、葉がやわらかいので、炒めものの彩りがアップするのはもちろん、サラダや浅漬けなどの生食にもピッタリ! そこで、キャベツ1玉を残さず使い切る、手軽でおいしいレシピ5品を、料理家の橋本彩子さんに紹介してもらいました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加