How To

自宅で簡単プロの味! 人気料理家5人が「我が家の定番パスタレシピ」 教えます

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2017.07.03

Recipe 2 フレッシュトマトの酸味とドライトマトのほのかな甘み

tottoさんの「トマトとベーコンのスパゲティ」

0602_056

「シンプルだけど、我が家では大人気のレシピです。味の決め手は、乳化。オリーブオイルと茹で汁を混ぜ合わせて乳化させることでとろみが出るので、パスタにソースがしっかりと絡み、おいしさがアップします。ぜひマスターしてくださいね」(tottoさん)

 

材料(2人分)

トマト…1個

ドライトマト…2個

ベーコン…2枚

ニンニク…1/2かけ

塩…少々

コショウ…少々

スパゲッティ…160g

オリーブオイル…大さじ1と1/2

パスタの茹で汁…80ml

パルメザンチーズ…適量

バジルの葉…適量

 

つくり方

(1)スパゲティは1%の塩を加えた熱湯で表示より1分ほど短く茹でる。

(2)ドライトマトはさっと洗ってから熱湯大さじ3(分量外)に10分ほどつけて戻し、粗めに刻んでおく(戻し汁は捨てずにとっておく)。

(3)トマトは8等分に、ベーコンは1cm幅、ニンニクはみじん切りにしておく。

(4)フライパンにオリーブオイル大さじ1/2とニンニクを入れて火をつけ、弱火でじっくり香りを出す。

(5)ベーコン、刻んだドライトマトを入れて炒め、ドライトマトの戻し汁、パスタの茹で汁を加えて2分ほど煮てうま味を出す。

(6)トマトを加えて表面が崩れる程度に火をとおし、茹で上げたスパゲッティを加える。

(7)水分が少なければ茹で汁を大さじ1程度足し、オリーブオイルを回しかけてしっかりと乳化させる。塩で味をととのえる。

(8)お皿に盛り、パルメザンチーズを削ってバジルを飾る。

 

★Point 2種類のトマトを使う

0602_014

「トマトは、フレッシュトマトとドライトマトの2種類を使います。フレッシュトマトの酸味とドライトマトのほのかな甘みが味わい深いですよ」(tottoさん

 

つくってくれた人

totto(黄川田としえ)さん

totto

料理家・フードスタイリスト・tottorante主宰。メディアでのレシピ開発、フードスタイリング、出演などをはじめ、料理講師、イベントでの出店やレセプション等のフードケータリングなど多岐にわたり活動。また、子どもの心と体をサポートする「こどもレストラン」など、家族で楽しめるワークショップを各地で開催している。著書に『tottoちゃんのかんたんdeco弁』(祥伝社)『毎日のごはんと心地よい暮らし』(宝島社)がある。10歳の女の子と15歳の男の子のママ。[HP]https://toshiekikawada.com

 

【次のページは】たっぷり入ったトマトの甘みはなつかしの母の味。横山久美子さんの「おふくろミートソース」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加