How To

あの家庭料理がコクのある美味に変身! 技アリ「オイスターソース」 使いこなしレシピ5

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 写真/阿部高之

2017.01.30

広東料理でよく使われるオイスターソースは、牡蠣(かき)を主原料としたコクのある味わいの調味料です。中華料理のレシピにたびたび登場するので、購入したことのあるご家庭も多いと思います。ところが、イマイチ使いこなせず、冷蔵庫の奥で消費期限を過ぎていく……という失敗も少なくありません。

そこで今回は、オイスターソースになじみのない方はもちろん、頻繁に使っている方でも新たな発見につながるような、日本人好みの和風レシピを中心にご紹介します。スタイリストであり、フードコーディネーターとしても活躍する鈴石真紀子さんに教えてもらいました。

にくいねぇ.process.3

「わが家では、一般的によく使われる中国産のオイスターソース以外に、タイや国産のものなど数種類常備しています。塩気や甘みなど、メーカーによって味が異なるので、作る料理によって使い分けたり、風味の違いを楽しんでいます。オイスターソースの魅力は、サッと炒めただけでも味わい深く仕上がる点ですね。忙しいときや、パパッとごはんをつくりたいときに活躍する調味料だと思います」(鈴石さん)

 

 

Recipe 1 5分でできるお手軽レシピ

小松菜のオイスターソース炒め

にくいねぇ.5

「『全体的に野菜が足りない』『もう一品なにか欲しい』『とりあえずおつまみを出したい』……。そんなときに役立つメニューです。小松菜以外に、ちんげん菜やほうれん草などの青菜や、ピーマン、キャベツ、もやしなどでもおいしくつくれます。お好みの野菜とニンニクがあれば、サッと炒めるだけで完成です。お好みで肉や卵、厚揚げなどを足してボリュームアップさせてもおいしいですよ!」(鈴石さん)

 

材料(2人分)

小松菜…1把(300g)

ニンニク…1かけ

菜種油(サラダ油、ごま油でも可)…大さじ1

 

<A>

オイスターソース…大さじ1

酒…大さじ1

 

つくり方

(1)小松菜は洗って3〜4㎝の長さに切り、茎と葉に分け、しっかりと水切りしておく。

(2)フライパンに菜種油と、包丁の背でつぶしたニンニクを加え、中火にかける。ニンニクの香りがしてきたら、小松菜を茎、葉の順に入れて強火で炒める。

(3)先に合わせておいた<A>を回し入れ、サッと混ぜ合わせたら完成。

 

★Point 青菜は強火で一気に仕上げる

にくいねぇ.process.12

「小松菜の葉部分を加えたら、鮮やかな色とシャキッとした歯ごたえを残すため、強火で一気に仕上げましょう」(鈴石さん)

 

【続いては】Recipe 2 おいしいおだしでじっくり煮込んだような味わいに
オイスターソースだしの時短おでん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加