How To

ハンバーグにナポリタン、オムライス! 人気料理家が教える、子どもの大好きな洋食レシピ

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2016.12.02

子どもが喜ぶメニューといえば、ハンバーグ、スパゲティナポリタン、オムライス、唐揚げ、グラタンなどの洋食。お子さんのいるご家庭ではリピート率が高く、つくり慣れている方も多いことでしょう。今回は、この定番メニューを人気料理家のtottoさんにつくってもらいました。

どれもプロならではの調味とテクニックが満載で、改めて料理は奥が深い! と感じさせられるレシピばかり。忙しい子育て世代向けに、ハンバーグは煮込みハンバーグにすることで、お肉の火のとおり加減を何度も確認する手間を省いたり、グラタンはホワイトソースいらずにしたりと、時短の観点も盛り込んでいます。ぜひ、ご活用ください!

 

 

Recipe 1 生焼けの心配なくジューシーに仕上がる!

ミネストローネで煮込みハンバーグ

0602_024

「野菜の旨味や栄養がたっぷり入ったミネストローネスープで煮込んだハンバーグです。スープで煮込めば生焼けの心配もなく、ジューシーに仕上がります。帰りの遅いパパやママの分の温め直しも簡単!」(tottoさん)

0602_053

材料(2人分)

[ハンバーグ]

牛豚合びき肉…250g

玉ねぎ…1/4個

卵…1/2個

パン粉…15g

牛乳もしくは豆乳(水でもOK)…大さじ2

塩…小さじ1/3

ナツメグパウダー…少々

オレガノ(乾燥)…少々

バジル(乾燥)…少々

菜種油…小さじ1

 

[ミネストローネ]

玉ねぎ…1/2個

セロリ…1/3本

人参…1/2本

ジャガイモ…中1個

ニンニク…1/2個

トマトペースト…150g

ベーコン…2枚

水…250ml

塩…小さじ1/2

コショウ…少々

ローリエ…1枚

菜種油…大さじ1

パルメザンチーズ…適量

パセリみじん切り…少々

 

つくり方

[ミネストローネ]

(1)玉ねぎ、セロリ、人参は荒くみじん切りにし、ジャガイモは2㎝角、ベーコンは1㎝幅に切っておく。

(2)鍋に菜種油を温め、ニンニク、玉ねぎ、セロリ、人参を入れ、しんなりとするまで弱火で8分程よく炒める。じっくり炒めることで甘さを引き出しスープの出汁になる。

(3)ベーコン、ジャガイモ、ローリエ、塩、コショウを入れてさらに炒め、トマトペースト、水を加えてフタをし、弱火で15分煮る。

 

[ハンバーグ]

(4)玉ねぎはみじん切りにし、菜種油を温めたフライパンでしんなりするまで炒め、あら熱を取っておく。

(5)ボウルに入れたひき肉、卵、炒めた玉ねぎ、パン粉に牛乳を浸したもの、塩、コショウ、ナツメグ、オレガノ、バジルを入れ、粘りが出るまでよく混ぜ合わせる。

(6)8等分した肉だねを空気を抜きながら成形し、菜種油小さじ2(分量外)を温めたフライパンで両面をこんがりと焼く。なかまでしっかり火がとおっていなくてもOK。

 

[仕上げ]

(7)スープの鍋に(6)を入れ、弱火で5分ほど煮込む。

(8)お皿に盛り、パルメザンチーズをかけ、パセリを振れば完成。

 

★Point ミネストローネで煮込む

0602_004 

「野菜をたっぷり使ったミネストローネスープをソース代わりにしました。スープにもハンバーグの旨味が移ってコクが増し、おいしくなります。スープもいっしょにスプーンですくって食べてくださいね」(tottoさん)

 

Recipe 2 スパイスでほんのり異国感を出した スパゲティナポリタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加